PDFファイルを作成可能なフリーソフト「BullZip PDF Printer」 - GIGAZINE で紹介されていた Windows 用の Freeware BullZip PDF Printer を使ってみました。

いわゆる仮想プリンタドライバとしてインストールされるので、あらゆる「印刷」コマンドが実行可能なソフトからPDFファイルの作成ができるフリーソフトです。広告を表示するソフトやスパイウェアなどは含まれていないというのがポイントで、個人利用及び商用利用が可能。パスワードで保護されたPDFファイルや品質、プロパティ、透かしなどもサポートしています。

オプションを少し変更したのでメモしておきます。

日本語ファイル名でPDFにできるように

デフォルトでは、日本語のファイル名にならないので、オプションを変更。
「一般」タブの「PDFのファイル名」を以下に変更しました。

<desktop>\<basedocname>.pdf

作成者を空白に

デフォルトでは、PDFのプロパティで作成者として Windows のユーザー名が表示されます。
なんとなく嫌なので、空白に変更。
オプションの「ドキュメント」タブの「作者」を以下に変更しました。

<env:EMPTY>

<env:xx> で環境変数 xx が指定できますが、Windows で設定していない環境変数(例えば私の場合 EMPTY)を指定すれば空白にできます。

BullZip PDF Printer はとても便利なので、今後も使っていこうと思います。

このブログの関連記事