新築した別荘もこの春で5年目を迎えた。仕事があるのでなかなか行かれないが,それでも年間,20日くらいは滞在しているだろうか。もっと頻繁に行かなければと思っていた矢先に,昨年からのコロナ騒動だ。中国という国は,ほんとに世界の迷惑国家だと愚痴を言ったところで始まらない。
 別荘自体は,現在のところまだ大きな問題もないが,さすがに標高が高いから紫外線が強く,木材の色褪せが激しい。玄関のエントランスの格子は,イラストの様にねじれを付けて洒落た作りになっているが,3年目に一度ペイントした。しかし,最近,色褪せと鉄骨部分の錆が目立つので塗り直すことにした。玄関ドアも,ついでに塗り直しである。セランカンバツ材はデッキに使用しても20年は持つ逸材だが,綺麗な茶色からすぐに銀白色になってしまう。紫外線が強いので,ダークオーク調に塗ってしまったが,これで数年間は色が持つだろう。
picture2 IMG_1573
 別荘のエントランス    格子のペンキ塗り
IMG_0976 IMG_1569
セランカンバツ材のドアも数年経てば色褪せが激しい

 南向きのウッドデッキは,天気の良い日はお茶を飲んだり,夜はBBQをしたりとフル活用しているが,浴室前に作ったバスデッキは,湯上りのビールを飲むつもりが,この5年間で全く活用できていない。裸でも出られるように,周りからは見えないようにしてある。勿論,裸で出ることなどないわけだが,せめてタオルでも巻いて,テーブルと椅子でビールを飲めるようにしたいものだ。また,このスペースは上に庇があり,大きな梁も出ているので,ハンモックを吊るすことが可能だ。今年の目標は,このバスデッキを何とかすることである。
bath deck 2 bath deck 4 bath deck
外から見たバスデッキ 玄関からガラスで見通せる 浴室から見た様子
  セカンドハウス ブログランキングへ

  週末別荘生活 ブログランキングへ