しげふみメモ


おもにIT関連について、気になったことや試してみたことをメモしておきます。
Linux, Firefox, Thunderbird, Blog, Google, Amazon, Affiliate, iPod, PC, English ...

2007年10月

ニコニコ動画の投稿動画数を表示するMicrosummary generator

前の記事(feed meterランキングのMicrosummary generatorを作成)のものは動作確認に時間がかかるので、簡単なものを作ってみました。
ライブタイトルでブックマークすると、ニコニコ動画の投稿動画数を表示する Microsummary generator です。
詳しいインストール方法や、ライブタイトルと Microsummary についての参考リンクは、前の記事を参照して下さい。

Firefox 2.0 以降で、Microsummary ジェネレータを以下のリンクからインストールします。
(RSSリーダーで読んでいる方はリンクになっていないと思うので、元記事を開いて下さい)
Install nicovideo upload count microsummary generator.

ニコニコ動画(RC2)のトップページでライブタイトルでブックマークすると、投稿動画数が約30分間隔で自動更新されてブックマークに表示されます。
それほど役に立つものでもありませんが。
そういえば、投稿動画数は削除で減少することもあるんですね。動作確認で見ていたら気付きました。
ブックマークツールバーにニコニコ動画の投稿動画数を表示

作成した Microsummary generator は以下のようになります。
Creating a Microsummary - MDC のチュートリアルで Firefox の現在のダウンロード数を表示する Microsummary generator を作成していますが、これがそのまま今回の作成時の参考になりました。
前回のものと違い update interval を指定していないので、更新間隔は約30分となります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<generator xmlns="http://www.mozilla.org/microsummaries/0.1" name="Nico Nico Douga upload count">
  <template>
    <transform xmlns="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform" version="1.0">
      <output method="text"/>
      <template match="/">
        <text>投稿動画 </text>
        <value-of select="id('PAGEHEADER')/div[1]/table/tbody/tr/td[2]"/>
      </template>
    </transform>
  </template>
  <pages>
    <include>^http://www\.nicovideo\.jp/$</include>
  </pages>
</generator>
このブログの関連記事

feed meterランキングのMicrosummary generatorを作成

RSS フィード メーター - ランキングのサイト別ページのランキングの Microsummary generator を作ってみました。
ブックマークのライブタイトルで対象サイトのランキングが確認できるようになります。

ライブタイトルと Microsummary については、以下のページが参考になります。

まず、Firefox 2.0以降等の Microsummary に対応したブラウザに、今回作成した feed meter ranking 用の Microsummary ジェネレータを以下のリンクからインストールします。
(RSSリーダーで読んでいる方はリンクになっていないと思うので、元記事を開いて下さい)
Install feed meter ranking microsummary generator.
リンクをクリックすると以下のようなダイアログが表示されるので、OK を押せばインストールされます。 Microsummaryジェネレータをインストール

次に、RSS フィード メーター - しげふみメモ などのサイト別ページを開いて、ブックマークする時に名前のプルダウンメニューからライブタイトルを選択してブックマークします。 feed meterランキングのライブタイトルをブックマーク

例えば、ブックマークツールバーに入れておけば簡単に確認ができますね。 ブックマークツールバーにライブタイトルを表示

ランキング外の場合でもライブタイトルでブックマークできますが、順位は表示されません。
ランクインすれば、自動的に順位が表示されるはずです。
また、1位と300位で表示が少しおかしくなります。
(スクリーンショットでは順位の前にスペースが2個ありますが、現在は1個になるように変更済み)

作成した Microsummary generator は以下のようになります。
feed meterランキングは基本的に1日1回更新のようなので、とりあえず、更新間隔は12時間にしました。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<generator xmlns="http://www.mozilla.org/microsummaries/0.1" 
 name="feed meter ranking">
 <template>
  <transform xmlns="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform" version="1.0">
   <output method="text"/>
   <template match="/">
    <text>feed meter</text>
    <value-of select="//span[@class='ranking']/text()[2]"/>
   </template>
  </transform>
 </template>
 <!-- Update twice a day. -->
 <update interval="720"/>
 <pages>
  <include>^http://feedmeter\.net/detail\.php\?r=</include>
 </pages>
</generator>
このブログの関連記事

XPathを確認するのに便利なFirefox拡張機能

XPathで自分が意図したものを指定できているかどうかを確認する時に、Firefox拡張機能の XPath Checker を使うと便利です。

対象ページで右クリックして、コンテキストメニューから View XPath を選択すると、XPath Checker のウィンドウが表示されます。
XPath: に入力すれば対応するものが表示されます。 XPath Checker

前の記事(PlaggerでNational Geographicの日替わり画像をGmailで見る)で、Filter-EntryFullText の yaml(通称EFT)を書いた時に初めて extract_xpath を使ってみました。

タイトルや画像、本文等を XPath 指定で取り込んでいます。
取り込むページのソースにもよりますが、extract_xpath を使うと書きやすくていいですね。
extract_xpath を使った書き方は、以下の他の最近の yaml を参考にしました。
/trunk/plagger/assets/plugins/Filter-EntryFullText - Plagger - Trac

XPath については、 Latest topics > CSS3セレクタとXPathでの表現の対応表 - outsider reflex を参考に。
CSS のセレクタもよくわからないので、 セレクタ - CSS2リファレンス を参考にしました。

Plagger の extract_xpath の他にも、AutoPagerize の SITEINFO や、microsummary generator を作成する時にも、XPath Checkerで XPath を確認しています。

このブログの関連記事

PlaggerでNational Geographicの日替わり画像をGmailで見る

404 Blog Not Found:紹介 - 壁紙ならナショジオも凄い で、ナショナルジオグラフィックの綺麗な写真が毎日公開されている事を知りました。
Photography, Pictures, Galleries, Wallpapers, Screensavers, Photo Tips, Biographies - National Geographic

トップページは重いので、毎日チェックするのなら以下がいいかも。
http://photography.nationalgeographic.com/photography/photo-of-the-day

結構良さそうなので、毎日1回 Plagger で Gmail に送って見てみます。

Filter-EntryFullText\nationalgeographic-pod.yaml
# National Geographic Photo of the Day
author: Shigefumi
custom_feed_handle: http://photography\.nationalgeographic\.com/
custom_feed_follow_link: /photography/photo-of-the-day\?nav\=TOPNAV
handle: http://photography\.nationalgeographic\.com/photography/photo-of-the-day\?nav\=TOPNAV
extract_xpath:
  title: //div[@class="summary"]/h3/text()
  date: //div[@class="date"]/text()
  photo: //div[@class="image-viewer clearfix"]//td[@class="body"]/a
  credit: //p[@class="credit"]
  body: //div[@class="description"]
extract_after_hook: |
  $data->{body} = $data->{photo} . $data->{credit} . $data->{body};
config.yaml(一部)
plugins:
  - module: Subscription::Config
    config:
       feed:
         - url: http://photography.nationalgeographic.com/
  - module: Filter::EntryFullText
  - module: Filter::ResolveRelativeLink
  - module: Filter::BreakEntriesToFeeds
    config:
      use_entry_title: 1
  - module: Publish::Gmail

これで、Gmailで以下のように表示されます。 National Geographicの日替わり画像をGmailで見る

permalinkをきちんと変更したかったけど、とりあえず画像を見ることはできているようなので公開しました。

このブログの関連記事

Conserverでコンソールを管理

最近のサーバだと、BMC(Baseboard Management Controller)が装備されていて、IPMI(Intelligent Platform Management Interface)で電源ON/OFFやリセットできるのも多くなってきていると思います。

システムによっては、BIOSで Console Redirection を設定して、SOL(Serial Over LAN)でコンソールにアクセスできるように設定できます。
また、SOLでなくても、通常のシリアルケーブル接続でコンソールを取っている場合もあるかと思います。
サーバが近くに設置されていて、キーボードやモニタが接続されているのならいいですが、そうでなければ、シリアルポート経由でアクセスできたほうが安心ですよね。

でも、コンソール接続しているシステムの台数が多くなってくると、いろいろ面倒になりそうです。
このようなコンソール関連をいろいろサポートしてくれる Conserver というものを最近知りました。

私は以下のパッケージを使いました。
DAG: conserver RPM packages for Red Hat, CentOS and Fedora
とりあえず使ってみたかったので、設定は例えば以下のような感じ。

[root@linux ~]# rpm -i conserver-8.1.15-1.el4.rf.i386.rpm 
[root@linux ~]# chkconfig --list conserver
conserver       0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
[root@linux ~]# grep conserver /etc/services 
console         782/tcp         conserver
[root@linux ~]#
[root@linux ~]# cat /etc/conserver.cf
default * {
        logfile /var/consoles/&;
        timestamp 1dab;
        logfilemax 1m;
        rw root,shige;
        master localhost;
}

console node0 { type device; device /dev/ttyS0; parity none; baud 115200; }
console node1 { type exec; exec /usr/bin/ipmitool -I lanplus -o intelplus -H 192.168.200.1 -U admin -P xxx sol activate; }
console node2 { type exec; exec /usr/bin/ipmitool -I lanplus -o intelplus -H 192.168.200.2 -U admin -P xxx sol activate; }

access * {
        trusted 127.0.0.1;
}
[root@linux ~]# 
[root@linux ~]# cat /etc/conserver.passwd
*any*:*passwd*
[root@linux ~]# 
[root@linux ~]# mkdir /var/consoles
[root@linux ~]# 
[root@linux ~]# grep localhost /etc/hosts
127.0.0.1       localhost       console
[root@linux ~]# 
[root@linux ~]# /etc/init.d/conserver start

テストなので localhost の root と shige ユーザのみパスワード無しでアクセス可としました。
接続別のログを /var/consoles/ 以下に記録します。
1日毎にタイムスタンプを記録し、接続・切断と Break送信も記録します。
ログファイルはサイズが 1MB を超えればローテーションされるようにしました。
(conserver自体のログは /var/log/conserver)
node0 の名前で設定したものはシリアルケーブル接続。
node1, node2 は SOL 接続。(ipmitool のオプションはシステムによって違う場合あり)

node1のコンソールを取りたければ、以下のように。

[root@linux ~]# console node1
[Enter `^Ec?' for help]

Red Hat Enterprise Linux Server release 5 (Tikanga)
Kernel 2.6.18-8.el5 on an x86_64

node1 login: 

切断は ^Ec. つまり Ctrl-E + c + .(ピリオド)
わかりやすく書くと、[Ctrl] + e の後に c を押すと [ が表示されるので、その後 .(ピリオド)

サーバが増えれば、console定義の行を増やせばいいだけです。
簡単ですね。

同じような事は、スクリプト等でできますが、Conserverの方が便利そうです。
調べてみると、色々なベンダーのクラスタシステムのコンソール管理のベースにも使われているようです。
いろいろノウハウはありそうですね。
便利な使い方など教えていただけると嬉しいです。

RHEL5でext3ファイルシステム8TB超え

RHEL5 で 8TB 超えの ext3 ファイルシステムを mount してみた時に、いろいろ調べたのでメモ。

CentOS を使ってたり、サポートを気にしなければ、私は XFS を使うと思いますが。

Linux kernel 2.6.18 で ext3 ファイルシステムの最大サイズが 8TB から 16TB になりました。
Kernel 2.6.18 の RHEL5 では、最大 16TB は Technology Previewで、正式サポートは RHEL5.1 からのようです。

普通に mkfs しようとしてもできません。

[root@linux ~]# mkfs.ext3 /dev/md0
mke2fs 1.39 (29-May-2006)
mkfs.ext3: Filesystem too large.  No more than 2**31-1 blocks
         (8TB using a blocksize of 4k) are currently supported.
[root@linux ~]# 

-F オプションを付ければできました。
redhat.com | Knowledgebase : How do I create an ext3 filesystem greater than 8T on Red Hat Enterprise Linux 5?

To create an ext3 filesystem greater than 8T, increase the block size to 4k and use the -F force option to mkfs.ext3.

ext3 は mkfs に時間がかかるのが大変ですね。
8TB超えだと fsck も数時間かかるのではないでしょうか?
通常、以下のようにマウント回数や経過時間で次回の起動時に fsck が実行されます。

This filesystem will be automatically checked every 22 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

これを忘れて、ちょっと再起動するつもりが fsck が実行されてしまって、サービス開始が数時間待ち、という怖い話もありえます。
tune2fs -c0 -i0 を設定しておく方がいいのでしょうか?
それとも fstab で fsck 不要にしておく?
テラバイト級の ext3 ファイルシステムを運用されている方はどのようにしているのでしょうか?

あまともギフト券プレゼントに当選

Amazon商品の価格変動をチェックしてお知らせしてくれるサービスの あまとも を1年以上前から利用させてもらっています。

先日、ここのサービスで初めて 1,000円のAmazonギフト券が当たりました。
CKさん、ありがとうございます。早速使いたいと思います。
デジモノに埋もれる日々: あまとも通信 - 最安値更新リストを見ているといろいろ見つかるゲーム

これを機会に、ウォッチリストを少し見直してみました。
あまともに登録して、ウォッチリストに3点以上の商品を登録していれば毎週チャンスがあるのが嬉しいですね。
あまとも : アマゾン(Amazon)の友 - Amazonギフト券プレゼント

1ヶ月ほど更新しなかったらフィードメーターのランク外に

9/1から9/29の間、全然Blogを更新しなかったら、いつもランクインしていたフィードメーターでランク外になってしまっていました。
参考:フィードメーター ランキング調整 : a++ My RSS 管理人ブログ

フィードメーター のランキングに放置ブログが散見されるようになってきていましたので、更新頻度が 0 になったブログはランキング対象外としました。

2007年 9月26日
188位
人気度 	2.6
更新頻度 	1.1 (0.01 アイテム/日)
2007年 9月27日
188位
人気度 	2.6
更新頻度 	0.1 (0.001 アイテム/日)

この後、更新頻度が 0 となったようで、9月28日から30日はランク外でした。
29日に更新したのは日付が変わる直前の 23:56 だったので、実質更新した次の日にはランキングに復活していました。

2007年 10月1日
190位
人気度 	2.6
更新頻度 	2.2 (0.13 アイテム/日)

RSS フィード メーター - ランキング のページに載るのは何かと嬉しいので、今後は更新頻度が 0 にならないようにしたいと思います。

このブログの関連記事
エンジニア転職情報
このBlog内を検索
プロフィール

しげふみ

連絡先
連絡先
RSSリーダーに登録
Subscribe with livedoor Reader

あわせて読みたい
人気blogランキング

  • ライブドアブログ