ある代表取締役が思うこと

〜徒然なるままに書き散らす〜

24日(土)にXP祭りで牛尾剛さんの
A-3 XPが日本のソフトウェア開発の未来を実現する(牛尾 剛さん) – 10:30〜11:30
という講演を聞きにいきました。

いくつか驚いた話があったので、メモ的な感じで書いていきます。
・海外のオフィスでは、愚直にプラクティスを実施。プログラミングが集中できる環境を徹底気に作っていた。

・上司がプラクティスを理解している。

・アジャイルの導入率、世界では95%、日本で31%。日本は圧倒的に低い。

・DevOps は西洋文化の上に成り立っている。我々、日本人は西洋文化のインストールが必要。

・以下の3つのマインド設定が世界に追いつくには必要
1.生産性マインド
少ない作業量で高付加価値。無駄にレポートを書かない。
Be Lazy.やるべきことを抽出して、それに手中する。
→江戸時代から続く働くことの価値観を変える必要があるだろう。

2.主体性マインド
ダイバーシティ:自分のままでていい。全員違っていていい。常識なんてない。
自分が幸せになることに責任を持つ人が大人だという概念。
上司は、よく「今、ハッピーか?」と聞いてくる。
→個々の業務範囲を明確にしていないとできないことだろう。
→目標の設定に合理的な理由がないと無理だろう。

3.雇用形態マインド
流動的な雇用環境。よく雇われるが、よくクビになる。
能力というより、適所がなくなるとクビになる。
エンゲージメントレベルが高くないとすぐに辞められる。
窓際族がいない、よく勉強しないと、クビになったり、そもそも雇われない。
→日本に比べOECD諸外国は、18~22歳以外の大学生が多いのはこのためかな。

講演の最後でブログをアップしていた。
メソッド屋のブログ

また炎上するとか?なって言っていたけど、書かれいていること的を得ていると思う。
このブログの4. マネージャーの指示でチームが動いているの中で、
「上の人の判断ではない、自己組織チームを構成する。」とあるが、これは、日本の教育では出てこない発想だと思う。どのように西洋文化をインストールしていったらいいのか悩みどころだ。

『韓流経営LINE』を読んでます。
その中で、グローバル戦略を考える上で、大事なことが書いてあったので、その部分を抜粋。

-----------------------
LINE英語版がある国で、何らかのきっかけで自然にユーザー数が上昇すると、ツイッターやフェイスブックなどSNSで情報発信する。さらにユーザー数が増えた場合には、スタッフが現地へ飛び、市場調査を等を行う方式を取っていた。そこから、潜在需要が見込める場合には、現地企業との連携を進めて、キャンペーンを実施する。ようやく爆発的ヒットにつながった場合は、オフィスを開設して、現地への有名人を起用したプロモーションを取る流れで行われてきたという。
-----------------------

まずは、ネットで様子を見て、行けそうと思ったら現地オフィスを開設というのは、日本企業が行っている現地でコンサルタントを雇って、先に現地オフィスを開設するのと真逆ですね。

限られたリソースを効率的にまわそうとすると、こうなったんでしょうね。

この本を読んでみて、私の思っていたことが、取材されて書かれていたので、すっきりしています。
LINEを純和製アプリと書いた経済誌、新聞は、ちゃんと取材して欲しいですね。

9月8日に御茶ノ水ソラシティで、Markzineのセミナーを聞きに行ってました。

いくつか受けた中の一つですが、アナログIC分野で業績が伸びている企業の話がありました。
まずは、米Texas Instruments社の紹介。自社のサイトでは、エンジニアのサポートも含めて、製品のことが詳しく説明されています。サポート用の会員制サイトもあります。ソーシャルメディアは自社サイトへの誘導のために使っている感じです。

それに対して、NXP社は、どのような製品に使われているのか、社会にどのように組み込まれているかを自社サイトで表現しています。たとえば、smart cityのページがあります。
facebookではいろいろなWebサイトの記事の紹介も多く、Instagramでは、展示会の様子も多く載せられています。

最近の傾向で、その分野の半導体のエンジニアにとっては、常識的なことを多く配信されているそうです。
IoTがトレンドになり、ITの分野の人が自動車に参入したりして、今までとは違うハードウェアを扱う人が多くなっているからだそうです。

自社サイト、ホームページをどのようにしたらいいのか、勉強になるお話でした。

日経コンピュータ2016.6.23号の連載でクラウド時代のアーキテクチャー設計の連載で、開発プロセスの選択のことが書かれていた。

ウォーターフォール型は全体を見通せるメリットが、アジャイル型は変更に対応できるメリットがある。
ただ、実際の開発でどちらか一方を選択するのは簡単ではない。

ここで例としてあげているのは、一般消費者や社内の非ITメンバーが利用し、売り上げ向上やコスト削減に寄与するシステム。ECサイトやSFA、データ分析システムなどが想定される。こうしたシステムはアジャイル型開発が向いているだろう。
しかし、こうしたシステムを構築する場合、多くの企業では既存システムとの連携は必要。連携部分については、初期段階で連携用のインターフェースの項目の確定が重要。こういう時は、ウォーターフォール型の開発になる。

こういう時に一方に寄せる、「ウォーターフォール型だが柔軟性を取り込む」とするのか「アジャイル型だが確定スケジュールを意識する」とするのかはプロジェクトメンバーの構成などを基に決めてもよい。

ただ、両方使う方法もある。

例えば、「既存システムと連携するサーバーアプリケーション」と「社内ユーザーが使うクライアントアプリケーション」に分離し、両社がAPIを通じて連携するような形態にする。

サーバーアプリケーションはウォーターフォール型。クライアントアプリケーションはアジャイル型。
このように分けることで、クライアントアプリケーションは、ユーザーからのフィードバックを受けて段階的に変更を受け入れることができる。

システムを小さなサービスに分割していき、それらをAPIなどで連携するの主流になってきている中で、ITアーキテクトが担う役割として、開発プロセスの選定とシステム配置の判断をプロジェクトの最初期に行うべき。

うち会社で作るWebシステムも他のシステムとの連携ありきなものばかりです。
システム全体を俯瞰し、各部分の特性に照らして開発プロセスの選定とシステム配置をしていかないと複雑化するシステムの開発をうまくまわせないだろう。

日経コンピュータ―2106年5月26日号の特集で、「API経済圏」が組まれた。

2016年4月現在で公開されているWeb APIは約1万5000で、5年前の4倍以上もある。
API経済圏が発展するきっかけは、各企業が外部にアイデアを求める必要に迫られたから。
例えば、FInTech、電力自由化、MVNOの乱立など。

Soup Stock Tokyoなどを運営するスマイルズの社内システムは、「APIのお化け」というように担当者が言っている。API連携をシステムの基本にすることで、さまざまな業務アプリをリリースしやくなったと。

スモールスタートして、上手くいけば、いろんな機能をAPI連携で拡張。
連携される機能を提供する企業も連携したい企業オープンなマインドで開発することになるんだろうな。

衆参同時選挙の可能性がありますが、AKBの総選挙は今年もやりますね。
しかも新潟で、当日の投票もあり。3万とか4万人とかが入るでしょうから、当日に順位が入れ替わることもありえるわけで面白くなりそうですね。

今年の個人的な見どころは
1.総選挙の投票権付シングルのセンターに向井地 美音が抜擢されたが、彼女は前回の44位から一気に選抜入りできるか。

2.じゃんけん大会で去年ソローデビューした藤田 奈那のランクインはあるか。

3.去年第一党になったSKEの躍進はあるか。去年、Wエースの一人松井怜奈が選挙に不出馬も影響はなかったが、今年もその影響なく大量ランクインできるか。

4.HKTは今年、何人選抜入りするか。去年の指原、宮脇に続き、兒玉、朝長、田島の選抜入りできるか。

5.NGTから何人ランクインできるか。山本彩が28位、宮脇咲良が47位で初ランクイン。彼女らの初登場順位を上回ってのランクインはいるか。

6.渡辺美優紀など昨年のランクインメンバーの多くが卒業。今年は去年以上の苦戦も予想されるが、1期生の木下、岸野、沖田ら初ランクイン、白間、矢倉の大幅なランクアップが欲しいところか。

ということで、今年も6月6日、273人の少女たちのドラマを楽しみにしたい。

日経コンピュータ2016.1.21号はIoTの特集。

その特集の中に札幌市の豪雪をシミュレーションするものが紹介されていた。
札幌市は人口100万人以上の都市では世界一の降雪量。
除雪のために年間150億円の予算を設けている。
しかし、この予算では札幌市全体の除雪は難しい。

市内のタクシーや路線バスに搭載したセンサーからデータを収集。
気象データや道路の積雪の形状から3Dモデルを作成し、渋滞などの被害と比較しているとのこと。

平常時より渋滞が多い区間を積雪量と相関などから割り出す。


予算が少なくなる中で北国にとって除雪は大きな問題だ。
これをどう効率よくやるかは、喫緊の課題になっていると思う。

2015.10.15 日経コンピュータの思考術の連載の中でのメモ

常に心の中にいれておきたい教訓

・新しいことは必ず反対に合う
・問題は分解して考えよ
・他人を説得するには説得する人物のメリットに働きかけよ
・最終的には人を説得するのは信念・情熱である


お互いの組織を利害関係者を説得しないと新しいことは進まない。

そのために大事な教訓である。

日経コンピュータ 2015.8.6号でFinTechの特集がありました。

FinTechはFinance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語。
このFinTechをけん引しているのが、銀行でもカード会社でもなく、IT系のスタートアップやネット企業である。

FinTechの主な領域は以下の7つである。
個人財務管理(PFM)
オンライン融資
投資支援
経営・業務支援
クラウドファンディング
スマホ・Web決済/送金
暗号通貨

各々、いろいろとプレイヤーがいる。
ただ、ノンバンクや銀行も黙っているわけではない。

三井住友カードは米スクエアが日本展開する際、加盟店審査のノウハウを提供。2014年にはSNSを使った加盟店審査をはじめ、審査ノウハウを独自に磨く。
早ければ2016年に銀行法の改正法案を通常国会で提出し、銀行法の出資規制緩和が進むだろう。そうすれば、資本提携やM&Aを積極的に仕掛けられるようになり、FinTech企業との提携が進んでいくだろう。

銀行サービスは必要だが、銀行は必ずしも必要ない。

銀行サービスを行うプレイヤーが今後10年で大きく変わるのかもしれない。

2015年5月14日号の日経コンピュータで、ロボットの特集が組まれました。

6月20日には、Pepperが一般発売され、いよいよ我々の生活の身近なところにロボットが入ってくる。

個人的には、しばらくは入ってこないと思っていた接客の領域に入ってきたのは驚きである。
ハウステンボスでは7月から「スマートホテル(変なホテル)」を開業する。人型ロボット「アクトロイド」を3台配置する。
チェックイン時の接客、外出から帰ってきたときに顔認証をして鍵を渡すということをするようである。他にも清掃やクローク業務もロボットに任せる。これにより人件費が3分の1以下になるとか。

銀行の接客にもロボットが導入されている。

みずほ銀行はPepper、三菱東京UFJはNAOを導入している。NAOはネット経由でFAQシステムと接続し、お客の対応をする。また、多言語が対応が可能で、最終的には19か国語に対応可能とある。

接客でのロボットのメリットは、
1)実店舗でも顧客の属性情報や購入履歴を取得可能になる。

2)A/Bテストが容易にできるようになる。

3)接客、セールストークのレベルをあわせることができる。

などなどあるわけだ。コンビニの店員がロボットになる日も近いかな。

お酒を飲む人なら飲んだことがあるでしょう。「獺祭」
実はこのお酒は”理屈”で作っているのです。

日経コンピュータ2015.02.19号で旭酒造の代表取締役社長 桜井氏のインタビュー記事で獺祭の製造の話が書かれています。

経営難から杜氏に逃げられた旭酒造は、杜氏の頭の中にしかなかった酒造りの工程のデータを蓄積した。
そして、その工程のデータを見学に来る同業者に見せる。

本当なら見せない方がいいように思えるが。

それは、良いお酒とは顧客のニーズの先を行くことで、それには、センスがいるからで、そのセンスに絶対的な自信があるからと。

データ分析は手段。その手段を上手に使えるには、積み上げが必要なわけだ。

日経コンピュータ2015.2.5号でオルタナティブSIという特集があった。

その中で5つのモデルが紹介されていた。
1.納品のないSI
2.艇が行くパッケージSI
3.自動生成SI
4.クラウドインフラSI
5.コミュニティSI

これらのモデルで共通しているのは、ビジョンの共有と短期間、もしくはその場で画面などの成果を見せる。
技術者の拘束時間ではない報酬の受け取り方である。

明確なビジョンと短期間での成果を出せる基盤があれば、従来の開発に比べて、開発の成功の確率がかなり高くなるのではないか。動かないシステムを生まないためにも精錬させたいモデルである。

日経コンピュータ2014.12.11号の動かないコンピュータに「HOMASという病院向け共通会計システムの導入費用1億8千万円が無駄遣いだったと会計検査院が指摘した。」という記事があった。

導入が進まなかった原因が3つあるが、個人的に一番重いと思うのは、運用体制の脆弱性である。
システム・会計・医療事務すべてに精通すている人材が必要である。上手く運用している大学は、人材を育ているが、そうでないところは、職員が異動するためHOMASの操作ができるようになった頃には、人が変わってしまう。
こうなるとシステムの活用はなかなか進まない。

ユーザー企業において、システムを操作する人がころころ変わるところも少なくない。
システムの利用は、上記に見られるようにシステムと業務の両方に精通する必要があり、その道のりは長く険しい。
ただ、クラウドを採用すれば、システムの運用負荷は減らせる。現に開発中のHOMAS2は全病院の記録をデータセンターで一元管理するとこのこと。

クラウド化によりシステムの運用に精通しなくても良くなったのは、ユーザー企業にとっては大きな負担減であるとこの記事を読んで思った。

日経コンピューター、日経情報ストラテジーの特別編集版として出されたIT Japan 2014からの報告で見られた統計データに関してまとめてみます。
経営先進企業のトップ、主要IT企業のトップ、有識者の講演の中で出てきたものなので、近未来を考える上で大事なものだと思われます。

大塚国際美術館(徳島)の年間入場者数は年間23万人(入場料は\32,400)

世界で現在の都市人口は35億人ほど、2050年位は63億人

エネルギー需要は1.8倍、温室効果ガスの排出は1.5倍、食糧需要は1.7倍、水需要は1.6倍

GEは、ダウ平均株価の算出が始まった1896年から今に至るまで継続して構成銘柄に残る唯一の企業

2020年には750億台のデバイスがインターネットにつながる

OSSでは世界中に10万件を超す開発プロジェクトと100万人を超える開発者がいる
世界最大の商用ソフトウェアベンダーの社員は10万人

といったところがありました。

大塚国際美術館は、世界の名画を陶板に焼き付け、実物大で再現されたものを見れる美術館です。
日本人の感性と先端技術の掛け合わせた好例として紹介されていました。

世界で勝負するために日本人の付加価値とは何かを気づかないといけないですね。

楽天テクノロジーカンファレンス2014に行きました。

いくつかセッションを聞いてきたけど、全部英語なので、半分も理解できなかったかも。。。

egisonという言語のセッションを聞きました。
なんと開発者の江木 聡志さんがスピーカーでした。
結構、平易な表現で話してくれたので、だいぶ理解できたと思います。
「直感は、直感でない。」という名言も出ました。

非構造のデータをJavaと比べるとはるかに短いコード量で書けるのは、SNSなどを扱うものに取っては、とても魅力的です。オープンソースなので、早速、やってみようかなと思っています。

三木谷さん自身もKeynote Speechで30分ほど話していました。400人ぐらいは会場にいたんじゃないかと思います。

その角を曲がった先は、見えないけど・・・というような話だったかと思います。
英語なので。。。
ITが、その見えない角を曲がる時の助けになりますよと。

OpenStackのセッションもあったりと、かなりオープンソースを積極的に使っている企業なんだなと再認識しました。

米国では農業のIT化が進んでいるが、ドローンによる空撮で作物の生育状況を把握・管理する動きが広がっている。

カメラで上空から農地を撮影することで、灌漑の状態、生育状況、作物の病気の状況などを把握することができる。

Precision Agricultureと呼ばれるソフトが使われる。

最適な判断をするために正確な情報が必要だが、その情報を簡単に手に入れることができそうだ。
ドローンが取得した灌漑の状態で、自動にスプリンクラーが動いたり、生育状況によって、肥料を自動で撒いたりということでができるようになるだろう。

※日経コンピュータ2014.9.4号参照

日経コンピュータ7.10号の記事に『ネットでリアルを再定義』というスペシャルレポートが掲載されている。

その中で従来ハードウェアを作っていたプレイヤーはソフト開発力が必要になるということが書かれている。
例えば、アイルランドのドロップが開発したキッチンスケールは、料理レシピで一般に4人前の材料の量が書かれているが、これを自動で3人前の計算をしてくれるのである。

GEは、ジェット機の1回のフライで得られる1Tバイトのデータを抽出して解析し、異常の早期発見をしている。

そのGEのカムストック氏は、ハードウェアとソフトウェアの融合による4種類の可能性を示している。
1.マシンと話せるようになる。
2.利己的な機械。
3.私心のない機械。
4.垣根を壊す機会。

世界中の頭脳が適切な組み合わせでネットワークがつながる。
それによって、今までより素晴らしい社会ができる。

となるのか、

一部の頭脳だけが、すべてを独占するような世界になるのか。

ただ言えるのは、ネットワークの中に入れる頭脳が自分自身持たないとだめだということか。

今年のAKBの総選挙では、NMBは一人負けになった。HKTが13人もランクインしたのに、NMBは12人と追い越されたわけだ。

まぁ、HKTは関東で放送されるテレビ番組はあるけど、NMBはないわけで、その意味でも苦戦は予想されたけどな。

さてさて、そんなNMBが全国ツアーをする。
ちなみに各チームでまわるようだ。
初日は、TeamNで2014年7月9日(水) 東京・NHKホールである。

NHKホールのキャパは?と思った。
彼女らは、普段、200人とか300人ぐらいしか入らない劇場で公演しているのだ。
それなのに、NHKホールは3,500人である。
しかもTeamN単独で、2daysだ。

大組閣前は、さやみるきーを始め、主要メンバーがいた TeamN。
しかし、大組閣後は、さや姉はいるけど、みるきーもななたんもいないのだ。
そんなチームが単独で3,500名である。
兼任も柏木や村重を入れても総選挙でランクインしたのが6人しかいないのだ。

あと、この全国ツアー、1都8県9か所10公演で、そのうち1公演は研究生だ。
場所は、神戸国際会館こくさいホールでキャパは2,000名以上。

このツアーの成否によっては、NMBが48Gで、一つ違った存在感を出せるのではないかと思う。


今週土曜、6月7日はAKB4837thシングル選抜総選挙が開催されます。

個人的な今年の見所ですが、

1)みるきーこと渡辺美優紀は選抜に入れるか。
熱愛発覚かと思ったら、なんと、セフレでしかなかったという疑惑が。
そのせいなのか、公式ガイドブックの表紙にもいない。
さてさて、スキャンダルを乗り越えての選抜入りはあるか。

2)SKEファンのパワーはどこまで
去年は柴田が一気に17位に入り話題になったが、今年は速報で二村 春香が14位に。
なんかよくわからんのが、ドンと来る感じだが、二村は選抜入りできるのか。

3)まーちゅんのランクインは
春に組閣があって、NMBからAKBに完全移籍した小笠原茉由。今年も速報ではランクインできず。
完全移籍によって、関西のファンが離れ、関東のファンをつかめずで圏外になるのか。
他の完全移籍メンバーも同様に注目。

4)さっしーの連覇は
速報を見る限りぶっちぎりの予感も。
一昨年までは、前田敦子と大島優子の正統派アイドルとしてのライバル関係があったが、今は、バラドルさっしーが正統派の渡辺麻友、柏木由紀、松井珠里奈、山本彩を完全にリードしている。
ゴールデンタイムでのは歌番組よりバラエティ番組の方が断然多い、昨今では、さっしーが有利か。

他にもいろいろと考えると出てきそうだが、ひとまず、こんなところで。

あと、1日と少しで2013年度が終わります。
アウラントも8期目が終わります。

みなさんの支えで、何とか8期目も終われそうです。

この8年、リーマンショックや東北の大震災をあって、苦しい時期もありましたが、なんとかやってくることができました。

SNS屋さんとして創業しましたが、ホームページの作成から基幹の商品マスターや人材マスターなどとの連携、CRMなど外部システムの構築・連携、facebookやmixiなどの外部SNSの連携アプリなど、多様な分野の開発をさせてもらいました。

今後もスタッフ一同精進しますので、何卒、よろしくお願い致します。

このページのトップヘ