May 11, 2019

2019年A2リーグ第2節

どうも後藤です(∀`*)

さて今日はA2リーグの第2節。

隣りの卓でサイさんが雀王経験者2人とMリーガーに囲まれて哀しそうな顔をしている気がするけどそれはさて置き。A2は怖かとことよ


同卓者は藤田、浅井、菊地プロ。


一回戦 北家スタート

120004000上がって出だし良しと思うものの、東2局に親の浅井さんに6000オールを上がられ、その一本場に藤田さんに30006000ツモられ、どつきあいの展開。

2局に8000上がってその後オーラスに6100オールと12600を上がり52006100を放銃して終了。

1


二回戦 南家スタート

1局、先制子リーチが入り、親御さんが清一色っぽい匂いを漂わせていたので久々にピンフドラ1現物待ちをダマ。2000点出あがり。

2局親番1段目に三色確定単騎待ちテンパイ。ダ擇雖待ちでリーチ。

もうちょい捻れたなぁと反省、流局。

その後ちょこちょこ上がり、オーラス36000点のトップ目、2着目の親とは6900点差。3着目とは15900点差。

3着目からリーチ。

見守る

1人ノーテンで流局

これを二回繰り返し、後がなくなったところでようやくピンフドラ1テンパイ。

さすダマ。

終盤前に上がる事が出来て1着。


三回戦 東家スタート

南場までほぼ原点。

藤田さんと、菊地さんが約1万点リード。

菊地さんが藤田さんから12000を上がり、2着狙いに移行。

オーラス3着目、2着目と1200点差3着目と2200点差の泥試合を制し、2着。


四回戦 北家スタート

前回と同じく大人しめの進行。

2局配牌1010牌。

とりあえず手なり国士。

6巡目、ラス目の親の藤田さんからリーチ。1111牌。

あんま押した事ないなーと思いながらベタオリ、流局。

一本場。少しだけ変態手順で13002600をツモ上がり。いやこれくらいはおると信じたい。

3

親の浅井さんのリーチを受け手牌こんなん

三四四Ν112334567 ドラ2

親の捨て牌第一打一、続いて四で

四は4枚見えやし三はほぼ通りそう。

めっちゃ二五待ち良さそうに見えるけど対面の藤田さんの情報は無し。

あと染まってるかどうかは知らんけど、下家の菊地さんはソーズに寄りがちな感じ。

とりあえず三。

そうこうするうちに下家さんが危険牌ぶっ放してるし引いてきたのが無筋の八。

ここはお任せやね、と四。

結果菊地さんが浅井さんから2000出あがり。


オーラス親番。

3着とは1200点差、1着とは3500点差の2着目。

まず配牌を開けてキッツイなぁと思い、次に現在1位の菊地さんからダブリーを受けて絶望する_:(´` ∠):


うん10002000なら耐えれるな(震え声)

こんな手牌で押していられるか!俺はオリさせてもらう!

と転進。

一応終盤の僅かなテンパイの可能性は残すけど基本押さず。

ラス落ちの心配の無い3着目が押してくれるかも知れへんし。

結果8000横移動。2着。


1.1.2.2+153.1p

トータル134.4p

展開に恵まれたなぁ。


という訳で続きます。



hakuneko at 21:28│Comments(0) リーグ戦 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール

5・10

livedoor 天気