明日もどこかで博多蔵。

~ 薩摩焼酎を酎心に...芋焼酎、球磨焼酎、琉球泡盛などの焼酎類(蒸留酒)を飲み、個人的主観でその感想を綴る偏屈なBlog 夜な夜な飲んでは気絶しているので、あまり更新できずにすんまっしぇん! ~

P9070112
ちらん ほたる
 原材料 / さつまいも・米こうじ(タイ産米)
 アルコール分 / 25%  参考購入価格 / 2,150円(1800ml)
知覧醸造株式会社 / 鹿児島県南九州市知覧町塩屋24475番地


ドチラさまも本格焼酎を飲んでらっしゃいますか?
恥ずかしながら、芋焼酎の世界へ帰還した“蔵。”です。

なんだか朝晩涼しくなっちゃったもんですから、
氷を浮かべた水割りってのも冷ッ! とし過ぎる今日この頃。
曽於です、もぉコォなったらお湯割りダ...お湯割りしかないんダッ!!
なんつって、息巻きながら飲んでもヨカですか? やっせんですか?


 ちらんほたる  お湯割り(5:5)

  穏やかな飲み心地の中に、黒麹らしい圧しを感じたり、
  わずかに炒った酔うな芳ばしさを感じたり、
  優しくも艶やかな芋香を感じたり、豊かな甘味を感じる。


うん、やっぱ旨い。
突出した個性を有する味わいではないかもしれませんが、
トォタルバランスの良さが個性と感じられる味わいでしょうか・・・
失礼ながら地味なのかもしれませんが、派手な味わいより好きです。
ハイ!


じゃ、またっ!



P8210103
國華
 原材料 / 米こうじ(タイ産米)  アルコール分 / 30度
合資会社津嘉山酒造所 / 沖縄県名護市大中1-14-6


ドチラさまも本格焼酎を飲んでらっしゃいますか?
TOTO入手可能な最終銘柄の更新へと辿り着いた“蔵。”です。

本更新で、48蔵元酎47蔵元の代表銘柄を口にした事になります。
旧Blogで2006年に更新ネタとしだしてますんで、11年ですか・・・
夏季限定滴愉しみ方なので、随分と時間が掛かってしまいました。
その間に漁場も少なくなってしまい、ナニかとネタの仕入れにも
難儀する酔うな昨今ではございますが、コレからも細く永く
琉球泡盛を愉しみつつ、微力ながら応援してゆこうと思います。


 國華  水割り(5:5)氷を浮かべて

  やわらかくすべるような口当たりと飲み心地の中に、
  軽めながら膨らみのある麹香があり、甘味と酸味が好相性。


うん、イイ.....やわらかく、女性的な印象を受けます。
こんなになめらかさを感じる口当たりや飲み心地は稀だと思うし、
酸味が好い塩梅で甘味を引き立たせている味わいも稀だと思う。
終わり良ければ...なんだか来夏に繋がる酔うな気がして嬉しいネ!
ハイ!


じゃ、またっ!



P8210097
かりゆし
 原材料 / 米こうじ(タイ産米)  アルコール分 / 30度
合名会社新里酒造 / 沖縄県沖縄市字古謝3丁目22番8号


ドチラさまも本格焼酎を飲んでらっしゃいますか?
「かりゆし」とは、めでたい事の意味だとか...“蔵。”です。

特にめでたい事があった訳でもないんですが、
本品を嗜むことで、ナニかかりゆしな事が訪れますかネ?
かりゆしを招き入れてくれる銘柄だと思いますので、
早く招いてくれる酔う、Geko だけどGoiGoi 飲んでみますyo!!


 かりゆし  水割り(5:5)氷を浮かべて

  優しい口当たりの中に甘味が映え、
  渋味・辛味・酸味の効果で完結性の酔い印象。


軽い口当たりで原料由来の香味も控え目、スーッと飲める感じです。
若干渋味が立つ酔うにも感じますが、氷が和水してくると、
甘味も感じ易くなってきて、バランスが整ってくる酔うに思えます。
ヨシッ.....コレでOira の珍生も均整がとれ、甘くなってくる事でしょう。
ハイ!


じゃ、またっ!



P8190090
はんたばる
 原材料 / 焼酎甲類51%(糖蜜、コーン)、焼酎乙類49%(米こうじ)
 種類 / 焼酎甲類乙類混和  アルコール分 / 30度
泰石酒造株式会社 / 沖縄県うるま市字平良川90


ドチラさまも本格焼酎を飲んでらっしゃいますか?
ナニやら豊富なネタを有する銘柄と対峙している“蔵。”です。

どんだけネタが豊富かッ酎と・・・
 ●「泰石酒造」が読めない ⇒ 「タイコクシュゾウ」と読む
 ●『はんたばる』って、ナニ? ⇒ うるま市の上江洲にある地名の方言名
 ●焼酎甲類乙類混和ですって? ⇒ 沖縄県で唯一の甲乙混和酒
 ●日本酒も造ってるの? ⇒ 日本最南端の清酒酒造所
     :
申し訳ございません!
沖縄県で日本酒なんて造ってない(造れない)と思ってました。
合わせて、造られている琉球泡盛も甲乙混和だなんて・・
乙類の比率より甲類の比率の方が高いんですyo .....ビッ蔵。こいた。
なんだか、初回から打ち込まれた酔うな気分ですが、まぁ飲んでみましょう。


 はんたばる  水割り(5:5)氷を浮かべて

  口当たりはやわらかいが、苦み走った味わいで、スーッとキレ行く。


口当たりや味わいの主張が穏やかな分、飲み易い印象を受けますが、
琉球泡盛を愉しむには、ゃゃ・・否・・大いに寂しい印象を受けてしまいます。
アレかなッ.....アイスコーヒーとかジュースで割った方がイイのかな?
ハイ!


じゃ、またっ!



P8160089
まるだい
 原材料 / 米こうじ(タイ産米)  アルコール分 / 30度
有限会社今帰仁酒造 / 沖縄県今帰仁村字仲宗根500


ドチラさまも本格焼酎を飲んでらっしゃいますか?
8月に入ってガンガン更新に勤しんでおります“蔵。”です。

ネタはチャンと仕入れてますから、今月はまだまだ更新しますyo!!
.....ッ酎ても、じぇんぶ琉球泡盛ネタなんで、喰い付きにくいでしょうネ・・
Batten が、ソレはソレ...コレはコレの精神で、己の欲望を満たします。


 まるだい  水割り(5:5)氷を浮かべて

  麹の香りがフワッと弾け、やわらかい渋味・酸味・甘味が心地好い。


優しく、非常にまとまった印象を受ける味わいです。
その中でも、やや麹の風味が主張するところが特徴でしょうか?
しかし、ソコもアクセント程度で、飲み易い部類に入るでしょう。
食中酒として、イイ働きをしてくれそうに感じます。
ハイ!


じゃ、またっ!



このページのトップヘ