カテゴリ:
作者へのひとこととして、これから読む人へのメッセージとして、
あるいは、自分の想いを忘れずに留めておくためのメモとして。
よろしければ、読後の感想をこの記事のコメント欄にてお聞かせください。

・投稿された読書感想文は、筆者(ふら)のコメントを添えて、
 この記事内に掲載させていただきます。

・もし、文章以外での感想(画像など)がありましたら、
 メール(hajipso2@hotmail.co.jp)やTwitter(@hajipso2)にてお送りください。
 確認後、この記事内に掲載させていただきます。



寄せられた読書感想文の一覧(投稿日時の古い順)
(2015年12月4日までの投稿分)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by レイ   2014年06月28日 00:23

初コメ。

ずっと、ずっと好きでした。
いつまでも読んでいたくなる物語です。

とろこどころにはさむ小ネタと過度な表現の振り返りがクスッと笑えます。
読んでいくとPSO2もふらさんもきっと好きになれると思います。

さぁみんなで
ムッシュかまやつ‼︎ムッシュかまやつ‼︎

ふら:書いているときは、やっぱりというかなんというか、小ネタを考えるのがいちばん楽しかったです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 9鯖   2014年06月28日 01:06


うん、やはりはじぷそを読むと初心に戻りますね。攻撃が弱まって再開した今、また新しく楽しみを見つけながら頑張ろうと。
私は、ふらさんのこといつまでも大好きだし、尊敬し続けます。はじぷそに辿り着いてよかった、ありがとう^^

私も上に続きますかね♪
ムッシュかまやつ!!ムッシュかまやつ!!

ふら:こちらこそ、ありがとうございました。ムッシュかまやつ!ムッシュかまやつ!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 背中のネジ   2014年06月28日 02:53


はじめまして、ずっとこのブログを読んでて
ふらさんの書く素敵な文章に笑わせてもらったり泣かせてもらったり
とてもとてもたくさんの物語を読ませていただき本当に嬉しく思います。
電子書籍化お疲れ様でしたと共に
いつか何処かのブロックでもし出会ったら
改めて感謝の気持ちを伝えさせていただきたいと思います

ふら:当面はベリーハード推奨ブロックかソロプレイ推奨ブロックにいることが多いと思います。きっと、いつかどこかで。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 前略アンスールより   2014年06月28日 08:01

一気に読んでしまいました。とても読みやすく面白かったです。ただ、人を伏せる文字が一気に読む身としてはチョットややこしかったかなーと、絞り出してもこれくらいしか文句が思いつきませんw
基本的にうるさいフネヨンから見ても、コミュニケーションの豊富なPSO2ライフのようで羨ましい限りです。
お互いに素敵な冒険に出会いますように。

ふら:シップごとの差異なんて微々たるもので、けっきょく大事なのは自分の姿勢なんだろうな、と思います。お互いによい旅を。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by ふりーじあ   2014年06月28日 19:07


エピソード2編も含め、早速全部読みました
相変わらずのふらさん節で安心したというか何と言うかw
そして最後にはホロッとくる読者へのメッセージもあり…
PSOはもちろんネトゲ経験者全般におすすめしたい1冊です。

ふら:『余韻(あとがき)』は最初は書かないつもりだったのですが、最後なので、素直な願望を書きました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 名無しのレンジャー   2014年06月28日 20:45


本当は色々と言いたい事はあるのですが
ありすぎるので1の方と同じく
「深くおわび申し上げます」シリーズのキレの良さを
お勧めポイントとして挙げさせて頂きますw

ふら:恐縮です。キレで言えば大魔神佐々木のフォークと双璧をなす私です。
ただいま過剰に思い上がった表現がありましたことを深くおわびいたします。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 6鯖民   2014年06月28日 22:21

停止中にこのブログに出会い、読ませて頂きました。一期一会の出会い、そして何より楽しむ事、いつの間にか忘れてしまってた物を思い出せた感じでした。。。
そしてサービス再開後、ログインして久しぶりに『誰でも楽しく』の部屋に入ったり…自分で立てたりしてみました。
PSO2を始めた頃、良くやっていた事なのに何だか緊張しましたがw
素敵な新たな出会いが出来た…と、思いますw
また是非読み返したいです!
心からの感謝を込めて…
ありがとうです♪

ふら:『誰でも楽しく』の部屋に入るって、知らない人と出会うってことですから、
どんなに慣れたつもりでも、やっぱり絶対に緊張はします。そして、私はその感覚がすごく好きです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 六鯖の中堅者   2014年06月29日 08:03


おぉ 下巻が出てましたか(*´∀`*)
もう上巻も下巻β版も何回も読みました レア堀とメセタ稼ぎで荒んだプレイをしてたのにこのブログを読んで少し変われたように思えます 今日はフレンドと久しぶりに会ってみようかなぁ...

ふら:PSO2にはいろんな遊び方があって、きっと、どれも等しく正しいんだと思います。
レア掘りも、メセタ稼ぎも、そのほかも、すべて。そのなかで、自分に合うものが見つかると楽しいですよね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by ship8 アステリスク   2014年06月29日 19:41


ふらさん!
今までお疲れさまでした!&ありがとうございました!
PSO2を始めた日に読み初めて、
こんなに面白いゲームなんだ!
と、ある種の感動を覚えました!
なんていえばいいか良くわからないんですが、
とにかく本当にありがとうございました!
とても楽しかったです!
いつか会えたら良いですね!
では、ムッシュかやまつ!

ふら:Shipが違う人とも遊べる手段が、なんらかの形でいつか実現されたらいいなあ、と思っています。
「アークスシップ対抗戦」の実装で、ちょっとだけ近づいたのかもしれないですね。ムッシュかまやつ!ムッシュかまやつ!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 新米Ra   2014年06月30日 15:58


私はもう初心者じゃなくなってしまったけども、
だからって初心を忘れていいって訳じゃない。
初心を貫徹したまま成長していくあなたの姿に、気づかされました。

ありがとう。楽しかった。

ふら:「初心者じゃなくなること」と「初心を忘れること」はイコールじゃない、というのは、私もつねづね思っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by あ   2014年06月30日 16:10

通学中と休憩時間で全部読みました。
無料でこの内容なら大したものだと思います。
今後も頑張ってほしい。


ふら:ありがとうございます。今後も疲れない程度にほどほどにがんばります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by ローンレンジャー   2014年06月30日 20:38


電子書籍化して下さったおかげで、好きなときに読めました。
何度読んでも楽しいです。
ふらさんも、ふらさんと一緒にクエストに行った方々も、いつかどこかで会えたらと思っています。
私もケン村の村人なので、実はもう会っていたり、フレンドさんの中にいたりして・・・・・

私はまだ1年ちょっとですが、まだまだ楽しく遊べそうです。
ありがとうふらさん、これからも、よろしく。

ふら:鳥取県もびっくりの過疎化に苦しむケン村ですから、どこかですれ違っている可能性はありそうですね。
これからも、よろしくお願いします。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by ニークス   2014年07月01日 13:01


地下鉄とか圏外でも読めるのがとにかく素晴らしかったです。
プチあとがきもクスッとしてしまうものがあり、何度でも読み返したい書籍です。


ふら:「電波の通じないところでもPSO2に触れられるなにかを」と思って
電子書籍化したという意図もじつはちょっとあったので、たいへんありがたいです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by ハルトマン@5鯖   2014年07月01日 16:45


「あとがき」を読んだ勢いのまま感想文を残させて頂きます。
追加エピソード、数は少なかったですがどれも楽しく読ませて頂きました。
シオンの回とPC買い替えの回は特にツボでした。
スタバのくだりとか。
電子書籍化されるきっかけの話は驚きましたが、このブログならそういう話が来ても当然かなと気もします。
ふら様は心配しておられたようですが、私はお金出してでも買いましたよ!
きっと私以外にもいると思います。

上下巻全部読みましたが、iPhoneの本棚からは消さずずっと残しておこうと思います。
また初心に帰りたくなった時の為に。

ふら:じつは下書きの段階では、スタバのキャラメルフラペチーノのくだりのあとに
「家で村上春樹でも読んでろコノヤロー」という一文があったのですが、ファンの方に怒られそうなのでやめました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 六番船   2014年07月02日 16:11


全部楽しく読ませて頂きました。
どれも印象に残るエピソードばかりでしたが個人的に一点、
「届け、断末魔」の6鯖の松田優作、僕も会った事があります。w
ひょっとしたらたまたま台詞が同じだっただけの別人かもしれませんが、
時期も被ってるので僕もふらさんと同じ緊急に参加して聞いていたのかも…と想像してしまいました。
この調子で顔文字の魔術師や三枚目ヒーローにも会ってみたいものです。

ふら:『届け、断末魔』のコメント欄でも、別の方から「Ship6の松田優作を目撃しました」という声がありました。
意外と有名人なのかもしれません、Ship6の松田優作。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 名無し   2014年07月03日 00:29


これから読む人も大勢いるでしょうから
多くは語りません。

ただただ、読み終えた後
「ありがとう」
と言いたくなるブログです。

ふら:こちらこそ、ありがとうと言いたいです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 4鯖のヒューマン   2014年07月03日 18:57


待ってた。
読んだ。
感動した!

ふらさんのお陰で6鯖の人口が増加してしまいそうだ(ノ∀`)

ふら:ありがとうございます。いま、各シップの実人口ってどうなんでしょうね。
感覚的には、Ship6は変わらず最下位っぽい気がするんですけれど。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by asa   2014年07月04日 00:29


とても楽しく読むことができました。
人見知りなので基本的にソロでプレイをしているのですが、上下巻を読んでいてパーティープレイもいいなあ~もっと楽しめそうだな~なんて思うようになりました。
素敵なブログと電子書籍をありがとう。
はじぷそに出会えてよかったです。

ふら:要はバランスなんでしょうけど、ソロもパーティーも、やっぱりどっちも楽しいです。
私も人見知りですが、人見知りだからこそ経験できた出会いもあったと思っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 8鯖のルキエ   2014年07月04日 07:01


豚小屋でこのブログを知って、一から読み、電子書籍も上巻・下巻β版・下巻と読み切りました。一度読むと続きが気になって一気に読んでしまいました。私は8鯖ですが、ふらさんを探しにふらふらと6鯖へ旅行にでも行こうかとも思う程ふらさんの人柄に惚れました。はじめまして、PSO2。に出会えて本当に良かったです。
私の好きな記事は「小心の銃士」ですね。小ネタで言えば、セガの社員ネタが好きです。
電子書籍化お疲れ様でした。いつかどこかでお会い出来る日を楽しみにしています。
ムッシュかまやつ!ムッシュかまやつ!

ふら:『小心の銃士』は、私としても非常に思い出深いです。あの日、あのパーティーで、私もレンジャーになろうと決めたので。
セガ社員に理不尽な暴言を吐くシリーズは、計3回やりました。ホントはもう1回くらいやりたかったです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 狼の群の頭目   2014年07月04日 11:44


始めましてふらさん。

自分はship6のとあるチームのマスターを勤めさせてもらっている者です。
自分も貴方の綴る言葉に笑い、泣いたアークスの一人です。

自分は「ネットゲームというものは、PSO2も、結果的に効率だけを求められてしまう物なのだろうか?」と考え、少し悩んでいました。
そんな時に貴方の「はじぷそ」と出会い、泣き、笑い、自分は自分のやり方を貫いて良いのだと思い、覚悟を決めました。

そして今は、それを理解してくれる仲間も出来ました。

有り難う御座います。
貴方と「はじぷそ」には幾ら感謝を述べても足りません。

同じship6ですので、何時かは、貴方に直接感謝を伝えられる日が来るのでは、と考えていいます。

長文、駄文大変失礼致しました。

それではふらさん、何時か、何処かのブロックで!
ムッシュかまやつ!ムッシュかまやつ!

ふら:効率をひたすら追求するのも、それはそれできっと独自の楽しさがあると思うんですけどね。
たまたま、私はそうじゃないプレイスタイルのほうが楽しかった、というだけで。ムッシュかまやつ!ムッシュかまやつ!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 1鯖の野良兎   2014年07月04日 19:35


あとがき読みました。感動しました。
サービス終了の日、私は絶対「ソレ」を言ってみせます。
ありがとうございました。

ふら:ありがとうございます。そのときが何年後か、何十年後になるのかわかりませんが、うれしいです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 9鯖の某レンジャー   2014年07月07日 10:04


はじめまして、陰ながら読ませていただきました。
私はふらさんのいうところの一流アークス?です。
って自分で言うのも可笑しいですね。

今の私はクエストも固まったメンバーでプレイして見知らぬ人と遊ぶ事もなくなってきました。
ですが、ふらさんのブログを読ませていただいて始めたころを思い出しました。
ふらさんのように感動的な冒険はもう出来ないかもしれない、だけど読むことで疑似体験できました。
ありがとうございました。

惜しむらくは、ふらさんのタイムアタック記事を読めなかったこと…

ふら:たしかに、タイムアタックとアドバンスクエストについては、電子書籍版を編集しながら
「あ、けっきょく行ってないな」とちょっと思いました。いつかどこかで書く機会があるといいんですけど。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by D-Arkers   2014年07月11日 19:09


『侵食されると凶暴性が高まる』パティ&ティアから、いやPSO2の運営からそう聞かされて いる。はたして本当にそうなのだろうか。こんな風には考えられないだろうか。『侵食されると大切な仲間への情愛が高まる』侵食されたダーカー、そして原生 生物は死に物狂いでアークスへと襲いかかってくる。それは我が身を犠牲にしてでも大切な仲間を守ろうとしている姿なのだ。

『PSO2における死は、きわめて軽い』なんてアークスはいうけれど、命に大小なんて無い。命あるものはみんな愛されるために生まれてきたはずだ。ダー カーはムーンアトマイザーなんて持っていない。ダーカーシップへ戻り、仲間を助けるために急いで駆けつけるということも出来やしない。消えてしまった大切 な命はもう二度と還ってはこないのだ。だが情愛あふれるその熱き魂は生き残った誰かが引き継いでいく。小さく震えながらも果敢に襲ってくるダーカーを見か けたとにきは、愛深きダーカーのことを少しだけ思い出して欲しい。

ダーカーロビーから初めてダーカーシップへと旅立つとき、アークスが怖くて怖くてひとり怯えていることだろう。そんなとき思い出すのは『君はひとりじゃな い』。ダーカー仲間からのそんなあたたかな言葉なのかもしれません。そして運よく生き残ったダーカー達はダーカーシップでそしてダーカーロビーで任務中に 出会ったアークス達の話で盛り上がっていることだろう。

「クーガーNXの地を揺るがすほどの大爆発からアークスがロデオドライブで逃げ出すことを平然とやってのけるッ。そこにシビれる!あこがれるゥ!」

「今日、顔文字だけで会話するアークス見つけたわ。おもろいわー。\(・∀・ノ)」

「『誰でも楽しく』でパーティ組んでるテクターが今日もムッチャ楽しそうだったよ。あのアークス見かけるとこっちまで笑顔になるね。」

「昔はまったり遊んでたのに……。俺達いつからこんなに効率重視に……。」

「あのさ……、もしかして、もしかしてだよ!アークスって悪いやつばかりじゃない……かも……。」

「そうだね……、私たちダーカーとちょっと似ているところあるかも……。」

こんな妄想をしているとラヴェール姐さんにこっぴどく叱られてしまいそうである。

でも、もしフィールドでダーカーの頭の上に灰色のフキダシ「…」が表示されたなら、少しだけ待ってあげて欲しい。あなたにも見えるかも『TANOSIKATADESU ARIGATOU』のメッセージが。

PSO2が正式サービスが開始されたのは2012年である。
そのプレイ日記『はじめまして、pso2。』は『オンラインゲームの魅力とは何か。』という言葉で始まっていた。
ふらさんは『さまざまな人と出会い、協力しあって遊べる』と答えている。

この問いかけをムッシュかまやつさんにしたら、どんな答えが返ってくるのだろうか。否、もう答えてくれていた。
その答えは、なんと既に2012年の冬に放送されていた。『みんなに笑顔を届けたい。冬篇』という某企業CMの中で歌という形で表されている。
大きな暖炉のあるロビーでオフライン仲間達と共に合唱されていたのである。
「いこうよ♪」
短い言葉ではあるがなんと深みのあるメッセージであろうか。
『進め。』口笛ふきつつ進んでいこうよ。
『挑め。』ともに手をとり挑んでいこうよ。
そんな風に語りかけているようにも聞こえる。

いつの日か、ムッシュかまやつさんとPSO2がコラボすることを心より願っています。

PSO2には不定期ではあるが、あるキーワードをゲーム内チャットで発言すると運営からアイテムが貰えるという面白い仕様がある。

この仕様を利用したのかどうかそれは不明ではあるが、あるキーワードをゲーム内チャットで発言すると『楽しさ+250%』ブーストがかかることを皆さんはご存知であろうか。そのキーワードとは……。

『ムッシュかまやつ!ムッシュかまやつ!!』

ふら:これ、すごい力作ですよ。このブログ上に散らばっているいろんな小ネタがたくさん拾われています。
文中にある某CM、何度か見た記憶があります。なつかしくなって、思わずYoutubeで探してしまいました。
そのCMが放映された時期と、私がPSO2を始めた時期が、ちょうど一緒だったんですよ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by なもなきアークス   2014年07月11日 19:38


はじめまして。
VITAからプレイを始めて、色んな情報を検索している内にたどり着き、全て読ませていただきました。
面白かった。
自分は単純なので、そんな言葉しか出ませんがとにかく面白かった。

この日記を見て、勇気を出して「誰でも楽しく」でプレイしたりもするようになりました。
結果はまだ思うように行かないけど、「これも冒険」と思うと、それもまた楽しいです。

楽しい日記をありがとうございました。
「進め、自分」と思いながらフェオシップやフィールドを駆け回ろうと思います。

ふら:思うようにいかないことって、すごく大事だと思うんですよ。
現実が想像を上回ったり下回ったり横にズレたりしちゃうからこそ、生まれる楽しさもあるはずなので。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 8鯖のソロ魔法剣士   2014年08月05日 16:44


はじめまして。

つい最近、魔法剣士を志したらここに辿り着いた者です。

とても楽しく素敵な冒険譚でした。
これを読んで、僕は賢さと思いやりのパラメータが上がったと思います。

新しい冒険のお話をいつか読ませてもらえるのを楽しみにしてます。

ありがとうございました。

ふら:キャラクターがレベルアップしてパラメータが上がっていくのはもちろん楽しいですけど、
せっかくなら、ゲームプレイを通じて自分自身のパラメータも上げていけると、もっと楽しいですよね。
いつかどこかで、またなにか書ける日が来るといいなあ、と思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by pろ   2014年08月17日 18:42


はじめて読みました

今まで強く、上手くないとパーティーできないな~
なんて思っていたのですが、そんなことはなく
ゆっくり自分のペースで楽しもうと思うようになりました

面白かったです!

ふら:自分のペースで楽しむことって、あたりまえですけど、ものすごく大切だと思います。
オンラインゲームって、無自覚のうちに他者との競争意識が生まれてしまいやすいものですから。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by
D-Arkers   2014年08月17日 18:42

『唐突に怒りだす』それは僕のお母さんの話だ。夜暗くなるまで外で遊んでいたり、嫌いなニンジンを残すと鬼のような形相で怒りだす。きっとお母さんは僕のことが嫌いなんだ。友達にそのことを言ってみた。そうしたら首を大きく横に振って、こんなことを教えてくれた。
『我が子が嫌いなお母さんはいないよ』お母さんが凄い剣幕で叱りはじめる。それは素敵な大人になって欲しいという願いなんだ。

『お母さんは僕のことが嫌いなんだ』なんて子供はいうけれど、お腹を痛めて産んだ愛する子供を嫌いになれる親なんていない。みんなお母さんのあたたかな笑顔に包まれて育ってきたはず。僕達はまだ小さくてそのことをちゃんと理解出来ていないだけなんだ。
目に涙を浮かべながらお話をするお母さんを見たときは、愛深きお母さんの心をしっかりと感じて欲しい。

入学式の次の日、ひとり学校へと向かおうとしたとき、とても怖くて不安で怯えていたことだろう。そんなとき思い出したのは、たくさんのお友達があなたを待っている『君はひとりじゃない』。お母さんのそんなあたたかな言葉なのかもしれません。

そして子供達は、教室で新しいお友達と楽しい話で盛り上がることだろう。

「風の噂によると隣のクラスの子が、カミナリおやじの地を揺るがすほどのお説教からローラーブレードで逃げ出すことを平然とやってのけた。しびれるぜ。」

「昨日、駅前でバントマイムだけで表現する大道芸人がおったわ。おもしろかったわー。\(・∀・ノ)」

「『誰でも楽しく』と書かれたハンカチを持った女の子が今日もムッチャ楽しそうだったよ。あの子を見かけるとこっちまで笑顔になるね。」

「公園で小さな男の子が一生懸命に外国の人とお話していたのを見かけたよ。」
耳をすませばあなたにも聞こえるかも「TANOSIKATADESU ARIGATOU」メッセージが。

もうすぐ夏休みがおわってしまう。宿題の算数プリント、漢字ドリルは頑張ってやったんだけど、まだ読書感想文が残っている。僕はこの読書感想文がとても苦手なんだ。だって何を書いていいのか全くわからないんだもの。
「好きなこと、思ったこと何でも書いていいんだよ。」なんて先生は言うけれど、それが余計に難しい。僕は何の本を読むのかさえ決まらずにいた。
お父さんにそのことを相談してみたら、何故か口笛を吹きだした。それは僕も知っている曲だった。
『進め。』口笛ふきつつ読み進んでみよう。
『挑め。』本の主人公と共に挑んでみよう。
お父さんがそう言っているようにも思えた。

そのあと、いつもお父さんが嬉しそうに見ているスマホを僕にも見せてくれた。僕の目に飛び込んできたその文字は、

『はじめまして、PSO2。』

夢中になって読んだ。こんな楽しいお話だったら僕にも感想文が書けるかもしれない。そのことを言ってみたらお父さんがニッコリと微笑んだ。
最後まで読み終えたとき、家のチャイムが鳴った。お友達が遊ぼうと呼びに来たんだ。読書感想文は帰ってきてから書こう。まずは夏休み最後の日を友達といっぱい遊ぶんだ。
家を飛び出すと、人の目を気にせず僕は大きな声で叫んでいた。

「ムッシュかまやつ!ムッシュかまやつ!!」

ふら:読書感想文とは違いますが、先日、中学生もしくは高校生と思われる読者の方から、
「学校で、朝の読書の時間に『はじめまして、PSO2。』電子書籍版を読んでいます」という声をいただきました。
電子書籍って先生に怒られないのかな、セーフなのかな、という気もしましたが、やっぱり、すごくうれしいですね。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 魔法剣士を志す沼男   2014年09月25日 19:54


以前から拝読していましたが、今回電子書籍版をDLしてまた一から読み直させていただきました。
現在とは違った仕様や当時の雰囲気を暖かい文体が優しく思い出させてくれる、ベテランプレイヤーにもオススメできる本になっていると思います。
同じく魔法剣士を志す者としてep3を迎えたふらさんの活躍が気になるところですが、それは野暮というものですね。
鯖が違うのできっと僕はすれ違うことすら叶わないだろうけど、ふらさんにもっと素敵な出会いがありますように。

ふら:読み返してみると、数年前といまとでは、ゲームの仕様も世界の雰囲気もそれなりに変わってきている感じはありますね。
ただ、私はそういう変化に影響されない、あるいは限りなく影響されにくいプレイスタイルで遊んでいるつもりでもあります。
ストーリー攻略は遅々として進まないので、エピソード3を本格的に楽しむのはまだまだ先になりそうですが、楽しくやっております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by ねこ   2014年10月15日 16:26


はじめまして!
ドッキドッキしながらコメントを書いています。
誰かのブログにコメントをするなんて、
はじめての経験なので!

ふらさんの冒険談、
とってもとっても楽しかったです!
そしてとってもとっても憧れました。

そしてそして、
自分でもやりたくて仕方なくなりました。

なのでやってみることにしました、
PSO2を。

私も、私の冒険をこれから楽しみたいと思います!

残念ながらブログはリアルタイムで見れませんでしたが、今もシップ6で遊んでいるのでしょうか?

いつか会えたら素敵だなって、
思っています。

そしていつかまた、
ふらさんの冒険談が聞けたら嬉しいなって、
そう思っています。

ふら:いまもShip6で遊んでいます。ブログはひとまず終わりましたが、冒険はまだまだ続いています。
いつか、会えるといいですね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 疲労アークス   2014年10月17日 02:52


はじめてコメントさせてもらいます
PSO2を初めて早2ヶ月経った私です
とても疲れました
というのも、友達に誘われ始めたPSO2
遠近戦えるということでブレイバーから始めました
しかし、フレンドから弓は弱い、その防具は地雷、そのPAは地雷
もうブレイバー辞めたい。とまで思いました
毎日が忙しい戦いでした
転職しようにも、地雷になるから辞めときな、そんな地雷防具で緊急行ったら文句言われるよ
と言われ続け、こんな事で文句言われるかもしれないんだ、肩越し視点の練習でさえも文句言われるかもしれないオンラインなんだ。と思い込みPSO2が大嫌いになっていました

そんな時、出会ったのがフラさんのブログ
とても心が温まり、そんな楽しみ方があるんだとおもいました
私は今まで景色をゆっくり見ることすら出来なかった
今まで疲れるだけのPSO2だったので
今度からは楽しめるPSO2、出会いを楽しめるPSO2にしていきたいと思います
景色をのんびり眺めて
時には野良で困ってる人を助けたり、助けてもらったりしようかなって思います

当たり前の事を気づかせてもらいました。
おおいに感謝感激です
shipが違うので会うことはないですが、見ている景色は同じですよ(笑)

ふら:いろんな人がいる以上、いろんな遊び方がありうるということは、あたりまえなんですよね。
ただ、それをいいことだと思うか悪いことだと思うかも、これまた人それぞれで。いろんな個性がありますね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 某塾生   2014年10月23日 04:13

はじめまして。
面白おかしく、時にはウルっとしながら書籍の方を拝見させて頂きました。有り難うございます。

今までは何かに追われるようにプレイしていた私ですが、時には足を止めて、ゆっくりと楽しんでいけたらいいなーと思いました。

私も大都市ケン村に所属しているので、もしかしたらご一緒する事があるかもしれません。その時にでもいずれ、また。

ふら:こちらこそありがとうございます。
広い気もするし意外と狭い気もするPSO2の世界ですが、ケンは相対的には人口の少ないシップですから、
そのうちどこかでお会いするかもしれないですね。そのときはよろしくお願いします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 雑談系アークス   2014年10月23日 17:58

はじめまして

そろそろPSO2と倦怠期を感じていたアークスです
 ふと 目にとまったので読ませていただきました

読み進めていくと 「あぁ こんなことあるある」「私もそうだったわー」と昔を懐かしく想い とても楽しく読ませていただきました

最近はコスを集めたり雑談ぐらいになってしまって これでいいのかな… と何か一人であせって 無理にゲーム続ける必要ないよな…くらいの気持ちだったのですが もう一度 あの世界を見てまわって その結果何かを見つけてみようかな と感じました

ある意味きっかけをいただきました

ありがとう、そして ありがとう

ふら:ゲームへの慣れや時間の経過とともに遊び方がどんどん変わっていくことは、自然なことだと思います。
その変化自体を楽しみつつ、どこかのタイミングで、「どの遊び方」が自分にとっていちばん楽しかったか振り返れるといいですね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 名無しオンライン   2014年10月24日 08:04

2日かけて一気に読み、とても感動しました。
読んでいるうちに、今、何のためにPSO2をやっているのか?という疑問に。

無限の冒険を期待し、たくさんのアークスとともに一期一会を楽しんでいた…はずが、いつしかメセタ…レア…コスチューム…と欲望にまみれた行動・言動・思考の泥沼にどっぷりハマってしまい、気の知れないフレンドとしか遊ばなくなりました。

ですが、読んでいる最中、忘れていた冒険心、「ああそうだ、そういうプレイがしたかったんだ本当は」という想いを感じました。
確かに景色に感動したり、天候に感動したり、トライアルで一喜一憂していたんです初心当時は。
でも今は、「はーまたゲル・ブルフだよ」「ヴィスボルトうぜー」「捕獲しなくていいよね」なんて。

でも、これからのPSO2をとても楽しくプレイできそうな予感がします。

本当に本当にありがとう。

ふら:2年分の日記を、2日で!すさまじい密度です。こちらこそ、ありがとうございます。
ますます広がっていくであろうPSO2の世界を、広く楽しんでいきたいものです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 今は回り道派なアークス   2014年10月27日 15:14

友人の勧めで始めたPSO2。
始めた当初はレベルカンストの友人に追いつこうと躍起になってレベルを上げてました。
そんな最中に偶然見つけたブログを読ませて頂き、高レベルな初心者になりつつある自分に気付かせて貰いました。(笑)
ふらさんの様に出会いを大切にしたプレーをしたい…今度、誰でも楽しくでクエスト貼ってみます!

ふら:躍起になってレベルを上げることも、それはそれで楽しいことだと思うので、
そうやってフレンドと遊ぶことも、『誰でも楽しく』で知らない人と出会うことも、どっちも楽しめるとステキですね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by ござる口調の新米侍キャスト   2014年11月05日 22:46

はじめまして、ふらさん。私はつい五日前にPSO2を始めた新米アークスです。種族はキャストでハンターをやっています。感想というかふらさんへのメッセージを送ろうとしたらうっかり文字数がコメント欄の限界を超えてしまったのでメールで送らせて頂きます。

PSO2は友人が楽しそうにやっているのを見て始めた口で、その友人とはフレンド登録こそしたもののレベルが違い過ぎて一緒にクエストをやったことがありません。なので、見知らぬ誰かと一緒にクエストをするというのは、できるとは知っていましたが、やろうとは考えもしていませんでした。よく知っている方とすら一緒に行けてないのですから当然といえば当然ですよね。
けれど、ふらさんのブログをみて「一期一会の出会いって楽しそうだな」と思い、やってみることにしました。
そうと決めたら行動あるのみです。早速どきどきしながら「誰でも歓迎」とつけて部屋を立て、適当に火山をうろついていたら、すぐに一人のアークスさんがやってきました。そうしたら、これを待っていたというのに、生身の人間が向こうにいるキャラクターと一緒にクエストをやったことがないので何をどうすればいいのか全くわからずすごく混乱してしまいました。パニックザクレムジークになってしまいました。「迎えに行ったらいいのかな?でも私は自分が今どこにいるかもわからないよ?ていうか気付いたら右上の地図が拡大されてたんだけどこれどうやって戻すの?全体見えないからどこにいるのかますますわからないよ?来て下さった方呆れて帰ってしまわれないかな?ごめんなさい私初心 者なんですー!」…と。本当、初心者丸出しですよねこの思考回路。
まぁそういうわけででかくてゴツいキャスト姿であたふたとあっちこっちを駆け回るという醜態を暫く龍族達の前に晒してしまったのですが、その後少ししてその方が合流した時、その方が私の姿を見ておっしゃいました。「キャストかっけぇw」と。
そして私はほぼ同時のタイミングで、戦闘モーションを取ったその方に言いました。「抜剣使いかっこいい」と。
 
その瞬間、ふらさんのブログを読んでいて「なんかいいなぁ」と思ったその「なんか」が、胸にじんわりと溢れてきて、とても感動しました。
 
オンラインゲームを長くやっている他人にとって、これはなんてことない経験なのかもしれません。けれど、私はそのシンクロが、もっといえば一人で黙々とフィールドを駆けている時に態々私の所に来て下さった方が居たことが、とても嬉しかったのです。その後その方と一緒にキャタドランを倒しました。一人では難しかったのですが、その方と一緒だと猛攻の秒殺でした。ただただ前衛二人で攻撃しまくっていただけなのに、とても満ち足りた気持ちでいっぱいになりました。その後私は自分の用事があるので直ぐに落ちましたが、今感動で震える手のままこの文をしたためております。
個人の日記のような前置きになって申し訳ありません。けれど、これだけはどうしても今日のうちにふらさんにお伝えしたかったのです。(実はこれ、つい一時間ほど前のことなのです)
 
素敵な体験を語って下さってありがとうございました。
 
「いいなぁ」と、見上げて、呟いて、手を伸ばしたくなる体験を、手を伸ばせば届くような距離で語って下さってありがとうございました。
 
そして、手を伸ばす勇気と、それを掴むきっかけを、本当に、本当に、ありがとうございました。
 
私の船はship8で、無課金なので、おそらく私がふらさんと会うことは無いでしょう。けれど、ふらさんのプレイスタイルを見ずとも、ロビーですれ違うことすらなくても、あなたは私にとってとても素敵な先輩アークスです。パーティープレイの楽しさと可能性を教えてくれた大先輩です。
 
いつか私も、あなたのように、普通に冒険を語って「いいなぁ」と思われるような、そんな冒険人生で満たされたアークスになりたいです。
 
長文失礼致しました。ふらさんの冒険に、フォトンの加護がありますように!

ふら:メールでいただきました。レベルが高いわけでもレアアイテムを持つわけでも操作技術や人脈がすごいわけでもなく、
ただふつうに、いつでも誰にでもできる遊び方をやっているだけなのに、
そんな日記を多くの方に読んでもらえたのは、ものすごく幸運なことだと思っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by へっぽこぴーなファイター@7鯖   2015年02月08日 21:15

はじめまして、ふらさん。
以前から読ませていただいてましたが、コメントするのは初めてです。ちょっとドキドキ!

PSO2を始めて約2年になる私は、パッと見はふらさんのおっしゃるベテランアークスのようだと思います。
オーダー消化やTAなど決まったことをこなすだけのプレイで、気付けばチームの方や特定のフレンドの方とばかり遊ぶ日々でした。
もちろんそれはとても楽しいのですが、何か物足りないなと感じていたところ、久しぶりにはじめまして、PSO2を読み返して思ったのです。「ふらさんみたいにその時その時の出会いも楽しみたい」なって。

ソロで回るときは、あまりプレイ自体はうまくない私なのでフレンド限定部屋を立てていたのですが、思いきって「誰でも楽しく」部屋を作ってプレイするようになりました。
はじめはなかなか入って下さる方もおらず一人でのそのそと回っていましたが、ここ最近になって入って下さる方が増えました。
様々な方とお会いできました。そのうち何名かはフレンドさんとなり、時々クエストでかける仲にもなれました。

はじめまして、PSO2を読んでなかったら、きっとお会いできなかったフレンドの方々。
そのきっかけをくれたふらさんにはとても感謝しています。
わらいあり、なみだありのはじめまして、PSO2を書いてくださってありがとう。

一期一会を大切に、今日もオラクルに行ってきます。

ふら:「誰でも楽しく」のパーティーをよく作るようになると、「パーティーを作ったって人なんて来ない」
というのが単なる思いこみだった、というのが本当によくわかるようになりますよね。
それに限らず、自らの思いこみによって勝手に可能性を狭めてしまっていることって、意外と多くありそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 戦う4つ目のタヌキさん   2015年02月20日 22:15

感想文コーナーがあると聞いて、このコメント欄は果たして何文字くらいが適正なのかわからないのですが言葉が許される限りで、今の思いを吐き伝えたいと思います。
そもそもの発端は、pso2プレイヤーなら誰しも一度は巡り合う、「あーーっ!」と叫ばざるを得ない場面…マグの特化を失敗した。がきっかけでした。
なにぶん意味が不明ですが、かくかくしかじかで、ブログからブログを渡り歩いてる内に、ここにたどり着きました。
今の気持ちは「失敗した1ポイントが、私だけのマグなんだ」
そんな当たり前のような、でも懐かしいような、そんな気持ちになれました。
皆さん感謝の言葉を添えているように、私もまたとても大事なことを思い出させてくれた、ふらさん、それからふらさんと出会ったたくさんのpso2プレイヤーに、この場を借りて感謝します。本当にありがとう。
ずっと忘れてた大切な気持ちを、ハッキリと目に見える姿で見せてもらったいうな、はじぷそは私にとって、そんな出会いです。
ふらさんのように出来ず、うまく言葉に出来ないのがもどかしいですが「私だけのマグに気づけた」というのが、私の感想文の締めとしたいと思います。
願わくば、「こんにちは、PSO2。」とか「ごきげんよう、PSO2。」とか「おっすオラ、PSO2。」みたいな、続編のような形で、またふらさんとそこで生まれた素敵な物語に出会えたらなと、思いました。
バリバリ影響された感じのボケで締めてすいません。

ふら:間違って技量に1ポイントだけ振ってしまったり、その後「いや、別に間違ってないし。最初から技量ほしかったし」と
自分に言い訳したいがためだけに技量をキリのいい数字まで振ってみたり。そういうところまで含めて、楽しめるといいですよね。
自分の気の持ちようでおもしろくもつまらなくもできちゃう部分って、じつはだいぶ大きいんじゃないかと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 出戻りアークス   2015年03月03日 01:18

今更ですが、ブログとEP2も最初から最後まで読ませていただきました
数日前のことなのに、どういった切欠でこのブログに辿り着いたのか…
ぐいぐいと惹き込まれる文章に夢中で忘れてしまいました
ネトゲの中とは思えない心躍り温まる体験談の数々、楽しませて頂きました
顔文字の魔術師、小心の銃士、恥ずかしい趣味など気に入った記事を上げればキリがありません。
告知ポスターの「進め、私。」も
映画のワンシーンのようでかっこ良くて好きです

触発されて、何年か前に数時間程度遊んだきりのPSO2を起動

当然ながら周りとの激しいレベル差
低難度帯ではパーティなく
「誰でも楽しく」の文字もなく
「誰でも楽しく」を立ち上げるも誰も来ず…
キー操作もままならない出戻りアークスはダーカーの群れにボコボコにされる有様

回復はどれだっけとメニューを開くそんな出戻りアークスを
ふいに現れた通りがかりのアークスが回復してくれました
突然の出来事に硬直
チャットに手間取り「ありがとう」の一言が遅れてしまったので、はたして届いたかどうか分かりませんが
たったそれだけで もう少しPSO2を続けてみようと思いました
辻レスタ されてみると凄く嬉しいものですね

プレイ当時にこのブログに出会っていたらまた違った体験が出来たのかなと思うと
リアルタイムで見られなかったことが残念です
今でもふらさんの冒険は続いているのでしょうか
更新は終わりましたが、きっと知らない所で新しい出会いをされているのでしょうね
夢中になれるお話が読めたこと、またPSO2を始める切欠になった意味でも、このブログに辿り着けてよかった ありがとうはじぷそ
本当に次章はないのかぁーー
また何かでどこかで、ふらさんの文章に出会えることを期待しつつ、感想としておきます
そのときはぜひ告知か何か お待ちしています!
おっとこれを忘れてはいけない
ムッシュかまやつ!ムッシュかまやつ!

余談ですが
ふと目にしたファミ通の記事でありましたが、別シップとの交流が可能になるそうですね
今まで会った事もないプレイヤーと冒険する機会が出来るとさらに世界が広がりそうです
別のシップへと旅立っていった人とも会えるのかもしれないですね

ふら:自分がオンラインゲームを始めた当初、なにに驚いたか、ドキドキしたか、感動したかと思い出すと、
わりと小さいこと、ちょっとしたことなんですよね。それを「当時の自分はそれくらいショボくて未熟だった」ととらえるか、
「当時の自分はそれくらい小さなことも大切にできていた」ととらえるかで、その後のゲームの楽しみ方も変わってきそうです。
私の冒険は、いまでも続いています。ほかのシップとの交流はもちろん楽しみにしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 黒羊   2015年03月11日 17:13

フレンドさんから紹介されて読みました。
実は読んでから時間が経っております。
私は読書感想文というものが苦手で、読んで何も感じなかったヤツは当然として読んで面白かったヤツも上手く感想が書けないのです。
あぁ、あの事も書きたい、この事も書きたい。待てよ、これは書かない方がいいのか?こんなんじゃ俺の言いたい事とは違う。いやいや、そもそも俺は何が言いたかったんだっけ?となって最終的に「面白かったです」としか書けなかったりするのです。
そんな訳であんまり感想文はなぁ、と思い、放置していたのですが、心底、面白いと思ったのは本当だったので、
このブログに影響された人のブログを見たり、乱入を試みてみたり、挙句の果てに自分でブログを始めてみたりもしました。
それでリンクの仕方を覚えたので勝手ながらリンクを貼らせて頂きました。
その報告をするに当たって感想も書いとかないといけないだろうと思い、苦手ながらも頑張ってみようかと思った次第です。
PSO2をやり始めてから半年以上経つのですが、腕前も上がらず臆病な私は特定のフレンドさんとだけ遊ぶ毎日でした。
しかし、このブログを見て誰でも楽しくのPTに参加したいと強く思うようになりました。
誰でも楽しくのPTが見つからなかったり、見つけて入っても大した会話が出来ずに終わってしまったり、今のところはふらさんのような冒険は出来ていませんが、あまり焦らず頑張っていこうかと思います。
フレンドさんをないがしろにするのも違うと思うのでw
しかし、参考までに他の人の感想もチラ見したりしたのですが、印象に残ったのが「ムッシュかまやつ!」で…。
あれ?それ以外思い浮かばなくなってるぞw

ふら:自分で読書感想文コーナーを作っておいてなんなのですが、読書感想文ってけっこう書きづらいですよね。
ただ、そう思うがゆえに、書いてくださった方への感謝は大きいです。ありがとうございます。
自分なりのペースで、自分なりのプレイスタイルを見つけていけることをお祈りしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by 1鯖のとあるフォース   2015年07月13日 01:28

はじめましてふらさん。
ふとしたことからこのブログにたどり着き、電子書籍版を上下巻とも読ませていただきました。

ふらさんのプレイスタイルや考え方に、ものすごく共感を覚えました。
なのに自分は、その考え方を貫けていないことにも気付きました。

周りに合わせることにばかり意識が向いて、せっかく始めたPSO2を、なんだか心から楽しめていなかったことを、少し後悔しています。

これからはもっと自分に正直に、PSO2という世界を味わいながら楽しみたいと思っています。
そのことに気付かせてくださったふらさんには、本当に感謝しています!

ありがとうございました!
そして、これからもお互い楽しんでいきましょう!

ふら:ブログが終了してから1年以上経ちましたが、いまでも新しく読者になる方がいてくれて、ありがたいかぎりです。
自分を貫くこと、自分に正直に生きることは、現実ではなかなか難しいことも多いですが、
ゲームの世界では、意志さえあれば誰でもカンタンにそれができるのがいいですね。これからも楽しんでいきましょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by ship10のボスケテアークス   2015年07月29日 03:09

はじめまして…ではないか、お久しぶりとでもいいましょう。リアルタイムでこのブログを見ていたものです。Twitterで久しぶりにふらさんの広報アカウントを見かけたのでコメントさせていただきます。あの頃は自分は駆け出しのアークスでしたがすっかり時間もたち武器や防具、姿など色々な事が変わりました。当時はこのブログを見てよく助けられたものです。ブログが終わった後は楽しみにしてたぶん悲しくもなりましたが今でもこのブログに教えてもらった事を大切にして日々PSO2をVITAからプレイしています。これからも楽しいPSO2ライフが皆さんと送れますように。

ふら:いまごろになってPS Vitaを買おうとしている私ですが、それはさておき。
PSO2はコンテンツ追加のペースが非常に早いこともあって、ここ1年くらいだけ見ても、本当にいろんなことが変わりましたね。
ただ、幸いというかなんというか、私自身のプレイスタイルはぜんぜん変わっていないです。 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by ship6「端末操作」の人   2015年10月28日 10:27
もう終わってから暫く経ちますが、コレだけを(何故か)ど~してもお訊きしたく・・・ふら様は「盆踊り」、参加されましたか?????

気になって気になって、夜も3時間ぐらいしか眠れません。。(断じて歳のせいじゃry

ふら:参加しました。
ああいう、本筋から外れているのにやけに力が入っている「全力でムダをやってる」感じはすごく好きです。 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by ウル王朝より   2015年10月30日 08:08
『はじめまして、pso2。』を知ったのは数ヶ月前で、ゲーム内のフレンドに勧めてもらったのですが、その時から今日まで一体何回繰り返し読んだか、自分でも覚えておりません。
私がpso2を始めたのがep3からなので、始めたときにはもうこのブログは終わっていたようなのですが、初心者の時に読めていたらきっともっとpso2を楽しめていたのに、と悔しくなってしまいます。
勧めてもらって初めてブログを覗いた時は、文章ばかりでほとんど画像がないことから、正直読みにくそうだと思ったのですが、文章のテンポがよく、散りばめられたネタに笑い、あるある話に頷き、休みもなく読破してしまいました。
私もFoやTeを使うことが多いため、参考になる点も沢山あって、何度もなんども読んだ終いには、内容をほとんど覚えてしまいました(笑)
プレイスタイルに関しても、誰かのパーティに乱入したり、自分で部屋を立ててみたりする事が以前より多くなり、色んな人との出会いを楽しんでいます。
pso2はこの冬ep4を迎え、まだまだ衰えを見せない勢いですが、いつかまた、ふらさんの冒険譚を読める日が来たらいいな、と願っております。
それでは、失礼致します。

ふら:ブログ終了後でも新しく読者になってくれる方がいるというのは驚きであるとともに、喜びです。
思い返せば初期は画像もちょこちょこ使っていたんですが、途中で「あ、これ必要ないな」と気づいてからは一切なくなりましたね。
いつかまたなにか書けたらいいなと思っています。 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by レールを走るレンジャー   2015年12月04日 14:45
読んでいて引き込まれる文章でとても面白かったです

タリスををピカピカに磨いて出発するとか、そういう妄想を膨らませながらら遊ぶのが私も好きです、マイルームのこの机で銃の整備をしてーとか妄想しながらうろうろしたりしてます

ふらさんのレベル上げを意識しないって遊び方は私にとってはかなりのカルチャーショック(?)でした
このブログを読んだおかげで、最近はとにかくオーダー消化などで駆け抜けるだけだったフィールドを、当てもなくふらふらしたりしてるだけで楽しかった頃を思い出せた気がします

ぐちゃぐちゃで意味不明な文章で申し訳ない
ありがとうございました

ムッシュかまやつ‼︎ムッシュかまやつ‼︎

ふら:私のマイルームにもあります、ローザクレイン&ブルクレインを手入れする机。
レベル上げをモチベーションにするのはもちろんいい遊び方だと思うんですけど、ほかにもモチベーションの上げ方っていろいろありますよね。
ムッシュかまやつ!ムッシュかまやつ!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆