引越し料金が安い引越し業者をお探しへ!激安引越し業者おまとめブログ

アリさん、サカイ、アート、アークなど全国にはさまざまな引越し業者があるけど、安い引越し屋さんを探すにはどうすればいいのか?ワンポイントアドバイス。

引越しの準備

東京の小さいアパートへの引越

以前、予備校時代の仙台のアパートから東京のアパートに引っ越しました。家賃は一万円高くなって、部屋は半分ぐらいの広さになってしまい、東京の家賃の高さに驚いたものです。今はどうなんでしょうか。きれいなアパートが多くなって地方でもそこそこの家賃になっているんでしょうか。

昔の事なので正確には覚えていませんが業者を使わず、父親と自分で自力で引っ越したと思います。冷蔵庫もごくごく小さい物で、ベッドは新たに通販で、洗濯機はなし。といった感じで軽トラックでも充分な量でした。

単身では物は小さいに限ります。段ボールに入る物と入らない物の違いは大きいです。入らない物が増えると引越料金が上がるので、その点は把握しておいた方がいいと思います。

東京に関して感じた事はやはり狭さですね。雑誌で見た洋服店に行ってみると店舗が小さくて意外に感じることが多かったです。デパートなどのフロアの狭さも印象的でした。一方で高いビルやタワーから見る関東平野の広大さ。その対照的なイメージが今も東京のイメージです。

二か月前から引越しの準備

" 私はこれまでに何度か引越しを経験していますが、最初に経験していたのは小学生の頃で、進学する予定だった小学校がその時住んでいた所からは遠かったので、引越しをしなければなりませんでした。
 引越しの準備は大体2か月前くらいから始め、その時色々と慌ただしかったのを覚えています。
 引越しで少し悲しかったのはその当時仲良かった友人や、あるいは親しくしてくださった周囲の方々との別れです。私はその時泣いてはいませんでしたが、とても寂しい思いをしました。
 引越し後の生活はそれまでとは随分と変わりました。引越し前に住んでいた所は周囲にコンビニなどもなく、どちらかと言うと山に近い所だったのですが、引越し先は町にも近くとても便利になりました。
 その当時は子供だったので最初は不安もありましたが、すぐに慣れる事ができました。引越ししたての頃は不安になる方も多いと思いますが、それを克服するにはとにかく周辺を歩いて見る事だと思います。それをすれば段々と慣れていく事ができます。"