白山神駈道の風露草(かみかけみちのふうろそう)

白山神駈道は白山の加賀禅定道(18km)と美濃禅定道(19km)両古道の統一呼称。白山最高峰御前ヶ峰2702mをはさんで加美(神)両道を股に掛け(駈け)る道。加賀から美濃へ歩くのが順駈 美濃から加賀へ向かうのは逆駈登山、あわせて37kmの道を一日で歩きぬけるのを荒行登山、二日で歩き通すのが難行登山、三日なら苦行登山という。 このブログは神駈道広宣のため2011年8月から続けているものです。

白山神駈道登山のサポートは終わり、今は志のある方それぞれが計画を立て登山しています。登山時期は7月中は残雪で危険、8月は熱中症が心配、10月では山中での不時仮眠を考えれば寒すぎ、やはり9月が最適です。

9月某日午前0時加賀馬場白山ひめ神社から歩き出し、その日のうちに石徹白に到着。翌日、旧道を登り峠を越え美濃馬場白山長滝社まで歩かれた方がいます。 その方は別の日に長滝社から峠越で石徹白から白山を登拝、その日のうちに一里野登山口まで歩き、翌日白山ひめ神社に到着しました。この完璧な白山神駈道登山をされたのは東京の方です。どなたか再チャレンジし、その記事をこのブログに投稿してみませんか。

浅犀みくまり道アクセス用河内谷林道通行不可   白山神駈道の風露草

河内谷林道通行不可

  労山のでんでん虫倶楽部の山仲間が今秋も浅犀みくまり道道刈りに入ってくれるとのこと。日本山岳会
  石川支部は残念ながらもうあてにはなりません。登山道取り付き口まで車がスムーズ入れるよう林道の道
  刈りするのがまだJAC会員のままでいるわたしにできること。

  7月に入って連れ合いのアボさんにせっつかれ何度か河内谷川林道の草刈りに行った。
  昨年で終わったかと思っていた林道法面工事、途中の巣の谷林道登り口付近で今年もまだやっていた。
  顔なじみ作業員の方々にあいさつして通行止めを超えて奥に入り5日続けて刈り込んだ。カーブしてい
  る小谷の場所、谷水があふれどぶ臭い水溜まりになっている。苦労して泥を除け排水。🚙を通した
  その先からも大変、先日の小松市を洪水にしいた大雨で河内谷の側壁の小川もことごとに崩れており、
  林道は大小の土石で埋まっていてとても車が走れるものではない。歩いて小一時間、アスファルトの
  切れた小駐車場までくる。いつも、ここの大きな倒木の横に車を止め柏の道やその先の桃ノ木道登山
  口まで歩くのだが・・・。大倒木は林道から落ちる寸前まで流され1m以上あろうかと思える巨石が
  転がった入る。この先のえぐれて深い溝が続く未舗装道はどうなっているものやら。暗澹たる気持ちで
  引き返す。

IMG_2024

  家に戻り、林道を管理している石川県林業部に現状のを報告。県も小松洪水の後、林道の様子を見てき
  たそうで廃道にはせずこれから見積りを出し予算を組んで復旧工事をするとのことだった。
  毎年毎年復旧工事で大変な金のかかる山だと思う。今度の台風14号の跡、更なる崩壊が気がかりで
  ある。

弥彦山への旅(4)交流と帰沢   白山神駈道の風露草


弥彦山頂交流・下山・帰沢

IMG_2250

7月25日夜、弥彦神社の公園で花火が打ち上げられ部屋から寝ながら観て楽しみました。
IMG_2258

翌26日、午前9時過ぎ、池本さんが大庭さんの車を運転してお宿だいろくまで迎えに来てくれました。池本さんの娘さんがこちらに嫁ぎ、弥彦神社のそばでおしゃれな喫茶店を開いています。

IMG_2268









IMG_2267























IMG_2270
娘さんのお店にちょっと立ち寄り、それからから高速で真っ直ぐ金沢に向かう。昼1時前に自宅到着、ありがとうございました。







弥彦山への旅(3)高頭祭   白山神駈道の風露草

7月25日  高頭祭

弥彦温泉お宿だいろく前 弥彦山に向かうアルピニズムクラブメンバー
IMG_2194
niigatayahikojinjap640弥彦神社
神社境内を散策しながらロープウェイ乗り場に向かっていたらわたし風露草の
足元おぼつかない姿を見てアルピニズムクラブ責任者神崎さん(前日本山岳協会会長)が
「レンちやん(わたしのこと)古野さんが車でお供え物を持って山頂に行くのでそれに乗って行ったら」勧めてくれた。

迷惑をかけられないわたし風露草、素直に
「お願いします」と返事。

IMG_2199


まず弥彦神社祭殿でお祓いを受ける。

JAC26代会長古野 淳氏
新潟県山岳協会役員の方々に交じって
神前で弥彦神社方式の二礼四拍手一拝で参拝をすませてから
弥彦スカイラインを走って山頂へ。


IMG_2212






すでに山頂ロープウェイ駅から皆さん山頂駐車場へ降りて向こうの大平園地へむかい、高頭祭会場設営準備中。









山道にクルマユリやヤマユリが咲いていた。


ヤマユリIMG_2217













それにしても山頂部の巨大アンテナ林立は神山にふさわしくない景観で如何なものかと思う。

IMG_2220

IMG_2226
















びっくりしたのは会場にJAC石川支部の大庭さんと池本さんが来ていたこと。


参加者全員が高頭翁銅板レリーフに献花し式典を終えた。

準備一切の世話をされた新潟県の岳人(パープルのお揃いのTシャツ)の方々ご苦労様です。


IMG_2231
式典の後、新潟平野を見下ろす大平園地で日本山岳会会長古野 淳氏の記念講演会「高頭仁兵衛と日本山岳会」が行われた。

IMG_2232

その後、駐車場に戻り約1時間かけて弥彦山頂の奥宮に登り、
神職の祝詞を聞きながら玉串を捧げ登山活動の安全を祈願。

IMG_2249IMG_2243











































IMG_2247

















この後、新潟の方々が用意して下さったたいまつを掲げて麓の弥彦神社に下る予定だがわたし風露草はもちろん不参加、ロープウェイで降りるつもりだった。
ここで「神崎命令です、今田さんについてもらってすぐ山頂駐車場まで下り登って来たと同じ車で麓に下りてください」と言われてしまった。
IMG_2251




わたし風露草の様子がよほど心配に見えたのだろう。
「はい」と素直に返事、下山にかかる。ほとんど階段道だが下りの方が膝、足首がうまく曲がらずつらいがそれでも
明るいうちに早々、宿に戻ってしまった。


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

hakusankamikake

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ