劇団俳優座ブログ

【劇団俳優座公式ブログ】六本木を拠点に活動する劇団俳優座がお届けする稽古日誌的なつれづれ。 ★次回公演★ 2017年9月20日(水)〜10月1日(日)「海の凹凸」 | 会場:俳優座劇場(六本木)

劇団俳優座次回公演『海の凹凸』です!

作:詩森ろば
演出:眞鍋卓嗣
2017年9月20日(水)〜10月1日(日)
俳優座劇場にて上演いたします!
チケットは好評発売中♪どうぞご期待ください!

2012年9月「かもめ」

「心細い日のサングラス」順調に公演を重ねています。
毎回たくさんのお客様にご来場頂き、誠に有り難い限りです。

今回、舞台となる湯けむり荘の貴重な男性メンバーの一人、江上修史を演じます、斉藤淳です。


ご覧になった方もこれからご覧になって頂く方も、タイトルにある、ハイハイハイの掛け声と修史考案?の体操を覚えて頂けたら嬉しい限りです。



なんと言っても、わが湯けむり荘はチームワークが信条。
スタッフ全員、暖かい笑顔で利用者さんを迎え、心の交流のある時間を提供したいと考えます。


同様、
今回ご来場頂いた皆様が暖かい笑顔と心に暖かい灯がともるような、そんな時間が共有出来るように、「心細い日のサングラス」チーム一丸となって、今日も明日も挑みます。

いざ!

9/8になりました。
本日初日です。


ちょっとロシア語というかキリル文字が読めるようになりました。
読めるだけで、意味は分からないですが。

чайка、かもめのことでチャイカと読みます。
Яは一人称でヤーと読みます。

Я чайкаで、私はかもめとなります。

絵文字で使われる
(^з^)
ヽ(;´Д`)ノ
のзやДもキリル文字なんですよ。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。どうぞ、お気をつけていらして下さい。

では!
Господа, начало! Прошу внимания!


Константин Гаврилович Треплев
齋藤隆介

おかげさまで、チケット売り切れ続出となりました、チェーホフ「かもめ」
俳優座劇団員の見守る中、本日、最終舞台稽古となりました。

オリンピックの始まる前から、稽古に入り、

それぞれが、七転八倒もがき悩み、役と向き合ってきた夏。

いよいよ、明日、初日です。

明日からは、作り上げた人物像を、

舞台で生きるだけ。

そして、

何よりも、

観劇して下さるお客様のため、

感謝の気持ちで、

心から舞台を努めさせていただきます。

「かもめ」ブログを読んで下さった皆さま、

ありがとうございました

5階の劇場でお待ちしてます。

終演後は、キャストが出て行きますので、

どうぞ、お気軽にお声をおかけください。

最終回ブログ担当は、ポリーナ役坪井木の実でした。

ありがとうございました

稽古に向かう電車の中、天気もいい。好きな音楽も聞いている。いい気分のはず。
なのに、ふと虚しくなる。

こんなことってありませんか?
僕はあります。

なんで?
誰か教えて下さい。


あ、ロシア人の名前って名前・父称・苗字となっていて、例えばコンスタンチン・ガヴリローヴィチ・トレープレフだと、ガヴリイルの息子のコンスタンチン・トレープレフということになります。



リュウスケ・タカユキーヴィチ・サイトウ

d9de2f24.jpgこんにちは、安藤聡海です☆

何気に、日曜日の投稿率高し、です!笑


さてさて、、、

最近、稽古前に、有志で

"フェルデンクライス"を行っています。

自分の身体、自分の心と向き合う時間。


写真は、

フェルデンクライス後の、斉藤淳さんと、吉田賢太くん…

解放されてます(´∀`*)


安藤聡海(ニーナ)

08bf33d4.jpg
f14718d0.jpg
9月公演「かもめ」

ザッと通し稽古をした後、

再び細かい演出稽古に入りました。

毎日、登場人物のセリフが胸に響きます。

演出の真鍋氏は、

それぞれの「かもめ」の登場人物に

短編小説のドラマがあるとすればこんな題名・・・

というのを言っていました。

ソーリン(小笠原良知さん)、「なりたかった男」

ポリーナ(私、坪井木の実です)「牢屋」又は「賞味期限」
(笑)

ニーナ(安藤聡海ちゃん)「飛び立つかもめ」

ニーナが言います。

「作家とか女優とか、そういうしあわせなものになれたら、

屋根裏部屋で暮らし、黒パンをかじってもかまわない」

そーだ!! ニーナ!! がんばれ!!! (ウルウ
ル・・・(T T))

ジーンときたところで、おなかが「グゥー・・」

休憩です。

写真は、田中壮太郎くんと若井なおみちゃんの休憩。

安藤聡海ちゃん、伊東達広さん、斉藤深雪さん、吉田賢太くんの休憩。

5e7039a6.jpgこんにちは、安藤聡海です(^o^)


今日はまた綺麗な青空でしたね☆

一日中稽古場にいると、

明るい空を見上げるのは

家を出て稽古場に向かうときだけ。。。

本番が始まる頃は、

今よりも秋の空になっているでしょうか。

移ろう季節を日々感じながら、

稽古場に通いたいものです。


安藤聡海(ニーナ)



親子愛

目にみえぬとも

結びつき

深まるみぞに

救いもとめる







9/8(土)〜9/23(日)
俳優座稽古場本公演
『かもめ』

よろしくお願いします。

吉田★

ブログをご覧の皆様、こんにちは!
トレープレフを演じる齋藤隆介です。

オリンピックも終わり夜更かしすることがなくなりました。
日本は過去最多のメダルを獲得しました。ボルト選手は大会前の宣言通り伝説を残しました。

ロンドンオリンピックの年に上演したかもめ、と観た方の心に残ってくれる舞台にしたいと思います。

あ、タイトルのキャモメというのはかもめをモチーフにしたポケモンのことです。
それが、進化するとペリッパーという、ペリカンをモチーフにしたポケモンになります。

かもめが進化すると、ペリカンになるんです!

すみません、それだけです。

齋藤隆介

今回の稽古場ブログでは初登場になります。
斉藤淳です。

今回、舞台となるソーリン家の支配人、シャムラーエフを演じます。

「かもめ」は研究所最後の発表会で取り組んだ思い出のいっぱい詰まった戯曲です。
その時はトリゴーリンを演じました。
懐かしいなあ。


今回久しぶりにこの戯曲と向かい合って、やっぱり面白いな、と思うのです。
チェーホフの世界はしっかりと創造されている。
見る角度により、景色は全く違って見えます。
それはまさに現実世界も同じでしょう。

今回の演出眞鍋氏が、どのようなかもめの世界を覗かせてくれるか、どうぞご期待ください。

稽古を見ていて役者さんから役の人物が浮き上がる瞬間、透けて見える瞬間、その魅力にうたれます。
そんな瞬間が今徐々に積み重ねられています。


自分も。

そんな気持ちになります。
きっと最後まで、光を求め続ける役と自分との対話。
決して諦めず、決して安堵せず、行きますよ。


さてさて明日も。


稽古場では穏やかながら熱い胎動が始まっています。

↑このページのトップヘ