白泥物語 オールインワンジェルのレビュー

白泥物語オールインワンゲルのレビューを公開しています。美白や保湿効果に関心がある方必見のレビューですよ。

スキンケアの所要時間 わずか3分!

白泥物語に限らずのことですが、最近はスキンケアも短時間で済ませる方が多いみたいです。かくいう私もなんとスキンケアにかける時間はわずか3分です。洗顔後にオールインワンジェルをお顔全体に塗るだけだから、どんなに時間がかかっても5分はかからない。

私が時短にこだわるのは、面倒くさいとか美容液やローションを買うお金をケチりたいという理由ではありせん。個人的にスキンケアにかける予算は上限を少し超えるくらいならお金をかけても構わないとも思ってます。時短にこだわる理由はあくまで効率的なスキンケアを考えた時、洗顔後から時間をかけずにオールインワンジェルで一気に保湿を施したほうがいいと思うからです。

特に寒い季節になると洗顔時にお湯を使うことが多い。お湯を使うと肌が水分を蒸発しやすい状況になり、放置する時間が長ければ長いほど肌の乾燥が助長される。そんな状況を防ぐには、化粧水や美容液を順番に使っている暇はないし、オールインワンジェルなら肌の水分が蒸発する前に対処できると思うのですね。

白泥物語のオールインワンジェルを使えば、スキンケアにかける基本的な行程を一度で済ませることができます。化粧水・美容液・乳液が持つ作用を一度の行程で済ませることができるのですから、それだけ肌の保湿をキープ、もしくは増進できる可能性も高まるのではないでしょうか。

わずか3分という短かさですが、理想を言えば保湿の必要がなくなる洗顔料が開発されればいいのに・・・と思いますがね。まぁあくまで理想であり、洗顔という作業自体が潤いの元でもある皮脂を落とす行為そのものなので、無理があるとは思いますが・・・。

オールインワンジェルの浸透性

今日は久しぶりに、レビュー記事を公開しておきます。

白泥物語のオールインワンジェルは塗った後にす~っと肌に馴染むのが良い感じです。最近のスキンケア化粧品の保湿対策としてオールインワンジェルが使われているケースは多くなってますが、中には浸透性が悪くて肌がベタベタ・・・なんてことになる商品もありますよね。でも、白泥物語のオールインワンジェルなら、肌がややテカるぐらい塗っても数分後にはサラッとしている。この感覚は浸透性に優れているということだと思います。

オールインワンジェルの醍醐味はなんといっても美容成分を凝縮した形で配合されていることでしょう。従来のスキンケアでは洗顔後に化粧水、美容液、乳液といった順番でそれぞれのアイテムに配合されている美容成分を肌に送り込むことをしてきたわけですが、オールインワンジェルなら一度でそれができる。

でもここで一つの疑問があります。それは一度で美容成分を浸透させても大丈夫なのか・・・ということです。本来なら化粧水でベースとなる成分を、次いで美容液で別の成分を補完し、最後に乳液で先ほど浸透させた成分を閉じ込める。というのが従来のスキンケアの基本的な順序でした。

その疑問に関しても、美容成分が浸透しやすい形に縮小されていれば、同時に浸透させても問題ないみたいですね。もちろん成分同士で拮抗するものがあれば話は別でしょうが、白泥物語のオールインワンジェルに関してはそのような問題はないみたいです。

皮脂の過剰分泌

洗顔石鹸の種類によっては、洗った後にお顔がサッパリするものがあります。サッパリ感は確かに汚れが落ちて綺麗になった感覚になりますが、場合によっては注意が必要です。なぜなら、皮膚を保護するために必要な皮脂までもが除去されてしまっている可能性があるからです。※白泥物語の洗顔石鹸ならそんな心配は無いみたいです。オールインワンジェルもセットで使えば尚更肌の乾燥は起きにくいですね。

皮膚を覆っている皮脂は適度な分泌量であれば、空気に漂う外敵から肌を護るためのバリアとして働きます。そんな大切なバリアとなる皮脂まで落としてしまうと、何らかの肌トラブルを引き起こす可能性も高まります。

そこで大切なのが、洗顔料選び。白泥物語のようなクレイ(泥)を原料にしているものは、適度に皮脂を残しながら汚れを落とすことができるそうで、美容に詳しい方も洗顔後でも肌のしっとり感で、それを認めているように思います。脂性肌タイプの方ならオールインワンジェルを使うまでもなく、しっとり感を保っていられるのではないでしょうか。
※肌の水分量を維持するためにも、なるべくオールインワンジェルなどの保湿は必要だと思いますが・・・。

実際私も白泥物語を使うまえは非常に強力な洗浄力が売りの洗顔石鹸を使っていました。このタイプの洗顔料を使って肌を保護するのに必要な皮脂まで取り除いてしまった場合、皮膚は早くバリアを修復しなければと、急速に皮脂を分泌させ、結果的に過剰に分泌されてしまうことになります。

そうなると、適度な範囲を超えた皮脂が毛穴に詰まり、黒ずみやボツボツとした目立つ毛穴になるリスクが高まるのですね。

皮脂の過剰分泌は食習慣が原因といわれていますが、実は洗顔料の洗浄力にも問題があったのですね。毛穴トラブルを予防するためにも、なるべく早めに白泥物語などの泥を原材料にしている洗顔料、もしくは同じ作用をもったものを選ぶようにしたほうが良さそうですね。洗顔後はオールインワンジェルでの保湿も忘れずに施しておきましょう。←大事なことですよ。

シムホワイトの効果を解説

白泥物語のオールインワンジェルには美白効果が期待できる成分としてシムホワイトが配合されています。シムホワイトは最近コスメの世界でも話題になっている成分で、よくハイドロキノンと比較されることが多いようですね。

シムホワイトとハイドロキノンを比べた場合、美白効果の期待値はハイドロキノンのほうが上だと言われています。しかし濃度が高くなればなるほど肌への負担も大きくなり、結局はスキンケアの概念から逸脱してしまうことも懸念材料として挙げられています。それに対し、シムホワイトは、メラニンの生成に関係しているチロシナーゼ酵素を抑制する作用により、自然な形での美白効果が期待できるそうです。

ちなみに、シムホワイトは白泥物語の洗顔料とオールインワンジェルの両方に含まれているので、セットで使うと良い効果が期待できるかもしれません。実際、白泥物語フリークの読者モデルのなかには、クレンジングでメイクを落とした後は、洗顔料とオールインワンジェルだけで基本的なスキンケアを終えている方も多いようです。

私も今では両方のアイテムだけをスキンケアの基本としています。以前は他メーカの洗顔石鹸を使った後に化粧水を塗布し、美容液を刷り込み、乳液で美肌成分を肌の内部に閉じ込める、という一般的な方法でお肌のお手入れをしていましたが、洗顔料とオールインワンジェルのみの超シンプルケアに切り替えてからは時短ケアにもなるし、肌の調子もよくなるので、かなり気に入っています。

シムホワイトの効果が実感できるまでは時間がかかるかもしれませんが、使った後の保湿感は気に入っているので、長に続けたいと思います。

寒い季節でも役立ちそうですよ。

寒い季節はどこも空気が乾燥しやすいものですが、お肌にとって大敵なのはむしろエアコンによる部屋の乾燥。エアコンを利かせていると、外よりも湿度が低くなり、それにともなって肌が乾燥しやすくなるのだそうです。そんな弊害から肌を護るためにも、白泥物語のオールインワンジェルをやや濃い目に使って潤いを保ちましょう。

私の住居は長野県ですから、この時期非常に寒くなる。暖房なしでは身体が冷えて生活に支障がでるため、この時期石油ストーブや場合によってはエアコンの暖房モードに頼ることにもなります。そうなると部屋は乾燥し、肌がカサカサの状態になりやすい。でも、最近はそんな生活をしつつも、肌の保湿感がある程度保たれた状態を維持できています。

これも白泥物語のオールインワンジェルのおかげなのかも、と勝手に思うようにしています。ちなみに、肌の潤いをキープするというよりも、むしろ肌の乾燥を防ぐ目的という側面が強いですね。

やはり保湿力が高めのスキンケア化粧品は、寒い地域に住む方には必須ですね。

基本的に市販されていたり、テレビCMで宣伝されているような一般向けのオールインワンジェルは、ここ長野県では通用しませんね。オールインワンジェルを塗った1時間後には肌にカサカサ感が出てきます。最悪の場合、粉ふき肌にまで悪化してしまうケースも多いのですよ。

群馬県や岐阜県でも私が住む長野県と同じくらい寒いはず。お肌の状態は大丈夫ですか?保湿で潤いを維持できていれば、乾燥によるトラブルの多くを未然に防ぐことができます。もし、今まで肌の潤いをキープできたことがない、という方は今一度、白泥物語のシリーズと同等レベルの保湿力が期待できるオールインワンジェルを探してみることをお奨めします。

洗顔石鹸と使うと相性バツグン

これまでは白泥物語のオールインワンジェルだけを使っていましたが、洗顔石鹸も同じブランドに統一させてみました。きっかけはスキンケアに詳しそうなブロガーさんの記事を読んだことです。どのメーカーもお肌の状態を最適化させることを目指してそれぞれの成分やアイテムの働きを考えてシリーズ化しているからだそうですよ。

というわけで、白泥物語の洗顔石鹸とオールインワンジェルを同時に使った場合の肌の状態をレビューしていきますね。洗顔石鹸だけ、もしくはオールインワンジェルの一方だけを使っている方は是非参考にしてくださいまし。

洗顔石鹸のほうは、泥を使ったものでいわゆるクレイ洗顔ですね。一般的にこのタイプは洗顔後にしっとり感が残ります。白泥物語の洗顔石鹸も使った後の保湿感はなかなかのもの。洗顔後数分間放置しておいても、さほど肌がつっぱる感じはでません。ただし、元々乾燥肌の方はなるべく早く同じシリーズのオールインワンジェルで肌に潤い成分を与える必要がありそうですね。

次に同じシリーズのオールインワンジェルを使います。保湿力がなかなか強めなので肌に塗る量を抑える方がいますが、ここは肌がテカるくらいしっかりと塗りこむと良いみたいです。←この情報、日曜日の朝7時に放送中の「健康カプセル!ゲンキの時間」でスキンケアの専門家の方が言ってました。
乾燥肌に悩む方はジェルやクリームを塗る量が足りないのだそうですよ。

さて、白泥物語の洗顔後とオールインワンジェルはペアで使う事で、最大限の効果を期待することができそうです。私もしばらくは2つのアイテムを継続的に使ってみて、その結果を再びレビューとして更新したいと思います。

美白効果をレビュー

今回は白泥物語のオールインワンジェルに期待できる美白効果をレビューしますね。お肌を白く、といえばハイドロキノン配合のスキンケア化粧品を想像する方も多いと思うけど、実はこのオールインワンジェルに配合されているのは『シムホワイト377』。

是非、私のレビューを他の美白化粧品との比較や、購入判断の基準として参考にしてもらえればと思います。では、前置きはこのくらいにして、早速本題へと参りましょう。

冒頭では美白成分としてシムホワイトを挙げました。この成分はドクターズコスメに配合される事が多いハイドロキノンとは違い低刺激でかつ、安全性にも優れているとのこと。実際私のレビューとしても肌に白泥物語のオールインワンジェルを塗った後には刺激を感じるような事はありませんでした。

さて、肝心の美白効果ですが、こればかりは数ヶ月間は白泥物語のオールインワンジェルを塗り続けなければ肌が白くなるかわかりません。多分ほかの方のレビューでもそうだと思う。もし『わずか数日で肌が白くなった』なんて感想があればそれは嘘かも・・。

ただ、数週間程度の期間内なら、肌がワントーン以上は明るくなっている感はありますね。おそらくシムホワイト377によるチロシナーゼ酵素の抑制効果が発揮されているのかも・・・、なんて思っています。ちなみに、この成分、メラニン色素を薄くする漂白作用や抗酸化作用も持ち合わせているそうですよ。

さて、白泥物語のオールインワンジェルを使いつづけた私のレビューは如何でしたか?ちょっと説明が難しい部分もあるかもしれませんが、美白効果が期待できるシムホワイト377は今注目されている成分だそうですよ。

>>美白効果が期待できる白泥物語のオールインワンジェル

肌なじみ感をレビュー

白泥物語のオールインワンジェルは“肌なじみが良い”と公式サイトで紹介されています。そこで、今回は管理人である私が実際に塗り、宣伝通り肌に馴染むかをレビューします。オールインワンジェルの中には塗った後にベタつきが残ったり、モロモロの粉が残ったりするなど、不満を感じる事がありますが、私のレビューではどんな評価がでるのでしょうか。

購入を検討されている方、他のスキンケア化粧品との比較として参考情報を探している方は、是非参考にしていただければ幸いです。続きを読む

購入のきっかけは美白!

白泥物語のオールインワンジェルをレビューするブログへようこそ。第1回目の投稿では、なぜ私が数ある保湿スキンケアの中から、このオールインワンゲルを選んだのかを中心にお伝えしようと思います。スキンケア化粧品を選ぶ基準は人それぞれですが、美白を目指す方や乾燥肌に悩む方に私が公開するレビューが参考になれば幸いです。

さて、今回の投稿のタイトルにもあるように、私が白泥物語のオールインワンジェルの購入を決断した一番の決め手が美白。なぜ美白に拘るのかというと私が済む地域は田舎なので、エステなどに通うには電車で往復3時間以上はかかります。もし地元から近い場所に肌のホワイトニングを実施してくれる施設があれば良かったのですが・・・。

>>送料無料で白泥物語のオールインワンジェルはこちら
続きを読む
  • ライブドアブログ