2007年09月30日

リゾート白神

45e6747c.jpg青森から、五能線経由で世界遺産白神山地の周りを通って、秋田まで、
快速列車 「リゾート白神」で5時間程度の旅。
社内で津軽三味線の披露あり、海沿いの絶景あり、
で、楽しい車内だった。

名古屋へ戻る新幹線の最終の関係で、
秋田市内を観光出来たのは、わずか3時間程度だったが、
人も親切で、綺麗な街だった。
いつかもう一度、ゆっくり訪れたい。

 いよいよ明日、今後の人生を変える行動を起こすつもり。
出張ついでだったから慌しい旅立ったけど、
この決心が出来た貴重な旅だった。


hakkinen358 at 14:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日本の車窓から 

2007年09月29日

未知の島北海道

548a99c7.jpg 青森駅から津軽線で終点の三厩駅まで1時間半。そこからバスで1時間近く。
やっとのことでたどり着いた場所は、竜飛(たっぴ)岬。
かなり風が強い。太平洋と日本海が出会う場所。目の前には北海道。
写真の正面奥の方に薄っすらと見えるのが、北海道。
初めて北海道を見たこの瞬間、自然のすごさを感じ、涙が込み上げてきた。
そして、この雄大な自然を見て、人生に悩んでいた自分がちっぽけに思えた。
違う道へ進むを決断した。
 この海峡は実際は20km 程度あるそうだが、手を伸ばせば届きそうな位置。
3km くらいしかなくて、筆者でも泳いで渡れるんじゃないかと錯覚に落ちてしまった。
 この海底には青函トンネル。この青函トンネルを越えての北海道上陸は今回断念したが、
初めて北海道へ上陸する時は、この青函トンネルを越えて上陸したい。


hakkinen358 at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から 

東北で人生を考える

ff071c7a.jpgJe venir a Aomori. C'est nord du honshu.

昨夜岩手出張が終わった後、本州最北端の青森へやってきました。
夜中近くについて、青森駅そばのカプセルホテルへ直行。
近くのすし屋で、おいしい海産物を食べました。

そして、翌朝。1日の訪問場所を考えたとき、
電車の本数が少ないため、5時台に起きる必要が。
眠い目をこすりつつ、駅へ向かいながら、見た景色。

青森は、大きすぎず、落ち着きと静けさがあり、
綺麗で便利な街でした。
駅も港も街の中心部からすぐ。
街の北側はすぐ海で、綺麗な公園があり、かつての青函連絡船も
この側から出ていました。

街中にはすごくお洒落な喫煙所もありました。
世の中禁煙が強く叫ばれていますが、その結果、
路上で歩きながらタバコを吸い、
吸殻を街中に捨てる人が増えたように思います。

タバコが大嫌いで、それを不快に思うことが多い筆者にとっては、
青森市内中心部のような、お洒落な喫煙所が、
名古屋の中心部にもあればなぁ、と思います。

hakkinen358 at 06:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から 

2007年09月10日

栄光の30代へ

73f46a88.jpg本日でついに30歳になりました。
残念ながら雨が降ってしまいましたが、
人生について考えるため、有休をとって、
蒲郡の竹島温泉にゆったりとつかりました。

月日が流れるのはほんとに早いものです。
筆者まだまだ子供っぽく、人生設計もきちんと出来ていないから、
30代に突入した、というのが信じられない反面、焦りも感じとります。

この30代は、生きていく術を明確化しなければならない時。
そして、良い女性と巡り合って結婚すべき時。
(全然焦ってはないけど、出来れば30代のうちに、決めたいものです。)

後から人生を振り返って、「栄光の30代だった」、と思えるように
したいものです。

そう思い、自分自身への意識付けとして、
奮発して腕時計を、今日デビューさせました。
これからこの腕時計と共に、「栄光の人生」を刻んで
生きていきたいと思います。


hakkinen358 at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から 

2007年03月25日

勝沼ぶどう郷

efe64bc6.jpg甲府を訪れた後、勝沼のユースホステルに泊まりました。
ここがかなり良く、いっしょにとまった方々も、
みなさん親切な方々でした。

ワインの試飲、ほったらかし温泉に行きました。
雨上がりの雲海、ほったらかし温泉の露天風呂からの富士山、
この写真の周り一面が桃によって染まるピンクの光景。
天気に恵まれず、いずれも見れなかったのは残念ですが、
すごく気に入りました。
是非また遊びに来たいと思います。

hakkinen358 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から 

2007年03月24日

武田神社

eaf8bfaa.jpg青春18切符使いきりの目的と、大河ドラマ山本勘介の影響で、
武田信玄のお膝元、甲斐の国、甲府へやって参りました。

武田家の本拠地、躑躅ヶ崎館へやって参りました。
武田のひし形の家紋、信玄が着ていたよろいのレプリカ、
孫子の兵法の一節、「風林火山」の文字。

昔、戦国シミュレーションゲーム 「信長の野望」
にはまり、いつも武田で参加していた筆者にとっては、
興奮するものばかりでした。

hakkinen358 at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から 

2007年03月18日

どあら au 瑞穂

ff5a18f6.jpgグランパスの試合を見に、瑞穂へ。
この日はなぜか、中日のマスコット、
ドアラも応援に駆けつけていました。

hakkinen358 at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から 

激写

9d62ec0b.jpg近鉄で名駅についた途端、人だかりが出来ていて、
カメラを持っている人がたくさん。
何だろ? もしや有名人?
と思い、デジカメを準備し、野次馬根性で近づいてみると、
そこには、逆にこっちに向かってカメラを構えているピンクの夫婦が・・・。


hakkinen358 at 11:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から 

2007年03月04日

喜多方ラーメン

1c8f3c2b.jpgC'est kusin Kitakata (Japonais) "kitakata ramen".

咲花温泉から会津若松まで戻る途中、喜多方に寄り、
喜多方ラーメンを食べました。
こっちの方は、電車の本数が少なく、
ラーメン屋が開いてるうちに戻ってこれるか不安でしたが、
一安心。

hakkinen358 at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から 

咲花温泉

6e29f678.jpg会津若松から新潟市方面へ、磐越西線にのり、
途中の咲花温泉まで18切符で旅をしました。

この温泉は、すごくローカルでしぶい温泉でした。
露天風呂からは、阿賀野川が眺められ、川を行き交う
遊覧船も眺めることが出来ました。
(どう考えても、遊覧船からこの露天風呂は丸見えだが・・・。)

この連休は温泉尽くしで、仕事の疲れを癒すには最適でした。

hakkinen358 at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から 

2007年03月03日

只見線

f4fdf7c0.jpg新潟県に入り、越後湯沢の駅構内の試飲コーナーで
日本酒をたらふく飲んだ後、
会津若松へ向かいました。

その経路を通る只見線は、沿線の紅葉がきれいで有名な線です。
よく雑誌での紅葉特集にも載ります。
しかし、只見線で旅するのに、最大の難点が・・・。
会津若松まで行ける列車が1日に3本しかない!!

紅葉の季節じゃなかったし、時間あわせが大変だったけど、
それ以上の価値がある車窓でした。

もっときれいな景色がいっぱいあったんだけど、
筆者のカメラと腕では、この写真が限界でした。



hakkinen358 at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から 

トンネループ

49d3b845.jpg群馬から新潟へ、青春18切符を使って、普通列車で向かう最中の光景。
日本でも珍しいトンネル内でループする立体構造になっている。

言葉ではうまく説明しにくいが、添付画像の車窓の右上に見える線路は、
筆者が乗っている電車が、最終的に通る線路です。
この線路にたどり着く前に、その下をくぐり、
トンネルに入って、トンネル内で右回りの円を描くように周り、
トンネルから出ると、ここを通る仕組みです。

hakkinen358 at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から 

2007年03月02日

旧友との再会

73003c27.jpg日光から鬼怒川温泉に移動し、日帰り温泉に入った。
すごくゴージャスだったというわけではないが、
のんびり出来た。その後、群馬県沼田市へ移動した。
栃木と群馬は隣の県で、すぐ近そうなイメージがあるが、
実際移動してみると、かなり遠かった。
全部で3-4時間は電車に乗ったかな?

そこで、旧友と再会した。筆者が保育園、小学校の頃、
よく遊んでいた旧友である。

農家として働いていて、前回お邪魔させてもらったときに、
最近自分の土地を手に入れ、自分で家を建てると、聞いていた。
今回、その家に初めてお邪魔させてもらいました。

自分の土地と家かぁ。筆者にはまだそんな責任感がないなぁ。
一人前の大人になれるよう、頑張らねば。

hakkinen358 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)友人とのひととき 

日光東照宮 Nikko Toshogu

3912e592.jpgJe visite a Nikko Toshogu. C'est temple tres historique.

関東出張の後、週末と有休を利用して、日光東照宮を訪れました。
同じユースホステルに泊まった人たちといっしょに行きました。
2人の外国の方はドイツから、日本人の方は、筆者と同じ県内、豊田からの方でした。
海外をいっぱい見てきたが、日本国内の旅行は、この数年で行き始めたばかり。
これで自分の国の観光地について、少し胸を張って、説明出来るかな?

hakkinen358 at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日本の車窓から 

2007年01月28日

歌舞伎 Kabuki

8eb54b07.jpgI visited the university I went before to look at traditional japanese play "Kabuki". When I meet many local people and other tourist, I felt I did't know about my country well. I want to learn about it more so that I can tell the friends from abroad.

かつて通っていた大学にて、学生達の歌舞伎の披露があり、見に行きました。
わずか15分程度だったとは思いますが、筆者にとっては初めて見た歌舞伎。
日本人でありながら、日本についてほんとに知らない。
かつて、海外を旅行するたびに痛感させられたことです。
少しずつ、日本の文化を勉強して、海外の人に説明できるようになりたいです。

hakkinen358 at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から 

2007年01月13日

la ceremonie de mariage

3e37990c.jpgC'est la gete apres mariage de une amie quand je suis etudiant en universite.

大学時代の同級生の結婚式2次会の写真です。
同級生の女性陣はみんなほんとに綺麗。
ここ数年、同級生の結婚式がほんとに多かった。
考えてみれば、筆者もそんな年なんですね。

筆者がこの日を迎える日はいつになることやら・・・。
しかーし、今の筆者にはまだまだ力不足。
しっかり実力をつけ、一家をささえて幸せな家庭を作る
度台が出来るように、精神的に成長しなければ。
まだ、時間はたっぷりある!


hakkinen358 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大学つながり 

2007年01月01日

熱田神宮

9e47b54e.jpg成田山に行った後、そのまま熱田神宮までやってきました。
あんまり景色は見えないけど、友人2人が、あまりにもいい笑顔だったので、
この写真を選びました。過去筆者が見た中でも、もっともいい笑顔かもしれません。
愛知県内の3大初詣地のうちの2つを1日にして、達成!
1月中に豊川稲荷にもお参りして、3冠達成したいな。

hakkinen358 at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大学つながり | 日本の車窓から

運命の年 ご来光 matin de Nouvel annee

519b25ec.jpgBonne annee! C'est 1er Janvier 2007.
Je vais etre 30 an cette annee. Je esperer que cette anne a bon anne pour Vous et moi.

新年あけましておめでとうございます。
友人達と3人で、犬山成田山へご来光を見にやってきました。
今年は筆者にとって30になる節目の年。
どんな年になるのでしょうか?
みなさんにとって良い1年でありますように。

hakkinen358 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大学つながり | 日本の車窓から

2006年12月30日

富士山

543a4b51.jpg東北からの帰り道。沼津の友人の家で1泊させてもらい、そこから一緒に帰省。帰省ラッシュに巻き込まれたが、運良く席を確保。しかも北側の席で、富士山を撮影するにはもってこい。東海道を通るたび、毎回撮影している気もするが、今回は雪をかぶっており、良い写真が撮れました。

hakkinen358 at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から | 日本の車窓から

2006年12月29日

雪のない東北

adac1ba9.jpg東北出張最終日。5日間いて、ちっとも雪がなかったが、最終日にほんの20分ぐらい降った。昨年末の山形と比べればないに等しい量だが、ほんの20分でこれだけ白くなったのは、さすが東北。この辺りは東北にしては雪が少ない地域で、その分寒く、本州一寒いとか。
現地の人は気持ち悪いくらい暖かいと言っていたが、筆者にしてみれば、十分寒い。現地の人が寒いというときは、どんな感じなんだろう?
聞けば名古屋では結構雪が降ったそう。筆者はその雪を見れなかったのが残念。
これで仕事納め。ゆっくりと東北を経とう。

hakkinen358 at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本の車窓から | 日本の車窓から