2018年05月15日

ちょっと良い物が入荷しました。





AIONのオールインワンタイプレコードプレイヤーMax LPです。


DSC_1710


 
 ステレオ・スピーカー内蔵型ですから難しいセッティングは何もなく、箱を開けて本体を取り出し電源を繋いでレコードを乗せ針を落としたらすぐ聴けます。
 もちろんステレオシステムのターンテーブルとしてもお使いになれますよ。
 USB経由でレコードのサウンドをパソコンやIOSデバイスにデジタル・ファイルとして取り込むこともできるし、外部入力端子を装備しているのでカセット・デッキなどの外部ソースもデジタル・ファイルにできます。
 回転数は33 1/2, 45、 78回転に対応でどんなレコードでも再生できますね。 

 正直、所謂昔の卓上プレイヤー、そう、てんとう虫とかのあれ、のような音なんだろうと思ってましたが、意外や意外、結構良い音なんですよ。普通に音楽を楽しめます。
 日常気軽にアナログを楽しむなら高級コンポよりもこうした手軽なものが便利かもしれませんね。

  
 

 


DSC_1711



DSC_1712


 実は先日2台入れ、即日完売致しました。お手頃な価格も魅力なようです。

 店頭販売価格は9,241円(税別)です。

 さらに高品質で聴ける交換カートリッジも別売りであります。

 クリーナーキットもご用意してますよ。




 ION AUDIOではレコードプレイヤーを他にも色々と出しております。



 ●VYNYLTRANSPORTBLUE


00000003651052_A01



 トランク型の卓上プレイヤー。リスニング型に特化してます。色も形もレトロで可愛い!
 ION AUDIOさん、センスいいわー。
 レコードはやっぱりオールディーズかな?
 
お取り寄せ販売価格6,463円(税別)





 
●SUPERIOR LP
8112g52XxXL__SL1500_





これも素敵! MAX LPの機能+カセット+ラジオです。
いいな、これ。これで聴くなら昭和の歌謡曲でしょうw

お取り寄せ販売価格18,300円税別






今日はもう一つお知らせ

Fenderさんが素敵な情報誌を作ってくれました。

その名も『Fender News』。 そのまんまですね。なんのひねりもありません(笑)

DSC_1607



DSC_1609


DSC_1610


 タブロイドサイズの紙面はFenderのギターやベースや愛用するアーチストの情報等が盛り沢山ですが、太っ腹なFenderさんはこれを何とタダで提供してくださいましたっ。まあ、要はフリーペーパーです!
 初回入荷分はすぐになくなりましたが、先日少し追加分が入りました。
 Fender特約店にしかないこの貴重な情報誌、手に入れたい方は音の博信堂へ今すぐGO!ですよ。
 



hakushindo at 18:14コメント(3)音楽 

2018年04月27日

【中古ギター情報】Martin dreadnought juniorが入荷いたしました。

 
 ドレッドノートの15/16、ということは約7パーセント程スモールサイズのMartinです。
 こちらはピックアップが付いていないアコースティックになります。
 ピックアップ付きの物はFISHMANのサドルピエゾが搭載されているのですが、前オーナーの方がそれよりも良い音をと、敢てピックアップ無しを選び、L.R.BAGGS ( エルアールバックス )  のLYRICを載せたそうです。
 生鳴りが素晴らしいのは勿論のこと、ピックアップを通しても音が劣化せず、ちゃんと空気感のあるアコースティックな音がします。もうね、よくぞこのピックアップを載せて下さいましたって感謝申し上げたい!!


DSC_1660


DSC_1661


DSC_1662

 トップ、サイド、バックともサテンフィニッシュです。ネックもすべすべしていい感じです。
 ブリッジはボーンに変えてあり、それでより音が良くなってるのかもしれません。純正の物もギグバッグに入ってますよ。



DSC_1663



 トップはスプルース単板でサイド&バックはサペリの単板です。サペリはマホガニーに似た音の響きになるでしょうか。
 小さいけれどちゃんとMartinのドレッドノートの音です。ライブでもしっかり使えます!
 小振りなので抱えやすく、スケールがやや短い分弾きやすくもあり、サブギターとして、あるいは初心者やお子様、女性が弾くギターとして是非是非お勧めしたい一本です。


スペック


Top Material:Sitka Spruce
Brace Shape:Scalloped
Back Material:Sapele
Side Material:Sapele
Neck Material:Select Hardwood
Neck Shape:Dreadnought Junior
Neck Taper:High Performance Taper
Nut Material:White Corian
Fingerboard Material:FSC Certified Richlite
Scale Length:24''
Fingerboard Width at Nut:1 3/4''
Bridge Material:FSC Certified Richlite
Bridge Style:Junior Style Belly
Tuning Machines:Chrome Enclosed Gear
Pickguard:Faux Tortoise
Case:Soft Gig Bag


 店頭価格は59,800円に消費税です。憧れのMartinがこの値段で買える!!
 ファーストMartinとしても最高ではないですか?
 このブログを見たと言って下さればもう若干おまけするかもw
 是非ご検討ください。

※お陰様で完売しました。




 あと、今日はもう一つご紹介したいものが。

 これです!

 ジャーン♪



DSC_1664


 ラベンダー色の鍵盤ハーモニカ!
 凄く可愛くないですかこれ?(これを勧めてくれたセールスさん風に言って見ました。)
 なんでもこの色は「お姫様カラー」と言って、小さなお嬢ちゃん達の間で大人気の色らしいです。
 保育所の先生もおっしゃってましたが、お子さんたちはお洋服でもランドセルでも長靴でも何でもこの色を欲しがるんですって。ディズニーの『ちいさなプリンセス ソフィア』ってアニメから火が付いたとか。そういえば『ラプンツェル』も衣装が紫でした。
 しかしディズニーで紫と言えばあれですよ。『眠れる森の美女』の魔女、マレフィセントの黒いマントの差し色!
 色白でなかなか美人の顔に黒と紫が良く似合っていました。あのモード系のセンス、オーロラ姫より断然かっこよくて好きだったな。竜になったときお腹が紫ってのも良かった。私の黒や紫好きはあそこから始まったと言っても過言ではありません。

DSC_1666


 ケースはこんな感じです。
 ネット上に書かれたレビューを色々見ると、某有名メーカーの物と比べ、音色なども何ら遜色ないようです。
 しかも値段が各社の鍵盤ハーモニカと比べ半額以下!うちでは税込み3,240円です。安い!!
 唄口やホースも別売りの物があって安心です。 
 お孫さんの喜ぶ顔を見たいおじいちゃん、おばあちゃん、迷わず音の博信堂へGO!!







hakushindo at 18:51コメント(0)ギター 

2018年04月23日

4月の定期ライブのご報告


 春らしく暖かい日が続いております。
 毎年この時期になると外を眺めながら、ここの商店街の街路樹は桜に植え替えられないか市に交渉したいと本気で考えてしまいます。桜の時期になったら交通止めして花見などやれば集客効果抜群では??
 でもねえ、桜って毛虫がつくんですってねえ。街路樹には不向きなのかな??
 一瞬で綺麗な時期は終わってしまうけど、綺麗な時期が毎年来る桜ってちょっと羨ましいかも。


 さて昨日のライブのご報告です。
 『マッコリ&いいちこ』さん、『しょーじ』さん、『おとぼけバンバンさん』、『パパロック札幌』さんに出演頂きました。


 一昔前、マッコリ&いいちこさんにはケースケさんという凄腕ギタリストがいらっしゃったんですが、もしケースケさんがいたら皆さんへの始まりの挨拶が(神保さん)「マッコリで〜す」(ケースケさん)「アンドで〜す」(飯尾さん)「いいちこで〜す」となるはずでした。そんなことを考えながらお店番のカウンターで一人笑う変な私。
 最近神保さんに毒され、某ホームセンターの曲に「ランランラン♪」なんて無邪気に合いの手を入れる飯尾さん。お〜い、飯尾さ〜ん、帰ってこ〜い。(ビルマの竪琴より)
 でも昨日は意外と真面目でしたね。やればできる子達、まっこり&いいちこさんのステージでしたw


P1010143


P1010146


P1010129

  



 二番手は「しょーじ」さん。
 このところ続けて出演頂き、すっかりうちのライブの顔となって頂いております。
 しょーじさんはお話していると本当に心から音楽が好きな方なのだなと分かるんですが、それがステージで良く表現されています。ギターも歌もとても丁寧で上手く、それでいて曲はどこかアンダーグラウンドでシュールな感じ。でも独りよがりではなく、御客様を楽しませたいという愛を凄く感じます。繊細な方なんだろうなあ。ファンの方も増殖中です。
  
P1010156


 三番手は『おとぼけバンバン』。
 この『おとぼけバンバン』ですがメンバーは私も含め皆スパイダースが大好きで、ムッシュかまやつの追悼の意味も込めて結成されたのでした。
 スパイダースはグループサウンズの中でも最もロック色の強いカッコいいバンドだと思います。
 一見簡単そうな演奏もやってみると凄く難しかったです。それもそのはず今では名だたる方々が所属していたバンドですものね。そのセンスや技術がそうそう真似できるはずもありません。
 それでも皆一生懸命練習しました。学ぶところが凄くありましたのでこれからも色々な曲を練習し、披露で来たらいいなと思います。

P1010208

    五十嵐君。苦手なコーラスを頑張りました。


P1010176


  
P1010181

 高井さんは本当はスーパーギタリスト。ギターもドラムもできるなんて凄いですよね。

P1010213


 

  トリは初出場の『パパロック札幌』さんです。
 リードの板谷さんは当店のスタジオを以前からご利用いただいている御客様ですが、この度猛アタックしてライブに出て頂きました。
 板谷さんのギターはモズライト!何を演奏して下るのかもう分かりますよね?
 モズライトって“エレキ”っていう呼び名が凄く似合う。“エレキギター”ではなく、“エレキ”!フェンダーとかギブソンのギターってフラットに“ギター”で良いと思うんですけどね。
 メンバーの皆さんは長年やってるのでしょうか、本当に素晴らしい演奏でした。
 
P1010256


P1010240





P1010248


P1010249



P1010251

  
  演者も観客の皆さんも口々に絶賛してました。
  今度は私の好きな京都慕情なんかもやってもらいたいな〜。



  皆さんお疲れ様でした。
  私も久々のステージで緊張しましたが、とても楽しかったです。
  又是非御一緒させてくださいね。
  

  


hakushindo at 16:48コメント(6)イベント 
記事検索
livedoor プロフィール

hakushindo

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ