歯医者さんの子育て

歯医者になって、そして結婚してお母さんになった私が仕事と子育てを通して 得たもの、感じたことなどです。

お仕事しています

記事を書くときはいつも「ご無沙汰しています」です。

2015年7月1日に開業しました。
主な仕事が「お母さん」から「院長先生」になりました。
2年半前には1ミリも考えていなかった状況です。
ふとしたことから始まってからいいままでの2年とちょっとは
本当に濃密ないろんなことにお腹いっぱいの日々でした。

「今の病院に通える範囲で引っ越すなら吉祥寺がいい」
  ↓
「家を建てるなら病院も一緒につくろう」by主人
  ↓
「病院には院長先生が必要(法律上)」
  ↓
「一人(主人)で2カ所は開設できない(法律上)」
  ↓
「え?私がなるの?本当に?、、でもしょうがない?」

みたいな流れだったでしょうか。

長女の受験もあったので本当に忙しかったのに
それでも準備(建築)が全然間に合わなくて
見切り発車のように開業日を迎え、
屈強な私が一度は倒れながらもようやく最近は
「落ち着いてきた」といえるようになりました。

「ブログ書かないの?」って家族に言われても
何も絞り出せなかった日々でしたが
少しずつ新しい生活を充実させていきたいと思います。

病院のHPに記事を書くのか、こちらがふさわしいのか
話題によって切り替えるのかしら?
そんなところもゆっくりと決めていきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

中学生のお母さん

ご無沙汰しています(本当に、、、)。

はるか昔「小学生の親になるなんて信じられない」
などと書きましたが
(たぶんブログじゃなくて病院のHPに)
気がつけばもう二人とも中学生です。

うちの子たちはなんだか良くも悪くも男子と女子です。
男子は、、、まるで成長が見られません。
たぶんそれは本人の性格にもよるのでしょうが
相変わらず声をかけなければ何も進みません。
(それも毎日毎日、何回も何回も同じことを)
女子は、ちゃんと一人で支度をします。
「今日は○○と××をやらなきゃいけないから
今から○分休憩して、そしたらやります。」と言って
まあほぼその通りに進みます。
やってなくても声をかければ一度ですみます。
ただ男子が脳天気で何回怒っても表情を変えないのに対し
(それも響いてないからこそなんですが、、)
女子は機嫌の波があって、疲れているときと食事前は
こちらがイラッとするほど無愛想です。
そしてうちの男子は自己肯定的で、女子は自己批判的。
毎日「足して2で割りたい」と思いながら生活しています。

それでもいつかもっと成長して一人で社会で生きていくときに
なるべく困ることのないように、できるだけ多くの人に
受け入れられるようにと思って接しています。
まずはきちんと自立させることが目標です。
精神的にも経済的にも自立しているのが大人、、、ということで
もうしばらくお尻を叩きつつ、見守りたいと思います。

しっかりした大人になって、、、お母さんに優しくしてください!

もう2月も終わりですね

すっかりご無沙汰しています
久しぶりに記事を書こうと管理ページを開いたら
なんだか変わってる?いつの間に

おかげさまで長女の受験は無事に終わりました。
試験終了後に「算数できなかった」と娘が言ったために
合格の掲示に娘の番号を見るまでは
本当に気が気ではありませんでした。
多分あれで寿命が3年縮まってます。

これで4月からは娘も新生活です。
そして私も6月(たぶん)からは新生活です。
受験が終わって娘と一緒にとてもだらけてしまったので
また心機一転、準備のラストスパートを
しっかり頑張らねば!

と、自分に活を入れるためにブログ書いてみました。
心入れ替えて頑張る!と書いたからには
準備頑張るかもしれません(笑)。




受験生の顎関節症

書きたいことがあったときに、、、と書いたのに
書きたいことがあっても書かなかったやっぱりな私

夏休みに入って少しした頃(あ〜、そんな前の出来事
娘の顎関節症がひどくなりました。

今までにも右の顎が痛いということはあったのですが
今回は左がものすごく痛いし、全然開けられない!とのこと。

今までが右だったのに、なぜ今回は左なのかを考えて、、
思いついたのは「頬杖」でした。
娘は前髪が長く、顎の下くらいの長さから後ろのロングヘアに
つながるラインの髪型なのですが、
勉強中にその前髪を押さえつつ、左の頬杖をついていたのです。
夏休みに入って塾の夏期講習の時間が長くなり、
午後中頬杖をつきながらの勉強していたので
左の顎関節に負担がかかり、痛みなどの強い症状に
つながったらしいのです。
頬杖をつかずに姿勢良くすることを気をつけさせ、
数日で強い症状は治まりました。

長い時間勉強すると、運動不足(歩行不足)になるし
悪い姿勢で座っているとお尻のお肌も荒れてしまうし、
人間はつくづく動くように(歩くように)できているのだなと
思いしります。

受験が終わったら、走ったり泳いだりを一緒にやろうと
(二人とも運動不足が体重に、、、特に私
楽しみにしている娘を、あと2ヶ月ちょっと励まして
良い春を迎えたいと思います。

ブログはお休みモード

このブログは2005年の7月に始めました。
ほぼ9年間続けてきたことになります。
途中非常にさぼり気味だった時期を経て
震災後の2011年10月に再開じゃないけど再開したときに
「火曜・土曜には記事を書こう」と自分の中で決めました。
決めておかないとまたずるずると書かなくなって
しまうのがわかっていたからです(笑)。

それからまた2年半ぐらいは週2で書いてきたのですが
ちょっとお休みモードになります。
いつも「忙しくて」と言い訳を書いてきましたが、
本当に忙しいことを抱えています(笑)。
それは時間をかければかけるだけ結果につながるので
どうしてもそこに時間をかけたいのです。
そしてもちろん長女の受験が本番の本番になるので
私がミスをすることが絶対にないように
気持ちをそちらに向かわせたいというのもあります。

他にも子供が成長してきて口腔内の変化が少なくなり
記事にできることが少なくなってきたことなど
いろいろいろいろあって。

書かなきゃいけないのに書けないと思うことが
辛くなってきたので、
「お休みモード宣言」をすることにしました。
いつと決めずに本当に書くことができたときに
書いていきます。
ブログを閉じちゃうことも考えたのですが
乳歯の打撲についてなど小さなお子さんのご家族に
知ってほしいことも書いてあるので
一応ブログはそのままにさせてください。

今まで私のつたない文章にお付き合いくださいまして
ありがとうございました。

つわものどもが夢のあと

日本のサッカーワールドカップが終わりましたね。
ランキング通りの結果なので私の中では予想通りだったような。

サッカーはなぜこんなに騒がれるのでしょうか。
バレーボールなんかにも感じる違和感です。
スポーツはやはり結果を出してこそと思うので
実力以上に騒がれているのを見ると
ちょっとだけ引いてしまいます。
日本代表の選手のブログもみますし
決して嫌いではないのですが、、、。
出るからには優勝を狙うっていうのは
ありなのかもしれませんが、
自分の立ち位置と目標が違うと
本来手に入るはずだったものまで逃してしまうような。
結果が悔しくて泣いてしまう、呆然とするというのも
気持ちとしてわかりますが、
ワールドカップに出場する選手はみな、
同じレベルで頑張っているのではないかと。
どんなに苦しい思いをして頑張って努力したとしても
やっぱりかなわない相手っていますしね。
ああなんだか今日は辛辣(笑)。
ごめんなさい、ちょっと疲れてるみたいです。

でももう一つ気になるのは代表のスーツ(笑)。
移動の時ってスーツですよね。
どこかで着替えるのかもしれませんが、
スーツなんて窮屈ですよね。
これオリンピックの時とか他の代表の選手を見ても思います。
もっと楽なかっこさせてあげれば良いのに。
洋服を選ぶ基準では「楽かどうか」が重要な私にとっては
あり得ない選択です。

今現在雨でサスペンデッドですが圭君ウィンブルドン頑張って!

卒乳の時期

主人が舌癖についての論文を書いていて
「いつ頃卒乳したらよいのか」が話題になりました。

家庭の事情とかいろいろはさておき、
人間も動物である、、、として考えてみました。

まずお母さん側から考えましょう。
出産後すぐには排卵はありません。
母乳をあげている間は排卵も押さえられますが
ここには個人差が大きく、母乳をあげていても
排卵が始まる場合もあります。
動物の世界であれば次の子供を出産したら
母乳はそちらに飲ませることになるので
卒乳させることになりますね。
と、いうことは次の子供を出産できる時期というのは
何か意味があるのかもしれません。

子供側から考えてみると、奥歯がはえるというのが
一つの目安になるのかも。
母乳をもらわないということは、食べ物から全ての
栄養をとるということです。
そのためには奥歯で咬めることが必要なのでは。
乳歯の奥歯は第一乳臼歯と第二乳臼歯で、
第一乳臼歯がはえるのは1歳半ぐらいが目安です。
また、歩けるようになるということも
もしかしたらポイントになるのかも?と、思いますが
これも同じ1歳半ぐらいになるでしょうか。

お母さんの体の回復も、子供の成長も
とても個人差が大きいところだし、
いろいろな家庭の事情などもあるので
ベストの卒乳の時期もご家庭で様々だと思いますが
「人間動物説」(勝手に命名、笑)からは
1歳半から2歳が気になります。

こういったことを考えるのは好きです。
「人間動物説」をもっと追求するためにも
ほ乳類の子育てが気になります。

でもとりあえずは目の前の受験生に集中しなければ。
そして片付かない我が家にも目を向けなければ。
でもウィンブルドンも始まるし、、、。

頑張れ圭君、ナダル。


前歯の汚れ

なかなか動かない長女の左上2番が
ようやく少し引っ込んできました。
(全く専門的ではない言い方ですね)

まるで八重歯のように唇側の高い位置に生えてきて
スペースがあるのにきれいに歯列におさまらなくて
拡大床のワイヤーをあてることによって
なんとか1番と3番の列に並んできました。
これによって見た目が良くなると同時に
前歯が汚れにくくなってきました。

長女はお茶をよく飲むのでステインがつきやすいのですが
きちんと磨いていても若干奥まった位置にある
左上1番の唇側が一番ステインが目立っていたのです。
歯並びの凹凸がなくなると、唇や頬や食物が均等に
あたってくることで汚れがつきにくくなるのです。

磨きやすいだけではなく、そもそも汚れにくい。
歯並びのきれいさは見た目だけではない重要性を
持っていることを再確認しています。

あ、ステイン予防にはこまめに歯ブラシを交換することも
とても効果的です。

画像が一緒ではないところが最近の忙しさを
物語っています、、、と、いいわけをしておきます(笑)。
画像はそのうち、、ではない、いつか、、、。


2014全仏

ナダルが勝って嬉しいです!!!

まだ試合を完全に見たわけではないのですが
第4セットは見ました。
ナダルとジョコビッチがあれだけ疲れ果てるなんて
あの二人にしかできないハイレベルな試合でした。

でもフランスの人の観戦マナーは
ちょっと感心できませんね。
良いプレーには拍手も多いのですが
サーブの体勢に入っても歓声や野次が止まなかったり。
ジョコビッチの最後のダブルフォルトのときも
セカンドサーブでいちどトスを上げてから打たなかったら
ブーイングに近いような声をだしたり。
以前からマナーがあんまり良くないと聞いたり
ナダルに対してもちょっとひどいんじゃないかとかもあって
残念ながら良い印象はありません。
でもでもそうかと思うと表彰式のときには
ジョコビッチに長い長いスタンディングオベーションを送ったり。
フランスを遠く感じます、、、。

圭君の怪我も良くなったようですし、
芝のシーズンを楽しみにしたいです。

明日が全仏決勝

今日は女子と男子ダブルス決勝がありますが
明日はいよいよ男子決勝ですね。

またまたナダルとジョコビッチです。
もちろんナダルに勝ってほしいです。

マレーとの準決勝はとても強かったですね。
「そうそう、強いときのナダルって
こんな感じだったよね。」っていうぐらい
回り込んでフォアの逆クロスを打ってました。
明日もカウンターを恐れずに、打ち勝ってほしいです。

シャラポワがこのまま勝つのでしょうか?
その後の男子ダブルスもものすごく見たいけど
(ロペスがダブルス上手くて面白いから)
自分の年を考えてもう寝ます(笑)。
明日は長女のお弁当持ちのテストもあるし。

長女とナダル頑張れ。
記事検索
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
小臼歯 (歯・は・歯!)
永久歯の数
  • ライブドアブログ