VMware Playerで仮想マシンを作成 する時に、VMwareの設定ファイルの.vmxファイルを作成する必要がありますが、 この中のguestOSに何を指定すればいいのか、メモしておきます。

いろいろ検索すると以下のページが参考になりました。
VM Builder
Sanbarrow.com

上記サイトを参考に、私が気になったものについてguestOSの指定をまとめておきます。
以下のようなOSが指定できるようです。(以下で全てではありません)

suse-64 : SUSE Linux 64bit
suse : SUSE Linux
ubuntu-64 : Ubuntu Linux 64bit
ubuntu : Ubuntu Linux
turbolinux : Turbo Linux
mandrake : Mandrake Linux

sles-64 : SUSE Linux Enterprise Server 64bit
sles : SUSE Linux Enterprise Server
rhel4-64 : Red Hat Enterprise Linux 4 64bit
rhel4 : Red Hat Enterprise Linux 4

other26xlinux-64 : Other Linux Kernel 2.6.x 64bit
other26xlinux : Other Linux Kernel 2.6.x
other24xlinux-64 : Other Linux Kernel 2.4.x 64bit
other24xlinux : Other Linux Kernel 2.4.x

freeBSD-64 : FreeBSD 64bit
freeBSD : FreeBSD
solaris10-64 : Solaris 10 64bit
solaris10 : Solaris 10

winVista-64 : Windows Vista x64 Edition
winVista : Windows Vista
longhorn-64 : Windows Longhorn x64 Edition
longhorn : Windows Longhorn
winNetStandard : Windows Server 2003 Standard Edition
winXPPro-64 : Windows XP Professional x64 Edition
winXPPro : Windows XP Professional Edition
winXPHome : Windows XP Home Edition
win2000AdvServ : Windows 2000 Advanced Server
win2000Serv : Windows 2000 Server
win2000Pro : Windows 2000 Professional
winNT
winMe
win98
win95
win31
dos
Fedora Core 4 であれば、other26xlinuxを指定すれば良いということですね。

ここで、-64の付いている64bitOSについては、 次の記事 で書くことにします。