白山神駈道の風露草(かみかけみちのふうろそう)

白山の古道 加賀禅定道(18km)と美濃禅定道(19km)の統一呼称。 白山最高峰御前ヶ峰2702mをはさんで加美(神)両道を股に掛け(駈け)る道が白山神駈道。あわせて37kmのこの道を一日で歩きぬけるのが荒行登山、二日で歩き通すのが難行登山、三日なら苦行登山。 加から美が順駈 美から加が逆駈登山。2011年8月から書き始めたこの道を愛し歩こう会のまじめでマニヤックなブログです。

白山神駈道登山。サポートは昨年でお終い、今後は志のある方それぞれが計画を立て登山してください。時期は、7月では残雪で危険、8月は熱中症が心配、10月では山中で不時仮眠は寒すぎるで、やはり9月が最適です。

昨年、最後のとき加賀馬場白山ひめ神社から歩き出し、その日のうちに石徹白に到着。翌日、美濃番場白山長滝社まで歩かれた方がいます。その方は今年9月、午前0時、長滝社を出て旧道を登り峠を越え、石徹白登山口から白山に登拝、その日のうちに一里野登山口まで歩き通された方がいます。

卯辰山から東山への間道を抜けると白山詣で双六の振出し  白山神駈道の風露草

マイフェバレィトコース ひがしやま
 卯辰山から東山への間道

BlogPaint





地図の上にカーソルを当てクリック、拡大してください。










2019年3月20日(水)  
青空でジィ・バァは家にじっとしていられない。

①


家の裏山、卯辰山に上がり大笠岳を左に見ながら見晴台に行く。
⑯卯辰山見晴台








モヤって剣・立山はよく見えないが倉ヶ岳から獅子吼・奥獅子吼山に水葉山の連なり、その奥の白山連峰が何とか見える。

①夘辰山日蓮像



日蓮上人銅像向かいから車道を横断、
徳田秋声文学碑から間道に入る。


③卯辰山から矢ノ根川









竹林の間の狭く滑りやすい舗装路、墓地を抜ければ矢ノ根川
川沿いの子来町住宅
地をしばらく下れば
宇多須神社(通称毘沙門さん)。
そのまま真っ直ぐ進めば東山茶屋街、左に折れて細い小路を進めば卯辰山寺院です。
今日は小路沿いの沈丁花の香りを楽しみながらお寺を五つほど見て
毘沙門さんに引き返し、浅野川天神橋に出て右岸堤防道を歩いて家にもどる。約2時間ほどのコースでいい感じでした。

➁
③



















④













⑤







⑮


⑯⑰





































卯辰山寺院群は寺をわずか5つ回っただけ。次回、もう少し余計回ってみたい。

今回見たお寺に西養寺というのがあった。
藩政時代末期に作られた白山ヒメ神社まで行く24か所巡り
白山詣双六振り出しのお寺が
西養寺で、お寺の井戸水が白山から来ているとのこと。
この双六図、最近クローズアップされ各立ち寄り先にコピーが置かれ、これを訪ねるツアーも組まれているようだ。我々もそのうち
24ヵ所歩きして見ようかと思う。


⑥⑧













⑦












⑨⑩











⑪⑫⑬
西養寺さんにも宇多須神社と同じ忍者案山子があって面白かった。



























imagesECM7PVF3























甲斐埼山で小冒険的登山&山菜摘み  白山神駈道の風露草


甲斐埼山で小冒険的登山&山菜摘み



2019年3月18日(月)

今日も好天、この天恵の青空で老い先短いジィ・バァは家にじっとしていられない。

Aboさんが”どこへ行く?”と聞いてくる。

三日前の3月15日は津幡町の鉢伏茶臼山だった。今日は・・・

鉢伏の隣の大熊(おんま)甲斐埼山にでも行くか。あんまり歩かなくてすむから。出来ればその向かいの小熊(こんま)殿山。時間が余ったら県森林公園散策だ

甲斐埼山







地図の上にカーソルを当てクリック、拡大して下さい。





大熊集落の甲斐埼神社の案内が立つ入口車道に駐車、歩き出す。

後ろから来た車が止まる。この先に陶芸窯を持っている方で、道の脇のヌカンゾウやノビルが生えている場所を教えてくれた。


①
① (2)







➁




③








































車道の終点が甲斐埼神社駐車場。
ここには石川県内では珍しいアカガシの大木が10本ほどあって県の天然記念物に指定されているという立札がありました。
鳥居をくぐり石段の参道を登って行くと甲斐埼神社拝殿前にアカガシの古木がありました。
甲斐埼?変わった名前だなと後から調べたら、このあたりを差配していた加賀藩十村役の方が甲斐(山梨)出身だったからだとのこと。


④
⑤















⑥






































さて、甲斐埼山189m山頂への道はと探して見ましたがわかりません。
ガーミンのGPSの指す方向目指し、横の小さい社の後ろから疎林の中を
リトルアドベンチャーやな”と言いながら登って行きました。一番高そうな所まで来ましたが山頂の印はありません。GPSはもう少し左を差しています。約20分ほど少し下ってまた少し登って頂上かなと思う場所に。
三角点も図根点標石も見当たりませんが、藪に隠れているのだろうと考え、そこで引き返します。藪でどこを登ってきたか分からずAboさん不安がっていましたが無事小冒険を楽しみアカガシに帰着。
神社駐車場反対側の小山から白山や剣・立山の白い峰々を見ながら作業道を下って車に戻りました。

⑦⑧




























⑨























小熊の殿山189m。何人かの地元の方に訊きましたが誰も知りません。
2.5万図に名があるのに・・・。
あの山らしいものを教えてもらいましたが道が無いらしく、山の写真を撮っただけで森林公園に向かいました。

⑩















県森林公園はP2駐車場からカマンチャイ池の野鳥観察舎まで歩いて下り、遠くのカモ類を眺めてから吉倉口まで歩く。そこからまた車道を登り返し車で見晴台まで行き剣・立山・薬師、そして大門山から白山に続く山並みを眺める。倉見温泉に入り、午後6時帰宅。夜はヌカンゾウのおひたしとノビルの天ぷらで乾杯。


⑬





⑪































茶臼山探訪で白山と地上の星に感謝(3/17修正)  白山神駈道の風露草

茶臼山浄水タンクを見て思ったこと

2019-03-15 001 003_1024

まず、茶臼山山頂の巨大な貯水タンク。

若いころならなんじゃ、これはと嫌悪感を抱いたでしょう。
宇ノ気には連れ合いAboさんの長女一家が暮らしています。そのお家にひねるとジャ~とそのまま飲める水がここから配られているのです。
この日はこのタンクと排水管施設を維持管理している県とかほく市の職員の方々のことをまず思い浮かべました。
ありがとう」です。

家に帰って、ネットで調べて見ました。
いしかわ水道ビジョン
というパンフ資料が手っ取り早いものでした。

http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kankyo/shiryo/suidou/documents/ishikawavision4.pdf

1970年代に手取ダム建設計画が持ち上がりました。
現白山市、当時白峰村と尾口村の
330
戸の集落が水没する手取ダム。地元を中心に猛反対運動、成立したばかりの水源対策特別措置法により多額の資金が注がれ、冬季に陸の孤島化していた村落にダム沿いの新しい道路が造られるなどしました。
当時未舗装の道を走って白山に向かっていたわたし、ダムには賛成ではなかったのですが反対運動もしませんでした。
渇水時、集落の住居跡がダム底に見えると往時を思い出しもの悲しい気持ちになります。
ダムは1979年に完成し、発電所や浄水場、配水施設が造られ、地元だけでなく県民の多くがその恩恵に浴するようになりました。
しかし巨額の補助金の旨酒
の味を覚えた地元有力者はやがて白山の自然を食い物にしだします。各自治体のスキー場開発競争、一番ひどい負の遺産が白山スーパー林道造成。河内村のゴルフ場や中飯場へのバス乗り入れ計画は阻止出来てよかったです。これが簡単に通れば、当時考えられしばしば新聞記事になっていた弥陀ヶ原へのゴンドラ架設、千丈平のスキー場化が現実のものになっていたかもしれません

ともあれ、能登島まで手取の水で潤っているのです。
白山のお陰だと感謝します。
でも、
年寄りだからと甘えひねるとジャ~の便利さだけを求めて自然に取り返しのつかない負荷を与えてはいないだろうかなど、時々立ち止まり考えなければいけないでしょう。近ごろすっかり角が取れ物わかり良くなったわたし風露草ですが、水道局の人たちなど社会すべての地上の星々ともいえるような人たちに感謝しつつもどう生きるか考え、問題によっては時々は昔みたいにもっと物わかり悪くならなければならないなと思います。


BlogPaintBlogPaint

















白山浄水場






















記事検索
プロフィール

hakusankamikake

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ