WindowsにPlaggerをインストールして、 Bloglinesの未読をGmailで読む ところまでできました。
今回はアマゾンアソシエイトレポートをGmailに送るように設定しました。

プラグインの Plagger::Plugin::CustomFeed::AmazonAssociateReportJP を使います。
私の場合は、C:\Perl\site\lib\Plagger\Plugin\CustomFeed\AmazonAssociateReportJP.pm にすでにインストールされていました。

Perlモジュールの WWW::Mechanize が必要なので、CPANからインストールしました。

cpan> install WWW::Mechanize

plagger - otsune FreeStyleWiki の「Plaggerを使う」に記述されているように、目的別にconfigファイルを作成し、 例えば、Bloglinesは1時間毎、Amazonは毎日8時に実行するというように、 目的にあったスケジュールで plaggerを実行させるようにします。

Amazon用のconfigとして、ファイル名は何でもいいですが、例えば私の場合、 C:\shigefumi\config-amazon.yaml を以下のような内容で作成しました。
(メールアドレスとパスワードは変更してください)

global:
  plugin_path:
    - C:\Perl\site\lib\Plagger\Plugin
  assets_path: C:\Perl\site\lib\Plagger\assets
  timezone: Asia/Tokyo
  log:
    level: info

plugins:
  - module: CustomFeed::AmazonAssociateReportJP
    config:
      email: example@example.com
      password: Amazon_PASSWORD

  - module: Publish::Gmail
    config:
      mailto:   example@gmail.com
      mailfrom: example@gmail.com
      mailroute:
        via: smtp_tls
        host: smtp.gmail.com:587
        username: example@gmail.com
        password: Gmail_PASSWORD

試しにコマンドプロンプトで plaggerを -c オプションで configファイルを指定して起動します。

C:\>plagger -c C:\shigefumi\config-amazon.yaml
Plagger [info] plugin Plagger::Plugin::CustomFeed::AmazonAssociateReportJP loaded.
Plagger [info] plugin Plagger::Plugin::Publish::Gmail loaded.
Plagger [info] plugin Plagger::Plugin::Aggregator::Simple loaded.
Plagger::Plugin::Publish::Gmail [info] Sending Amazon.co.jp アソシエイト・レポート to example@gmail.com
実際には CMD.EXEが UTF-8に対応していないので、「アソシエイト・レポート」の部分は文字化けしています。

これで、現四半期の売上、昨日の売上レポート、昨日の売上合計レポートが、 1通のメールとして Gmailで読むことができます。
GmailでAmazonアソシエイトレポート

上記コマンドをバッチファイルにして、コントロールパネルのタスクで、 例えば毎日8時に実行するようにスケジュール設定しておけば、 毎日自動でメールが送られます。
これで、ブラウザでAmazonアソシエイト・セントラルにログインしなくても、 メールを確認すればいいので楽ですね。

ただし、残念ながら私のBlogではAmazonの売上なんてほとんどありません。 昨日は珍しく2冊もあってびっくりしましたが。
いつもは、「注文レポート」で、「クリックのみで注文のない商品」を見るのが楽しみになっています。
AmazonAssociateReportJPで ordersReportも表示できて、configでOn/Offできるようになればとても嬉しいのですが。