今回のギャオス滞在は、10日
それにしても、子供時間と大人時間って同じ時間が流れてるのかしら
かなりの息切れ状態ですわ

ふろくのが多いぞっ

次女のお友達と付録三匹


少し前は、お嬢や坊ちゃんらもこの中にいて
その他の付き添いの子供らもいて
部屋が酸欠になるんじゃないかと心配するぐらいの
でっかい人間、
ちゅうくらい人間
ちっこい人間と
多種多様にうじゃうじゃいたんだけど

あれは、きっと幻だと思う。
それとも、妄想の世界だったのかしら
“酸欠の心配しなくなって、良かったね”と
夫と話すけれど
寂しいような、もう相手できないやとかの気持ちとが
グチャグチャになってくる

アンちゃんは、そんな賑やかな部屋の隅で
元気な子供らの様子を眺めるのが好きだったんだけど
今では、子供らに踏まれるような邪魔な場所で爆睡してる

パンチ君は、沢山遊んでもらってるんだか
遊んであげてるんだか
ギャオスが寝静まる夜になると
犬のくせに、ため息混じりで疲れ果てて寝ている

捕獲されたオセロは、
今年の夏も、大怪我も、家の中の賑やかさも
すべてが初体験。
というより、自分の成長も初体験
日々・・・毎夜というのが正しいのかもしれない
昼間は、あまりの暑さにエアコンの部屋の隅で
籠に入れられた状態で
あられもない格好で、爆睡してるのだけど
涼しくなった夜は、一晩中
首の鈴が鳴り響くほどの活発ぶり

ここ2,3日は、昼間のエアコンも要らないぐらいに涼しいので
オセロは、殆ど寝ずに
自分の成長を楽しんでいるようです

くんくんくん

とうとう私の背中に
よじのぼることが出来ました


なるだけ爪を立てないようによじ登っては
私の匂いを嗅いだり
髪の毛を食べてみたり





猫の甘噛み時期があるなんて
知らなかったですわ。私


まだ、乳歯だって言われたもんね。
きっと、歯がむず痒いのかもしれないわ


威張ってる中


上に上ったり
下に落ちようとしたり
私の背中で、バタバタとしてます。


私のは肉つきのよい背中かもしれないけど
遊べるほど広いのかしらん。

改めてみると
私の後ろ姿って、本当にボロボロのヨレヨレなのねっ
若者パワーに圧倒されっぱなしということにしましょ