最近、XPathGraphというサービスを知りました。

XPathGraphはウェブサイト上にある数値を定期的に取得し、自動的にグラフを作成するサービスです。取得したい数値を含むノードをXPathで指定すると、その日に巡回した結果をグラフに追加していきます。
面白そうなので、いくつかグラフを作ってみました。
ただ、この記事投稿時点では、私のグラフは作ったばかりでデータがほとんど溜まっていないので、見応えがないですが。

まずは、このブログの livedoor Reader での購読者数のグラフ。
LDR購読者数 しげふみメモ (index.rdf) : XPathGraph
LDR購読者数 しげふみメモ (index.rdf)

最初はフィード詳細ページの id("subscribers-count") を取っていたのですが、 LDR勤怠管理 - takehara37 : XPathGraph を見て、こんな指定でもいいと知ったので、 livedoor Reader Count API を使うように変更してみました。

次も、このブログの livedoor Reader での購読者数のグラフ。
このブログは atom.xml と index.rdf のそれぞれで登録者がいるので、それを合計してみました。
LDR購読者数 しげふみメモ : XPathGraph
LDR購読者数 しげふみメモ

これはなかなか嬉しいです。
もう少しデータが記録されたら、ブログのサイドバーなどに表示させてみてもいいかも。

その他、作ってみたグラフをいくつか紹介。
フィードメーター しげふみメモ ランキング : XPathGraph
フィードメーター しげふみメモ ランキング

userstyles.org : style 2909 インストール数 : XPathGraph
userstyles.org : style 2909 インストール数

Firefox downloads : XPathGraph
Firefox downloads

ところで、XPathGraph は はてなグラフapi も使っているようですね。
例えば、XPathGraph で作成されたグラフの数のグラフ XPathGraph Graphs : XPathGraph は、はてなグラフ - xpathgraphのグラフでも表示できます。
ということで、期間を指定したり、比較したり、データを取得したり、いろいろできそうですね。

このブログの関連記事