ウサギなどの冬毛のように、人の髪が季節の変わり目で一気に生え変わることはありません。
人間の髪は、実はひとつの毛穴から3本くらい生えていることをご存じでしょうか?
1本が生まれたての髪、1本が成長期の髪、そしてもう1本が成長を止めている髪です。
成長を止めた髪が抜けるころには、新しい髪の種がすでに生まれているというサイクルです。
このサイクルをくり返し、人は髪の量を維持しています。
こうして生まれた新しい髪の寿命は、女性で4〜6年という長生きなのです。
男性なら3〜5年と少し短命。
この違いは人の寿命にも似た現象です。
髪も人も同じ、という生命の神秘ですね。
では髪って一体、頭にどれくらいの本数が生えているのでしょうか?
普通の人で1C?に約150本、髪全体の面積は約700C?なので、全体では約10万本に。
そして1日平均50〜100本くらい抜けてしまいます。
すごい本数ですね、数えると眠れなくなるかも…
でも3本の髪のサイクルが崩れていなければ数えなくても大丈夫!
安心してお休みください。

〈髪のサイクル〉
成長期:3〜5年 85〜98% 髪を成長させる時期

退化期:2〜3週間 1〜3% 毛乳頭の働きが退化する時期

休止期:数ヶ月 9〜14% 毛乳頭の活動が休止している時期

脱毛&新生:活動をはじめ髪を発生させる時期