髪はメラニン色素によって色ができます。
白くなるのはこのメラニン色素が含まれていないから。
メラニン色素を生み出す細胞や酵素が働かなくなると、白髪が生まれるんですね。
原因は加齢や遺伝ストレス病気生活環境など、さまざまで、実はまだよくわかっていません。
一般的に白髪は、男性で平均34歳から、女性で35歳から出はじめるそうです。
血行障害などで毛根に栄養が行かなくなると、メラニン色素をつくれなくなり、部分的に白髪が集中することも。
じゃあ、一度白髪になると2度と黒くならないの?
というとそうでもありません。
加齢などで自然な白髪でない場合は、ビタミンA、ミネラルなどの栄養をきちんととって、ストレスをなくすことで黒髪に戻る場合もあるんです。

そういえば、白髪を抜く方がいらっしゃいますが、無理に抜くことで、毛根に負担をかけることになります。
毛根にはメラノサイトと言う黒色を作る細胞がありますが、抜いた衝撃によって、メラノサイトが死んでしまうと…。
そうです、黒色を作る細胞がいなくなってしまうので白い髪しか生えなくなってしまいます。
抜いた部分だけでなく、その周辺で弱くなっていたメラノサイトが死んでしまうこともあります。
なのでそんな場合はそっと、根本から切ってあげるか、少し我慢してカラーをしてくださいね。
白髪は出はじめる時期も、その量も場所も個人差があります。
年齢ではなく、経験を重ねたひとつの証かもしれませんね。