ssw225

夏コミ、当選しました!
8/13(日曜日)
東地区 "あ"41『はじめまして。』

最後の夏コミ、ぜひとも遊びに来てね♪

さて、今回の四コマは、
声優あるある……とはちょっと違う、
でも声優である私が体験した出来事。

あれは先月のこと。
図書館の返却ボックスに本を返そうと、
私は夜道を歩いていました。
交番の前を通りかかると、
婦警さんが巡回か何かから戻ってきたところでした。
チラッと見えたのは、腕に抱かれた小さな生き物。
「この猫、そこで近所の人に託されて……」
どうやら、道で出会った子猫を
誰かが婦警さんに預けた様子。

「あの猫どうなっちゃうんだろう?
届けられた猫って、拾得物?」
私は図書館までの道々、スマホで、
交番に届けられた猫がどうなるか、
検索してみました。
するとチラホラ出てくる、
「保健所で処分」の文字。
いやいや、まさかね。
いくらなんでも処分なんてしないよね?でも……。
心配だったので帰り道、交番に立ち寄って質問。
子猫はちょうど、ケージに入れられて、
パトカーで連れていかれるところでした。
「あのう、さっき前を通りかかった者なんですけど、
その子猫、最終的にどうなっちゃうんですか?」
「数日待ってみて、飼い主が現れなかったら、
保健所に連れて行きますよ」
どひゃー、やっぱりそうか!
ケージ越しに見ると、
まだ小さなその猫の爪は伸び放題、
全身が灰色に汚れ、ノミらしき虫が付着、
しかもお腹を下しているらしくお尻が汚れていて、
こちらを「しゃー!」と威嚇してくる。
いや飼い主を待つって、
この猫、どう見ても野良でしょう。
私はつい勢いで、
「じゃあ、飼い主が現れなかったら私が引き取ります!」
と言ってしまったのでした。

その日はもう夜遅く、
翌朝9時にならないと、
警察署の拾得物係は開かないとのこと。
「猫をどうするか、はっきりしたら
またご連絡することがあるかも知れません」
そう言われて連絡先を渡し、家に帰ったのですが、
頭の中はもう猫のことでいっぱいに。
……まさかこれから数日間、
ケージにいれっぱなしなのかな。
ノミもつきっぱなし、お腹も下したまま?
ジャーキーみたいなの食べてたけど
あの餌はあの子猫の月齢に合ってるの?
体調が急変したらどうなるんだろ。
絶対野良猫だからって、
すぐ保健所にやられたりしないよね?
…ちょっと待って、気になって眠れないんですけど!
だめだ、これじゃあ他のことが手につかん。
朝9時になるのを待って、
私は警察の拾得物係に電話。
「飼い主が現れたらちゃんとお返ししますから、
子猫を病院に連れて行ってもいいですか」
すると係の人からOKのお返事。
すぐに警察署に迎えに行くと、
子猫は昨日と同じケージの中、
私を見て「しゃー!」と言いながら、
体を摺り寄せてきます。
ケージのすきまから指を入れてみると、
そこに頭をこすり付けて、小さくゴロゴロ鳴くのでした。
なんだなんだ、もしかして、寂しかったの?
とにかく体調が心配だったので、
警察署で、「仮に預かります」
という主旨の書類を書き、
私はそのまま、
普段お世話になっている動物病院へ
子猫を入院させ、
検査とトリミングをお願いしたのでした。


ということで、来週に続きます。
声優あるあるじゃないのにスミマセン。
あさのますみでした♪






ranking0