昨日の夜は、富士山ライブカメラで雲が出ていたが、今朝は快晴!

今日は午前中に富士山の写真を撮りたいので、和田峠を八王子側から越えるコース。


出発は、午前10時5分。

美山通り経由で川原宿に向かう。

今日もマラソントレーニングを兼ねていて、ハムストリングスを太らせるため、上りではアウターで踏み込む。

陣馬街道に入ってからは、脚を休めるため、サイクリングモードに切り替える。

久し振りのお気に入りの風景
P1160002

川の水が澄んでいて、心が洗われる。
P1160003

淡々と走り、陣馬高原下バス停に到着。
P1160006

さて、ここからは、久し振りのTT。

序盤から、とにかく股関節を緩めてハムストリングスで踏み込むことを強く意識して上っていく。

結構調子がよい。

傾斜が急になると立ち漕ぎに切り替える。

しかし息が上がるので、シッティングできるところでは、呼吸を整える。

一番急な箇所は、あまり頑張り過ぎず、腰を上げてじっくりと体重をかける。

その後も結構踏み込めて、峠には22分05秒で到着。
P1160009

自己ベストは、たしか22分50秒。

10年前ぐらいの記録で、当時和田峠TTのWEBサイトでは平均君21分50秒に遅れること1分だった。

今回はと言うと、このWEBサイトが生きていないみたいで、ちょっとガッカリしたが、それでも45秒も記録を更新できたので素直に嬉しい。

最近、牧馬峠でトレーニングしているのが生きているみたいだ。

峠には、うっすらと雪が積もっている。昨夜降ったのだろうか。
P1160012

路面凍結もあるので、慎重に下っていく。

路面決壊した場所
P1160014

富士山のビューポイント
P1160025

P1160022

ブル道も見える。
P1160020

このあとのダウンヒルで、あまりにも寒かったので、ウィンドブレーカーの上下を着込んで下っていく。

だいぶ下ったところでウィンドブレーカーを脱ぐ。
P1160027

ここから藤野には向かわず、吉野に向かう。

吉野では甲州街道には出ず、甲州古道を選択し上って行く。

中央高速を越えるまでは、一気に上る。

JRの跨線橋まで来たところで、さっき通過した踏切の音が鳴り出した。

カメラを構えて待っていると、特急電車だった。ラッキー。
P1160028

高速を越えると、傾斜も落ちて、この辺りまで来ると、ほぼフラットな道になる。
P1160031

のどかな農村風景で、いつもながらホッとする。

途中、動物の声が聞こえたので、言ってみたらお猿さんだった。
P1160040

相模湖
P1160043

甲州古道の標識
P1160047

ここから下りの急坂で、下りきると、甲州街道。

大垂水峠は越えたくないので、最近通ってなかった相模湖沿いの道から津久井道方面に向かい、裏道から新小倉橋の方に出て、相武カントリークラブの坂を経由して、無事帰宅。

和田峠TTのタイムを更新できたし、満足、満足。


走行距離:58.75km、所要時間:3時間25分ぐらい、AVE:20.2km/h、グロス:17.1km/h、獲得標高:1162m

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ