FirefoxアドオンのGreasemonkey用スクリプト AutoPagerize を使ってみました。
Google等の検索結果はもちろん、ITmedia, ITpro, @IT, CNETなどなど、ひとつの記事が数ページに分割されているような場合、ページの下の方までスクロールすると、自動で次のページが読み込まれて、下に繋げて表示してくれます。
とても便利でオススメです。

Muibrog - autopagerizeがすごすぎる。 を読んで、ちょっと試してみたら、もう手放せなくなりました。

対応サイトは http://swdyh.infogami.com/autopagerizehttp://userjs.oh.land.to/pagerization/convert.php?file=siteinfo.v4 にあります。
[追記]
version 0.0.27 からは アイテム - データベース: AutoPagerize - wedata に変更されました。
[追記ここまで]
クックパッド の検索結果も対応しているので、うちのカミさんも喜んでいます。

対応サイトはどんどん増えています。
設定は自動的に読み込まれるので、今までAutoPagerできなかったところも、いつのまにか誰かが設定を書いていて、できるようになっているかもしれません。

スクリプト自体のバージョンアップ情報などは SWDYH で確認できます。

以下、私の使い方についてメモしておきます。

リンクの target 指定変更
現在 version 0.0.10 を使っていますが、デフォルトでは 2ページ目が表示されるとリンクが全て target="_blank" になるので、私はスクリプトの以下の部分を false に変更しています。

var FORCE_TARGET_WINDOW = true 

一部で動作させないよう変更
はてなダイアリーやFC2ブログでは、AutoPagerの必要をあまり感じないので、動作しないように変更。
Greasemonkeyの「ユーザスクリプトの管理」から AutoPagerize を選択し、「ユーザスクリプトを実行しないページ」に以下のように追加。

http://d.hatena.ne.jp/*
http://*.blog*.fc2.com/*

Google検索結果にブックマーク数
私は、以前から、いぬビームさんの Google x はてブ(Greasemonkey版) を使っていて、とても役に立っています。
しかし、AutoPagerizeに対応しておらず、2ページ目以降に表示されません。
ちょっと探したところ、 silog - script/SBMCountWithGoogle が対応しているので、インストールしました。
デフォルトでは、はてなブックマーク、livedoor クリップ、Buzzurlが表示されますが、私ははてなだけが表示されればいいので、該当部分以外はコメントアウトして使っています。

ダブルクリックでオンオフ
一時的にAutoPagerしたくない時があります。例えばGoogleで画面下の関連検索を見てみたい時など。
この場合、ブラウザ画面の任意の位置をダブルクリックすれば、簡単にオンオフが切り替えられます。
現在の状態は画面右上の表示で確認できます。
[2007年 10/30追記]
version 0.0.13 からダブルクリックの切り替えが廃止されました。
右上のアイコンで on/off の切り替えができるようになっています。
[追記ここまで]

AutoPagerizeの良さは使ってみるとすぐわかります。
ぜひ体験してみてください。

[追記]