7d1add7f.jpg
おはようございます。
本日は『北へんろ』稽古休みです。
昨日稽古後に仮セットを建て込み、明日からは仮セットでの稽古になります。

そんな稽古休みの本日のブログは、山田町便りをお届けします。

山田町は、東日本大震災で津波の被害を受け、さらに火災にも見舞われました。
今現在も新たな防波堤の建設、土地の嵩上げの工事が行われています。
震災から6年たった今も、町はまだまだ復興の途上です。
『北へんろ』は、2014年の2月下旬の山田町が舞台です。震災から三年後の2014年の山田町は、やっと瓦礫が片付いたばかりといった状況だったようです。脚本の堀江さんの、そんな町への想いが作品の端々から伺うことができます。
東京では、過去になりつつある東日本大震災。
まだ終わっていません。
私たちにできることは、、まず、忘れないことでしょうか。できることを考えていきたいと思います。


僕が訪れた3月2日は、静かな綺麗な海が広がっていました。

良い日曜日をお過ごしください。

小泉 将臣