ランチ

2014年02月18日

すき家の牛すき鍋定食

image7 IMG_8113
今日の昼飯は、函館漁火店に行ってみました。

IMG_8177
すき家では、2月12日(水)から、「牛すき鍋定食」の提供しました。
これは、吉野家での牛すき鍋膳のヒットを受けてのようです。

ちなみにネットによると、吉野家では、約2カ月で700万食も売り上げたそうです。
客単価が高くなるし、ライバルとしては、黙ってみてられないですよね。

すき家では、以前にも「すき焼き定食」を提供していたということです。
IMG_8116IMG_8118
ノボリもポスターもありで、けっこう宣伝しています。 


imageIMG_8124

IMG_9063

ごはん大盛無料
   
    
こちらが、「牛すき鍋定食」 580円です。
ごはんは大盛無料なのですが、オヤジ、いまちょっとだけ体重落とそうと思っているんで、普通盛りです。
めざせ! 4kg減。めんこい目標です。   
IMG_8147
定食は、牛すき鍋・たまご・ごはん・つぼ漬 の内容です。

IMG_8122IMG_8167    
卓上コンロで鍋をのせて、”火”であたためていまして、熱々で味わうことができます。
これは、吉野家は最後のほうには消えていたのですが、ここでは、食べ終わった頃でも火があったのです。
ゆっくり味わう方も安心ですね。
 IMG_8132
これが、牛すき鍋です。
IMG_8128IMG_8145IMG_8152
最初は、玉子に入れて食べていたのですが、ちょっと味が薄いかなーと思って次は、玉子を鍋にいれます。
後からわかったのですが、火にかかっていますので煮詰まってきますので味は濃くなります。
玉子を鍋に入れたのは、オヤジ的には失敗でした。
   
次回は、最初、なにもつけずに食べて、煮詰ってくる後半あたりから生玉子に入れて味わってみたいと思います。
IMG_8133 IMG_8137
豆腐も入っていまして、うどんは、煮込んでいても崩れません。

IMG_8168 
店内です。この左手にテーブル席があります。オヤジは、もちカウンターです。

IMG_8175
お店の前の漁火通りでして、道路はすっかり雪が溶けています。
imageIMG_8126IMG_1878
吉野家のとすき家のを比べてみます。
左が、すき家の「牛すき鍋」、右が吉野家の「牛すき鍋膳」

2014年02月15日

ラーメン・ちゃんぽん 長崎家のランチ

imageIMG_7859

IMG_7861


少し前ですが、この日は、本町の「ラーメン・ちゃんぽん 長崎家」でのランチです。

■函館市五稜郭町32-2
■電話 0138-55-3815
■AM11:30〜15:00  PM19:00〜 0200
■定休日 日曜日・祝日
■地図は、
こちらです

駐車場は、ありません。

IMG_7864
この魅力的な看板に引き寄せられました。
がついて、500円だそうです。IMG_7865
お店の前の窓には、メニューが貼られています。

imageIMG_7482
IMG_7514

これでワンコイン!


きましたー。これが、この日のランチ みそラーメンとライスです。 500円のワコインです。これは、ありがたいものです。
IMG_7508
味噌は、このようにちょっと変わった色です。

しょっぱそうかなーと思ったのですが、そうでもありません。チャシューは、しっかりとタレにつけたものでして、しょっぱめです。
IMG_7504
トッピングは、けっこうありまして、チャシュー、ひき肉、メンマ、ワカメ、ネギなどです。
imageIMG_7519 
具がいっぱいです!
IMG_7899



こちらは、「長崎ちゃんぽん」です。
見てください〜、この具でして、いっぱい入っているのです。
海老もでかいもんでして、イカも入っています。
650円は、とっても良心的な価格だと思います。
薬味は、高菜からし、紅しょうが、ゆずこしょうがあり、こちらは、紅しょうがです。
IMG_7907
麺は、本場から直送しているそうでして、このストレート麺がいいですね。


そうそう、ランチは曜日によって変わりまして、このチャンポンがランチメニューになるのは、金曜日のようです。

imageIMG_7452
この味でこの値段ですんで、店内はサラリーマンで混んでいました。
このワンコインは、とってもありがたいもんです。

IMG_7910
オヤジ、こちらのテーブル席が空いていましたので座りました。いつもはカウンターです。

imageIMG_7868
メニューはじめ、各写真はクリックすると拡大します。
IMG_7875IMG_7883
柚子塩ラーメンなるものもあるようです。ちょい興味ありです。
IMG_7453
皿うどんや、ちゃんぽんつけ麺などもう用意されています。この写真は、小さめです。



2014年02月14日

昼だけのお店 カレーライス いわまき

imageIMG_7923
IMG_7685

昼だけのカレー屋

マウンテンマウスさんから、大門で昼だけのカレーがあるという話を聞きまして、彼に電話をかけ場所を確認したところ、金剛苑の通りということです。 カレーのノボリがあるということで、それを探します。 
お、ありました。ありました。 なかなかレアなところにありまして、その風情に、ちと入るのがためらってしまいますが、そこは「男は愛嬌」でして、ドアを開けてみます。

■函館市松風町16−9
■営業時間 11:00〜14:00まで
■不定休
地図は、こちらです


案の定、なかなかなところでして、店内は、ちょっと怪しげな暗さでして上からの電気が独特の雰囲気を醸し出しています。バーであることが伝わってきます。 image
IMG_7627
イメージでいえば、昭和のレトロな場末のバーにトリップしたような感じなのです。まさにこれは、非日常の雰囲気です。すぐ目の前のカウンターに腰をおろします。
IMG_7618
近くにあるアラジンタイプの石油ストーブの炎は、外から入る光と合成され妙に青白くなって、この光景のアクセントとなっているかのようです。 いいじゃないですか〜。
IMG_7620 
すると、スキンヘッドのご主人、「瀧澤さんでお会いしますね」という挨拶でして、オヤジ、これにはビックリでした。この「瀧澤さん」という言葉で打ち解けてまして、話をさせていただきました。
瀧澤商店さんがとりもつ縁、ありがたいものです。瀧澤さん感謝です。    

では、さっそくカレーを注文します。

すると、ドアが開き同類項のような背広姿のサラリーマンが入ってきました。
注文は、ごはんの大盛りを頼んでいまして、初めての客ではないことを知ります。
このサラリーマン氏、なかなかコアな方です。(^^)

そうそう、ここのお店、大門に詳しい方でも知らないかもというお店ですヨ。
image  IMG_7661 IMG_7949

甘くて辛いカレー

店内では、ご主人が料理をして香ばしいカレーの臭いが立ち込めてきます。
作っている様子は、うかがい知るとこはできませんは、カーテンの奥で調理をしています。
待つことしばし、オヤジ、ノーマルなライスの量でして、このような感じです。
IMG_7677 





カレーは、マイルドな味で、甘いんだけど、けっこう辛いんです。
付け合せは、にんじんかなーと思ったのですが、福神漬けのような感じでした。
カレーの上には、ナッツのようなものもありました。


 IMG_7626
このカーテンの奥で調理をしていました。
そうそう、夜は違う方が、バーを営んでいるそうです。
マウンテンマウスさん、情報ありがとうございました。ご主人、今度、瀧澤さんでよろしくお願いします。(^^) 
IMG_7938 
メニューです。各写真はクリックすると拡大します。IMG_7708

サラリーマン氏に話かける

先のいたサラリーマン氏と帰りが一緒でして話しかけたところ、なんとオヤジがお世話いただいている方と同じ課だっとそうです。
いやー、びっくりしました。
そこでヤボなことを聞いてみます。

オヤジ 「なんで、ここのお店を知ったのですか〜?」

サラリーマン氏 「たまたま通りかかって、ノボリを見てわかって、後日、行ってみたんです。」

オヤジ 「入る時、ビビりませんでしたか?」

サラリーマン氏 「既に先客が二人いて、まったく大丈夫でした。」

でもって、知人の話になりまして、WY*さん、くしゃみなさったと思います。(笑)

いやー、世の中、狭いもんです。
IMG_7703 
お店の近くには、郵便局、そして右手には、自由市場です。

あなたの知らない大門、行かれて見てください〜。レアなお店ですよ。 




下記の検索に、お店や住所を入れてみてください。
記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
Profile
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)