以下の記事を読んで、以前から興味があったAmazon EC2を初めて試してみました。
無料のクラウドリソース登場: アマゾンクラウド(AWS)が無料ティア(無料使用枠)を発表 - Amazon Web Services ブログ
とりあえず、sshでログインできるところまで試したので、メモしておきます。

無料使用枠は一定の条件内の使用に限られ、アカウント作成日から1年という期限付きということです。
また、対象はAWSの新規ユーザだけのようです。
詳しくは上記ページを参照してください。
無料使用枠を超えると課金されるため、クレジットカードを登録する必要があります。

まずは、AWS(Amazon Web Services)登録と、Amazon EC2(Amazon Elastic Compute Cloud)の利用申し込み。
Amazon Web Services (日本語)
以下ページの「AWSアカウント取得」のPDFを読んでおけば迷うことなく登録できました。
【参考資料】 AWS アカウント登録方法 - JAWS-UG | AWS User Group - Japan
電話の自動応答による本人確認もありますが、英語がわからなくても番号を入力するだけなので大丈夫です。(私の場合は携帯電話でもOKでした)
ちなみに、上記PDFはAmazonCloudテクニカルガイド ―EC2/S3からVPCまで徹底解析― から一部を抜粋した特別公開版ということです。

私の場合は、本人確認から10数分後にEC2が使えるようになりました。
EC2インスタンスを起動してみます。
こちらも、上記JAWS-UGのページの「EC2インスタンス起動」のPDFの手順どおりで簡単にできました。

PDFに無い部分をメモ。
今回、AMIは Basic 32-bit Amazon Linux AMI 1.0 を選択しました。
ec2-ami

無料使用枠とするため、Instance Typeは Micro を選択。
ec2-instance

鍵の作成。
ここでダウンロードした拡張子 .pem のファイルを鍵ファイルとしてsshでログインします。
私はPoderosaを使っていてそのままでは使えなかったので、PuTTY付属のputtygen.exeで変換しました。
ec2-key

今回は、Firewall設定はSSHとHTTPを通すようにし、次の画面で設定内容を確認、「Launch」をクリックすればインスタンスが起動されます。

sshでログインしてみました。

       __|  __|_  )  Amazon Linux AMI
       _|  (     /     Beta
      ___|\___|___|

See /etc/image-release-notes for latest release notes. :-)
[ec2-user@ip-10-122-55-169 ~]$ 
[ec2-user@ip-10-122-55-169 ~]$ cat /proc/version 
Linux version 2.6.34.7-56.40.amzn1.i686 (mockbuild@build-31003.build) (gcc version 4.4.4 20100525 (Red Hat 4.4.4-5) (GCC) ) #1 SMP Fri Oct 22 18:48:33 UTC 2010
[ec2-user@ip-10-122-55-169 ~]$ 
[ec2-user@ip-10-122-55-169 ~]$ cat /proc/cpuinfo 
processor       : 0
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 23
model name      : Intel(R) Xeon(R) CPU           E5430  @ 2.66GHz
stepping        : 10
cpu MHz         : 2659.996
cache size      : 6144 KB
fdiv_bug        : no
hlt_bug         : no
f00f_bug        : no
coma_bug        : no
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 13
wp              : yes
flags           : fpu tsc msr pae cx8 cmov pat pse36 clflush dts mmx fxsr sse sse2 ss ht pbe nx lm constant_tsc up arch_perfmon pebs bts aperfmperf pni dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm dca sse4_1 lahf_lm tpr_shadow vnmi flexpriority
bogomips        : 5319.99
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 38 bits physical, 48 bits virtual
power management:

[ec2-user@ip-10-122-55-169 ~]$ 
[ec2-user@ip-10-122-55-169 ~]$ free
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:        617668     354076     263592          0      23776     294588
-/+ buffers/cache:      35712     581956
Swap:            0          0          0
[ec2-user@ip-10-122-55-169 ~]$ 
[ec2-user@ip-10-122-55-169 ~]$ df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/xvda1            9.9G  857M  9.0G   9% /
tmpfs                 302M     0  302M   0% /dev/shm
[ec2-user@ip-10-122-55-169 ~]$ 

数時間ほど起動していましたが、AWSのAccount Activityを確認しても課金されていないようです。
aws-activity

今後、私がどのように使っていくかは未定ですが、無料で試せるのは良いですね。

[追記]
以下も参考になります。
クラウド3分クッキング 1 『AWSアカウントの開設』
クラウド3分クッキング 2 『仮想サーバ(Amazon EC2)の立ち上げ』

AmazonCloudテクニカルガイド ―EC2/S3からVPCまで徹底解析―
4844328549

よくわかるAmazonEC2/S3入門 ―AmazonWebServicesクラウド活用と実践
4774142840
クラウド Amazon EC2/S3のすべて~実践者から学ぶ設計/構築/運用ノウハウ~
4822234371