仕事でCiscoの機器をさわることはほとんど無いのですが、昔から CCNA (Cisco Certified Network Associate) ぐらいは取っておきたいと思っていました。
CCNAを取るには、ICND1とICND2の2つの試験に合格するか、CCNAの試験1つに合格するかのどちらかですが、私は2つの試験を受けることにしました。
必要な受験料は同じなので、試験範囲が狭くなる方が勉強しやすいかと思ったので。

先日、ICND1を受験し、958点で合格しました。
これで、エントリーレベルの資格である CCENT (Cisco Certified Entry Networking Technician) を取得できました。

ICND1で必要なネットワークの基本については理解しているつもりでしたが、資格取得のための学習過程で、基本を再確認できたのは有意義でした。
また、ルータやスイッチの設定についても基本的な部分が理解できて良かったです。
基本的な考え方がわかれば、Cisco以外の機器でもマニュアルを見ながらなんとかなりそうです。

参考書としては、「黒本」として有名な以下の1冊を使いました。
徹底攻略 Cisco CCNA/CCENT教科書 ICNDI編 [640-802J][640-822J]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)
4844326244

また、Ping-t というサイトもとても役に立ちました。
CCNA/CCNP/LPIC総合学習サイト Ping-t - 無料CCNA、LPIC問題集、合格体験記、Cisco実機シミュレータ、実機講習
ICND1(CCENT)の範囲ならユーザ登録だけで無料で問題集で学習できます。
Ping-tおすすめです。

Ping-tでは、以下のようなグラフで学習履歴を確認することもできます。
Ping-t 学習履歴
これは私がICND1を受験する直前のグラフです。

次はICND2試験に向けてがんばります。
徹底攻略 Cisco CCNA 教科書[640-802J][640-816J]対応 ICND2編 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)
4844326910

[追記] CiscoルータのシミュレータGNS3を使ってみた