人によっては茶色っぽくみえる髪。
日本人はみんな黒髪じゃないの?

昔の人は髪のきれいな女性をほめるとき「緑の黒髪」「烏の濡羽色(ぬればいろ)」なんて表現してました。
黒髪の光沢はみずみずしくつややかだとか、カラスの羽のように黒いという意味です。

でも実際は、日本人の髪は濃い赤褐色(赤味のブラウン)なのです。

髪の色はどうやって決まるのでしょうか?
髪にはメラニンという色素があります。
黒髪に多い赤褐色の「ユウメラニン」と、明るい髪色に多い「フェオメラニン」の2種類があります。
日本人はこの「ユウメラニン」の占める割合が多いので、黒っぽく見えるんですね。
反対に欧米のブロンドなどは「フェオメラニン」が多いんです。
2つのメラニンの比率で、髪の色と明るさが違ってくるのです。
“日本人は黒髪”というわけではなく、黒髪からブロンドまで幅広い髪の色になる可能性をもっているんですね。

メラニン色素の
  種類と量
・ユウメラニン(真メラニン)…赤褐色 日本人・黒髪
・フェオメラニン(亜メラニン)…黄〜オレンジ 
                    ブロンド髪