劇団俳優座ブログ

【劇団俳優座公式ブログ】六本木を拠点に活動する劇団俳優座がお届けする稽古日誌的なつれづれ。 ★次回公演★ 2017年9月20日(水)〜10月1日(日)「海の凹凸」 | 会場:俳優座劇場(六本木)

劇団俳優座次回公演はLABO『転がる石に苔むさず』です!

作・演出:平塚直隆
2017年8月1日(火)〜8日(火)
俳優座稽古場にて上演いたします!
チケットは6/19(月)発売♪どうぞご期待ください!

2015年5月「フル・サークル」

c5e5c815.jpg

b50d518e.jpg

fc65f7e7.jpg


一昨日の夜に紀伊國屋ホールへの搬入を終え、昨日仕込み、今日場当たりでした。いよいよ明日初日です。わくわくしてきました。

写真上:舞台監督の宮下さんが作ってくださったゲシュタポのベルトと吊りベルトです!
バックル以外全て手作りです!!

写真中と下:今回の公演でスタッフとしてついている研究生二年生の杉林健生(すぎばやしけんた)くんと轟雅子(とどろきまさこ)さんです!お昼休憩中に写真を撮らせて貰いました。
本番中杉林くんはアンナの部屋の中の「あるもの」を鳴らしています(どこのおうちにもあるものです)!
轟さんは本番中「ある人」の声を出しています!

研究生の二人の活躍もぜひ劇場でご確認ください。

いよいよ、本日の稽古を以てこの参宮橋の稽古場ともお別れです!

静かに集中出来てありがとうございました。

さて、一昨日に続いて昨日もやった『三倍速稽古』・・・・

アメリカの何とか言う演出家(マーシャル・マーソン?)が始めたものらしいが、眼から鱗・・・・
あちらは勿論セリフは英語なので速い。
文字通り二時間のものは40分(三分の一)に短縮するらしい。
・・・・が、さすがに我々(日本語は長い)のは一時間にするのが、精一杯!

それでも、余計な間を取っている様で、無駄が多い事に気付かされる。
思い入れたっぷりの芝居はうんざりさせられる。
まっぴらだ!

昨日の結果は、一昨日と全く同じ1時間50分。

恐るべき結果だ!

もう大丈夫と、お墨付きを頂戴!

いざ!
新宿紀伊國屋ホールへ!!

6bb40ebb.jpg
脱走兵や不法滞在者を密告するナチ党員でこの地区の監視役クルーナーという怖ゎーい男、ところが地下の防空壕では女中グレタのお尻から手を離さないという…。
さあ、どうなんでしょうか…?!
是非、劇場で確認してみてくださいね!!

昨日、三倍速稽古……と言うのをやったと書きました。

それは、今2時間2・3分かかっているこのお芝居を、1時間55分以内にしたいから・・・・との演出家の狙い!

と書きましたが、それは私の勘違いで、演出家の狙いは1時間50分・・・・だったのです。

セリフはもちろん、動きも・・・・そしてなんと、効果音で流される、アナウンサーの声・・・・はたまた、爆撃機の音までもなのです。

そして、昨日の試みは、見事その後に行われた通し稽古にあらわれました。

なんと・・・・

1時間49分50秒!

13分も短くなったのです。
そこまで削ることが出来たなんて・・・・?

お陰で、余分な思い入れがなくなり、結果、芝居を通した主題がハッキリ前面に出てきた・・・・と好評です。

今日はそれを安定させるために、もう一度『三倍速稽古』をやって、通し稽古に臨む予定・・・・と言うことです。

参宮橋の、このレインボースタジオとも、今日を入れて2日・・・・。
いよいよ、紀伊國屋ホールに入ります。

ご覧くださる皆さん!
乞うご期待・・・・と言うところです!

今日の稽古の結果は、又後程!


中寛三。

aae1d77a.jpg

4b01e2f6.jpg

f37ce486.jpg

どーも!!芦田崇でございます。稽古休憩で気分転換に外へ散歩!!公園にきれいな薔薇が咲いておりましたので写真を載せます!!
さあ、今から通し稽古です!!

気持ちを入れ換えてやるぞー!!

2015年5月9日(土)

今日は三倍速稽古!?

はじめは何のこと?

って、俳優もいたけれど、本息の芝居で80%出来上がったところで、
馴れてくると、ついつい思い入れたっぷりに・・・・なるものだ。
・・・・が、その余分な間を削ぎ落とすのに有効な練習方法だと言う!

現在2時間2・3分の長さだが、本番は1時間55分にしたいと演出家の勝田氏は述べる。

幕間なしの1時間55分!

果たしてそこまでスピーディーに仕上がるのか?

皆様にはその完成品をご覧いただきたいものです!

そして、ご観劇前には、必ずお手洗いに行かれることをお勧めします!

昨日、はじめて第三者・・・・と言っても劇団の先輩(袋正)と演出家の奥方(女優)・・・・のお二人が稽古を見学にみえた。
稽古が始まってひと月余り、初めてのお客様だ!

多少は緊張したかもしれないが、元々緊張感溢れる芝居・・・・。

このムードも利用しない手はない!

二時間の通し稽古の幕が降りると、お二人からの万雷の拍手!

当然のことながら、稽古が始まって以来の喝采に、皆少々照れながら・・・・

でも、お二人の目に光るものを確認して、この芝居の手応えを感じた。

きっと、紀伊國屋ホールにおみえになる皆さんからも及第点を戴けるもの・・・・と大いなる自信となった!

終演後は、そのお客様の一人・・袋正先輩を囲んで駅前の韓国料理屋でイッパイ!

袋先輩から「こんな良い作品が俳優座で上演出来ることに感謝!」

との言葉に、また励まされた!

中寛三

本日は島 英臣がお送り致します。稽古も残り少なくなり、本番に向けて通し稽古の毎日です。本番まで後6日。座組全員汗だくになって取り組んでおります!どうぞお楽しみに!!島 英臣でした!

↑このページのトップヘ