髪が傷むことをキューティクルが傷むっていうけど、髪はキューティクルでできてるの?

と、思われ方もいらっしゃるでしょうが、私たちの髪は3つの層に分かれていて、たとえるならお寿司の“のり巻き”みたいな形をしているんです。

髪のいちばん外側にあるのが「キューティクル」。
のり巻きでいうと“のり”の役目。
魚のうろこのように重なりあっていて、ごはんや具といった中身、つまり髪のうるおいをくるりと包んで守っています。

キューティクルの内側にあるうるおいとは、のり巻きのごはんにあたる「コルテックス」です。
コルテックスは髪の約90%を占める大切な存在。
お米が体を動かす主食ってことと同じですね。
髪には欠かせない水分・油分があるほか、「間充物質(マトリックス)
という大切な栄養素を含んでいます。

また、のり巻きの味に深みを出す黒ごまは、髪の色を決める「メラニン色素」です。

ごはんの中心には、のり巻きの具があります。
これが「メデュラ」です。
メデュラは髪の芯にあたりますが、その役目はまだ解明しきれていない、神秘的な存在です。
細い髪にはメデュラは存在しません。

髪を守るキューティクルが傷むと、内側にあるこんなにたくさんのうるおいが髪から逃げてしまう…だから、キューティクルが傷む=髪が傷む、といわれるんですね。