ハクシキ堂

知識欲を刺激するまとめブログ!! 科学宇宙、考古歴史、国際情勢など、ちょっとためになるニュースや雑学を集めてご紹介します。 たまに動物などの和みニュースもご紹介! Let's enjoy ハクシキ堂!

ヘッドライン
スポンサーリンク

宇宙

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: レッドインク(岡山県) 2013/09/23(月) 21:52:17.19 ID:mQPbhWmd0 BE:1743894645-PLT(12100) ポイント特典
地球外生物の虫が地球の大気に存在するという説が発表されました
no title

 生命の起源は、何らかの原因により発生したアミノ酸が進化を繰り返したものとするのが現在の潮流と
なっていますが、そのアミノ酸の由来の一つ「宇宙由来説」を裏付けるかもしれない発見があったとの発表が
ありました。

 シェフィールド大学の研究チームは、2013年8月のペルセウス座流星群が発生した時に調査用の気球を
高度2万7000メートルの高さまで打ち上げ、その大気に含まれる成分を分析しました。その大気の中に、
微細な生命体が含まれていたとのことです。

 調査チームは、「このような生命体が地表を離れ、高度5万メートルにも達する成層圏にまで達するとは
考えにくい」とし、地球以外を起源とする説を暗に示します。

 研究チームを率いるMilton Wainwright教授はこう語ります。「多くの人はこの生命体を『地表から
巻き上げられたにすぎない』と決めつけようとするが、一般的に考えて、この大きさの物体が高度2万7000メートル
の高さにまで達するとは考えられません。唯一考えられるのは、爆発的な火山の噴火によるものだが、
調査から3年以内にはそのような噴火は発生していないのです」このことから教授は「この生命体の起源は、
宇宙からとしか考えられない」と結論づけました。

 「このような生命は常に宇宙から地球へと降り注いでいると考えています。地球だけに生命が存在するわけ
ではないのです。また、生命が地球上で誕生したものではないということも、ほぼ間違いありません」と語る
Wainwright教授。調査の結果はJournal of Cosmologyにおいて発表されることになっています。

 教授はさらに「生命が宇宙からやってきている物だとすれば、生物と進化に対する考え方を見直す必要が
あります。これまでのテキストブックは書き直しが必要になります」と語り、10月に発生するオリオン座流星群の
際に「決定的な」調査をおこなう予定である、としています。

 調査の結果を楽しみにしたいところです。

http://gigazine.net/news/20130923-alien-bug-in-earth-atmosphere/


2: レッドインク(家) 2013/09/23(月) 21:54:06.77 ID:na6lRLD70
いえ~い、俺宇宙人!

【【宇宙ヤバイ】 「生命は地球で誕生したのではなく、宇宙から降り注いだもの」 人類宇宙人説が浮上】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: キングコングニードロップ(WiMAX) 2013/09/13(金) 03:38:15.49 ID:jndt0BFEP BE:1351233353-PLT(14000) ポイント特典
ボイジャー1号、太陽系脱出 地球を旅立ち35年
no title

 【ワシントン=行方史郎】1977年に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)の探査機「ボイジャー1号」が12日、
人工物体として初めて太陽系を完全に出たことが確認された。米アイオワ大とNASAの研究者らによる観測データの分析で、
陽子などからなる「太陽風」の届く領域を2012年8月に抜け出たと認定された。

 ボイジャー1号は現在、太陽から約187億キロ付近を時速約6万キロの速度で飛行中。すでに太陽の重力圏からは出て、
太陽からの陽子なども劇的に減り、後は「太陽風の届く範囲を超えた」と、どのように認定できるかが焦点だった。

 米科学誌サイエンス電子版に12日発表された論文によると、太陽系から抜け出れば、宇宙を飛び交う宇宙線に由来する
電子などの密度が急上昇すると考えられる。今春に送ってきたデータから電子の密度を分析したところ、太陽系外の
恒星間に広がる「星間空間」で想定された値にすでに達していた。逆算すると、昨年8月25日ごろに太陽系の末端を
通過したとみられるという。

(以下ソース)
http://www.asahi.com/tech_science/update/0913/TKY201309120704.html
125: タイガースープレックス(WiMAX) 2013/09/13(金) 04:59:12.59 ID:bG96Ufnl0
>>1
戻りたい、戻れない、気持ちい裏腹

【【宇宙ヤバイ】 苦節35年、ボイジャー1号がついに太陽系脱出】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 白夜φ ★ 2013/08/24(土) 00:29:49.14 ID:???
ヘルメット内に液体、宇宙飛行士が恐怖の体験振り返る
2013年08月22日 19:49 発信地:ローマ/イタリア

【8月22日 AFP】欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)のイタリア人宇宙飛行士、ルカ・パルミターノ(Luca Parmitano)氏は21日、
先月の船外活動中に宇宙服のヘルメット内に水漏れが生じ、おぼれかけた恐怖体験をブログで振り返った。

no title

パルミターノ飛行士は国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)からESAのブログに、
7月16日に行った自身2度目の船外活動開始後間もなく発生した、ヘルメット内の水漏れについて投稿した。

首の後ろに水滴を感じたことについて、「汗にしては冷たすぎると思った。何より、間違いなく量が増えていると感じた」と回想。

船外活動を切り上げ、ISSのクエスト(エアロック)に戻ろうとする間、ヘルメット内の液体の量は急激に増加。
目の前が暗くなり、窒息しそうになったという。

「次に呼吸をしたら、肺に空気が入るのか、液体が入るのか分からなかった。エアロックまでどう行けばいいのかもわからなかった」

宇宙服の安全バルブを開放して液体を排出しようかとも考えたが、「宇宙服に穴を開けるのは最後の切り札だ」と思い直したという。

「一刻も早く戻らなければならなかった。同じ場所で待っていればクリス(同僚の宇宙飛行士)が連れ戻してくれると分かっていたが、
どれだけ時間が残っているか分からなかった」

さらに、交信も徐々にできなくなっていった。
ヘッドフォンを液体が覆い、ヒューストンからの指示を聞くのが困難になったのだ。

ISSに戻ると、カレン・ナイバーグ(Karen Nyberg)飛行士がヘルメットを脱がせてくれたため、おぼれることも、意識を失うこともせずにすんだという。
耳と鼻には水が充満していたため、ISSに滞在する飛行士たちの言葉は聞こえなかったという。

米航空宇宙局(NASA)はこの事故について2件の調査を開始。
調査チームはヘルメット内の飲料水バッグではなく、宇宙服の冷却装置の不具合に焦点を絞っているという。

調査の結果が出るまで、NASAの船外活動は中断している。(c)AFP/Dario THUBURN
______________

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年08月22日 19:49
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2963273/11227712

▽関連リンク
ESA Luca blog(http://blogs.esa.int/luca-parmitano/category/luca-blog/
EVA 23: exploring the frontier
Posted on August 20, 2013 by raffaella
http://blogs.esa.int/luca-parmitano/2013/08/20/eva-23-exploring-the-frontier/

▽関連スレッド
【宇宙開発】ISSの保守作業 宇宙服内で水漏れが起きて船外活動中止/NASA
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1374152422/


2: 名無しのひみつ 2013/08/24(土) 00:35:52.31 ID:VQb3B+Wt
こええよ。夢に見そう。

【【宇宙開発】先月の船外活動中にヘルメット内に液体、宇宙飛行士が恐怖の体験振り返る】の続きを読む

このページのトップヘ