白山神駈道の風露草(かみかけみちのふうろそう)

白山の古道 加賀禅定道(18km)と美濃禅定道(19km)の統一呼称。 白山最高峰御前ヶ峰2702mをはさんで加美(神)両道を股に掛け(駈け)る道が白山神駈道。あわせて37kmのこの道を一日で歩きぬけるのが荒行登山、二日で歩き通すのが難行登山、三日なら苦行登山。 加から美が順駈 美から加が逆駈登山。2011年8月から書き始めたこの道を愛し歩こう会のまじめでマニヤックなブログです。

白山神駈道登山。サポートは昨年でお終い、今後は志のある方それぞれが計画を立て登山してください。時期は、7月では残雪で危険、8月は熱中症が心配、10月では山中で不時仮眠は寒すぎるで、やはり9月が最適です。

昨年、最後のとき加賀馬場白山ひめ神社から歩き出し、その日のうちに石徹白に到着。翌日、美濃番場白山長滝社まで歩かれた方がいます。その方は今年9月、午前0時、長滝社を出て旧道を登り峠を越え、石徹白登山口から白山に登拝、その日のうちに一里野登山口まで歩き通された方がいます。

泰澄さんとち~やんさんに出会った昇竜半島トレック  白山神駈道の風露草

2016年12月3日

千里浜から羽咋滝漁港
まで


①地図

前回11月30日、
高松看護大学ICから千里浜海岸出浜手前まで歩いた。

今日12月3日、
穏やかな晩秋の
青空を楽しみながら、その続きで、
千里浜なぎさドライブウエーを羽咋まで歩き、そこから自転車専用道路で気多大社の少し先、
滝港まで行く。




⑩











⑪

















砂海岸の終点、羽咋川が見えてきた。河口の橋にうまくたどり着けるかなぁ・・・?若干不安を抱えながら接近。

⑫

















里山海道羽咋橋下の川縁の小藪をくぐり、連れ合いAboさんにブツブツ言われずなんとか汐見大橋を渡ることが出来た(′∀`)。

⑬

















大橋を渡った先の右下に池があり3~400羽のカモやオシドリが憩っていた。われわれが近づいて一斉に飛び立つ様は壮観、カメラを出し遅れて残念。片野の鴨池と比べてそん色ないこの場所、後から調べてみた。
2.5万図には名前が載っていないがどうやら大田の崖の三日月湖という湿地らしい。

⑯











⑮















⑰














⑱













朝方、車で来て自転車をデポしておいた一の宮海岸に来ました。看板に向かい合って能登一の宮の気多大社の大鳥居が立っています。菊のご紋の大社左側に梅鉢紋の立派なお寺、何と白山開山の泰澄大師像が立っているではありませんか。泰澄が夢のお告げで建立した神宮寺の一つがこの正覚院で、それで像があるみたいです。

泰澄が開いた白山登山道を
白山神駈道
としてその振興運動をしている
わたし風露草、大師像との思わぬ出会いに
感激しました。

⑭













⑲セン㉔
















滝港で雪の立山を見ながらお弁当を食べてから、自転車をのんびりこぎ秋の花を楽しむ。最後は千里浜なぎさドライブウエーで出浜に置いた車に戻る。

下の写真(風露草家横の道で)は朝方、われわれが歩いているとき千里浜の砂浜を金沢に向かって荷物満載のママチャリをこいでいた女性です。

㉓ ずずまぐろい(金沢弁 黒くよごれている)その姿に、我々と同じ種族を感じ、思わず声をかけてしまった。

今晩、金沢のわたしの家に泊まって行きなさい”。

25歳のこのチアキという名の女性、
神戸から自転車で北海道まで行き山を登りながら一周。日本海側を南下し
神戸へ帰る途中とのこと。
お金が無いのでテントか道の駅の中で寝ながら旅しているとか。
どうりで
ずずまぐろいはずだ。
夕方、わたしの家近くのスーパーで落ち合い、銭湯に連れて行く。
磨けばきれいになるで、日焼けは仕方ないが本来の乙女顔が出てきた。次の日、海岸沿いに小松に向かって走って行き、暗くなった7時過ぎ到着メールが届いた。













































藪漕ぎ・渡渉・千里浜海岸サイクリングの昇竜半島トレック  白山神駈道の風露草

2016年11月30日

能登里山海道

高松看護大学ICから千里浜
まで

⑫
前回、
白尾ICから~高松看護大学IC
まで
歩いた。

またまた行く秋を惜しみながら青空の
一日、その続きで、千里浜なぎさドライブウエーを少し先まで歩く。





看護大学IC付近の海岸に車をおき、砂地の高松海岸を歩く。

②













まもなく大海川
(おうみがわ)河口にぶつかる。

③














里山海道は歩けないのでその向こうの橋を探して左岸の藪を進む。

④

















ようやく車道のある太陽光発電パネル設置箇所が見えた。トゲをイタイイタイの怒り声でそこへ下る連れ合いのAboさん。
すごく大きい発電施設だな~”のわたし風露草の声に無言、返事無し。
二人パーティは徐々に分裂前進の様相を帯びてきた。

⑤

















その先の前田川は農道の橋を渡り、海岸砂浜に戻る。
宝達川にぶつかりもう藪漕ぎは嫌なので靴を脱いで渡渉。少し行くと相見川、何とかのと里山海道の橋の下を潜り抜けて農道の橋まで行く。
振り返るとすぐ後ろにいたはずのAboさんの姿がない。
草むらにしゃがんで{}かな・・・、遅いな~{}かも・・・。
遅すぎる、{まさか相見川に落ちたんでは?}。浅いから見えるはずだがのぞき込んでも姿は無い。
携帯電話してみる。「今、里山海道横の自転車道を歩いてる。何度も手を振って合図したけど気がつかなかった。それでメールしました。あなたはあなたで行ってください」だってさ。

トボトボ一人歩きして、今浜ICの手前からなぎさドライブウエーの砂浜に下りてようやく追いつき、自転車をデポしてある出浜まで行く。
ちょうどお昼なのでお湯を沸かして一服、ケンカせず仲良く昼食。
11月末なのに暖かくまわりの花や実が目を楽しませてくれる。

⑥⑦









⑳















帰りはなぎさを自転車でスイスイ。海岸通しは例の4本の川があって無理なので今浜ICから
自転車道で戻る。

⑨








⑨ (2)

















浅犀みくまりの道 今年最後の管理登山(2016/11/24)  白山神駈道の風露草


浅犀みくまりの道点検補修登山


9月末~10月にかけて河内谷川林道の道刈をして、登山口まで車がスムーズに入れるようにしました。
それで何人もの方が浅犀みくまりの道を歩かれました。その方々からクマにかじられた心野谷山の標柱の写真や下山口の案内板もクマに壊されたいたという報告をいただきました。
それで11月24日、補修材を持って連れ合いと二人で周回してきました。
季節が涼しくなったので直しながら約5時間で歩けました。
クマさんのドカ脱糞は見ましたが、残念ながら(幸いにも)クマさんご本人にはお会いできませんでした('▽'*)♪

①

















②


















③






11ミリ固定ロープは白山フウロ山岳会から寄贈された廃棄品です。










④






今年の初雪を見ました。
例年より遅く少ないですね。


④ (2)










⑤奥高尾山側の柏の道降り口標識もやられていました。








石川県が付けた順尾山表示、山頂の相当手前にあって従来から人をまどわしていたので、今回、これを外し本当の山頂に移しました(画像左端)。




⑥
⑧ (2)










⑨クマ糞







⑩


⑦














⑪












犀奥の山とみくまり道展望台図をクマにやられないようブリキで作りました




金沢市内から車で約40分でこんなにも野趣あふれる
自然と触れられるって素晴らしいです。犀川、浅野川のみくまり(分水嶺)の道、市民の宝物です。
健脚の方で一回り5時間、みなさんぜひ歩いてください。




















記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ