私はプライベートのメールには Gmail を 使っていますが、会社での仕事用には Thunderbird を使っています。
その Thunderbird のキーボードショートカットをいろいろ拡張するアドオン Nostalgy がとても便利です。

Nostalgy の基本的な機能は以下を参照していただくとして、ここでは日本語であまり言及されていない機能を紹介します。
窓の杜 - 【NEWS】メールの移動などをキー操作のみで実行できるThunderbird拡張機能「Nostalgy」

[G][S][C]キーのいずれかを押すと、ステータスバーにキーワード入力欄が現れ、部分一致のインクリメンタルサーチにより、メールフォルダを絞り込んだうえで選択することができる。
[G]キーを押したあとにインクリメンタルサーチを実行すると、フォーカスが指定フォルダへ切り替わる。また、[S]または[C]キーでは、インクリメンタルサーチで検索したフォルダへ、現在選択しているメールを移動・コピーできるため、マウスをまったく使わずに、メールを他フォルダへ移動・コピーできる。

これだけでも便利ですが、他にも嬉しい機能があります。

メール作成時の To や Cc の指定を簡単に

アドレス入力時に、先頭から「cc 」(ccに続けてスペース)を入力すると、宛先: が Cc: に変更されます。
入力した「cc 」は消えて、そのままアドレスが入力できます。
同様に「to 」と「bcc 」も使えます。

簡易検索バーの検索対象の変更

Ctrl+K で検索バーにフォーカスを移動した後、Ctrl を押すと検索対象一覧(件名やメッセージ本文など)がポップアップして、上下キーで切り替えられます。
(オプションで、検索バーにフォーカスすると常にポップアップするようにも変更できます)

私には、この2つの機能だけでも、インストールしてよかったと思いました。

他にも、私はまだ使いこなしていませんが、Rules の設定も便利そうです。
あと、特定フォルダへのショートカットキーも自由に設定できます。ただし、とても残念なことに「受信トレイ」等の日本語のフォルダ名は設定できませんが。
また L でフォルダペインを隠すのも、人によってはいいかもしれません。

その他の機能詳細は、英語ですが以下のページを参照してください。
Usage directions for Nostalgy

ちなみに、私はメールにスターを付けたり外したりすることがよくあり、このショートカットが S で、Nostalgyでメールを移動する S と同じなので、Nostalgy の Preferences の Keys タブで Save message を A に、Save as suggested を Shift+A に変更しています。
人によっては、Gmail のアーカイブと同じように Y にしてもいいかもしれません。

参考として、Thunderbird自体のショートカット一覧は Mozilla Japan - Thunderbird サポート - キーボードショートカット にあります。

そういえば、少し前にようやく Thunderbird 1.5 から 2.0 にバージョンアップしました。
使っているアドオンについて、また今度まとめようと思います。

このブログの関連記事