July 08, 2017

2017年B2リーグ第7節

どうも後藤です( ̄^ ̄)ゞ

リーグ戦の時は大体黒いシャツで赴くのですが、知り合いからはヒットマンみたいだなと言われる始末。
解せぬ(・・?)

それはさておき第7節。
相変わらずボーダーが200付近とやたら高いので少しのマイナスにも血反吐を吐く状況。
現状+150.4pの8位。
あと上に3人もおんのか…

同卓者は堀、高津、竹内、佐月プロ。

堀さんは現状+297.3pの3位なので、引きずり降ろしつつ自分のpを増やしたい所。

一回戦
高津さんがまず走り抜ける。
追う堀さん。
藻搔いたものの竹内さんと3着争いの私。
オーラス
私は3着の竹内さんと300点差。
2着目の堀さんとトップ目の高津さんが900点差。
2着目の堀さんと私の点差は23800。

7巡目手牌こんなん↓
四五六きキΝ224678ドラ
チーテンは大体取るが張り方によってはぶん曲げる…!
ツモ

…まあ良し。
そしてダマ。
出来れば高津さん以外から上がりたい所だけれど、そんな贅沢を言うにはまだ早い。
自分の着、自分の着。
と思っていると竹内さんから
上出来の部類。3着。

二回戦
一回戦と似たような展開。
そして下家が堀さん。
結構仕掛けるタイプの人なので、対応が問われるかな?

東3局の堀さんの親。
私の手牌はこれなんていう十三不塔?
て言うような程バラバラ。

うん、これはあれやね。
変則手に向かうフリをしつつ、一つでも鳴いたら抑え込みにかかる構え。
いわば、
釣った魚には餌を与えない系作戦…!

それはさておき、
まあ実際、放銃は勿論、鳴きテンパイやネック過ぎるところは鳴かしてはいけないというさじ加減が難しいところ。

と思いながらピンズをバラ切りしていた7巡目。
Δ縫櫂鵑寮次
かかった…!
と同巡に上家の佐月さんがソウズっぽい仕掛けを入れる。
気分はここは俺に任せて先に?行けー

ブリテンチーすらさせないぜ、と思うこと7巡。
あれ?佐月さんが降りてはる?
まあ出来る事はやったし親の1人テンパイもやむなしかーと思いながら流局。
僥倖の全員ノーテン。
これは耐えたなーと思ったものの、結局オーラスに堀さんが上がり同点トップ。
私は3着。
まあ一つ間違えたら普通のトップを取られていたと思おう。

三回戦

親番で久々に手が入り。
4000オールを上がりその後も8000出上がりなどで、45000点くらいまで行き、鳴かす分には着操作出来そうよなーと調子に乗っていたら、ヒヤッとする事があったもののそのままトップ。

四回戦

ここでトップを取らねば前半頑張った意味が…!
せめて2着!
今回も親番で4000オールを上れ、トドメのポンテン12000は不発に終わるものの、ギリギリトップ。

今節は+78.9pでトータル227.3p
しかし100〜200p台に7人もいるので油断出来ず。300は欲しいなー


hakuneko at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)リーグ戦 

July 02, 2017

2017年B2リーグ第6節

後藤です( ̄^ ̄)ゞ

B2リーグも後半戦になり5人昇級の内、上位陣4名のポイントが300とかになっている今日この頃。
前節の-が死ぬほど痛い(ToT)

これ以上のマイナスは許されない。
という所で今回の面子。

富永、薬王寺、豊後、綱川プロの5人打ち。
かろうじて卓内順位は1位?
当面の競争相手の富永さんは抑えたい所。

一回戦目
東場の3局親番8巡目で
五五六六七七 23445 88ドラ3
のテンパイ
ダマ効果薄そうやしリーチ!

と吠えると3巡後に下家の薬王寺さんからリーチ。

これピンズ待ちやったら負けそうやなーと思っていると持って来て放銃。
3と6が暗刻のリーチ3っつと言われ吐血。

なんやかんや3着には滑り込み。

二回戦目

東1局に僥倖の3000.6000を上がるも、東4局に親の富永さんが仕掛け、なおかつドラポンやリーチが入り、渋ねーと思いながら現物切って1500放銃し、終いには4000オールと言われる始末。

その後5200は6700
2000.4000を上がり
さらに親番で4000オールを上がりトップ。

綱川さん以外凄い乱打戦やなー、しっかり2着とってはるし。

三回戦
1人走り抜けた富永さんを追いかけるも2着。

四回戦
オーラスダントツトップ目がいる状況で親の綱川さんに2000オールを上がられ親と僅差の3着目。
7巡目に
三四五六七八九九´↓Л┐妊謄鵐僖い垢襪皚が三枚切れ。

気づいてトップ目と思いながらダマ。

3巡後親にリーチと言われ、一発ツモされて4100オール。

リーチやったか?でもリーチだと差してくれるか分からんのよな〜。

その後連荘され、ラス目のマンツモ条件が出来るなど冷や汗ものでしたが3着。



hakuneko at 10:31|PermalinkComments(0)リーグ戦 

2017年B2リーグ第5節

リーグ戦も半ば、第5節。
211.4pの4位なのですが、ボーダー高いなー200が最低ラインくらいになりそう?

とはいえ上下200とか普通に入れ替わるゲームなのでまだまだ分からず。

対戦相手は飯田、可南、黒井、福井プロ。

一回戦
東場1人に走られ、ぶら下がり2着。
最近こういう展開が多いような気がする。
フラット状況だとあまりかわしに行かんからかな?

2回戦
オーラス僅差をまくられて3着。

3回戦
必死ラス回避。
3着

そして4回戦
南場の親で下家の仕掛けに結構無茶な牌を押して16000放銃。
その後も素点稼ぎに出るものの数回放銃し箱下までいってしまた。

リスク管理がなってないな〜。

トータルで-98p
先はまだあるとはいえこれは痛い。

メンタルメンタル。

hakuneko at 08:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 17, 2017

B2リーグ第2節

B2リーグ第2節

どうも後藤です^_^

さて日程変更によりB2リーグ第2節に行ってまいりました。
同卓者は吉本、谷口、近藤プロ。

なんかうっかり最強位の人がいますがまあそれはさておき第一回戦。

東場で各々がツモ上がり、私もーと思っていた東4にこの手牌。
北家
一二三四四五八八九九 45 西ドラ⑻

染める気はかなり満々。
といった所に上家さんから三。

八、九はポン材として優秀。
二個鳴いた時にノベ単に取れる四五で鳴くか…
それとも好形横伸びが期待出来る三四四五の形を残す一二で鳴くか…

まあそうそう二枚とも鳴けんよねと、一二でチー。
数巡後下家からハ。
まあポン。すごくポン。

次巡下家から九。
くっ、ペンター落としであったか…
この形にした以上現状鳴かず。

さすがに自力で引かなあかんかーと思っていると上家さんから六。

ひゃっほいと心中で叫びながらチー。
次巡五ツモ。

2000.4000。

南二局に親の谷口さんに3900放銃等があり、南三親番20000点持ち。
トップ目は32000点。
23000点持ちの対面の近藤さんがそうそうと七を両面チー。
親落とし?いや、千点二千点だとそこまで条件変わらんし、ドラ二枚くらいはあるかも…と思っておこう。
中盤近藤さんが8を両面チー。
やばいじゃーんと思っている数巡後、件の近藤さんが⑻ピン手出し。
捨て牌諸々含めてスライドか⑹⑹⑻の形が思い浮かぶ。

その瞬間こんな手牌。
11巡目
三四四四 ⑶⑷⑸⑺⑻⑼ 3466

三ぶった切って曲げる?
2は3枚切れ、想定通りの形なら三は8000て言われる…
8000はオーラスほぼ着にからめなくなるしなー。

小考の後
早よ帰っておいでやーと打6。
勿論鳴ける牌は鳴くぜー。

2巡後ツモ五。
ふぇっふぇっふぇ。
うっかり溢れたりを期待したり、入れ替えたりする為のダマー。

と思った次巡、上家の谷口さんがツモ。
役なし単騎の300・500
抑えつけとくべきやったか?
いや1枚も押してないし、変わらへんか。

ラス目のままオーラスに突入、両手を振り回して上がりに行くものの結局僅差のラス。
その後、2.1.1と引いて+98.0。

トータル+197.6の3位。

第1節の±0が効いてきたでー。

hakuneko at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 10, 2017

2017年B2リーグ第4節

さて、今回も行って参りましたリーグ戦。

前節まででトータル197.6P
今回は連日開催ですので、今日明日で200後半くらいまで延ばせればなぁと思いつつ。
今日の相手は
堀、黒井、大原プロ。

1回戦
南場の親番で三四五六七八67ΝЛ┘疋藥
をリーチ終盤┐鬚弔發8000オール。
そのままトップ。
2回戦
初戦のトップで浮かれたのか自分がふわふわしている感じを受ける。
てぐまま4着。
3回戦
深呼吸。
形テン狙っている時が一番冷静、と思い出しながら打つ。
何とか3着。

4回戦
ぶら下がり2着。
オカの分でたえたかな〜
+13.8p



hakuneko at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)リーグ戦 

May 28, 2017

2017年B2リーグ第3節

どうも後藤です(*・ω・)ノ

1節から3節に飛んでいるのは更新をさぼった為ではありません。
2節が日程変更の為まだやっていないからであります。

前節無駄に奇跡のトータル±0を叩き出した為、
同卓者の人に3節になってもこの人何もしてないの的な目で見られましたが。

ちゃうねん、別に狙ったわけでもそうしたかった訳でもないねん(2度目)
さて始まりましたよ第3節。
一人だけフラットな感じですが、やる事に変わりも無し。
1回戦、親で走った一人を尻目に、
ラス目の方の南場の親を丹念に潰すという非道を行い、のんびり2着。

なかなか本手入らないよねーと思いながら2回戦。

ついに手が入った6巡目。

1123344567 五六七 ドラ1

ひゃっほいと思いながらリーチ。







……が、ダメっ!

下家さんの「…細っ!」という視線に耐えながら1回戦と同じく他人にラスを押し付け2着。



続く3回戦。
今までの鬱憤を晴らさんとばかりに手が入り、62300点のトップ。

最後の4回戦はきわっきわの2着でトータル+99.6P

この調子で頑張るでー。



hakuneko at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)リーグ戦 

April 05, 2017

2017年B2リーグ第一節

お久しぶりです。
死んでいた訳ではありません後藤です(*・ω・)ノ

時間に余裕も出てきたので、必死で更新していこうと思います。

さて
昨年C1に降級し、すぐさま出戻った今期。
同じ関西出身の角谷ヨウスケプロが雀王のタイトルを獲り、発奮している今日この頃。

第一節の面子は、吉本英和プロ、松浦裕充プロ、西村雄一郎プロ、板倉浩一プロ。

……あれ?見た事しかない人たちが(つд⊂)ゴシゴシ



まあ面倒くさいけど、それなりに打ち方知っている人ばかりやし、
B2復帰戦としては相手にとって不足なしとなんか上からな事を思いながら。
一回戦東家スタート

東一局に2000・4000をツモられ、その後も他家にツモられ続ける日々。
テンパイどころか、仕掛けて圧をかけたり、人を動かしたりすらできないだと…?
気付けば南入して14000点持ちラス目。

このままではと押し気味にテンパイをいれるものの、横移動。
まだその時ではないと言うのか…
そして南2局相変わらずテンパイのテの字も見えない状況から三着目にして南家西村プロの立直。
大人しくしていると終局間際、上家の松浦プロからのツモ番の無いリーチ。

瞬間鳴いて西村プロの海底をずらす…否。
西村プロが松浦プロに放銃がベスト、とスルー。

結果西村プロから松浦プロに8000点横移動。
そして時は流れオーラス。
現在三着目、4着目の西村プロとは
3100点差。

2着は見えず、3着を確保する為にアガリか少なくともテンパイは必要な状況。
上家の松浦プロはトップ目だけど、2着目と結構な差があるのでアシストはあまり期待出来ず。

少し早めの形テンも辞さない構えでしたがズルズルとテンパイも入れれぬまま終局間際。
残り順目の無いところで吉本プロからポンの声。

おや?これは耐えたパターンかと思いながら流局。
結果2人テンパイで僥倖の3着。


その後
2回戦3着
3回戦1着
4回戦3着

結果トータル±0

いやちゃうねん。
そういうの狙った訳では無いのよ。
マイナススタートよりは遥かに良いけれど。



hakuneko at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)リーグ戦 

June 02, 2014

2014年B2リーグ第3節

連日開催2日目。

面子は
西村、中林、佐久間プロ。
一回戦一着。
二回戦三着と迎えた
三回戦。
南三局までほぼアガれず、
ハイと点棒を支払う簡単な作業を繰り返していたところ。
三四六七八(1458)3中南北ドラ⑸
タンピンドラ1やー
と思いながらツモっていくと
ナビでもついているかのような有効牌ばかり。
四巡目リーチ。
次巡ツモ、ウラウラ。
目、目が白いよぅ(な気がする)
と三着と1000点、一着と3800差の2着まで上がれたものの、
オーラスラス目の方からリーチが入り、大体ツモられても変わるーとゼンツしようとするものの、
一発でツモられて2000・4000
三着。
そして四回戦
南1局佐久間プロの親番
手牌スピード的にちょっと微妙ーと
対子の中をスルーした後ほど、
親からリーチが入り、ツモ16000オール…
まあそういうこともあるよね!
と、吐血しました。
その後ラス親で一矢報いようと
佐久間プロの先制リーチに追いかけるものの、12000放銃。5着T^T

結局今節は-52.7p
2日合わせてほぼ変わらず。
続きます。

hakuneko at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)リーグ戦 

May 24, 2014

2014B1リーグ第2節

お久しぶりになってしまいました後藤です

さて今回は
初のB1リーグ
第一節を1234のサイクルヒットでー1.8Pでむかえた二節目

相手は、矢島、小川、吉本プロ

その初戦、南四局北家ドラ南
私27300点持ち三着目
2着の吉本プロが29200
1着の小川プロが32300

5200、5200とウキウキしながら手を進めることはや十三巡、微動だにせず、二シャンテンのまま。
やむなくポンポンと仕掛け↓
22二三四五六

リーチはかかっておらず、
トップ目の小川プロもノーテンでいいというわけではなし、テンパイを取りに来るだろうし、それならもう一局、あと2着からの直ならアガる…!
だからお願い、ドラの南だけは勘弁して下さい…!!

とか思っていると終局寸前で七ツモ。
…まあ想定してる中では悪くない方。





と全員に通っている打2
吉本プロもテンパイではなさそうやし、
いっそ小川プロもノーテンでもええよと思いながら流局。
結果小川プロとの二人テンパイ。
トップの条件は変わらないが、暫定2着に上がれたのは大きい。

さっきがんばったから、お願い…!
と配牌を取ると。

二九(46779)2南南南白白ドラ七
見える!見えるぞ!!

その後白ポンし九に七が引っ付く事もなく
普通にピンズに染めに行くと七巡目に親の小川プロからリーチ。
三着落ちを覚悟して、さあ押すか。
と思った瞬間横移動。そして12000。
冷や汗をかきながら、2着ならば上出来か。

その後
1、2、3着と引きトータル+62.9p

というわけで続きます。

hakuneko at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)リーグ戦 

June 08, 2013

2013B2リーグ第3節

レンジ使い際(ウチのパソコンはトリッキーな変換能力なのです)
連日開催2日目。
今期は4人まで昇級可能。
敢えて言おうチャンスであると。

それはさておき、
今日の面子は
蔵美里・平川貴之・竹内孝之プロ。

1回戦目開始
が、しかし
東1局親の蔵プロのリーチにメンピンドラ一個で、
両手を振り回して向かっていくと、
メンピンイーペーコーの方ウラ12000と言われ喀血し、

1本場タンヤオドラドラと言おうとし、
リーチに両手を振り回して向かっていくと、
メンピン一個3900は4200と言われ散華する。

たらりと冷や汗を掻きつつ向かえた東三局。

手牌こんなん
一三三八八ΝЛ111 666  ドラ6

場には一が一枚、三が2枚、六1枚、九2枚。
イ1枚┐1枚。自分の捨て牌に七。

……はにかみ打三。

ツモ二。
お願いしますとЮ擇螢蝓璽

終盤ゥ張癲
……ウラウラ
最初に打った12000帰ってきたでー

その後オーラスの親番
トップ目
対面の二着目とは2200点、下家の三着目とは7700点、上家の四着目とは15300点差

二着目、三着目からも仕掛けが入り、
誰かドラドラ持ってんのかなーと孤立の┐砲っつけにいこうとした所
┐箸Г箸引いて来て
14巡目、聴牌取りたい今日この頃。手牌はこんなん↓

二三四↓Л┃┌僑供“八八ポン ドラ


上家から
…В緩膰え╂固
3900直の3着は嫌いだ。

スルー
ゥ張癲打
対面さんから

それはポン、それはもう凄くポン。

上家さんからそ丱▲リ。12000
次の局対面さんが軽く和了ってトップ終了。
ふいー、事なきをえたぜー、と安堵したものの
その後4着、3着、最後トップを取ってまた耐える。

結局+29.6
続きます。








hakuneko at 03:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)リーグ戦 
livedoor プロフィール
livedoor 天気