2011年02月16日

一段落ついたので、記録もかねて書き起こします。
何かの参考になれば幸いです。


バイクで片側1車線の本線を40キロほどで走行中に三叉路の左から右折しようとしてきた乗用車と衝突。

状況としては、車を確認したときには道を完全にふさがれる形で出てこられていたので対向車線側の右側には避けられず、左のテール側にハンドルを切る。
減速も進路変更も間に合わずそのままリアをロックさせ、自分の車体の右側と車の右側を衝突させることに。

事故後のファイアーストームがこれ。

事故後


右マフラーはリアフェンダーの内側に入るほど曲り、右ハンドルも内側に折れていました。

後日見積もりを出してもらうと68万……。

幸いにもフレームやエンジンには損傷が無く、相手の保険でほぼ直るので(対物超過に入ってた)せっかくなので自分で費用を上乗せしてカスタムする事にしました。

ファイアーストーム 1

修理がほぼ終わったときのファイアーストーム。ピッカピカです。

フロントに関しては全換えに近い状態です。

右アッパーカウル新品。
サイドミラー新品。
ハンドル周り新品。
フロントフォークインナー両方、右アウター新品。
フロントホイール中古美品。
アッパーカウルステー新品。
右ラジエーター新品。



バックステップ

ねんがん の モリワキ の バックステップ を てにいれた ぞ

マフラー

中古のヨシムラスリップオンマフラー。傷は前の人の。

ウインカー

アクティブ製LEDリアウインカー。かっちょよす。


結局、事故前よりもパワーアップして帰ってきました。費用は上乗せした分を自分で支払い、合計で76万になりました。

事故にあってから、直るんだろうかという不安や、バイクに乗れないストレスがはんぱなかったです。今まで以上にほんと注意して乗ろうと誓いました。


(10:56)

2010年11月28日

エンジンからなにやらカタカタという異音が。

そういえばVTRオーナーの間で言われている「カムチェーンテンショナー」を交換してるかどうかわからないなと思い、交換することにしました。

一応書き留めますが、ここで書かれたことをそのままやって故障しても当方では責任は取れません。
あくまで参考ということで。

まず注文したパーツ。

パーツ

ヘッドカバーガスケット×1、カムチェーンテンショナーガスケット×2、カムチェーンテンショナー×2、カムチェーンテンショナーにつけるキャップ×2。
あとカムチェーンテンショナーの上につけるボルトとワッシャーがいるのですが、それは再利用。

最初にタンク取り外し。

ボルトを取り外し、

コック

そのあとコックをオフにして。(これつまみとかないのかな。モンキーで無理やりひねったけど・・・・・・)

タンクホース

ホースの数と位置を確認して取り外し。

あと燃料計コードを外す。


エアクリーナーボックスを外して行き

燃料計コード


ボルトの管理はしっかり。

キャブふさぎ

キャブレターはゴミが入らないように塞ぎます。

その後リアのシリンダーヘッドカバーをあけます。
シリンダーヘッドカバー

つけるときの話ですが、締め付けトルクは1キロでした。

はずしたあとフライホイールの覗き窓を開けます。

フライホイール

写真では撮れませんでしたが、フライホイールを回していき窓についた溝と中のFTという溝をあわせるようにします。

前後のプラグを外したほうがやりやすいかもしれません。

溝をあわせ、つぎはシリンダーヘッド側を確認。

エアクリボックス

前の歯車がRI、後ろの歯車がREという溝をそれぞれ外側に向くように面を合わせます。
内側に向いてたらフライホイールをもう一回転。

これで圧縮上死点が出てるはずなので、リアのカムチェーンテンショナーを交換。

カムチェーンテンショナー

リアはここ。
取り外すときはねじ穴やねじをつぶさないように、ちょっとづつ交互にまわしていきます。

ガスケット

外してへばりついてるガスケットを取る。(余談ですが、外すときにオイルが結構出てきました・・・・・・)

あとは新しいのを取り付けて、上についてるピンを取り、ボルトを再利用して終わり。
先に取り付けてからピンを外すように注意。ピンを外して取り付けをしようとして泣きを見ました。
一回分解しましたよ・・・・・・。

前はフライホイールを一回転して同じ要領で取り付けました。
不安な人は前のカバーも外して同機を見たほうがいいと思います。

あとはボルトやホースの取り付けを忘れずに、間違えずに。
俺はプラグケーブルわすれてエンジン起動しようとして空中放電かましました・・・・・・。

何とか順調に終わり、特に異常もなく走行してます。
かなりぶん回してますがやばい音もないですし、大丈夫でしょう。


取り付けのときエアクリにひっかけてあった断熱材を取り付けるのを忘れましたが、冬なのであったかくなるだろうとそのまま走ってますw

責任は取れませんし、写真も少ないですが、やる方の参考になれば幸いです。

(16:45)

2010年11月19日

うちのファイアーストームは国内仕様なのですが、ちょっと伸びがほしいな~と思い逆車のマフラーに交換しました。

吸気系を変えるなり、社外のスリップオンに変えた方がいいのかもしれませんが、今はそこまでパワーあげても使いきれないのとお金がないというのを加味して、コスパのいい逆車スリップオンに変えるだけにとどめました。

国内仕様とちがうものだしパワーも出るだろうと。


届いたものを確認し、国内仕様と比較してみます。

太さ


排気口

左が逆車、右が国内。
逆車のほうが若干細いですね。排気口は少し太い?気のせいかもしれませんが。

重量も少し軽そうですし、バンク角も余裕ができそうです。

とりあえず外そうと試みますが、エキパイとの連結部のトルクスボルトがかたい!

さびてるし、めちゃくちゃ固着してるようです。

そのうちなめるんじゃないかと感じたときにギギッと音を立ててなんとか回り、ギチギチ音を立てながら外れました。

さびねじ

めちゃくちゃさびてますね。

反対側も同じように外し、次に逆車仕様のスリップオンを取り付けます。

ちなみに直管でエンジンをかけてみましたが、ハーレーみたいな音がしました。
爆音だったので近所迷惑になる前にすぐ止めましたが、音質は好きだったので音量が低ければそのままだったかもしれませんw

とりあえず逆車仕様のマフラーのパッキンが劣化していたのでとりはずします。

マフラーパッキン 前

マイナスドライバーで無理やり取り出しました。なんか石綿っぽい・・・・・・。

マフラーパッキン

注文しておいた新品を取り付けて

取り付け後

完成。

体感としては、高回転が伸びやすくなったかなと。前は振動とともに上がりにくさを感じていたので、それが少し改善されたと思います。
音は少し低音が増した程度で、特に変わらない感じです。

オフシーズンなので無茶はできませんが、これから走って効果を確かめていきたいと思います。


(18:33)

2010年11月17日

ファイアーストームで走りまくっていたせいでブログをすっかりほったらかしていました、すいません・w・

竜神スカイラインを流すことが多くて、自分の走りの未熟さを感じながら、色々試して走っていました。

オフシーズンに入ってきて、バイクの方も色々いじるつもりですので、よろしくおねがいします。

(12:24)

2010年07月29日

IMG_6807







ついに来ました、VTR1000F。
ペットネーム「ファイアーストーム」

余りにも嬉しくて雨が降る今日まで毎日、日が変わるまで乗ってました~。

せっかくなのでインプレのようなものを~。



納車
リッター車のパワーは想像がつかなかったのでビビりながら駐車場の中を一周旋回させてもらう。
回さなければ教習の時使ったCB400と似たような感じで発進できるので「あ、なんとかいけそう」と。
店長に挨拶して、友達にスクーターで先行してもらい、後ろからとろとろ走る。

少し走って大丈夫だと思い「ちょっと回してみるよ~」と友達に伝えて、信号待ちで車間距離が十分空いてたのでちょっと回す。

一気に三ケタ手前……。

すげぇ!なんだこれ!2速で簡単に行っちゃいけないとこまで上がるぞ!回転数ほとんど上げてないのに、すごいパワー!

上がり方としては友達に乗せてもらったNSRに近い感じがした。
うん、期待通り。どっかんってくる加速はやっぱ好き。

最高速とかスペック求める人は違うのかもしれないけど、ググッって体が後ろに飛ばされそうになる加速感が好きだから満足だった。

うれしくて叫んでたw
「おまえすげええええ!」ってw

レッドは9500から11500まであったけど、3000回転ぐらいをキープしてれば街乗りには充分。
たまに加速が欲しい時は7000まで上げればぶっとんだ加速が……。

ドコドコ感が薄いって聞いてたけど、充分だと思う。ドカとかには負けるけど、乗っててすごく楽しい音。

燃費は10~12ぐらい。ぶん回して走ると10をちょっと下回ったりもした。


車重が200キロぐらいあるけど、そう思わせないぐらい倒しこみが軽い。TZRより運転しやすいぐらい。

思いつくことを書きまくったんですが、メリットばっかり思いついて、はっきりとデメリットだと感じる点は熱さ……。
とにかく車体が熱い。
でもそのぐらい。我慢できないこともなし。


さぁ、これで長距離用のバイクもそろったので、走りまくってきまーす!

(10:45)

2010年07月13日



ついにRS50用のシリンダーセットとリードバルブが届きました!

今週末には晴れるようで、できればその時に直したいですね。

ファイアーストームも免許も来週にはきそうですし、良いタイミングです。

(20:18)

2010年07月09日



TZRで山を走り回ってるわけですが、全く乗りこなせず……。

曲がってて思うんですが、安心感が全然無いんですよね。
RS50のときは、曲がるときにフロントフォークやサスが沈み込んで、グッと地面に押さえつけられてタイヤをグリップさせて曲がってる感じがしたんですが、TZRだとそういう感じが薄くてフワフワしてるような感じに……。

ちゃんとフロントフォークは沈むので、感覚の違い?とか思うんですが。
突き出し量変えてやったらまた違うのかなあと試行錯誤してます。

VTRくるまでにそれなりに乗りこなしたいものです……。

写真は友達のRMXと。

(09:10)

2010年07月05日

TZR250RSを購入したばかりですが、早くも三台目が欲しくなりました。

で、免許も無いのにVTR1000F(97)を購入。
只今教習の真っ最中です。

前々からというか、RS50に乗ったときから大型バイクは欲しいという思いがあって、候補は

GSX-R600
CBR1000RR
VFR
1098
VTR1000F
グラディウス

と、こんなところでした。
で、TZRに乗るようになり、買うちょっと前から大型バイクに対する考えが「憧れ」から「自分に合ったもの」という考えにシフトしてきました。

最初はSSのGSXやCBR、1098のスタイリングがかっこいいなと思ったのですが、値段と長距離でのツーリングには自分には不向きだなという考えが出てきてボツ。(姿勢は大丈夫でも積載性と二人乗りに難あり)

VFRやグラディウスは乗りやすそうでしたが値段が……。
あと取り回しも考えたかったので車重と車体の大きさを考えるとVFRはいまいち。

で、「駄目だ。金ためるか……。本当に長距離や二人乗り用ってだけでネイキッドタイプを購入して、SS系は一人で楽しむためだけに用途は限定されてもいいってって割り切るしかないか……」
と思ってたときに、
「そうだVTR1000Fはどうだっけ。リッターだから高いと思うけど一応見てみるか」と見てみると。
安い……。
SSやVFRよりもだいぶ安い。

しかも、積載性もちょっとカスタムするだけでOK、シートはでかいから二人乗りもおそらくいける(少なくともTZRやSSよりははるかにまし)前傾が好きだから姿勢は少し悪くても問題なし、なによりスタイリングがすごく、ものすごくかっこいい!

唯一の難点は燃費の悪さと排熱で太ももが熱くなるとの事でしたが、燃費は我慢(!?)太ももの熱さも乗ってみてから考えりゃ問題ないかぁと思いました。

で、TZRを買った店にあったよなーと見に行くとまだ置いてありました。

色も好みの赤、ハンドルにはスペーサーが入って姿勢のきつさが緩和され、フロントブレーキメッシュホース、前後のブレーキパッドは高くて良いものに交換、後ろにはキャリアーがつけられ、マフラーとサスはノーマルでした。

タイヤの端っこが余り気味だったことを見ても、街乗りやツーリングを主な用途にしたものだと見えました。

走行距離は24000キロ、気になる値段は49万円!?
走行距離が気になりますが、値段でかなりカバーされてると思ったので、即決しました。衝動買いです。


TZRを完全に扱いきれてるわけではないのにVTR買うのはどうなんだとも思いましたが、用途が微妙に違うので使い分けはきくだろうと判断しました。

ではでは、TZRのライディングに力入れつつ教習所頑張ってきまーす。

(14:02)

2010年06月22日



オイル灯が点灯したので補充してきました。

最初は200キロぐらいで補充とかいうペースだったんですが、今は400キロに一回のペースになってました。
落ち着いたというところでしょうか。走り方は昔と今で大差ないと思うので、多分そうでしょう。


話は変わって、家にはちょっと前まで自分が乗ってたRS50というバイクが有ります。
50ccのバイクで、中型免許がない間自分を支えてくれたバイクです。

ピストンリングかリードバルブがやられたようで、パーツ代が高いので直さずにそのままおいて有りました。
が、弟がパーツ代出して乗ると言いだしたので直せそうです。

完全にシリンダーとピストンごと新品にして、直してやろうと思います。

(11:54)

2010年06月08日

友人のランエボとツーリング行って来ました。

IMG_6807


車とツーリングなんて、あんまないよね~なんて言いながら友達と一緒に走ってましたが、意外と楽しかったです。

とりあえず、最初の予定は木津川沿いをひたすら進み、伊賀まで行き、名阪国道を通って帰るというルートでした。

が、伊賀に来たところで温泉に入りたくなり、滋賀の信楽温泉へ。

IMG_5249


IMG_3658


IMG_0073


こんな感じで景色もよく、1500円しましたが値段分すごく気持ち良い温泉でした。

6月だというのに山を上っていくとまだ肌寒いぐらいで、山の空気を味わいながらワインディングを楽しみました。


温泉につかったあとはそのまま名阪国道へ。

途中の道の駅で休憩を取りつつ、家路につきました。

朝7時に出て、昼の3時ぐらいまでのツーリングでしたが無茶苦茶楽しかったです。

車とのツーリングは初めてでしたが、思ったよりもペースをあわせやすくて、また行きたいなぁと感じるいいツーリングになりました。

(23:00)