劇団俳優座ブログ

【劇団俳優座公式ブログ】六本木を拠点に活動する劇団俳優座がお届けする稽古日誌的なつれづれ。 ★次回公演★ 2017年9月20日(水)〜10月1日(日)「海の凹凸」 | 会場:俳優座劇場(六本木)

劇団俳優座次回公演『海の凹凸』です!

作:詩森ろば
演出:眞鍋卓嗣
2017年9月20日(水)〜10月1日(日)
俳優座劇場にて上演いたします!
チケットは好評発売中♪どうぞご期待ください!

9月公演「海の凹凸」

初日もあと一週間後に迫り、稽古場は緊張感が増して来ています。

そして隣の第二稽古場では舞台装置の本棚を飾る本の製作が急ピッチです。

毎日入れ替わり立ち替わり劇団の方達が本の製作の為に来て下さいます。
こうして我々の芝居作りを皆さんで応援してくださる姿に感謝感謝です。
DSC_0469-2

本の数は300冊を超えるそうです。
すべて発砲スチロールで作られます。
色鮮やかなその本の群れを舞台稽古で見るのが今から楽しみです。
観客の皆様もどうぞ楽しみにして劇場に足をお運び下さい。

荘司肇

慶安大学教授田淵道夫 役の遠藤 剛です!

「海の凹凸」いよいよ初日が迫って来ました。

稽古は日に日に熱を増し、舞台の緊張感も高まって来ました。
そんな中、三鷹市芸術文化センターで公演されている「海の凹凸」の作者、詩森ろばさんの率いる風琴工房の「アンネの日」を、演出家をはじめ出演の仲間とともに観に行きました。

「アンネの日」つまり生理の話で、どうなるのかと思って観ていましたが、出演の女優さんたちも皆さん達者だし、化学と自然の問題にも話が広がり、興味津々、改めて詩森ろばさんの筆力に感心しました。

「海の凹凸」は公害をあつかった難しい芝居?と思っている人もいらっしゃるみたいですが、全然そんなことはありませんよ!ドキドキ!ハラハラ!の人間ドラマです。

この先どうなるのかな〜と、きっと目が離せなくなりますよ!

9月20日初日です。観に来てくださいね!

a7866c10.jpg
海の凹凸で小寺友和を演じる齋藤隆介です。

舞台となる、春秋印刷という印刷屋の経営者ということで、牛込神楽坂にある佐々木活字店様にお邪魔して、活字を作る工程を見学させて頂きました。

機械で作っているのですが、あの機械が動いている感じ、たまりません。ずーっと見ていられます。
熱々の溶けた鉛が機械に入ると金型に押し当てられ、瞬時に冷やされて活字が出来ます。

その出来た活字を拾って、木箱に組んで印刷するわけです。ものすごい手間と時間を掛けて本を作っていたわけですね。今は、パソコンで打ってクリック一つで印刷できてしまいます。
印刷というのは最も身近に感じられる技術の進化の一つだと思います。

今は3Dプリンタまで出来て、今後印刷というのはどういう風に進化して行くんだろう。と思わずにはいられません。

技術の進化と人間の進化、うまいこと行くといいなと思います。

齋藤隆介

講座の実行委員、宮本洋子役、天野眞由美です。

「海の凹凸」のお芝居は1984年から1987年の東京、という設定です。

その頃、皆さんはどう暮らしていらっしゃいましたか?

1974年入団の私は、まだ若造なのに二人の子持ちで、子育てと生活苦と、芝居を辞めてなるものか、の意地だけを糧に過ごしていました。
公害も水俣も知ってはいても我が事ではありませんでした。

芝居の中で、志村さん演じる安元が瑞木さん演じる妻に言います。
「そんなに人並みが好きか」
「平凡でいいんです」

実際当時は、皆が人並みを追いかけ、平凡であることに安心しました。

今私は、自分のその頃に問いかけながらの日々です。
この芝居が、皆さんの自分への問いかけの「きっかけ」になれば嬉しいです。

追伸・今日稽古場に作者の詩森ろばさんが見えました。
通しをご覧になり、面白かったと、笑顔でお帰りになりました。

2011年3月11日(金)

当日、私は二日後に初日を控えた舞台の上にいました。

混乱の中、今後の対応に追われた翌日から、連日原発が爆発する映像をテレビで見ました。

この日を境にいろんな人の人生が変わりました。

「少しでいい。知る努力をしてもらえないか。」

劇中の人物が吐き出すこの言葉が僕には突き刺さります。

水俣はなぜ、チッソの垂れ流すメチル水銀が病の原因と分かっていながら、 止められなかったのでしょう。

福島はなぜ福島になるのでしょう。


この「海の凹凸」(うみのおうとつ)という舞台には、

「苦界浄土」を著した西牟礼道子さんをはじめ、水俣病に正面から向き合った実在の人物が何人か名を変えて登場します。

私が演じる
「東亜大学講師・宇田純一」は、
いわゆる御用学者の真逆を貫き、被害者の側に立って闘い、生涯を公害と環境問題への取り組みに捧げて逝った宇井純さんがモデルです。

気を引き締め、万全を期して、みんなと日々稽古に臨んでおります。

どうか是非、ご高覧ください。

心よりお待ちしております。

塩山誠司

4ef9fa98.jpg
こんにちは。
安元佐恵子役の瑞木わかこです。
こちらの稽古場は、昨日から通し稽古に入りましたー!
(* ̄∇ ̄)ノ
でも、もちろん通し稽古の前後に
演出家が気になったシーンの抜き稽古をしています。

きのうは、同期の井上薫ちゃんが稽古場に来てくれました。
先輩に心のこもったお茶を入れる
今回初舞台のフレッシュさん 八頭司悠友くん♪二人をパシャリ!

保亜美ちゃんと
「稽古が始まった8月はあーでもない、こーでもないと悩んでいて長く感じたけど、9月に入ったら時間経つの早いねΣ(゜Д゜)」と話していまさした。
本番まで、いや、楽日まで、
どこまで行けるのか。
どんなものが見えてくるのか。
がんばります!

ぜひ観にいらしてください!
お待ちしております。

加山泰子役の田野聖子です。
凹凸組、稽古が進んでいます。

台詞の一つ一つがとても大切で…
口に出してしまうと軽くなってしまいそうなセリフばかりで…
一言吐くことがこんなに苦しいのかと改めて思える作品です。

そんな濃密な稽古の中、今日は稽古後に衣装合わせをしました。

舞台は1980年代半ば。
これは…衣装としてはとても難しいですよね。
バブル直前なので、まだ、あのボディコン、ワンレンという象徴的な時代ではないし。。。
またその人が着慣れているものでないといけないし。。。
む、難しい。あれでもないこれでもない、と時間をかけながらの衣装合わせです。
本番ではどんな空気になっているのかお楽しみに!

ところで、稽古場には衣装の樋口さんの衣装プランが並んでいるのですが…
1

この絵、表情が絶妙なんです。

ほら天野さんは…
2-1

天野さんだし!
3


ほら瑞木和加子ちゃんは…
4

瑞木和加子ちゃんだし!
5



緊迫した稽古の中、この壁の人物たちの表情を見てホッと和むことができるの私なのでした。
こんな私たちに会いにいらしてください。




いよいよ今月に迫りました!
333回目!の俳優座公演「海の凹凸」\(^o^)/

絶賛稽古中でございます。

稽古場でのキャストのふとした瞬間を撮ってみました〜
また随時様子をお見せできたらと思います♪


学生・真島隆夫役 八頭司悠友

2cf7f047.jpg
63058476.jpg
2283180a.jpg
bd1ad5b4.jpg

「海の凹凸」

果てのない稽古の日々が続いております。


何処までいっても辿り着けない、

答えなどないのかもしれない、

それでもなんとか寄り添って、

昨日よりもマシなものが掴めるように。


昨夜は稽古後に、これまで作業をお手伝いしてくれた劇団員などを交えて感謝の集いなるものが行われました。


初日まであと二十日、どうぞご期待ください!



安元役  志村史人


85b0e31a.jpg



↑このページのトップヘ