白山神駈道の風露草(かみかけみちのふうろそう)

白山の古道 加賀禅定道(18km)と美濃禅定道(19km)の統一呼称。 白山最高峰御前ヶ峰2702mをはさんで加美(神)両道を股に掛け(駈け)る道が白山神駈道。あわせて37kmのこの道を一日で歩きぬけるのが荒行登山、二日で歩き通すのが難行登山、三日なら苦行登山。 加から美が順駈 美から加が逆駈登山。2011年8月から書き始めたこの道を愛し歩こう会のまじめでマニヤックなブログです。

白山神駈道登山。サポートは昨年でお終い、今後は志のある方それぞれが計画を立て登山してください。時期は、7月では残雪で危険、8月は熱中症が心配、10月では山中で不時仮眠は寒すぎるで、やはり9月が最適です。

昨年、最後のとき加賀馬場白山ひめ神社から歩き出し、その日のうちに石徹白に到着。翌日、美濃番場白山長滝社まで歩かれた方がいます。その方は今年9月、午前0時、長滝社を出て旧道を登り峠を越え、石徹白登山口から白山に登拝、その日のうちに一里野登山口まで歩き通された方がいます。

74ジィ&68バァ 山陰・山陽の山と名所の旅   白山神駈道の風露草 

 6月15日から10日間、以下の日程で中国地方
 (山陰・山陽)の山と名所の旅に出ますので
 本ブログは6月26日あたりまでお休みです。


RaN87_map_cyugoku - コピー - コピー

中国地方 旅と山 日程

 

1日目(6/15木)

金沢➡京都府京大芦生の森山の家⇒芦生の森トレキング(上谷・杉尾峠コース4km3時間)美山町文化村キャンプ場(車中泊)

 

2日目(6/16金)

キャンプ場➡宮津・天の橋立➡玄武洞(柱状節理 天然記念物)➡
鳥取県香住 海の文化館➡浦富
(うらどめ)海岸(田後~網代遊歩道3km往復2時間)➡牧谷キャンプ場(車中泊)

 

3日目(6/17土)

キャンプ場米子市・弓ヶ浜・境港・皆生温泉島根県松江市(松江城/松江歴史館/塩見縄手武家屋敷/小泉八雲館)➡玉造温泉(薬師湯広場//由志圓牡丹の館)➡出雲大社

立久恵峡わかあゆの里キャンプ場(車中泊)

 

4日目(6/18土)

キャンプ場➡立久恵峡見物➡石見銀山(大森地区/銀山地区/薬師如来/龍御前神社)➡

五百羅漢寺(世界遺産)➡三瓶山登山1126m(姫逃池-男三瓶-女三瓶-男三瓶-北の原4時間)三瓶温泉国民宿舎さんべ荘(泊)

 

5日目(6/19月)

宿舎➡三段峡➡恐羅漢山1346m登山(夏焼ルート-山頂-立山ルート)
広島県 恐羅漢山キャンプ場(泊)

 

6日目(6/20火)

キャンプ場➡益田市➡津和野➡山口県萩市(ホテル泊) 【萩産業遺跡群/松陰神社/萩カトリック教会】旅人の宿 はぎタイム

 

7日目(6/21水)

ホテル➡(35km1時間)青海島(海上アルプス)➡角島大橋(1.2km往復歩く?)➡長門市/下関市/関門大橋福岡県 門司市➡山口県下関市➡秋吉台➡秋吉台キャンプ場(車中泊)

 

【旧英国領事館6・火の山公園・調布半侍屋敷長屋・下関歴史博物館長府毛利邸】

 

8日目(6/22木)

キャンプ場➡岩国(錦帯橋/吉香公園➡広島県宮島駅➡船で(厳島神社)広島市(ホテル泊)

【五重塔・王道参拝コース・弥山ハイキング ロープウエイ】

 

9日目(6/23金)

ホテル➡広島城/平和公園・原爆ドーム➡尾道(千光寺山公園 ロープウェイ )➡千光寺山公園裏駐車場(車中泊)

 

10日目(6/24土)

岡山県倉敷市(大原美術館)➡岡山市(後楽園)➡姫路城➡(仮眠)➡金沢


74ジィ&68バァ 近畿の旅の最後 造幣局・ビール工場・信貴山  白山神駈道の風露草

ジィ&68バァ車中泊で日本一周    (3段目) 5月18 ~ 24日 

鎌ヶ岳やら大台ケ原やら・・の近畿地方回遊7日間

(文 Aboさん  文章と画像は 風露草)

5月24日(水

大阪造幣局見学

 

 今日は大阪城外周を車で回り、遠くから外側だけさあーと見て、
予約時間に間に合うよう桜の通り抜けで有名な造幣博物館にすぐに
向かった。

⑱ (2)

⑱
⑲























⑳


















明治時代の赤レンガ造りの西洋風建物で、平成
214月にリニューアルオープンした。ここで製造している貨幣はコイン、他、記念貨幣、勲章,褒章などで、紙幣はさいたまの造幣局であることを初めて知った。製造過程で特に驚いたのは、500円玉の最新偽造防止技術が採用されている事だ。周りのギザギザが斜めに刻まれているのは、世界初で、とても難しい技術との事。そして刻まれた「500」の数字の中の「00」をようく見ると、なんと、さらに縦に500円と見えるのです。皆さん、知っていましたか?私は全く気づきませんでした。

最近は電子マネーで支払いが増えてきたためか、コインの製造量が減っているとの事です。展示室では、貴重な昔の本物の金の大判、
小判や延べ棒が厳重なガラスの中で見られました。きれいな各県の
カラーの記念貨幣も展示され、感動した夫は、最新の貨幣セットを、私は貨幣せんべいをお土産に買って御機嫌でした。

 

桜はすごく種類が多く、毎年新しい品種が植えられ、木は低いので、花の咲く季節になれば、さぞかしきれいだろうなあ。人気があるはずです。


アサヒビール吹田工場見学

 次はアサヒビール吹田工場見学です。
造幣局が終わる時間に合わせて見学予約してあります。
二人とも運転中なので、ビールの試飲が楽しみなのに味わえないとは!でも夫はせっかくの機会だし、僕が運転するから、君は試飲してどんな味か教えてくれと勧めるのです。
という訳で、受付で運転する夫のみ首から識別カードをぶら下げられてしまいました。

㉑














案内役の女性はとても感じの良い方で、わかりやすい言葉で説明してくれる。本日の見学者は、欧米人も含め沢山の人だった。

最初にビデオルームに入り、アサヒビール会社の歴史、ビールができるまでの仕組み、社会への取り組みなどが紹介される。
それがすむと、案内役の説明を聞きながら、

①製造工程 ②仕込み ③発酵熟成 ④ろ過 ⑤パッケージング工程 をガラス越しに見ていく。

ホップも初めて口にしたが、苦かった。オートメーション化しているため、瓶や缶のふたをする工程のスピードの速いこと!目にも止まらぬ速さです!

㉒㉓










㉔
㉕












㉖








































アサヒビールの国内すべての工場で、資源リサイクル化100%を達成しているとの事。それでこそ日本の歩むべき道です。

最後に待望の試飲室へ案内されました。各テーブルにおつまみと、ジョッキが置いてあり、ビールは出来立ての豊穣とスーパードライ、黒ビールの3種類を楽しめます。

㉘

夫はノンアルコール、各種ジュースを飲めます。お代わりは3杯までオッケーなので、皆さん飲むの何のって!私もつられて2杯も飲んでしまいました。黒ビールは癖があって好きでないが、種類が違うのか、とてもおいしかった。夫もノンアルコールビールを初めて飲んだが、想像以上においしかったよう。気を良くした夫は、ギフトショップで珍しく沢山お土産を買いこんでいました。

 二人とも大満足してビール工場を後にし、奈良生駒山から信貴山の朝護孫寺目指して、車を進めました。


信貴山の出会い


実は私は、高校の部活で仲良かった同級生が偶然、この信貴山近くに住んでいる事が分かり、連絡したところ、50年ぶりに懐かしい友と再会できるとの、嬉しい返事をもらえたのです。ワクワクドキドキ。
彼女が山門まで来てくれました。おしゃれな彼女に比べ、私は汚いまま。でも会えた嬉しさで、恥ずかしさはぶっ飛んでしまいました。
彼女は卒業後も、人生においてずいぶん私を助けてくれた恩人でもあります。

 夫は信貴山登山、私は友の運転する車でドライブと、別行動。
自然豊かな山あいを走り、静かな住宅街にある彼女の自宅を紹介され、喫茶店で積もる話を一杯し、寄れなかった法隆寺も通り、5時に待ち合わせの山門に着きました。もっともっと話したかったけど、
会えただけでもすごく嬉しかった。彼女から、柿の葉寿司や、柿クッキー、ケーキ、お茶など沢山の手土産を渡され、恐縮しきり。
感謝、感謝。


㉙













名残を惜しんで彼女と別れた後は、明日に万博で遊ぶのを中止し、
もう疲れたので、18時このまま金沢へ帰る事に変更した。
高速道路を飛ばし、夜中12時前に自宅に無事到着。


この近畿山旅もどうにか事故も無く、無事に終えることができ、
本当に良かった。さー、次の旅は中国地方かな?


毘沙門天がこの山の上で聖徳太子に現われ、”われを信ずべし、貴ぶべし”と告げたことが山名の由来とか。真言宗信貴山寺は朝廷の子々孫々を護る寺ということで朝護孫子寺との名称を持つ。437mの雄山が主峰で山頂にある空鉢護法堂まで赤い鳥居が立ち並び参詣の石段が続く。

時間が遅くお宝の信貴山縁起絵巻は拝観出来なかったがAboさんたちがおしゃべりしている間に、わたし風露草一人で山頂まで登ってきた。信長・お市が奉納したという鳥居があり空鉢護法堂からの景色は素晴らしかった。

㉚信貴山 002_1600


















㉛信貴山 006_1600

















㉜信貴山 016_1600

















㉝




















㉞信貴山 013_1600㉟信貴山 014_1600













造幣局・ビール工場はAboさんがいなければわたし風露草だけでは行かなかった場所です。行って良かった。

今、6月15日から10日ほどの中国地方の山と名所の旅を企画しています。

74ジィ&68バァ 近畿の旅 ユニバーサルスタジオジャパンに入る  白山神駈道の風露草


ジィ&68バァ車中泊で日本一周    (3段目) 5月18 ~ 24日 

鎌ヶ岳やら大台ケ原やら・・の近畿地方回遊7日間

5月23日(火)大阪市 USJ 遊ぶ

(文 Aboさん  文章と画像は 風露草)

 

 今日も晴れ、連日すごい暑さが続く。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンUSJのゲートは9時半に開くので、2時間前に駐車場へ。しかし平日だから込み具合は大したことはないとの予想は大外れ。5月は修学旅行の時期だった!日本の小中学生どころか、韓国の高校生やら、中国人観光客など、ゲート前は人、人、人の長い行列。シニア一日料金一人6830円を払う。

ゲートが開いたとたん、どどーっと皆さん
は、お目当てのアトラクション目指して 走るから、あっという間に2時間待ちになってしまう。私は事前の知識ゼロなので、さてどこから・・ 

 
 夫が、まず
1番人気のハリーポッターのの行列に並ぼうと言う。過去5年連続世界最高に輝いたアトラクションが格段に進化し、最新技術4で、臨場感を体験できるというのだ。
退屈させないよう、ぞろぞろ歩かせながら、長い順番を待たせる工夫をさせており、そうつらくなかった。
やっと自分の番が来たが、係員は年寄りの我々を見て
大丈夫ですか?”と心配そう。
左右前後に大きく動く椅子に座り、落ちないよう胸の前に大きなバンドで固定された。映像と音響が始まり、いきなり、ハリーポッターのように猛スピードで空を飛んでいる感覚に襲われた。魔物が襲ってきたり、障害物を避けようと、椅子がそのたびにガタンと真後ろに倒れたり、激しく揺れるため、胸悪くなり吐きそうになった。
時々目をつぶり我慢。「あぁーもうだめ!」と思った瞬間終わった。出るときに、注意書きを見たら、<乗り物酔いする方は✖>とあり
私には向かないと悟る。

⑮USJ⑯











 

















ミニオンパーク、ジョーズ、ジュラシックパーク、スパイダーマン、など興味をひくものが一杯あったが、
どれも<乗り物酔いの方は✖>。夫は平気らしいが、私は絶対ダメ。でもせっかく高い料金を払ったんだし、何か体験できるものはないかと、炎天下にせっせと探し回り、子供向きのフライングスヌーピーに乗ることにした。
メリーゴーランドみたいにゆっくり上下に動いて回るものだ。
しかし何故か、我々のスヌーピーだけちっとも上下せず回るだけ。
なんで?終わってから係員に聞くと、横のレバーで自分で操作するとの事。あーぁ・・知らなかった

 
昼食後、ウオーターワールドのアトラクションなら、観客席で見るだけと知り、今度こそと期待。しかし前に座るとバケツやホースで激しく水をかけられ、ずぶぬれになるらしいので傘を用意。外国人の男女のリアルスタントの連続で、息をのむアクションの冒険ショーだった。派手な火薬の爆発音が響き、水上ボートを操り、スリルがあってそれなりにおもしろかった。

⑰

















驚いたことに、水をかけてほしい客(外国人も含め)が、舞台前に沢山勢ぞろいして立ち、ド派手にぶっかけられて喜んでいるのだ!着替えを持ち込んでいるリピーターだろうな。USJ
は完全に若者向きの
遊び場で、年寄りには向かないと後悔。


 わたし風露草、USJは2度目。Aboさんがどうしても観たいというのでお付き合いした。前回無かったものがハリーポッター館でわたしはお歳の割りに
ポッターフアンで本も映画も全部見ており、ハーマイオニーが好きなのでセットの出来も良くそれなりに満足しました。


 さすが疲れ果てて
15時半に出た。8時間も黙々と私に付いてきてくれた夫に感謝。今晩の宿泊予定の大和屋本店へ向かう。宿泊料は二人で7560円と安いが、駐車料金が3000円と、信じられない値段!
部屋はまあまあだが、大浴場は地下のせいか、かび臭かったのが
残念。夕食は道頓堀で粉物を外食予定だったが、歩くのが嫌になった私は、高い
11500円もするお好み焼きを2枚と握りずしを一折持ち帰り、コンビニの冷たいビールで部屋で食べたら、もうバタンキュー。山歩きより疲れてくたくたになった1日だった。


大阪は「食い倒れの街」といいますけど、いつ食べてもカニもフグも粉ものもおいしいもの何一つおまへんな。
高い金出せばどこだって何だって美味しいと思うけど、大阪・名古屋はいっぺん通の方に案内してもらわんと”あきまへんな”

記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ