【米子】地域包括支援センター博愛苑のブログ

米子市の地域包括支援センター 博愛苑のブログです。 地域の方との関わりなど、日々の活動をアップしていきます。

 2021年の中秋の名月は、9月21日。

今年は8年ぶりに満月と重なり、最も月が満ちた状態の名月を観ることができます。

昨日は9月21日、我が家でも8年ぶりとのことで期待に胸膨らませながら、家族で夜に外に出てみました

少し雲がかかったような感じではありましたが、煌々と輝く満月が確認できました

子供達も満月をまともに見たのは初めてなのか大喜びでした

「中秋の名月」とは、旧暦の8月15日の夜に見られる月の事で、十五夜という呼び名でもおなじみです。お月見の習わしは平安時代の貴族たちの間で広まったとされており、庶民にも伝わったのは江戸時代に入ってからのことです。秋の農作物の豊かな実りの象徴として満月を眺め、お供えをしながら収穫の感謝や祈りを捧げる風習へと変化していったと言われています。

なぜ秋の月は一年で最も美しいのでしょうか

満月は、夏には低空に、冬は高い位置に戻りますが、春と秋の満月は見上げるのにちょうどよい高さに月が浮かびます。さらに春と秋とを比べると「秋晴れ」という言葉があるように、空気が澄み渡るのは秋。気温が下がり、空気中の水蒸気も減るので、月が際立って美しく見えるそうです。

その為、秋が月見のシーズンとなったとも言われていますが、秋の訪れに歓喜するように鳴く虫の音色もまた、名月の優美さを演出してくれているように感じます。

ただ、満月の日は頭痛・眩暈・むくみなど体調に様々な影響が出やすいと言われています。
また、精神的にもイライラし、注意力が散漫になり、交通事故が多いというデータもあるそうです。

秋は夏の疲れも出やすくなります。
外の景色を見て気分転換したり、身体を休めることも大切です。
個々にあったリフレッシュ法を見つけ、快適に過ごして頂けたらと思います



 令和3年度自殺予防週間が9/10~16まで始まる。

 新型コロナウィルスの感染拡大に歯止めがかからない中、子供たちの自殺がこれまでにない増え方をみせている。その背景には、在宅勤務などで、自宅にいる時間が長くなった親の仕事を邪魔しないように気を使ったり、経済的不安などで、ストレスを抱える親に干渉、叱責される。長期間にわたる休校に加え、登校再開後も文化祭や修学旅行といった行事が中止・延期となり、感染防止の為人との距離を十分にとるように求められたこともあって、教員や友達に悩みを相談しづらくなった。このため、家庭と学校で居場所がなくなり、追い詰められている恐れがあるという。

 子供の自殺が急増する夏休み明け前に、些細な変化も見逃さないことが重要である。

 その中で、介護の現場でも問題となっている、“ヤングケアラー問題”にも注目したい。

 ヤングケアラーとは、「幼き介護者」といい、大人が担うケア責任を引き受け、家事や家族の世話、介護などを行っている18歳未満の子供を言う。その陰には、貧困問題もある。家庭内の介護状況はプライバシーもある為、他人に話すことをためらったり、幼い時から家事や家族の世話をしている子供にとっては当たり前の生活で、自分が「ヤングケアラー」と気づいていないケースもある。状況が表面化しにくく、それを嘆くことさえ、罪悪感を覚えてしまう環境もあり、本人からはSOSを発しにくく、問題はより深刻である。

 そのため、本人からのSOSが重要になる。打ち明けられず孤立するヤングケアラー。周囲と繋がり、安心して過ごせる家以外の居場所が求められている。
     
   ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
 
 SNSなどで、子供がアクセスしやすい相談窓口を増やし、夏休み明け、問題の早期発見に向けて、家庭と学校で子供の日常に目配りたい。

 また、“ヤングケアラー問題”に対して、地域のケアマネージャーや相談支援専門員、医療ソーシャルワーカー、スクールソーシャルワーカーといった各分野の専門職への“ヤングケアラー”の研修や正しい理解の啓発が求められ、包括支援センターとしても、今後、介護支援事業所への啓発、他機関と連携を図り、早期発見、問題解決に尽力していきたい。
 
 求められている支援は、子供だけでなく、世帯全体への支援である。

 次年度より、米子市も重層的支援体制事業がスタートする。本人の同意を得たケースは勿論のこと、本人の同意がない場合にも、情報共有に基づく支援の検討等が可能となる。自ら支援に繋がることが難しい人の場合にも、継続的な伴奏支援により、本人に寄り添い、支援する体制を構築していくことになる。“支援が届いていない人に支援を届ける”を肝に置き、丁寧に本人との信頼関係を構築していきたいと考える今日この頃である。

オリンピックが始まった。

それまでは、コロナ禍にあって、あまりオリンピックに興味がなかった。ないと思っていたのにも関わらず、時間がくるとなぜか早々と、諸々片づけて、テレビの前に座っていた。

開会式は盛りだくさんで、終わったのは、夜1145分。式典に参加していた長嶋茂雄さんや、東北の子供たちに、本当にご苦労様でしたと伝えたい。

 

コロナ禍で無観客。異例続きの開催となった。

日本ではじめて、オリンピックが開催されたときは、まだ私も子供だった。東洋の魔女と言われた女子バレーのブームを受けて、私らの年代は、バレー部に入った人が多い。あれから何十年経ち、プロジェクションマッピング・CGとか、ドローンとか、文明の利器は多様化し、技術も進んだ。

また東京オリンピック・パラリンピックの大会ビジョンは、「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」の3つを基本のコンセプトとして、世界にポジティブな改革をもたらす大会にするとされている。

 

つくづくスポーツの力は凄いと思う。スポーツを見ると感動して、人間ドラマに涙する。

卓球、混合ダブルスの準々決勝は凄かった。水谷さんと伊藤さん、頑張った。

また、一方メジャーリーグの大谷翔平さんも、復活の予感あり、とても楽しみである。

 

大谷翔平さんの目標達成シートは、テレビでもとりあげられていた。介護予防の目標設定に活用できるかもしれない。また、今、包括の目指している共生社会の実現や、介護の三原則(尊厳の重視、自立支援、自己決定の尊重)は、オリンピックにも通じているのではないかとか、いろいろリンクさせて考えたりする。

 

フレイル予防も、「全員が自己ベスト」に繋がる。変えることのできる自分について、もっとまじめに、いい方向への行動変容を、自分で模索してみよう、やってみようと、推奨されている。身近には、食事、おでかけ、清潔、会話、書く事等、行動を意識して、改善してみるのはどうだろうか。

 

できるかもしれないと思えることは、やってみる価値がある。大谷翔平さんも、不可能といわれていたことを可能にした。素直と真面目と感謝が、大谷翔平さんの武器かもしれないとか、妄想するこの頃である。(今、私の推しは、大谷 翔平さん。推しがあると、20年長生きするらしい・・。)

 

このページのトップヘ