ハクシキ堂

知識欲を刺激するまとめブログ!! 科学宇宙、考古歴史、国際情勢など、ちょっとためになるニュースや雑学を集めてご紹介します。 たまに動物などの和みニュースもご紹介! Let's enjoy ハクシキ堂!

ヘッドライン
スポンサーリンク

2013年08月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 締まらない二の腕φ ★ 2013/08/31(土) 16:48:14.81 ID:???

▽画像
no title

駅のホームに転落事故などを防ぐために設置されているホームドアで、発着する列車に応じて扉の位置
を変えることができる新たなタイプが開発され、埼玉県所沢市の私鉄の駅で実証実験が始まりました。

新たなホームドアは、東京大学と大手鉄鋼メーカーの研究グループが、4年前から開発を進めてきました。
埼玉県所沢市にある西武鉄道・新所沢駅のホームの一部に設置され、発着する列車のドアの位置に合わせて、
実際にホームドアの扉の位置を動かす実証実験が、31日から始まりました。
ホームドアは、線路への転落事故を防ぐ決め手と期待されていますが、ドアの位置が異なる車両には対応で
きないことが普及に向けた課題となっていました。
開発されたホームドアは、扉を収納する戸袋ごと動く仕組みで、ドアの位置が異なる車両が発着する駅にも
設置することが可能になりました。
新所沢駅には1両にドアが4つある車両と3つある車両が乗り入れていて、列車が到着する1分前になると
チャイムが鳴ってホームドアの扉の位置が移動していました。
研究グループでは、実証実験を半年間続け、乗客がスムーズに乗り降りできるかなどを検証することにして
います。
東京大学の須田義大教授は「車両に合わせて扉の位置を移動できるので、ホームドア設置の促進に貢献できる
と思う」と話しています。

▽NHKnews(8月31日 15時49分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130831/k10014183231000.html


4: やまとななしこ 2013/08/31(土) 17:00:04.81 ID:Z/B9Aocs
扉に轢かれないための扉が必要だな

【【埼玉】扉の位置動く 駅のホームドア 西武鉄道・新所沢駅のホームで実証実験】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 森の名無しさん 2013/08/31(土) 11:09:16.49 ID:ZOEkAreH0 BE:1046336562-PLT(12001) ポイント特典
Amazing chandelier inspired by nature turns a room in to a forest using trick of the light

no title

no title

no title

no title


http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2405420/Amazing-chandelier-inspired-nature-turns-room-forest-using-trick-light.html

82: 森の名無しさん 2013/08/31(土) 15:44:23.69 ID:bC25eu2M0
>>1
怖ぇよ

【【画像あり】「部屋が森林化するシャンデリア」 これはすげえええええええええええええええええ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★ 2013/08/29(木) 21:35:28.40 ID:???
no title 

シルクロード沿いにあるシリアの世界遺産・パルミラ遺跡の地下墓(2世紀初め)で出土した人骨に、
古代中国の女性とみられる骨があったことが、奈良県立橿原考古学研究所などの調査でわかった。

 中国の文献に、地下墓ができる少し前に後漢(25~220年)の使節団が
ローマに向けてこの一帯を通った記録があり、その一員の可能性がある。

 地下墓は、シリアの要請で奈良県などが調査、これまで160体余りの人骨が出土した。
大半は顔の彫りの深い西アジア系のパルミラ人とみられるが、1991~92年に発掘された1体だけは
顔の骨が扁平で口元が少し張り出していた。
中橋孝博・九州大名誉教授(自然人類学)が鑑定したところ、
石器時代から中国にいた東アジア系の人々の特徴と一致。骨や歯の特徴から30歳代女性とわかった。

 中国の歴史書「後漢書」には、後漢の将軍・班超が「大秦」(ローマ帝国)と国交を開くため紀元後97年、
甘英を使節として派遣、使節団は「安息」(パルティア=イラン周辺)を経て「条支」(シリア)に至ったが
引き返したと記される。

 菅谷文則・県立橿原考古学研究所長の話「時期や場所からみて甘英の使節団の一員ではないか。
想像がかきたてられる発見だ」

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20130828-OYT1T00627.htm
no title


※依頼がありました。
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1376913483/29


22: 名無しのひみつ 2013/08/29(木) 22:07:55.36 ID:Y0IPbRT8
>>1
シリアは中国領だと言いだすぞ…。

【【考古】中東シリアの世界遺産・パルミラ遺跡の地下墓から出土の人骨、後漢の女性か~奈良県立橿原考古学研究所など】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: エタ沈φ ★ 2013/08/19(月) 14:01:18.95 ID:???
筑波大学は8月13日、
肝臓内にグリコーゲン量の減少を感知する仕組みが存在し、
その働きによって、
絶食時のエネルギー源を肝臓のグリコーゲンから
脂肪細胞のトリグリセリド(中性脂肪)に切り替えて いることを発見した
と発表した。

no title


同成果は同大 医学医療系の矢作直也 准教授、東京大学 大学院医学系研究科糖尿病代謝内科の泉田欣彦 助教らによるもの。
詳細は「Nature Communications」に掲載された。


肥満は、体内の脂肪細胞に過剰にトリグリセリドが蓄えられた状態であり、
糖尿病や高血圧、脂質異常症 などを併発しやすいことが知られているほか、
動脈硬化の危険因子としても知られていることから、その対策が求められている。


対策として、食事療法(ダイエット)などが有効であることが知られているものの、肥満の解消は容易でないことも良く知られるところとなっており、
肥満防止に向けた脂肪の分解・燃料の機構解明ならびに、
効率の良い脂肪燃焼方法などの解明などが求められていた。


今回、研究グループは絶食時にトリグリセリドがエネルギー源として
分解され使われていくプロセスの研究中に、
脂肪組織のトリグリセリド分解が進むには肝臓からの神経シグナルが重要な役割を担っていることを発見した。


マイナビニュース 8月19日(月)10時33分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130819-00000017-mycomj-sci

筑波大学プレスリリース
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/20130813g.pdf

Nature Communications
Glycogen shortage during fasting triggers liver?brain?adipose neurocircuitry to facilitate fat utilization
http://www.nature.com/ncomms/2013/130813/ncomms3316/full/ncomms3316.html




22: 名無しのひみつ 2013/08/19(月) 14:43:13.48 ID:v4jWNDTG
脂肪肝の治療に役立つってことだよな

【【代謝】肝臓内グリコーゲン量を減らすと脂肪は効率的に燃焼することを発見/筑波大】の続きを読む

このページのトップヘ