SSWEB005

3月17日のHARU COMIC CITY18に
来て下さったみなさん、
本当にありがとうございました!!


さて、今回は「ノイズ」のお話。
スタジオで厳禁なもの、
それはなんと言っても「ノイズ」。
ノイズというのは、簡単に言えば、
必要のない余計な音のこと。
マイクにノイズが入ると、
その部分は録り直しになってしまい、
せっかくの演技もやり直すことに。
その申し訳なさ、
肩身の狭さたるや・・・・!
だから声優は、アフレコ本番中、
椅子から立ち上がる音、
台本をめくる音、
足音、
衣擦れ、
お腹の音に咳やクシャミなど、
ノイズを絶対にたてないよう、
全員が細心の注意をはらっています。

そういう仕事なので、
服選びは、とにもかくにも
ノイズが出ないことが絶対条件。
ハンガーをつかんでふってみたり、
布地をこすって耳を近づけてみたり。
靴だったら、
履き心地といっしょに、
歩いて音が出ないか確認したり。
ひっかかりやすいロングネックレスなども、
本番中ははずして、
鞄に入れておくことが多いですし、
人によっては靴を脱いで、
靴下や裸足でアフレコ、なんてことも。

アフレコは、
場合によっては30人以上が、
スタジオに集まってする作業。
全員でノイズに気をつけるのは
とっても大事なことなのです。
・・・・ということで、
あさのますみでした。
ご意見、ご感想などなど、
コメントも待ってます♪