将来の夢は常識人。

趣味色々や日常にあった出来事やらを書いていくだけの本当に日記的ななにか

一週間後に来てください。本当に僕が詰んでいる瞬間を見せてやりますよ。

テストが3週間前らしい。そう聞いたのは制御科の1~2年の範囲を勉強し終わってないのに関わらず、電子回路の授業は進むし、補修で教科書の中の全ての練習問題を課題に出されるし、レポートは想像以上につらいから前者が全く捗らないし、正直自分よりモテなさそうだと思っていた中学の同級生に彼女ができたことをLINEで知って愕然として途方にくれたある昼下がり、一行に僕の仕事が進まない自動車部の部長からそう言われたのだ。どうしてこうなったのか

もしかして自分の生活を改善するためのチャンスなのでは?

いや、余裕ないのにブログ書いちゃうのがもう手遅れでしょ~


 まぁ なんとかなるでしょ 大丈夫 (だいじょぶ だいじょぶ)
一等賞の笑顔! (ハイ! ハイ!)
なんちゃって…アリガト (いぇす!いぇす!いぇす!)
どんな時も 今日が一番 楽しい日


ならない

終わります

 

人生2回目、高専の面接

桜前線が近づいているそうで、気温も高くなってきました。厚着でジョギング又はサイクリング、散歩もしかりなのですがいざ動くと道路の温度計に驚かされます。帰りたい

また今回も転科の話ですよ

さて転科のために必要なものといえば1に成績、2に面接です。そうです面接を受けに舞鶴へ行ってきました
およそ3時間の電車旅、切符の購入や乗換えもさすがに2年も経つと手馴れたものです
綾部あたりでは高校の入学資料を持った中学生がホームの半分を占拠。「この中の女子が何人ウチに入るのかな」と思っていましたが、そういえば他の入学資料持ってるのにウチに入るわけないか、という出口を見つけるのに西舞鶴駅(およそ綾部から30分ちょっと)までかかりました

わずかな夢を見させてくれてありがとう女子中学生諸君

学校に着いた僕は食堂で「現実的な」飯を食べ、低学年時の担任に成績表を見せてもらって「(転科をするのにこれじゃ)やべえよ・・・。やべえよ・・・」と思い、しかしここで逃げちゃだめだと碇君ぐらいの心持で私は面接を受ける研究室をあたかもフォーミュラーカーのごとく向かいました。実際はチョロQ
研究室を除くと2人の教員が談笑しているのが見え「アイツ受からないだろうなあwww」「あのコミュ障じゃ無理っしょww」と勝手にアフレコを加え恐怖の海に沈んでいました

僕はノックができません。受身形の人間だからです
このとき中にいた内1人の先生が研究室から出てきたのが幸いでした。僕は幸せ者です。もう帰ってもいい

本題です
面接で聞かれたことをできるだけ書いていこうと思います。将来転科したい人に何か役に立つかもしれませんしね

1.        転科の動機

2.        大学、院に行く事は考えているか

3.        教育機関を出てどういう仕事または研究をしたいか

4.        補習しなければいけない科目があるけど大丈夫か

5.        制御の「アドミッションポリシー」を知っているか、またそれに当てはまるか

6.        今までの得意科目、不得意科目

7.        実習や専門教科において好きなことや楽しかったこと

8.        寮生活について何か問題はないか

9.        部活との両立は可能か


緊張状態だったので他に質問があったかも?全体で15分の面接でした。特に解説することはありませんね。考えていることを発言すればいいのです
私は(3)の回答に「大学、院に行ったとしてそこで自分の好きなことを学んで、学んだ事を活かして道路における渋滞緩和に役立つ何かしらに関わる仕事をしたい」と言いたかったのですが上手く伝わりませんでした。これだけが心残りでしょうか

あたふたしながらも面接が終わり「ちょっと外で待っといてくれない?」といわれ外で待つことに。まさかと思いましたがそのとおり、数分後、廊下で合格発表をされました

結果は合格でした。決まってみると何か呆気ないですね

その後、今後お世話になる新しい担任の先生に軽くガイダンスをしてもらって帰路につくことに
勉強しときなさいとは言われましたが何もしてません。ごめんなさい

行く先すでに不安ですが、転科できたのは自分の成績がたまたま良かったこと。また親の支え、たくさんの先生にお世話になったことによって可能になりました。少なくとも5人以上の人の貴重な時間を利用しました。これは特別感謝したいことです
またこの記事が今後、転科したい!という後輩の誰かの役に立ったらいいなと思います





 

転科と僕

実はこのブログでは記述していませんが転科願いを提出しました。紙切れを提出するのに悩んだ1年間、僕の人生は担任のみぞ知る世界になりました

先日とてもおぞましい夢を見ました。成績関連の夢を見たのはこれが初めてです
M科の皆さんはご存知、某Y先生の加工学の単位を落とす夢です。先生が持つあのボスキャラがプロローグに見せるような笑顔がくっきり夢に映し出されたことは今でも明確に記憶しています。
今日の午前中、低学年時の担任に成績を問い合わせをしたところ詳しい話は伺えませんでしたが2年時の単位は修得できたのこと。ここ数日の悩みが吹っ飛びましたね。最高にハイってやつ
実はというと単位落としてたら席次うんぬんでも転科できないらしいのです

安心しているのもつかの間、昼過ぎには面接の電話が来ました 
内容は至って簡単、面接の場所、日時のみでした
「あ、やっぱり面接あるのね」というのが僕の感想です。コミュ力が海抜0mの僕は面接と初対面の人が大の苦手でして春休み最大の難関に思えました
 
18日が決戦です。どうなることやら・・・結果はまた報告します(?) 

HTC J butterfly かINFOBAR A02か

IS04という2年にも渡る修行とauとの「親密な」お付き合いの末、僕にもやっと機種変の春がやってきそうです

というわけでauショップや近所のスーパーを見て気づいたのですが、J蝶とこの前発売されたA02がだいたい同じぐらいの値段で買えるんですよね
毎月割りとU25auスマホ割や商品券ゴニョゴニョ(A02は最新機種なのでそういうのが付かなかったり)で両機種とも15000円前後ぐらいになります
VEGAに関してはU25のそれでキャッシュバックされるという・・・
なんともキャリアは太っ腹というより金銭感覚を狂わす何かのようにしか見えないです

そこで考えるのがA02とJ蝶の性能の違いです。片方が片方よりも大きく勝っているならば、そちらにするのですがその2つ、一長一短で迷えます
  1. J蝶はFHD(5インチ)、A02はHD(4.7インチ)
  2. (1)の関係でRAMの2GBと1GBの差がでた
  3. 両方ともTFT液晶
  4. A02は防塵、ユーザーによるバッテリー交換が可能。またバッテリー容量がJ蝶よりも多く長持ち
  5. A02のストラップホールの存在
重量や本体のフレームの大きさはどちらもほとんど差がありません
液晶の大きさ、表示のきれいさの存在を大きくする、またRAM容量の差を考えるならばJ蝶でしょう
ところがバッテリー交換や外見の判断からもA02は捨てがたいものです
またバッテリー交換をしようと思うとA02は2500円でバッテリーを購入。J蝶に安心サポートに入っている場合、5000円で「修理」という形になるみたいです。

つまりスペック厨なお方ならJ蝶、オシャレやバッテリーを気にするお方ならA02ということになるのではないでしょうか

別の考え方としてHTC Oneが発売されるまで待つのもありですし、VEGAを買ってウフフするのも個人的にはアリです。

うーむ悩みますな。ストラップホールは別にいらないのですが、バッテリー交換の件が考えに引っかかります

ちなみに僕のIS04は修理(3ヶ月ぶり3回目)に出しており、今はLGのOptimusXを使っています。これ、いいですねー 

消えた皆勤賞とそれの行方

DSC_0027

およそ二年をまたぐ長い付き合いでした
それは土日の疲れが残る月曜の朝のこと
同室に起こされて時計を見る僕

9:30

は?

_人人人人人_
> 9時30分 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

んふーやってしまいましたね
こんな日もやってくるだろうと思って待ち構えていたもののまさか本当にやってくるとは

僕の取り柄といえば皆勤賞と強者の肩を揉み弱者には鞭を打つような世の中の食物連鎖に順応した性格だというのに皆勤賞がなくなってしまったらただの雑魚じゃん

というよりこれのおかげで2年頑張ってこれたようなものなのに今後どうしたらいいの
それにたった50分遅れたぐらいで欠席になるなんてあんまりだよっ!みんな消えていっちゃうじゃない

まあそんなネガティブなことを考えていても仕方がないので技術者見習いたるもの原因を探るべしのごとく原因を探すことに

かといって昨日の今日なので原因は探れず。一方的にREGZAPhoneのせいにすることで全て解消。(バグ機種なので本当にオススメです。実際プリインストールのアラームは鳴らないことがあるらしいので)
しばらくはまた計算機能がついたアラームを使うことに

その手のアプリ、修理前はXtreme Freeを使ってたんですね。しかし修理後からなぞの消費電力から使うことを控えることに。これも今日の要因なんです
そこで今回はスマートアラームとやらを。Xtremeよりは使いづらいけどバッテリー消費がマシなのでしばらくこれで

僕を知っている人は今後、僕が安定した登校を行えるかご期待ください。たぶん目標を失ったんでもう無理です