劇団俳優座ブログ

【劇団俳優座公式ブログ】六本木を拠点に活動する劇団俳優座がお届けする稽古日誌的なつれづれ。 ★次回公演★ 2017年9月20日(水)〜10月1日(日)「海の凹凸」 | 会場:俳優座劇場(六本木)

劇団俳優座次回公演はLABO『転がる石に苔むさず』です!

作・演出:平塚直隆
2017年8月1日(火)〜8日(火)
俳優座稽古場にて上演いたします!
チケットは6/19(月)発売♪どうぞご期待ください!

地方公演「春、忍び難きを」

3a39b0f2.jpg
『春忍び難きを』blog

今日はこの一枚♪
公演スタッフTシャツです

刈り取った稲穂をメインにしつつ
水面に漂う波紋や
宇宙、銀河のイメージも含んでおります

あとは
日本の戦後スグの話ですが
ロシアやフランスの
牧歌的な雰囲気が漂うような書体を
用いた…つもりです

公演関係者、スタッフ向けに作成しました

樫の木坂四姉妹につづき
私、デザインさせていただきました

デザインの色については
あえて黄金色などではなく
オリーブのようなカーキのような
色を選択しました

これは
裏の意味として
“戦争”

そして
実る前に刈られている
稲穂の “青田狩り”

若い人が戦争に駆り出されていったことを
表した、つもりです


ただ、今回…
会場での販売予定は、ございません…
スミマセンです。

:脇田康弘


10ab7607.jpg
春忍び難きをblog
ご覧いただき有り難うございます。

三男坊:【望月三郎】役の
脇田康弘です

稽古場風景として
まず朝一番に行われる
恒例の行事を紹介します

それは
稽古場のお掃除から

掃除といっても
侮る無かれ

箒は使わず
掃除機5台をフル稼働させて
台上だけでなく

シッカリ
あらゆる床面を
吸い尽くしてから
稽古させていただいております

若手スタッフの皆様
毎日有り難うございます!

(なんとなく、写真白黒にしましたが
稽古場と作品は人間味溢れ色彩に満ちた作品です。)

皆様今日は〜。
「春、忍び難きを」に出演します早野ゆかりです。
このお話は戦後間もない信州松本の農家を舞台にしています。
私はこの家の長男の嫁、佐和子役です。

私達の公演は、5月12日に出発して、名古屋、尾北、いなざわ、豊橋、岡崎、東岡崎、いせ、四日市、津、岐阜、富山、高岡、七尾、金沢、となみ、魚津へ参ります。

一昨日、衣装パレードでした。
パレードと申しましても衣装を着て行進するわけではございません。
一場ずつ、そのシーンに出演する俳優が衣装を着てズラリと並び、演出家と衣装プランナー、その他スタッフと確認作業をするのです。
被り物、履き物、持ち道具も一緒に合わせます。

衣装を着ると俳優のモチベーションがグググッと上がりますねぇ。

また小道具(特に食べ物)も沢山登場するので、作り物も急ピッチ、毎日朝早くから夜遅くまで作業して下さっています。

こんな感じで団結して稽古していますので、お楽しみに待っていらして下さいね〜\(^_^)/

早野ゆかり




7e05d115.jpg


8edbd5ea.jpg


↑このページのトップヘ