しげふみメモ


おもにIT関連について、気になったことや試してみたことをメモしておきます。
Linux, Firefox, Thunderbird, Blog, Google, Amazon, Affiliate, iPod, PC, English ...

2008年05月

XPathGraphでグラフを作ってみた

最近、XPathGraphというサービスを知りました。

XPathGraphはウェブサイト上にある数値を定期的に取得し、自動的にグラフを作成するサービスです。取得したい数値を含むノードをXPathで指定すると、その日に巡回した結果をグラフに追加していきます。
面白そうなので、いくつかグラフを作ってみました。
ただ、この記事投稿時点では、私のグラフは作ったばかりでデータがほとんど溜まっていないので、見応えがないですが。

まずは、このブログの livedoor Reader での購読者数のグラフ。
LDR購読者数 しげふみメモ (index.rdf) : XPathGraph
LDR購読者数 しげふみメモ (index.rdf)

最初はフィード詳細ページの id("subscribers-count") を取っていたのですが、 LDR勤怠管理 - takehara37 : XPathGraph を見て、こんな指定でもいいと知ったので、 livedoor Reader Count API を使うように変更してみました。

次も、このブログの livedoor Reader での購読者数のグラフ。
このブログは atom.xml と index.rdf のそれぞれで登録者がいるので、それを合計してみました。
LDR購読者数 しげふみメモ : XPathGraph
LDR購読者数 しげふみメモ

これはなかなか嬉しいです。
もう少しデータが記録されたら、ブログのサイドバーなどに表示させてみてもいいかも。

その他、作ってみたグラフをいくつか紹介。
フィードメーター しげふみメモ ランキング : XPathGraph
フィードメーター しげふみメモ ランキング

userstyles.org : style 2909 インストール数 : XPathGraph
userstyles.org : style 2909 インストール数

Firefox downloads : XPathGraph
Firefox downloads

ところで、XPathGraph は はてなグラフapi も使っているようですね。
例えば、XPathGraph で作成されたグラフの数のグラフ XPathGraph Graphs : XPathGraph は、はてなグラフ - xpathgraphのグラフでも表示できます。
ということで、期間を指定したり、比較したり、データを取得したり、いろいろできそうですね。

このブログの関連記事

NASAの日替わり画像のEFTを更新

1年ほど前に、PlaggerでNASAの日替わり画像をGmailで見るという記事を書きました。
NASA Featured Images and Galleriesの RSS を元に Plagger で Gmail に送って、画像をキャプション付きで Gmail で見ることができるようにしています。

かなり前に NASA のページがリニューアルして、キャプションが全文取れなくなっていたので、Filter-EntryFullText を更新しました。
config.yaml は以前と同じです。

# NASA - Image of the Day Gallery
author: Shigefumi
handle: http://www\.nasa\.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_\d+\.html
extract: <div id="caption_region"><div><h3>.*?</h3>(.*?)</div></div></div><!-- Credits starts -->
extract_capture: body
NASAの日替わり画像をGmailで見る

ちなみに、このスクリーンショットの元画像は以下。
NASA - Nardo Ring, Italy

イタリアにある円周12.5キロのテストコースだそうです。
Google マップ

このブログの関連記事

火星探査機フェニックスがもうすぐ火星着陸

NASAの火星探査機フェニックス・マーズ・ランダー(Phoenix Mars Lander)が、5月25日に火星の北極地域に着陸する予定です。

火星といえば、最近、以下の本を読みました。

4152088605ローバー、火星を駆ける―僕らがスピリットとオポチュニティに託した夢
スティーヴ・スクワイヤーズ 桃井 緑美子
早川書房 2007-09

by G-Tools

マーズ・エクスプロレーション・ローバーの研究代表者によるドキュメンタリー。
とても面白く、感動しました。ちょうどこの時期に読めてよかったです。
それにしても、4年以上前に着陸した火星探査車のスピリットとオポチュニティが、現在も稼動しているというのはすごい。

ちなみに、日本語での宇宙の情報なら、sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイトがおすすめ。
火星関連の記事もたくさんあります。
火星 | sorae.jp

フェニックスの着陸が楽しみです。

[2008 5/18追記]
フェニックスは Twitter / MarsPhoenix でも情報発信しています。
via POLAR BEAR BLOG: 火星から Twitter ?
[追記ここまで]

このブログの関連記事

SUSE Linuxのrug,zypperでのパッケージ管理

前回の記事(SUSE Linuxのコマンドラインでのパッケージ管理)を書く時に rug と zypper というコマンドを知りました。
このコマンドを使ってインストールのソースを変更してみます。

もちろん、YaST (yast2 inst_source) を使えば、簡単に変更できます。
でも、変更対象システムが数十台もあったりしたら、YaSTでインタラクティブに変更するのは大変です。
コマンドラインでできれば、何台あってもそれほど手間ではないので、方法を知っておくのはいいかと思います。

ここでは、SLES10を内蔵ディスクから高速インストールした時に、自動的に追加されるインストールソースを削除して、ローカルに置いた DVDイメージを追加してみます。
追加するメディアタイプは YaST と同様、いろいろと指定可能なので、実際の構成に合わせて適宜変更してください。

内蔵ディスクからインストールした後の状態。

linux:~ # installation_sources -s
# | Enabled | Refresh | Type | Name                                | URI                                                  
--+---------+---------+------+-------------------------------------+------------------------------------------------------
1 | Yes     | Yes     | YaST | SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1 | hd:///dist/SLES10SP1?device=/dev/sdb1&filesystem=auto

これを削除して、DVDイメージ /mnt/dist/SLES10SP1-x86_64-DVD.iso を追加します。
ちなみに、installation_sources スクリプトの中でも zypper が使われています。

rug を使う場合

SLES10 SP1 では、デフォルトで zmd (ZENworks Management Daemon) を使うように chkconfig novell-zmd on となっています。
zmd のコマンドライン・フロントエンド rug を使ってみます。

linux:~ # rug service-list

# | Status | Type | Name                                | URI                   
--+--------+------+-------------------------------------+-----------------------
1 | Active | ZYPP | SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1 | hd:///dist/SLES10SP...

linux:~ #
linux:~ # rug service-delete 1
Successfully removed service 'hd:///dist/SLES10SP1?device=/dev/sdb1&filesystem=auto&alias=SUSE%20Linux%20Enterprise%20Server%2010%20SP1'
linux:~ # 
linux:~ # rug service-list
--- No services found ---
linux:~ # 
linux:~ # rug service-add -d "SLES10 SP1 DVD" -t zypp "iso:///?iso=SLES10SP1-x86_64-DVD.iso&url=dir:///mnt/dist/"

Adding zypp service...
                                                                                                          100% 

Successfully added service 'iso:///?iso=SLES10SP1-x86_64-DVD.iso&url=dir:///mnt/dist/'
linux:~ # 
linux:~ # rug service-list

# | Status | Type | Name           | URI                                        
--+--------+------+----------------+--------------------------------------------
1 | Active | ZYPP | SLES10 SP1 DVD | iso:///?iso=SLES10SP1-x86_64-DVD.iso&url...

linux:~ # 
linux:~ # rug catalogs

Sub'd? | Name           | Service       
-------+----------------+---------------
       | SLES10 SP1 DVD | SLES10 SP1 DVD

linux:~ # 
linux:~ # rug subscribe "SLES10 SP1 DVD"
Subscribed to 'SLES10 SP1 DVD'
linux:~ # 
linux:~ # rug catalogs

Sub'd? | Name           | Service       
-------+----------------+---------------
Yes    | SLES10 SP1 DVD | SLES10 SP1 DVD

linux:~ # 

zypper を使う場合

openSUSE 10.3 には zmd が含まれていません。また、SLES10 で zmd を止めている場合も rug は使えません。
コマンドラインのパッケージ管理ツールの zypper を使ってみます。

linux:~ # zypper service-list
# | Enabled | Refresh | Type | Name                                | URI                                                  
--+---------+---------+------+-------------------------------------+------------------------------------------------------
1 | Yes     | Yes     | YaST | SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1 | hd:///dist/SLES10SP1?device=/dev/sdb1&filesystem=auto
linux:~ # 
linux:~ # zypper service-delete 1
linux:~ # 
linux:~ # zypper service-list
# | Enabled | Refresh | Type | Name | URI
--+---------+---------+------+------+----
linux:~ # 
linux:~ # zypper service-add "iso:///?iso=SLES10SP1-x86_64-DVD.iso&url=dir:///mnt/dist/" "SLES10 SP1 DVD"
Determining iso:///?iso=SLES10SP1-x86_64-DVD.iso&url=dir:///mnt/dist/ source type...
.. not YUM
iso:///?iso=SLES10SP1-x86_64-DVD.iso&url=dir:///mnt/dist/ is type YaST
Added Installation Sources:
[x]* SLES10 SP1 DVD (iso:///?iso=SLES10SP1-x86_64-DVD.iso&url=dir:///mnt/dist/)
linux:~ # 
linux:~ # zypper service-list
# | Enabled | Refresh | Type | Name           | URI                                                      
--+---------+---------+------+----------------+----------------------------------------------------------
1 | Yes     | Yes     | YaST | SLES10 SP1 DVD | iso:///?iso=SLES10SP1-x86_64-DVD.iso&url=dir:///mnt/dist/
linux:~ # 

ここで追加したのは更新されることのないDVDイメージなので、Refresh しなくても問題無いため、service-add の時に --no-refresh オプションを付けておいてもいいかと思います。

このブログの関連記事
エンジニア転職情報
このBlog内を検索
プロフィール

しげふみ

連絡先
連絡先
RSSリーダーに登録
Subscribe with livedoor Reader

あわせて読みたい
人気blogランキング

  • ライブドアブログ