2018年07月28日

近況、第八回てづくり舞台『長い、会い直し』からの『いなくなった猫の話』そして9月の劇団公演

やべーっすね7月終わるんですね。
台風が何だか凄まじい勢いでうねりながら日本海に抜けようとしているようで。
各所に被害が少ないことを祈っております。
祈るくらいしかできなくてすいません。

さて、上演台本と演出指導を担いました、第八回市民参加のてづくり舞台『長い、会い直し〜會長幾星霜〜』@會津風雅堂が無事終演しまして、単身赴任を終え帰京、息つく暇もなく、Zu々プロデュース『いなくなった猫の話』@Performing Gallery & Cafe 絵空箱の稽古に突入、こちらも間もなく初日を迎えようとしております。

地元会津での『長い、会い直し〜會長幾星霜〜』では、自身の活動について、作劇について、本当に色々と考えさせられ、今までを振り返り、これからを見据えるとても良い機会になりました。
演出の二瓶悟史くん(高校の後輩 笑)をはじめ、ご参加くださった皆様、ご来場くださった皆様、あと演技指導の小暮智美(青年座 どうも!)、風雅堂スタッフの面々そして誰よりも山宮勇くん!(高校の同級生 涙)、本当にありがとうございました。
昨年秋のキックオフから、まあ本当に色々、色々(笑)、ありまして、複雑な状況、複雑な心境となったこともありましたが、最終的にはほんっとうに美味しいお酒が呑めました。
参加させていただき、ありがとうございました!!

稽古中、出演している俳優さんから「プロの俳優さん相手と会津の俳優たち相手とで、演出するときの言い方変えてるんですか?」と問われまして。「言ってることは変わりません。極論すると『ちゃんと人間でいよう』ってこと、それだけです」と答えてました。いや本当にそうで。シンプルに、人間として素直に、無理せず存在すれば、それだけで十分面白くなる、そういう台本になっている、まずはそれを楽しみましょう、みたいなことばっかり言っていたような気がする。そういう風にいさせて貰えた(つまり共通言語を持てていた、のかもしれない)ということが何より嬉しかったですね。東京も会津もプロもアマチュアも関係ないですよ。面白い芝居創ること、良い芝居すること、より素敵に見せること、お客さんに喜んで貰うこと。根っこは一緒です。
ここ数年の自身の劇団活動で何かしら歪んでしまっていた部分に、一本筋通されたような気持になりました気持ちよかった!笑

ただ、残念ながらこの市民てづくり舞台、三年に一回だそうで・・・。
本気で市民とともに演劇を楽しんでいくとしたら、まだまだ改善の余地はあるよなあとアイディアがどんどん湧き出てきてそれをちゃんと話す前に帰京せざるを得なかったのは悔しいところ。時間見付けて色々訴えてみます。少なくとも、公演規模を小さくしてでも、毎年の定例にした方が良いんじゃなかろうか、とか。上演作品は公募しちゃいかんとも思いますね。せめて会津で活動している劇団の劇作家の方の作品を上演するとかじゃないと。まあその辺はお上の意向などもあるのでしょうから、今後どうなるかは分かりませんが、ずっと続いてくれることを祈ります。そしてまたお手伝いできることを切望しております。


そしてここ数日、殺人的な暑さの中、朦朧としながら稽古場に向かい、エアコンの効きに感動しながら稽古していると、二人芝居ゆえの濃密さに朦朧としてくるという、心身ともに疲弊する日々を過ごしておりますなんて良いんだこのせかい。
Zu々プロデュース 森奈津子芸術劇場『いなくなった猫の話』の初日間近です。
彩さんと相馬が、まあ、ビッシビシ詰めてきてくれるので、稽古が早い早い。
その早さの分、倍速で疲弊していく(笑)
普段なら稽古時間をオーバーして俳優さんの事務所に怒られがちな古川ですが、
今回ばかりは、一度もオーバーしてません!
その前に相馬か彩さんか古川の脳がパンクするから(笑)
チケット残部少ないかもしれませんが、そして決してお求めやすい価格ではありませんが、お時間ありましたらぜひぜひお越しくださいませ。
公式サイト ⇒ http://www.zuu24.com/gone_cat/



最後に。
9月末、箱庭円舞曲、公演やります。
7月末のタイミングでお恥ずかしながら全情報確定はできていないのですが、代わりに、逆手にとって、リアルタイムに情報バンバン出していきたいと考えています。
チラシも紙媒体は作らないかもしれない(良いのかなちょっと不安だけどやってみないことには分からないからな・・・)。

父の話です。
自分の父の、じゃなくて、「父」の話。
あの人、や、あの人、の出演が内定しています。
また報告します。

ではでは。

hakoniwa_enbukyoku at 21:24│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote  

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔