August 18, 2010

過酷なバイト

テーマから書く。

『最も過酷なバイト・仕事の体験談を教えて!』とな。

高校生の頃。
夏場の中華屋。昼時の厨房はフル回転し始めると、客席まで暑くなって、冷房強でも暑かった。

専門学生の頃。
デパ地下。イートインのある餃子屋。ここも鉄板の熱、洗浄機の熱、綿茹で機の水蒸気。コンロの熱。冷蔵ケースの熱。フル活動中は店の回りだけ空気が違っていた。喉が渇いて、良く店のお茶を飲んだものだ。
お客様対応にも追われるし、店長・社員が頼りにならなかったし。


最近。
運送業の仕分けをしているのだが、勤務時間は夜。
しかも、外気温とほぼ変わらないので、夏は暑く、冬は寒い。
夏場はよく、人が倒れてるね。熱中症でね。
GWやお盆などで、渋滞が出来れば到着が遅れ、業務も遅れるが、発送の時間があるから上から煽られるは…。特殊なポジションにいるので、簡単に休めないし、休むのにも気をつかうの。




が!

やはり酷だったのは仲の良い人がいない状態で地方で仕事!
かな。
以前、衣裳の仕事で地方公演があるやつに付いたことがあるんだけど、東京公演中はまだ良かったんだけどね、地方に行ったらさ、独りなのよ。
いや、キャストやスタッフに先輩はいたんだけど、キャストの先輩はキャスト同士でになるし、スタッフだった先輩も長いことその公演スタッフだった人だからスタッフの方と…になっちゃうのよ。
で、部屋も一人部屋だし、知らない土地だし、本番中も一人だったし、『孤独』って感じでさぁ、辛かった。
一回は泣いた…かも。
今はその時知り合った方達と仲良くさせてもらってますが。

あ〜、一人で20着作ったこともあるな。

舞台って楽しいこともいっぱいだけど、大変なこともたくさんあるんでよね。

いきなり呼び出しくらったりね。
呼ばれて行って、気づいたら、話が違う、仕事が増えてる…なんてこともあったり。

hakuri726 at 09:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔