しげふみメモ


おもにIT関連について、気になったことや試してみたことをメモしておきます。
Linux, Firefox, Thunderbird, Blog, Google, Amazon, Affiliate, iPod, PC, English ...

2011年11月

ラングリッチを1ヶ月続けたら英会話に少し自信がついた

Skypeを使ったオンライン英会話スクールが話題ですが、私は1ヶ月ほど前から、ラングリッチで1日に25分の英会話を楽しんでいます。
楽しむと言っても、私はまだ結構緊張するし、タイトルで自信がついたと言っているけど、最初の数回は逆に自信を無くしました。自分の言いたいことがほとんど言えなかったので。
それでも、1日25分だけですがマンツーマンで英会話を続けていることで、だんだんと楽しくなってきています。

現時点での感想などをメモしておきます。
ちなみに、私の英語力ですが、TOEICはそれなりの点数は取っていたものの、英語を話す機会はほとんど無かったので、英会話は初心者です。


始めるきっかけ

オンライン英会話が気になっていたところ、以下のまとめを9/27に読んで、早速ラングリッチに登録して、その日のうちに無料体験レッスンを受けました。
自信を持って英語を話すために! フォニックスとラングリッチの組み合わせで1万円で英語の発音について学ぶ。 - Togetter

いつもの自分だと、もうちょっと調べてからとか、色々理由を付けて延び延びになったりする事が多かったのですが、今回は決めるのが速くて自分にしてはよくやったと思います。
@HAL_Jさんのツイートにも良い影響を受けました。
無料で体験レッスンが2回受けられるので、興味があるのならまずは試してみると良いと思います。


無料テキストを制覇したくなる

私はまだフリートークだけのレッスンは試したことはありません。25分も続かないような気がして。
無料のテキストが用意されているので、そのテキストに沿ってレッスンを受けています。
テキストが早めに終わったら、フリートークをしてもいいのですが、次のテキストに進んでもいいかと思います。
この記事投稿時点で、「ベーシック」テキストが49個、「スタンダード」テキストが5個、「スピークリッチ」テキスト(発音レッスン)が41個あります。
これらを全てやってみるだけでも、結構時間がかかるでしょう。
そして、テキストは今後も増えていくはずです。
私は今は、初心者向けのベーシックと、発音レッスンのテキストを使っています。

その他、Web上のニュースを使ったレッスンもレベルに合わせて色々あります。
短めのSEN(Simple English News)はフリートークの話題のきっかけにも良いかも。


ビデオ通話が嬉しい

Skypeのビデオ通話なので、表情や口の動き等も分かるのが良いです。
なので、生徒側も是非もWebカメラを使う方が良いと思います。
特に初心者は、分からない場合などでも、ビデオ通話ならこっちの表情などから助けてもらいやすいんじゃないかと。
何と言っていいか分からずにいる時、絶妙のタイミングでヒントをもらえたりすると、とても嬉しいですね。

講師によって程度は違いますが、うまくできるとちゃんと褒めてくれます。やっぱり褒められるのは嬉しいです。
発音などが間違っていたらきちんと直してくれるし、構文などをSkypeのチャットでタイプしてくれる講師もいます。
こういうのをきっちりやってくれる講師が人気講師になっていくんでしょうね。
もちろん自分との相性もあるかと思いますが。


4日分予約できるのが良い

講師を選ばなければ、当日の直前でも結構取れるように思います。でも、平日昼間以外は早めに予約した方が良いかと。
3日後まで(当日含め4日分)の予約ができるので、私は最近では3日後までの予約を常に入れているようにしています。
こうすると、毎日確実に英会話の時間を確保できるようになるのでおすすめです。

最初の頃は、講師紹介ページを見て良さそうな人を予約するようにしていました。
ただ、授業予約のページから、その講師の紹介ページに直接行けるリンクが無いのが残念です。あると嬉しいですね。
(まだ紹介ページの無い講師もいるようですが)


追加機能が楽しみ

ラングリッチを始めて2か月目になると、予約カレンダー機能(iCal 提供)が使えるようになります。
私はこの機能はあまり使っていませんが、3か月目から使える講師予約機能を楽しみにしています。
「講師のスケジュールを見て予約できる機能です。お気に入りの講師の出勤スケジュールがひと目で確認できます」との事です。
(銀行振込の場合は3か月分まとめてなので、最初から使えるようです)

現在の受講履歴のページはこんな感じです。
ちょうどこの頃になると、お気に入りの講師が何人かいるようになってきています。
ラングリッチ受講履歴


トラブルもあったけど

今までに2回ほど、ネットワーク不調で音声のみになった事がありました。
予約していた講師が欠席で代わりの講師に変更になった事が1回。事前にメールで連絡がありました。
あと、時間になってもコールが無かったことが1回ありました。すぐにWebページからサポートに日本語で連絡すると、当日中に再度予約できるようにしてくれました。また、1回分の振替ポイント(1回余分に受講できる)もいただきました。
私としては、対応に満足しています。


まずは1ヶ月やってみた

最初の1ヶ月は2980円というのも嬉しいです。(その後は4980円)
[追記] 初月2000円割引は2012年1月13日までとの事。[追記ここまで]
私でも1ヶ月続きました。
少なくとも、テキストを全部やるまでは続けると思います。
そして、その頃には新しいテキストができている事も期待しています。
そうこうするうちに、フリートークやニュースレッスンにも慣れてきているかも。

初めての講師とのレッスンでは、最初にお互い自己紹介をするので、自分の自己紹介については、いろいろなパターンを話せるようになってきました。
先日、うちの社長含む同僚との飲み会で、試しに英語で自己紹介する程度までは自信がつきました。
でも、もっといろいろ言いたかったのに、言葉が出てこなかったところもあって残念だったので、これからもラングリッチで英会話を続けていきたいと思っています。


このブログの関連記事

TSHOOT合格してCCNP取得しました

9月の話ですが、TSHOOTに合格しました。1000点でした。
Ping-tのTSHOOT合格体験記を見ると、満点で合格している人が結構いましたが、まさか自分もできるとは思っていませんでした。嬉しいです。
これでついに CCNP (Cisco Certified Network Professional) を取得できました。
CCNP

参考書は公式ガイドの英語版のKindle版を一通り読みました。(以下は日本語版)
シスコ技術者認定公式ガイド CCNP TSHOOT (試験番号:642-832J)

ただ、図表の多いこの本はKindleで読むのは向いていない気がしました。
PCが使えるときはKindle for PCで読んでいました。
また、SWITCHとROUTE試験の分野をきっちり理解してれば、この本は読まなくてもいいかなと思いました。

TSHOOT試験で使用されるトポロジは以下で確認できるので、ある程度頭に入れておくと良いかと。
Exam Demoも1回試しておくべきですね。
TSHOOT (642-832) Practical Exam Demo & Tutorial - The Cisco Learning Network
練習問題として、今回もPing-tにお世話になりました。
CCNA/CCNP/LPIC総合学習サイト Ping-t - 無料CCNA、LPIC問題集、合格体験記、Cisco実機シミュレータ、実機講習
CCENTからCCNA,CCNPまで本当に助かりました。おすすめです。

私は、仕事でネットワーク構築や保守を専門にしてはいませんが、CCNA,CCNP取得のために身に着けたスキルは、いくつかの案件で役立てる事ができています。
ネットワークについて、ある程度は自信を持って話すことができるようになりました。
もちろん、日々ネットワーク関連機器に関わっている方々のようなスキルレベルではありませんが、そのような方と話す時でも余裕をもってできるようになったと感じています。

次はPMPか簿記2級を頑張ってみようかと考えています。
でも最近は英語熱が上がってきて、Skype英会話とかをやってたりします。

ラングリッチを始めて1ヶ月ほど経ちました。今度記事を書こうと思います。

このブログの関連記事
エンジニア転職情報
このBlog内を検索
プロフィール

しげふみ

連絡先
連絡先
RSSリーダーに登録
Subscribe with livedoor Reader

あわせて読みたい
人気blogランキング

  • ライブドアブログ