SSWEB156

『それが声優!』新刊、委託販売しております。
メロンブックス、
とらのあな
フロマージュ、
ゲーマーズ、
COMIC ZIN
詳しいことは、それぞれのリンク、
もしくはこのブログの
右側のバーのリンクから! →

まだ手に入れていない方は、ぜひぜひ!


さて、今回の四コマは、
私がつねづね思っていること。
「関西弁が話せるって、かっこいいなあ!」
アニメでも、ゲームでも、
一定の需要がある、関西弁キャラ。
登場人物が多い作品だと、
かなりの確率で一人は関西弁キャラがいますし、
まったく関西弁が扱えない私からすると、
見事なイントネーションで話す姿を見るだけで、
「すごーい!」
と尊敬の気持ちがこみ上げてきます。


私も、過去にほんの数回、
関西弁のセリフを任されたことがあるのですが、
やってみると、ものすごく難しい。
中途半端にそれっぽくはなるものの、
いかんせん精度が低くて、
エセ感満載。
あの独特のイントネーションが扱えるのって
いいなあと思うのです。


ちなみに、私が多少なりとも話せるのは、
秋田弁。
でも、関西弁がエクスカリバーだとすると、
秋田弁って木の棒くらいの戦闘力。
そもそも、需要が100分の1くらいしかなく、
私は15年声優をやっていますが、
秋田弁のお仕事をいただいたのは3、4回。
それって、私のエセ関西弁と
同じくらいの頻度ですから(笑)

ふるさとの言葉を愛してはいるけれど、
やっぱりエクスカリバーもふるってみたい。
今回はそんな四コマでした。
ではでは、また来週!
あさのますみでした♪



ranking0