May 13, 2018

2018年B2リーグ第3節

こんにちは後藤です(=゚ω゚)ノ

さて、連日開催2日目のB2リーグ第3節。

面子は薬王寺、富永、高津、飯田プロ。

…3節目にして既に二回当たっている人が3人。ていうかうち2人昨日と同じやし。

さて一回戦。

東場はやたら小場。
まあ楽できてええけど。
少し上がって南3局まで薬王寺さんと競り合うも薬王寺さんに2000.4000が上がりオーラスハネツモ条件。

富永さんが薬王寺さんから1500を上がり、飯田さんから7700は8000を上がり、下とは離れて楽になるもののまだハネツモ条件。
リーチ棒一本出れば満ツモ条件。

さっさとポンポンチーとして、ダブ南ホンイツテンパイ。

満直条件で見逃しかける?と頭を過ぎるもまあ無理よねと8000上がって2着。


二回戦。

コツコツ上がってラス前で37000点、ここでもうひと上がりすれば、オーラスにヒャッハー出来る!
と前向き。
6巡目手牌こんなん↓ドラ白

四五六ΝЛ23779北北

そこに持って来る白。

下家の薬王寺さんは端牌を仕掛けているものの2巡目に切った私の九を長考後スルー、親の飯田さんは発ポンしてるけど、中そこまで引っ張ってない、まあドラ対子ならわからんけど。対面の高津さんは一旦遠慮気味の空気。

という訳で秒でツモ切り。

鳴かれたら鳴かれたで、オーラス勝負でも良し。
次巡7引いてリーチ。
数巡後飯田さんから2600は2900を上がりオーラスへ。

予定通り暴れ倒したると思っていると高津さんからリーチ。
ハネ直で無い限り大丈夫やし、場合によっては押すかと思っていると。2600横移動。トップ。

三回戦。
空振りが続き、ラス前にラス目の薬王寺さんに4000オールを上がられ、富永さん2100.4100を上がり、ラスを受け入れる覚悟をしていた所、満ツモ三着ハネツモ2着やからチートイっぽい手牌を進めていると、あれよあれよと言う間に四暗刻に。 

一一七七七きき777
1枚切れの一と生牌のぢ圓舛砲覆蝓▲▲譟これ結構いるんじゃね?
トップ目からは出ても裏ドラ条件になるから出さんでとリーチ。
終盤一をツモり、僥倖のトップ。

四回戦
なんか安心したか守りの意識がでたか中途半端な半荘でした。

東2局に手牌こんなん↓ドラ四

二三四五六ΝΝ34578白

9を2人ぐらい持ってなさそうやし、パンパンにしてええ手牌やけどまあええかと打А
高津さんから先制リーチが入り、6.9待ちで追いかけるも、高津さんがツモ。
6を2枚切っての9頭の4.7待ち。
むー、単独孤立で持ってきた残してたら勝てたけど…半端やったかなぁ?

その後も微妙な手順でチャンス手を上がり逃し、最後に3900上がってラス。

勝因の無い(分からない)勝ちはあっても、敗因の無い負けは無いってどっかの偉い人が言ってたなぁ。反省。

今節は+93.9
トータル+286.4の暫定2位。
あと7節頑張るでー(`・ω・´)





hakuneko at 17:43│Comments(0) リーグ戦 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール

5・10

livedoor 天気