前回の記事(PlaggerでWikiをまとめてPlanetを作成)で、 PlaggerBundle::Planet を使うと簡単にPlanetが作成できることがわかりました。
今回はSubscription::Planet を使って、あるキーワードについての Planetを作ってみました。

検索キーワードとしては、テスト的に、私の興味のある SGI 関連についてとし、「日本SGI」、「Silicon Graphics」、「シリコングラフィックス」で検索して日本語のブログ等が表示されるようにしてみました。
本当は「SGI」も検索したいところですが、創価学会インターナショナル関連がひっかかってしまうので、、、。

config.yamlは void GraphicWizardsLair( void ); // Planet W-ZERO3をPlaggerで簡単に作成してみた が参考になります。
これをそのまま使うのも面白くないので、いろいろと変更してみました。

Subscription::Planetで lang: ja を指定すると、検索エンジンの設定ファイルとして ja.yaml が使われます。
(私の場合は C:\Perl\site\lib\Plagger\assets\plugins\Subscription-Planet\ja.yaml となります)
これを編集すれば、使用する検索エンジンを変更できます。
個人的に、Feedster, NAMAANは Planetに表示されるロゴがうるさく感じたのでコメントアウトしました。
Google Blog Searchで日本SGIを検索すると、日本とSGIに分かれてしまったので、 ja.yamlではコメントアウトし、代わりに Subscription::Configで"日本SGI"等の検索を追加しました。
また、これらのキーワードは、はてなキーワードに登録されていないようなので、はてなダイアリーのキーワードを含む日記の検索もコメントアウト。 はてなブックマークのタグもほとんど無さそうなので、タグを含む注目エントリーもコメントアウト。

キーワード「SGI」は、はてなブックマークのタグでは、創価学会も出てきますが、 その他はいいエントリがありそうなので、Subscription::Configで追加しました。
Planet tDiary - HsbtDiary (2006-08-17) を参考に、extra_ruleを使ってタイトルについてはフィルタしておきました。

最終的に config.yamlは以下のように。
日本語が入っているので、UTF-8で保存します。
キーワードが複数の場合に、もっとスマートにできる方法があるのかも知れませんが、 とりあえず以下で動作しています。

global:
  plugin_path:
    - C:\Perl\site\lib\Plagger\Plugin
  assets_path: C:\Perl\site\lib\Plagger\assets
  timezone: Asia/Tokyo
  cache:
    base: C:\plagger

plugins:
  - module: Subscription::Planet
    config:
      keyword: 日本SGI
      lang: ja
  - module: Subscription::Planet
    config:
      keyword: Silicon Graphics
      lang: ja
  - module: Subscription::Planet
    config:
      keyword: シリコングラフィックス
      lang: ja
  - module: Subscription::Config
    config:
      feed:
        - http://blogsearch.google.com/blogsearch_feeds?hl=en&lr=lang_ja&q=%22%E6%97%A5%E6%9C%ACSGI%22&scoring=d&ie=utf-8&num=100&output=rss
        - http://blogsearch.google.com/blogsearch_feeds?hl=en&lr=lang_ja&q=%22Silicon+Graphics%22&scoring=d&ie=utf-8&num=100&output=rss
        - http://blogsearch.google.com/blogsearch_feeds?hl=en&lr=lang_ja&q=%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9&scoring=d&ie=utf-8&num=100&output=rss
        - http://b.hatena.ne.jp/t/SGI?mode=rss&sort=eid&threshold=1

  - module: Filter::TruePermalink
  - module: Filter::StripRSSAd

  - module: Widget::HatenaBookmarkUsersCount
#  - module: Filter::Thumbnail

  - module: Bundle::Planet
    config:
      duration: 21 days
      title: Planet SGI
      dir: C:\plagger\planetsgi
      url: http://planetsgi.example.org/
      theme: sixapart-std
      stylesheet: http://bulknews.typepad.com/test/styles.css
      description: SGI関連ニュース、ブログ等
      extra_rule:
        - expression: $args->{entry}->title !~ /創価学会/

以下のように表示されます。
スタイルシートは、試しに Planet Plagger のものをそのまま使ってみました。
Planet SGI

それにしても、こんなのを簡単に作ることができるのは面白いですね。
実際の完成例は、あとで適当なサーバにアップして公開してみます。
やはりスタイルシートは変更したほうがいいでしょうか。
→ 公開しました。以下の記事を参照してください。
しげふみメモ:Plaggerで作成したPlanet SGIを公開

[このBlogの関連記事]