劇団俳優座ブログ

【劇団俳優座公式ブログ】六本木を拠点に活動する劇団俳優座がお届けする稽古日誌的なつれづれ。 ★次回公演★ 2017年9月20日(水)〜10月1日(日)「海の凹凸」 | 会場:俳優座劇場(六本木)

劇団俳優座次回公演はLABO『転がる石に苔むさず』です!

作・演出:平塚直隆
2017年8月1日(火)〜8日(火)
俳優座稽古場にて上演いたします!
チケットは6/19(月)発売♪どうぞご期待ください!

5月公演「沈黙亭のあかり」

e894500c.jpg
bb19f2eb.jpg
おかげさまをもちまして。



山田太一 作
中野誠也 演出
【沈黙亭のあかり】

千秋楽を迎えます。


日付またぎましたね。
あと数時間後に、全て終わるんですね。


やっぱり始まってみるとアッという間でしたね。

ツラツラ書いてたら、なんとなくノリが淀川長治みたいな口調ですね。

まだサヨナラしねえけど(笑)





…今回は、いつも個人的なことを捲し立てるスタイルを一変して。


【沈黙亭】組ひとりひとりの多事雑言。統一見解(…なはず)な想いを書き残そうと思います。



…ARE YOU READY!?




忘れもしない、3月10日。山田さんから書き立てホヤホヤの宛書き原稿と共に、配役が発表され。
その後、出演者すら知る由のなかった数多くのブラックボックスが、繰り返される稽古のうち、次第に判明していきました。

稽古中は。どんな作品に対してもそれは同じことですが。
与えられた役柄に対して、個人個人が、いかようにして自分のものにするか。
どのように他者と関わりあいながら、昇華させるか。
その格闘でした。

なぜなら、山田さんによって丹精込めて、宛書きしていただいたことから、座組一同が、その作業によりいっそうの士気を高めて臨んだということです。



紆余曲折の日々が春の訪れとともに過ぎていきました。

急に暖かくなったり、寒くなったり。
急に雨が降ったり、晴れたり。

まさに稽古の日々もそれに形容できると思います。


でも、いつも、どんな時も。
先輩、後輩。みんな笑顔で取り組みました。



その成果。


21日から紀伊國屋ホールで開幕。

沈黙亭で起こる出来事を毎回、お客様と空気を共有しあいながら。


こうして、これまで9ステージ。
たくさんのお客様にご来場いただいて。
惜しみの無い拍手を下さって。


そしていよいよ、ラストステージを残すのみとなりました。



山田太一先生、中野誠也さん、出演者、スタッフ、お客様を含めて、関係してくれた総ての人。

最後は、それぞれの中にあるはずの、たくさんの『ありがとう』を胸に、
15時40分を迎えることになるのでしょう。





ありがとうございました。

そして、これからも…
よろしくお願いしますね!





(代筆…のつもり)
谷部 央年

05fd0f47.jpg
5c9b42c0.jpg
a2625129.jpg
新宿といえば…どうしても幼児期からの影響で、
未だに東口MY CITY付近に、シティーハンター・冴羽 遼は、いると思ってしまう(笑)

遼の推定年齢は30歳。

僕も気付いたら(向こうは推定とはいえ)今年30歳になります。

そうだ、TMネットワーク聴こう。



谷部 央年です。


おかげさまで【沈黙亭のあかり】は先日、無事に紀伊國屋ホールで幕が開き、

連日、たくさんのお客様で賑わっています。



感謝です!

このまま30日の千秋楽まで。皆さんと共に『沈黙亭』での時間を共有していきます。


不思議なことが(※個人的な感想です)、
客席の皆さんも、まるで沈黙亭の客のように感じます。

…あぶないのが、普通に演じながら合間で、お客様に調子よく目配せしそうになる瞬間があります(笑/もちろんしませんが)


何気ない突発的な衝動でしたが、いいことなんだろうと思っています。



それだけ、客席の呼吸と近いところで、互いがやりとりしている証拠だと思っていて、

こういう時にこそ、皆さんの心の中に無理なくスゥ〜ッと沁みていくんだろうって分析します。

胃薬でいうところのサクロンみたいなものか…いらないフォローだったか…。



山田太一先生も、作品の仕上がりに非常に満足して下さっています。

残りのステージ、ひとつひとつを大切にやっていこうと。きっとまた、アッという間に時が過ぎてしまいますから。

毎日がスペシャル。

こんな気持ちになれるのも、山田太一先生はもちろん、演出の中野誠也さん、出演者・スタッフ関係者の皆さん、お客様ひとりひとりのおかげだと思います。



終演後。ロビーに出演者が顔を出しますから(※もちろん私も)、ぜひ声をかけて下さいね!

もしかしたら…山田先生がいらっしゃる、なんて日もあるかもしれません。

劇場で、大いに楽しんで下さい!





【おまけ写真コーナー】
(1枚目)
…昔からレコード機器をお持ちだった方ならば、針やクリーナー等、きっと誰でも聞いたことがあるだろう、国内が誇る世界基準のメーカー『ナガオカ』。
なんと、長岡社長が劇場に足を運んで下さいます!!(※実はまだ誰にも言ってなかったが)
お逢いするのが楽しみです。


(2枚目)
…新宿グルメ、きりがないです。
ものすっごい紹介したい店があるんですが。
今回はコッソリ、焼肉【大樹苑(たいじゅえん)】をご紹介。
他のチェーン系なんかとは全く違う!
安価ながら、クオリティーの高さ、肉質、味。最高です。

写真は壺漬けカルビ(なんと200gで¥790ですぜ!!)
あとは、半生で味わう塩ロース(¥600?)とユッケ(¥390?)

新宿には西口に2店舗あり、基本的に予約しないと、いつも満席で入れないのですが。その価値、大です。

終演後、良かったら行ってみて下さい。


(3枚目)
…香水でーす。
CHANELのCHANCE、誰もが、思わず目を細める(笑)
シャネルのチャンス。
今年シャネルが力を入れている新作です。

上品でチョイ甘め、ちょいスパイシー。
いい香り、安らぎます。

しかしさすがに、これをつけて外出は…。二丁目方面にウケてしまうという(笑)

男性用(FOR MEN)が欲しいです…。
でも、男性がチャンスとか大々的に言ったら、ただの遊び人になってしまうのか(笑)


なんて不平等な世界でしょうか。

この怒りもある種。
演劇の源でもあると思います。





では、
劇場で逢いましょう!!

e6fbd010.jpg
16622452.jpg
昨日で劇団の稽古場とお別れして、とうとう今日は紀伊國屋ホールに沈黙亭が立ち上がりました!
 
セット、すごくいいです
 
わぁ〜ここが沈黙亭なんだぁ。明日から楽しみ。
なんて、素直に感動してしまいました。
 
 
写真は
 
 
楽屋でくつろぐ
演出家であり、沈黙亭マスターの中野誠也さん
いい笑顔をパチリ
 
 
そして朝から劇場仕込みと、写真では道具の細かい直しをやってくれている
 
役者で今回はスタッフとして支えてくれている
 
森尻斗南くん
 
スタッフの竹邊奈津子ちゃん
 
なっちゃんは稽古途中で、かなり立派なモノモライができてしまってましたが、それももう治ったみたい。よかったね
 
いつもありがとう
 
さぁ〜本番が楽しみになってきたな〜。
楽しくがんばろう
 
                 わかこ
 

dab2d916.jpgこんばんは!早野ゆかりです。

写真は衣装前の
あかり(左)&ゆかり(右)です
俳優座でがっつり向かい合って共演対決するのは、初めて、嬉しいです。

でも、稽古中は毎日演出家に名前をあべこべに呼ばれまして…正の字を書いたら、かなりなものに私達も了解しあっていていちいち訂正しないし、周りも微笑みを浮かべてます。

稽古場での稽古は、明日2回、明後日1回通して、いよいよ嵐、あらしのような舞台稽古です

気力体力温存です

そして、もうすぐ観客の皆様にお目にかかれます

乞うご期待

早野ゆかり

078e7b52.jpg稽古もいよいよ仕上げの段階に入って来ています!あと一週間で幕が上がります!わくわく感と緊張がないまぜになって良い状態で舞台初日を迎えたいと思います!
写真は稽古場からの外の風景です!
休憩後はこの景色を見ながら一息つきます。

蔵本康文

bf97cb09.jpg稽古後の風景です(*^_^*)

稽古後はなんだか力が抜けてしまってすぐに帰る気にはなれないので、みんななんとなく集まってこんな風にしゃべってます。


今日は一人暮らしの自炊についてと、やっぱりカリスマ美容師はすごいって話でした。

このなんでもない話をしてたりすると少し体力が回復するんだなぁ(●^ー^●)


さて、本番までもう少し!頑張りまーすヽ(´▽`)/

025aba8f.JPGさぁ!後10日でいよいよ初日を迎えます。
セットの模型も出来上がり、舞台のイメージもふくらんできます。
俳優座舞台部製作のテーブルも、家具屋さんの売り物の様に出来上がり、椅子も本番用が揃いました。ソファも舞台部の手により若草色に衣替え、そして肝心な芝居も、日一日と完成度が高まっています。
乞!ご期待を!

遠藤 剛

今日はみんな一言ずつビデオでコメント撮りをしました
 
 
衣装や小道具も徐々に揃いつつあり、本番が近づいてきた〜というかんじです
 
気温も暖かくなってきて、稽古場では一回通し稽古をやると私は汗だくになってしまいます…
 
気持ち良い季節に『沈黙亭のあかり』を観にぜひぜひ紀伊國屋ホールまでお出かけください!
全員でお待ちしておりますp(^^)q
 
                 わかこ

17ca582e.jpg最近よく、多摩川の景色を眺めながら歩いています。
沈黙亭の人たちは、毎日、多摩川を眺めてるんだなぁ〜と思いながら、私も多摩川を眺めてます。

写真は数日前の夕方の多摩川です。
ちょうど日が暮れていく時間帯で、みるみるうちに暗くなっていきました。
夕焼けもきれいだけど、夜になりかけっていうのもきれいだなぁ〜と思って、撮りましたが、携帯の写真だとちょっと伝わりづらいかもしれません。

しかも、写真は縦じゃないと、うまくblogに載らないと聞いていたのに、横の写真です。
写真が載らなかったら、ごめんなさい!

明日は衣裳パレード。
楽しみです。

菅田華絵

↑このページのトップヘ