ランチ

2015年03月08日

オステリア ファルコーネの1000円ランチはお得!

image

IMG_6813
久々に鍛治にあるOSTERIA FALCONE  (オステリア ファルコーネ)です。

■函館市鍛冶1-33-1   ■電話 0138-56-2626       ■定休 月曜・第2日曜   ■地図はこちらです  

場所は、鍛治のすし丸の隣でして、ハセスト中道店、コープさっぽろ鍛治店の近くです。

以前、ここのランチを食べて満足していたのです。
さて、今回は、どのようになっているのか楽しみです。
IMG_6986
ランチは、かわいいおねえさんが抜けてからやっていなくて、1500円で営業していると聞いていまして、さらに最近は、1000円ランチを始めたという情報です。
IMG_6988
駐車場は、裏手のほうでして、こちらの回転寿司の裏手でもあります。
IMG_6819
メニューを見てみます。
IMG_6826
店内に入ると、とってもいい香りがしまして、思わず腹がなります。
メニューを見てみると1000円、1670円、2879円のメニューがありまして、1000円のコースを注文します。

IMG_6833
”デル ジョルノ”という1000円コースは、サラダ、フォカッチャ、パスタ、デザート、コーヒーという内容です。
最近、この手のメニューが並んだ場合には、1200円〜1300円、場所によっては1500円ということがありますので、なかなか意欲的な価格設定です。
この1000円モデルは、ESさんが代表的だと思っています。(^^) image2
IMG_6842
最初にサラダですが、まず、これに驚きます。
大きな皿に出てきまして、いっぱいのボリュームなんでして、種類も多く手間をかけていまして、これを見るなり、「え〜 これで1000円で大丈夫なんだろうか?」と思ってしまうほどです。
image 
それで中身を見てみると、 オリーブ、そしてこの白いものは大麦、トマト、そしてキューリは小さく角切にしていまして、いろんな種類が入っているのでして見て味わうのも楽しいものです。
オヤジ、しっかりとワッチしています。笑 それにしても、このサラダやるな〜
IMG_6865
フォカッチャ(自家製パン)でして、もちろん暖かいものです。
image 
IMG_6877

豚を香草でマリネしてローストしているそうでキャベツを入れたのだそうです。
ポルケッタというそうでして、ググってみると北イタリアの家庭料理のようです。

image
麺はブロンズなので、表面に細かい凹凸がついていますのでソースがよく絡むのです。
よく、もさもさしているとかいう方もいらっしゃるのですが、これはそういうパスタ麺なのですので、これを楽しみましょう。

IMG_6941
デザートは、シェフが作ったものでして、この中から一個を選びます。
説明を書いてありますので、これも読むとより楽しめると思います。

IMG_6954
こちらが、コーヒーとデザートでして、コーヒーは、薄めでして普通です。(^^)
デザートは、おいしいく女性の皆さんは、喜びそうです。
imageIMG_6883
こんな感じの料理です。サラダの大きさは伝わるでしょうか。
この写真を撮るために、サラダ食べないでいたのです。(^^)

image

IMG_6886 
トマトソースは、3〜4時間かけてトマトを煮込んでいるそうでして、モッツァレラチーズを絡めています。

image

麺は、同じくブロンズでして、よくソースと絡みます。
IMG_6924
シェアーして食べます。一度で二度おいしいのです。(^^)IMG_6957
紅茶、コーヒー、そしてデザートです。
ここの1000円のコース、とってもお得でしてオススメです。(^^)

image1
imageIMG_6828
店内です。IMG_6943
奥のほうにも席があります。
IMG_6830
窓側には、ワインボトルが置いてあり値段がついていまして、けっこうリーズナブルです。
IMG_6965
天井のこちらのスピーカーからは、聞いたことのない言語で音楽が流れており、何かな〜と思ったのですがイタリアの放送が流れていました。さすがです。(^^) ここの店主さん、北イタリアで料理の勉強をしていたそうです。imageimage
メニューはじめ、各写真はクリックすると拡大します。

IMG_6950
ディナーは、3000円からコースがあるそうです。 グラスワインは、390円〜とリーズナブルです。
IMG_6824
メニューはじめ各写真は、クリックすると拡大します。IMG_6827
パスタメニューです。    



大きな地図は、こちらです


2015年03月06日

味菜工房のランチ

image2

IMG_6771 
今日は、コルツでの満月のワインバーでしたが、八雲からの帰りが遅くて残念ながら行けずでした。 行かれた皆さん、いいですね〜(^^)
IMG_6772
さて、アップがとっても遅くなりましたが、今日は八雲の味菜工房のランチです。
ここは、農家の方が経営していて野菜がいっぱいのお店なんです。

■八雲町立岩101-4 宮田農園内
■電話 0137-63-3390
■地図は、こちらです

駐車場は、お店の前に停めました。


場所ですが、町から少し外れていまして、少々わかりにくいと思いますので案内を入れておきます。
image

お店は、農家さんの住宅の横にありまして、倉庫のようなところを改装しています。
向かいには、ニワトリ小屋がありまして、元気のいい鳴き声が聞こえてきます。
これは住宅地では、なかなか聞けませんので久々に聞くと、いいコーラスのように思えてしまいます。
これもまたいい風景です。 
IMG_6779
お店は、こちらの宮田農園さんの敷地にあります。


八雲の六次産業のアンテナショップ?

さて、ここのお店は、八雲での六次農業という姿をとっても感じまして、ある意味、八雲においての六次産業のアンテナショップかもしれません。 
そういう意味では、こちらのお店の取り組みはとっても意義のあるものでして、是非ともがんばっていただきたいと思うでありました。

この日は、おにぎりセットとカレーセットの2種類があるそうでして、さっそく注文してみました。
imageIMG_6715
できました〜。こちらがオヤジが注文したカレーセットです。
値段はなんとワンコインなのです。   
 セットは、カレー、具だくさんの味噌汁、シフォンケーキ、コーヒーといった内容です。
image logo1
さて、カレーですが見てください〜
このゴロンゴロンとしたジャガイモ、そして他の野菜がいっぱいでして、さすが農家さんの経営されているお店だと感心します。

肉は、なにか見たことのない形でして鶏肉かな〜と思って食べてみると、なんとこれが、すんごい柔い感触でして、んむむ、なんだべと、もう一口たべると、これがホタテのフォワグラこと、コッコだったのです。いや〜、これはビックリしました。
ホタテカレーは食べたことはあるのですが、コッコは初めての味でした。 (^^)
ライスは、よく見ると穀米のようなんです。これまたいいもんです。
ルーは、スパイシーという感じではなく家庭的な味付けです。
image
そして、こちらの具たくさんの味噌汁でして、もうあふれるくらいの野菜でして、種類もすごいのです。いいですね〜 コレ!
IMG_6745
そして、シフォンケーキはやわらかいんです。これに、コーヒーがついてきて 500円でして、 これは、ホント信じられないCPなんです。
コーヒーは、付録のような味かなと思ったのですが、なんのなんの、これがしっかりしたコーヒーなんです。 これまたポイント高しです。
image1121
この内容でワンコインというのは、すごいのです。
イメージは、レストランのグルメなカレーとは違って、農家の家におじゃまして、野菜いっぱいのカレーをおよばれしたという感じといえばいいのでしょうか。こういうカレーもいいもんです。(^^)
imageIMG_6722

こちらは、おにぎりセット 同じく500円です。
穀米のおにぎりは、海苔のあんばいから今つくったのだということが伝わってきまして、つくりおきではないのがわかります。
IMG_6755
これに、具たくさんの味噌汁、たぶん、自家製と思われる漬物、ひじきの煮物、シフォンケーキ、そしてコーヒーです。これまた超CPです。
いいですね〜
imagesIMG_6744
お店は、オーナーさんの女性ひとりでまかなっていまして、忙しくなるとたいへんそうです。
店内は、音楽ではなくテレビがかかっています。右上
IMG_6758
隣のコーナーでは、このようなテーブルもあります。
IMG_6760

店内では、パン、ケーキ、あずき、ピクルス、塩、アクセサリーなど販売されています。
各写真は、クリックすると拡大します。
IMG_6704
壁に貼られていまして、ドリアセット、いっぷくセットなどもあるようですが日替わりのようです。

image
熊彫り発祥の地、八雲らしく熊もいます。そうそう登別とかでなく八雲が発祥の地なんです。
IMG_6691 
玄関のほうにも、このような販売スペースがありまして、ここのお店、様々な方々が関わっているんだな〜と推測できます。
IMG_6776
帰りに、桜餅を買っていこうと思ったのですが、先に来た地元の愛想のいいおねえさんに買われてしまいました。残念! (^^) てなことでシフォンケーキ 一個 なんと150円でした。

大きな地図は、こちらです。



下記の検索に、お店や住所を入れてみてください。
記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
Profile
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)