2020年08月07日

こんにちは、日比野です。

どこか遠いところに行きたいとすごく思います。
とおいところです。

ちなみにですが、去年の今頃は56期の土屋と伊豆に行ってました。私のカピバラに会いたい欲求に付き合ってくれました。私はカピバラが好きです。どれくらい好きかというと、よくそんなにみてられるねって皮肉を言われるくらいです。先輩にはまた動かない動画見てるのって言われます。

また行きたいです。伊豆だけじゃなくて那須にも行きたいですね。那須にはカピバラだけじゃなくて猫もいるんですよ、マヌルネコ。私のホーム画面の写真がしばらくマヌルネコなんですけど、高確率でなにこれー!って言われます。調べてみて下さい。カクカクしてて可愛いです。和歌山にも行きたいですね。和歌山にはパンダがいます。長崎にもカピバラはいます。行きたいですね。神戸にはカピバラもマヌルネコもいます。行きたいですね。

欲の塊です。

普段の生活は1人で割とどこへでも行くタイプなんですが、1人旅はまだした事がありません。私は旅行って見知らぬ土地で色々な体験を一緒に共有できるのがいいなって思ってます。行き先に目的はもちろんあるけども、誰かと一緒に行く事に価値を見出しているのかもしれません。

戯言です。旅行の予定はありません。

最後に(これが本題です)

劇団白芸、8月17日にオンライン説明会をやります。画面上ですがまだ見ぬ新入生に会える事が楽しみです。興味のある方、是非!

日比野

劇団白芸hakugei04 at 00:33│コメント(0)

2020年08月04日

こんにちは
56期の高橋です。

昨日のツイートの通り新入生の為の説明会を行うことになりました。細々とはですがようやく活動再開です。

これから今後の活動に関しては白芸Twitterにて公開していこうと思うので目を通してみてください!



どうでもいい近況報告です。目を通さないでください。

急に暑くなりました。
蚊の羽音でなかなか寝付けなくなりました。
あと、爪伸びるのが若干早くなりました。手の指の爪はすぐ伸びてくるのに、足の指の爪は全然伸びないんですよね。不思議。
あとは、筋力が目に見えて落ちてきました。先日、リモートで団員と稽古した際に柔軟と体幹だけで魂抜けました。
それと岩手の不感染神話が終焉しました。これで日本沈没です。

また今度
56期高橋


劇団白芸hakugei04 at 12:40│コメント(0)

2020年07月29日


こんにちは。土屋です。

最近は大学3年生の忙しさに呆然としながら毎日寝て起きてテレビ見てます。


さて、演劇の話をしたいのはやまやまですが、最近演劇をしても観れてもいないので、ちょっと前にはまった鬼滅の刃の話をします。(ほとんど哲学科の授業の受け売りです。)


鬼滅の刃がここまで老若男女に人気なのは、内面性がポイントらしいです。

若干ネタバレしてしまいますが、鬼滅の刃ってほとんどの戦う相手の鬼の悲しい過去や背景を描いています。そうやって過去を知ると、相手を知った気になれるそうです。

確かに他の(昔の)少年マンガはバトルにつぐバトルとわかりやすい敵味方だなー。って思いませんか?

で、まあ、哲学科的にはそうやって相手の弱み(過去)を知ると相手を知った気になるけど果たして本当かな?みたいな話になります。ツイッターとかインスタとか関連させながら。


面白いなぁ。って思ったものについて、どうしてだろう?って深掘りするのは楽しいなって思います。


56期 土屋



劇団白芸hakugei04 at 10:16│コメント(0)

2020年07月27日

こんにちは近藤です
お久しぶりですね皆さん
早くも2周目ですね
あれでもまだ日誌┐任垢佑┐△譴譟次
そうなんです劇団白芸現在7人しか在籍しておりません
少ない!
団員全員が日誌を書いてГ泙任靴行かないというのは悲しいですね
新入生に限らずたくさんの人に興味を持って入団して欲しい今日このごろ



前回少ししか書かなかったのでいろんな人に怒られました
仕方ないじゃん
書くことないしわらかんしなんだよ興味持つことって
うまい文章ってなんですかね
縦読みとかですか?わからん
それに僕小さい頃から読書感想文とか作文とか長い文章をうまく書けないんですよねえ
なんでやろか、才能ないんかな、、、
なんて言いつつ結局はやる気がないだけなんだと思いますけど、やる気ってどう出せばいいんだろうか
というかそもそもやる気とか実はよくわかっていないのです


人生経験豊富な人、何かアドバイス的なものでもあればよろしくお願いします
僕のやる気スイッチを誰か押してくれ


まあそんな話は部屋の隅に置いといて、あれですね、みんな最近どうしてるかとか書いてましたね。みんな書くの上手すごいまじ尊敬
というわけで僕が最近ハマってるものを紹介します
実は僕、最近YouTubeめっちゃ見てます
いろんなの見てるんですけどおすすめをクイズ形式で一つだけ紹介したいと思います
特徴を紹介するから考えてね


その人たちはやってみたとか企画系?をたくさんやるいわゆる職業YouTuber的な人じゃなくて芸人さんでネタをYouTubeにあげてるんですけどまじで面白い
やばいほんと一回聴くとすごい頭に残るバイト中とかも常にリピートしてるほんとすごい天才だと思う
コンビの芸人さんなんですけど2人ともセンスすごい
なんか童心に返って笑えるようなものが多くてすごい
キングオブコントで優勝するくらい実力のある芸人なんですが、YouTubeではTVでやらないネタばかりでどれも面白い
てかTVだと色々厳しいからYouTubeの方が向いてると思う
しかも面白いだけじゃなく心にくるものもあるという、、、まじ天才、、、すき、、、




どうですかわかりました?
ぶんしょうりょくなくて伝わってないですねはい
ろくに文章書いてこなかったからかひどいものになっちゃったなあ
クイズとしては最底辺ですね



なんだか恥ずかしくなってきたのでここらへんでやめときます
さようなら
クイズのことはみんな忘れてください
続いてたら15回目に会いましょう
それまでに,澆燭い平字を丸で囲うやつのより先のやり方誰か教えてください

劇団白芸hakugei04 at 12:30│コメント(0)

2020年07月22日


どうも、おはこんばんにちは!57期 阿南でごさいます。

さ前回から約2週間近くわたくしが更新を滞らせたということで、
団員から「早く日誌書いて!!」と催促のLINEが止まず(笑)、
「アアッハイワカリマシター」と受け流し床に就くという毎日を過ごしていたんですけれども……(笑)。

この場を借りて、白芸の団員のみなさん、そしてブログの更新を心の底から待ち望んでいたかもしれない読者の皆様に深く謝罪致します!!

お待たせしました…お待たせしすぎたのかも知れません…
まあ僕Netflix入ってないんで「全裸監督」観たことないんですけどね(キリッ)


そうそう、Netflixと言えば、、、このご時世で自宅で過ごす時間が増えたということで、
自粛期間中はそういったサブスクに加入して映画やらドラマやらアニメやらをご覧になっていたという方も多いと思いますが、僕も既に入っていたアマプラに加えてディズニープラスというサービスに入ったんですよ!(ネトフリを引き合いに出しといて浮気していくスタイル)

まあ加入動機はアベンジャーズ全部観れるって噂を耳にしたからなんですけど(笑)。
(以下『アベンジャーズ』関連作品をMCUと表記します、長いので。)

でもフタを開けてみたらトムホランド主演の『スパイダーマン』観れねぇじゃねぇかよォォ!!って笑
ホントにそういう権利関係の問題(MCU版『スパイダーマン』はSONYが権利を所有しているためMCU作品だとしてもディズニー系列じゃないという…)って仕方ないことですが、視聴者からするとストレッサーでしかないですよね…。大人の事情という奴ですな…。
悔しいからディズニープラスで観れるアベンジャーズ関連映画3回ずつくらい観てやりましたよ!!!(笑)
いやぁ…以前はアベンジャーズの中だとアイアンマンが1番好きだったんですけれども、
いざこう、ほぼ全作品を観直すとですね………
キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースが1位に躍り出てきちゃいましたよね……

ご存知ない方のために少しだけ説明させて頂くと、『キャプテン・アメリカ』は第二次世界大戦時、ひ弱な体だけれども勇敢で正義の心を持つスティーブ・ロジャースが超人化血清を打たれ、強靭な肉体を手に入れスーパーヒーローになるというまあざっくり言うと20世紀版ライザップみたいなお話なんですけれども…(笑)。

血清によって筋肉ムキムキになったスティーブでしたが、その本当の能力は飛躍的に強化された身体能力ではなく、自分の命を投げ打ってでも国家を、誰かを救いたいという正義感からくる自己犠牲の心だったのです……という、まぁヒーローの設定としてはよくある奴ですが…
その純粋さというか、ひたむきさというか、そういうヒーロー像は男性なら誰しもかつて夢見て(まあ僕は今でもウルトラマンになりたいんですけど)、憧れ、今なお熱くさせるものがあるでしょう。

この「自己犠牲のもとに誰かを救う」というヒーロー像はキャプテン・アメリカだけでなく、MCUの作品全てに、アベンジャーズたち全員に伝播していったものだと思います。

マーベル映画ののヒーローたちが初めてチームを組んだ初の集合作品『アベンジャーズ』で
アイアンマンことトニー・スタークはスティーブにこう言い放ちました。

「君は実験室で生まれた。その能力も何もかも(ここ重要)他人から与えられたものだろ?」

先程も記述しましたがこの発言の通り、スティーブのヒーローとしての肉体的な力は科学によって後天的に与えられたものです。しかし、彼の正義の心は彼が元来持ち合わせていたものでした。その心こそがスティーブ・ロジャースという男がキャプテン・アメリカたる所以なのですが、この時点ではトニーはまだそれに気がついていませんでした。

後にスティーブとトニーは方向性の違いにより幾度となく衝突します。解散前のバンドみたく。。。

しかしそんなトニーにも自己犠牲の精神というのはしっかりと受け継がれていきます。
もう…これは…ご覧になった方なら分かると思うんですが…あの、エンドゲームでの…アレをアレして…アレする奴ね……あのセリフと行動がアイアンマン=トニー・スタークの全てを物語ってましたよね……はぁ、もっかいエンドゲーム観よっと(笑)。


ということでなんだか白芸と全く関係ないアベンジャーズの話を長々と、それも熱(苦し)く語ってしまいましたが、当ブログはMARVEL社からスポンサードなど一切されておりませんのでご了承くださいませ…(笑)。

以上、ネタバレ大王こと阿南くんでした笑

劇団白芸hakugei04 at 22:13│コメント(0)

2020年07月02日

どーもこんにちは。57期松本でございます。


白芸とは何一つ関係ない話をするので、
予めご了承下さい。







もう7月ですね。
ずっと家にいて日付感覚がないせいか、
課題が溜まりまくっていて、頭おかしくなりそうです。。。

提出期限7月か余裕だわ。
とか思っていたら、え、今日7月1日?嘘やん。
誰か助けてください。

松本です。。。





江戸の家のミニチュアハウスを作りました。次は
某幽霊図書館を作ろうと材料を買ったところに飽きがきて、ガラクタに成り果てた100均グッズがだいぶ虚しい事になっているとです。。。

2000円分も買ったのに。

松本です。。。





あつ森頑張ってやったのに、島クリエイトが解放された途端、全然やってなかった妹が急に介入してきて、自分はやらんのに好きなようにクリエイトさせてくれません。。。

Switchライトが欲しいです。

松本です。。。




大学生だから暇だと決めつけられ、
夕飯担に任命されました。。。

暇じゃない!と反論できません。
料理スキルがアップしました。

松本です。。。




食器洗いをしなければならない時間になってくると、さっきまで携帯をいじっていた受験生の妹が勉強してくる!って自室に逃げて行きます。

何も言えません。



松本です。。。

松本です。。。。。

松本です。。。。。。。





ふざけてみましたが(伝わってますかね)
このようにしょうもない自粛生活を送っています。


ちなみに

熱しやすく冷めやすいこと苦労したのは、人生初です。
暇つぶしの寿命が短い!

でもいまハマっているものは、随分長いこと続いているのでまた次の機会に話します。







お疲れ様でした!

57期松本

劇団白芸hakugei04 at 00:11│コメント(0)

2020年06月29日

みなさまお元気ですか。
間を空けてしまいましたが、呼ばれて飛び出て57期の登場です。
こんにちは、改めまして57期片桐です。


久しぶりだからか、ものすごく緊張している自分がいます。


コロナ禍で諸々が霧散してから、もう3ヶ月近く経つんですね。



3ヶ月?3ヶ月経つんですか?
正直4月からの記憶があまりないので、実感が皆無です。

何せ人間らしい生活をしていないものだから。

バイト以外で外に出ない、人と会わない生活になり、授業という1日のタイムスケジュールの指標がなくなってしまうと、自分が人としてのかたちを失っていくように思います。
生活リズム狂ったら終わりですよ。体力も精神力も目に見えてこそぎ落とされます。まじで気をつけてください。

私は生活リズムを狂わせて情緒がおかしくなりました。


情緒が不安定になると、通常なんでもないことに怒ったり泣いたり笑ったりしてしまうものですが、私は普段感情を勢いよく発散させたりしない方(最近その“普段”がなくなりかけてるので、わりと発散させたりしてる方になってしまっている)なので、結構サンプルとして役立ってはいます。自分は怒ると身体のこういうところに力が入るんだな〜とか、まずこういう行動をとるんだな〜とか、バチバチにキレてる自分の隣にそれを観察する自分を置くと、結構参考になって面白かったり。


ただ精神衛生上良くないのでおすすめはしません。まず情緒不安定にならないようにしましょう。


でも人間観察の一環で、自分を観察するのは結構趣味なんだなとこのステイホーム週間で気づきました。
自分が普段何を考えているのかとか、何を価値基準にしているのかとか、私は登場人物の思考回路を想像するのが好きなんですが、そんな感じで自分の思考回路を辿ってみると、意外と新しい発見があったり、なかったり。
メチャメチャ怒ってる横で、何が癇に障ったんだろうと考えてみたり、メチャメチャ泣いてる横で、どこが琴線に触れたんだろうと探ってみたり、日常的にそういうのを考えてしまいます。結構面白いんですが、脳内に自分を2人飼う必要があるのですごいエネルギーを消費します。



なんの話をしているのやら分からなくなってきましたが、要約すると暇だよってことです。暇は時に人をころします。

少しずつ世界が元に戻っている感じはしますが、世界が元に戻った時に自分の身体が同じように元に戻るのかが非常に不安です。今の私は陽の光を浴びると溶けるので。


4月の最初のほう、zoom授業の途中のブレイクアウトルームで白芸の話を少ししたら、興味があるといってくれた1年生の子は元気にやっているでしょうか。こんな状況で右も左も分からないだろうにオンライン授業についていっている1年生諸君には尊敬を隠せません。私にはムリです。
まだまだ先行き不安ですが、何とか新入生を迎え入れる準備を整えたいですね…!

これからこの空白期間を埋めるほどのたくさんの出会いがあることを願っています、ありがとうございました。


57期 片桐


劇団白芸hakugei04 at 12:34│コメント(0)

2020年06月23日

こんにちは。もうすぐ7月になるという事に驚きを隠せません。

56期日比野です。

先日、といっても2週間以上前ですが、56期で肉練っぽいことやりたくね?となり、zoom上で読み合わせをした話をします。

(私が日誌最後の順番なのにこの事を誰も書かないからちょっと意外だったことはさておき)

解釈を変え、設定を変え、同じ戯曲を様々な角度から読みました。このセリフをこういう風に読んだら、こうなるよねーとか、この場合だと、このセリフは何を意図してる?とか。俺はこう思うんだけど、私はこうなんだけど、とか。じゃあこうしてみよう、とか。

私的にはすごい有意義な時間でした。純粋に楽しかった。すごく楽しかった。

画面上ですが、久々にみんなと顔を合わせて出来たのも嬉しかったですね。またやりたいです。(ここでこう言っておいたら第2回目開催されるかなという下心)

早く対面で安心して活動ができるようになる事を祈ります。新入生にも早く会いたいです。演劇やりたい。

先輩と、演劇は残らないことに価値があるというような話をしたことがあります。あの時、あのタイミングで、あのメンバーでできる公演って2度とないよね。同じことをやろうとしても、良くも悪くも同じものって絶対に出来ないよね。みたいな。こんな端くれでも経験してるので、2月頃からいろんな公演がバタバタと中止になった事が本当に悲しかったです、仕方がないと言ってしまえばそうなのだけど。

劇場で公演が再開できるようになりますように。

前の日誌で盒兇言ってたように、これから良いことがたくさん起こるといいですね。

さて、次からは57期の登場です。お楽しみに!

56期日比野

劇団白芸hakugei04 at 21:33│コメント(0)

2020年06月19日

おはよう、こんにちは、こんばんは
56期の高橋です。


元の生活に戻りつつある中ですが、まだまだ気が抜けない時期ですね。


いつもなら活動内容を書いているんですが、活動自粛中なので書けません!!


・・・という事で何を書こうかと団員全員思ってます。


なので、自粛中の発見やら気になる事など他愛もない事を皆さんと共有していきたいなぁと思います。


あと次回公演の情報もなるたけ!!!


僕も他の人がこんな事考えているのかぁなど楽しみにしながら記事を読んでいっているので、皆さんも是非軽い気持ちでお立ち寄りくださいな。



↓始まります。

僕が自粛期間で発見した理を2つ紹介します。



恐らく地球上にいる人間の大半が同時期に家に篭るというのは歴史上初めてなんじゃないでしょうか。


僕はこの自粛期間を振り返って1番最初にそう思いました。


そしてその歴史的出来事の当事者として生き抜けた事を不謹慎ながら凄く誇らしい気持ちになっています。



オリンピックは?第2波3波は?
など暗く、先行きが全く見えない社会の中ですが僕は新しい1歩を踏み出せた気分がして逆に清々しいです。



要は何が言いたいかというと世の中の不安は気の持ちようでどうとでもできるんじゃないか。と最近思うようになりました。



勿論そんな訳ありません。



でも何か不幸が起きた時、頭を悩ます事があった時、多少なりとも自分を騙していく事も必要だなと。最近感じます。



「いつもと違う生活になってしまった」とか「外出が出来ないから気分が晴れない」ではなく、


「いつもと違う生活だからいつもと違う事に気が付くぜ☆」とか「家の隅々まで捜索できるぜ☆」って気持ちに皆さんもなりましたよね。



少し無理がある事でもいい気がします。良い方に捉えれば、気が軽くなる。その内良いことが起こる。



ここで僕は「楽観は世界を変える」という理を発見しました。



もう1つの理ですが、これはもう既に周知のモノかもしれません。



ズバリ、「貯金理論」です。



嫌な事が起こればその分良い事が起こると、結局人生はプラマイゼロと。そういう事です。



僕もこの貯金理論は薄々信じながらここまで生きてきました。



でも今回で確信しましたね。僕は早速、自粛明けにしっかりと良い事おきました。



あと女の子が春を飛び越えて、突然薄着になっているので、すごく、とても、あの、良いです。ごめんさい。



長いですねー。話が長い。



そろそろ書くのやめますね。



最後に「楽観は世界を救う」「貯金理論」この2つの理から導ける事は、明日は晴れるんじゃない?って事です。



寒暖差にお気を付けて。また会いましょう。



56期 高橋



劇団白芸hakugei04 at 23:50│コメント(0)

2020年06月17日


こんにちは

文学部哲学科3年の土屋です。


最近は課題に追われています。


先日、別役実さんの戯曲『赤い鳥の居る風景』を読みました。

すごい、もう、えぐりかたがすごい。

思うけど言わない言えないことがこんなに露骨に書かれているなんて怖い。

こんな露骨に生きるべきではない。

でもこの感覚を覚えておきたい。

と思いました。


別役実さんは、不条理演劇で有名な方です。

別役さんによると演劇は反社会的なものなのだそうです。他のメディアに比べて少人数な観客、等身大の人間による機械によらない表現方法。それにより現代の非人間性を解消するもの。


このご時世に、演劇の形は変化せざるを得ないですが、元々は演劇はこういう意図があって現代にやる意味があるんだと思います。


要するに演劇っていいよ。ってことです。

おすすめです。観るのもやるのも。


人と話さずレポートしか書いてないせいでくだけた文章が書けなくなってしまいました…

また書くときはもっと読みやすい日誌を書けるようにしておきます。


56期 土屋



劇団白芸hakugei04 at 09:53│コメント(0)