ナチュラル・スロウ・ライフ

自然体で生きる・ゆっくり進む・そんな日々のつれづれ。

一週間前に再開したけれど、
やっぱりこのブログから旅立ちます。

戻ってみたからこそわかることがある。

じゃあね。

今日はなんだか熱っぽくて頭がぼんやり。
体がだるくて眠いんだけど、寝ようとしても寝付けなくて。

立秋を過ぎてから急に風が涼しくなったし、
昼間は30℃近くあっても朝晩は20℃以下に気温が下がって
夜お風呂に入って温まっても眠る前に異常に足先が冷えたりとか。

その他いろいろ気になるところがあって、
今の症状のことをネットで調べてみたら・・・。
どうやら”更年期障害”の始まりかも!?

更年期って還暦前とかそれくらいに起こるのかと思ってたら、
閉経の平均年齢が50歳でその前後5年くらいに起こりやすいんだそう。

今年44歳になったわたし。
そろそろ更年期障害になってもおかしくないんだ・・・。

ここのところの心境の変化には気持ちを向けてたけど、
体もそんなふうに変化してたなんて。
・・・これは今まで以上に心身の健康を意識しないとな。


今日は今年初めてできた”山の日”なる祝日。
セミの鳴き声をBGMに、
すでに秋の気配を感じる涼しい風に吹かれて
我が家でゴロゴロするひとときのなんて贅沢なことか!

眠るって、自分の心と体を健やかに保つ上ですごく大切。
ここのところの暑さとハードスケジュールと急激なココロの変化で
わたし相当疲れがたまっていたんだな・・・。

今日はもう完全オフで、このままのんびりまったり家で過ごそうっと。

今日思いがけず、自分の夢実現につながる新しいドアが開いた。

ずっと大好きだった写真、本格的に学びたいって思って
今日訪ねた友達に相談したら
わたしと同じ苗字で同郷で今同じ県内に住んでる人を紹介してくれた。

その人が通ってたっていう写真学校のスタイルが、わたしにどんぴしゃかも☆
ものすごくタイムリーで、まさに必然だと思える伏線もいろいろあって。
それはもうワクワクしまくり♪

これから面白い展開が待っていそうです(^−^)v

前回「ただいま!」という記事を書いてから3年7か月の間放置しっぱなしだったこのブログですが、再度自分の日々の記録として再開することにしました。

毎日は書けないかもしれないけど、書き留めたい日々の思いを記していきますね。

前回記事を書いてから2年半以上経ちました。その間にいろんなことがあったのですが、2013年、年も改まって自分の原点回帰ということで、またこちらでブログを再開することにしました。心機一転、改めまして、またナチュラル・スロウ・ライフをよろしくお願いします♪

”ナチュラル・スロウ・ライフ”には久しぶりの書き込みです。
その後、メインのブログがこちらではなく別のところになっています。

”土佐のマルシェ便り 〜こんまいマルシェの毎日〜

今年の1〜2月、大橋通りでやらせていただいた県内産有機農産物の
PRチャレンジショップ”こんまいマルシェ”。そして3月から
スタートした”おびさんオーガニックマルシェ”の情報を交えながら、
わたしの毎日を書き綴っています。

ほとんど更新できていない高知ナチュラルネットワークの
ホームページともども、放置しっぱなしのブログなどの
整理をしたいと思っていますがなかなか手がつけられず・・・。

ひとまず、6月から新たな活動をスタートしていきますので、
そちらの方でこれまでの活動とこれからの活動のとりまとめを
しながら、いろんな整備をしていく予定です。

2010_0501_121110-DSC04881
























わたしは5月の空を泳ぐこいのぼりのようにとっても元気にしてますよ♪
こんまいマルシェのブログはほぼ毎日更新してますので
良かったらそちらでわたしの近況をのぞいてみてくださいね。

“街の中でもオーガニックマーケットを!”とのたくさんのご要望にお応えして、3月14日から毎月2回第2・第4日曜日におびさんロード(帯屋町商店街と電車通りの間の通り)でオーガニックな日曜市「おびさんオーガニックマルシェ」を開催します。高知の有機農産物をはじめとした元気印のおいしいもの、センスあふれるアーティストたちの手作り雑貨、そしてお客さん自身に参加していただくワークショップ、みんなの笑顔の写真展、などなど・・・。背伸びしすぎず、手を抜きすぎず、おいしく☆楽しく☆元気になれる場所♪それが「おびさんオーガニックマルシェ(通称:オビマル)」です。

オビマルは現在出店者を募集しています。2月12日から朝倉“ササズロハス”、大橋通り毎日屋東入口・ECO農産物チャレンジショップ“こんまいマルシェ”、廿代町“ナチュラル食堂。まーる”、おびさんロード“ファウスト”などで出店案内の配布を開始し、出店希望者さんへの説明会を2月20日(土)の夕方開催予定です。お問い合わせはオビマル実行委員会・谷口(090-9776-2277)まで。

画像 070









































画像 035






































画像 002

3月8日、第二回セミナーコンテスト四国大会にスタッフ兼オブザーバーとして参加しました。

セミコンについてはこちら。
http://www.project-r21.com/

発表者8名がそれぞれに作り上げた10分間のオリジナルセミナーを見て、オブザーバーと審査員が採点し、コメントをつけていきます。これがと〜〜〜っても深い!わたしは去年名古屋大会で発表者として出場し、その時にも多くの学びがあったのですが、オブザーバー側になると聞き手側の心理がよくわかるのです。

今回オブザーバーになって痛感したこと。それは

”人の心をつかむのは『言葉』以外の部分の要素が大きい。”

言語による影響は7%で残り93%の言語以外の情報の方が人に与える影響が大きいというのは何度も耳にしていました。

たとえば服装、姿勢、表情。カラーセラピストさんだったら、プロの色の合わせ方を自分の服装で見せてほしい。そのセンスが良ければそれだけでものすごい説得力になるわけです。美容系の人ならやはり美しいお肌とかね。

姿勢と立ち居振る舞いは印象のアップダウンを左右する。猫背やだらしない立ち方は×。しゃんと背筋を伸ばして立っているとそれだけで見てる側も気持ちいい。

緊張して顔がこわばっていれば、その緊張は聞き手側に伝わります。逆に話し手がリラックスした笑顔なら、聞き手の緊張感がほぐれます。話し手が話すことを楽しんでいる時、その楽しさは大きな力となって心に届きます。今回優勝・準優勝した二人にはそれを感じました。

そして何より伝えたい”想い”。これは言葉以上に魂を揺さぶります。準優勝した23歳の子の話は、その想いの強さが声に宿って彼の声を聴いてるだけで涙が出てくるほどでした。

優勝したわたしの友達がダントツに優れてたのは、表情。準優勝の子もそうだったけど、目力がひきつけるのです。そして笑顔がキラキラ光ってた。そこには自分に対する”自信”がありました。それは慢心ではなく、努力と経験に裏付けられた自分の想いに対する信頼。

伝えたいことが自分の経験に基づいた”真の言葉”である時、そこにはものすごい説得力が生まれます。逆に理論的なことや誰かの言葉の使いまわしだと、その場で納得はしても心には残りません。

言葉以前にあるその人の”経験”、そしてその経験がその人に与えた”感動”の大きさが、聞き手の感動につながります。

さらに、何を話しているか以上にその人が今どう生きているのか?それは言葉ではなく、やはりその姿に現れます。今、”自分を生きている”人はめっちゃ輝いてます。その職業を生きるのではなく、その職業を通して自分を生きる。ここがすごく大きいのです。そこには人間としての魅力が関わってきます。

じゃあ魅力はどこから生まれるか?それはやっぱり自分に対する信頼から生まれてくるのだと感じました。

To Love Is To Believe。

愛することは信じること。自分を愛している人は、自分を信じている人。自分の弱さも愚かさも情けなさもすべてひっくるめて、今の自分をきちんと受け入れて愛している人は、自分のことをちゃんと信じています。そして自信につながる努力をしています。

伝える力の差には、確かに技術的な差もあるだろうけど、最終的にはその人が持つ”人間力”が大きいんだよね〜・・・。そしてそれはけして言葉だけでははかれないし、むしろ言外の部分に出てくるんだよね〜・・・。

今回オブザーバー参加して、なんていうか自分の人間力について真剣に考える機会を得られました。わたしにとっての人間力って何か?それは自分自身と本気で向き合い、自分を愛し、信じる力。

自分をどれだけちゃんと愛しているか。これはね〜、思いっきり外側に出てきます。その人の内面は見事に外面に反映されます。体は心の鏡と言ってもいいかもしれない。

そのあたりも書きながらきちんと整理したいのですが、今日はこれからJAさんで講演会です。”人間力”が問われる”伝える”という仕事。氣をひきしめて楽しんできま〜す。

あっという間に3月。年を重ねるごとに時間の過ぎ方が加速していくけれど、2009年の速さはまた特にすごく感じます。

そうこうしているうちに、4月8日からは四万十市での生活が始まります。四万十に行ったら当分そちらでの日常に集中するため、わたし自身が料理教室をするのは当分先になるのかな?今はナチュラルエコクッキング指導者養成講座修了生の方に教室をお願いしたりしています。

去年指導者養成講座を県内4箇所で開催した時、つくづく痛感したことがありました。それは、料理には作り手の氣が思っている以上に宿る、ということ。料理をしている人が不平不満を抱きながらいやいや作っていたら、その想いは食材に宿り、それを食べた人にも”念”として届きます。そしてどんな状況で食べているかも重要。殺伐とした悲惨なニュースを見ながら食べるご飯はやっぱり淀んでしまうし、一緒にご飯食べてる人同士がいがみあい、お互いに嫌な氣を発しながら食べるとやっぱり心にも体にも良くないんですね。

何を食べるか以前に、どう料理し、どう食べるか?

わたしは西洋栄養学の話をしない変わり者の管理栄養士ですが、自分のスタンスは”管理栄養士として仕事している”。基本こそマクロビオティックを取り入れているけれど、マクロビオティックの伝道士をめざしているわけではありません。わたしがめざすのは食と健康の入り口に立って、食を通して自分自身の生き方にもっと興味関心を持っていただくこと。マクロビオティックもかなりその入り口に近づいては来たけれど、まだまだごく一般的な食生活をしている方にとっては敷居が高い感は否めません。最初は何をどう選び、どう食べるかに重きを置いていたけれど、最近はまず今の食事についてどう料理し、どう食べているかというところにフォーカスを置くようになりました。いきなり食べ物を変える以前に食といういのちに対する向き合い方が大事なのだとつくづく思うようになり、より入り口に近いところに意識を向けるようになったのです。マクロビオティックについては雑誌やテレビでも取り上げられるようになり、周りにたくさん伝えてくれる方がいるという安心感もありますし。


栄養学科に在籍していた徳島での大学時代、いろんな授業を受けて一番興味をもったのが公衆栄養でした。徳島市内の保健所の栄養士さんが地域住民に対して食と健康に関する知識や情報をお伝えするその意義を話してくださり、それがすごく印象的で・・・。栄養士さん自身の凛としたたたずまいと自分の仕事に対する信念が素敵で、わたしもこんな栄養士になりたいと思ったことでした。

高知県内で活躍されている栄養士グループに”トマトの会”というのがあります。栄養士・管理栄養士で作った自主活動グループで、食育を考える地域活動栄養士の会としていろんな教室や行事に関わっていらっしゃいます。いろんな人からお話を聞き、いつかお会いしたいなと思っている方々です。

わたしがマクロビオティックを学んで間もない頃で、思い切り頭が固く、添加物も動物食もとんでもない!!と大否定してた時にトマトの会さんがホットケーキミックスを使った手作りおやつ教室を開催する、といったことを友達から聞きました。「確かに手軽ではあるけど、いろんな添加物が入ってるからもっと自然な素材のものでおやつ教室したらいいのに・・・。」と当時のわたしは正直嫌悪感を抱きました。でも話してくれた友達いわく、「今はお菓子なんて買うのが当たり前で、スナック菓子とか普通にこどもに買い与えるお母さんたちにとって、いきなりナチュラルスイーツなんて敷居が高すぎるのよ。とにかく手軽で簡単なところから手作りの楽しさや、食に対して興味関心をもってもらうことからはじめないとね。」

・・・この時の会話はいまだに忘れられません。だってほんとにそういうことこそが栄養士の仕事の本質だから。こういう思いで活動されている栄養士さんたちが高知にいるって、なんて素晴らしいんだろう。嫌悪感が一転して尊敬の念に変わり、自分自身に対して逆に嫌悪感と後悔の念がわいたことでした。

栄養士の仕事ってね、すごく楽しいんです。だって、みんなが毎日関わる食を通してみんなの心と体と未来を元氣にするのがわたしたちの役割。笑顔でご飯を作る楽しさ、笑顔でご飯を食べる楽しさ、できることなら笑顔で食材を育てる楽しさ・・・。そういった楽しさを伝えていけるってめっちゃ嬉しいし幸せ!

でもそんなふうに感じながら実際に栄養士としての仕事ができる人はたぶん限られています。食にはコスト的なことや職場環境的なことなど、いろんな制約がどうしてもつきまとうから・・・。その制約の中でも立派に職務を果たされている栄養士さんたちに対しても尊敬の念を抱いていますが、やらされている感が強くてやりがいを自ら感じられずに現場を離れていく栄養士さんたちが多いのも事実です。実際わたしもかつて病院給食の現場の厳しさに耐えかねてドロップアウトした1人です。あの頃はもう二度と栄養士として働きたくないと心から思いました。

そんな過去を経て、今はフリーで活動しているので、自分の好きなスタイルで講演や料理教室をさせていただいています。だからこそ、栄養士という仕事がすごく楽しいのかもしれません。食育にたずさわるにあたって資格以上にその人の想いが大事だと思うので、みんなに栄養士になってほしいと願っているわけではけしてないのですが、わたし自身は看板として”管理栄養士”を掲げている限り、たとえ西洋栄養学のことを語らずとも、その本質を大切に活動するという信念を守りたいです。

世界に一つしかない自分だけの肩書きを考えることもできるけれど、わたしはあえて”管理栄養士”である自分を大事にしたい。それはやはり国に認められた国家資格だからなのかもしれません。いろんな問題を抱えた国とはいえ、まがりなりにも国から与えられた資格。そして管理栄養士が国家資格となったのは、栄養士の先輩方の多大なる努力があってこそ。ともに病院で働いていてもお医者さんや看護師さんに比べてとても地位の低かった栄養士。それが管理栄養士として国家資格を与えられるようになったというのはものすごいことなのだと大学の教授が熱く語っていたのを今でも思い出します。

・・・野菜嫌いでいつも給食を残して栄養指導されてた小学生時代、この世で一番嫌いな人は栄養士さんだったのにね(苦笑)。

いつも嫌な態度とってたのに、肥満児だったわたしをすごく親身に心配してくれてたあの時の栄養士さん。今頃どうしているのかな?もしできることなら、改めてお礼が言いたいな。「ありがとうございます。」って。わたしを突き動かしているのは、あの時の栄養士さんにもらった愛なのかもしれないな・・・。

この記事を書きながら、今までずっと嫌いだと思ってた人が実は心の恩師であったことに気づきました。ほんとにほんとにありがとうございます。わたしはこれからも胸をはって、管理栄養士として活動していきますね。そのスタイルにとらわれることなく自由にね♪今年は四万十で土から元氣にしちゃう半農半栄養士をめざしますよ〜。

2月9日に一日5食も食べるという暴挙にいたったわたし・・・。おととし11月の自分の父親の死以降、いろんな荒波が立て続けにやってきて、食欲をコントロールできない状態が続いておりました。

もはやマクロビオティックな食生活とは程遠く、ずっと普通の食事をしてたので普通に体重・体脂肪ともに増え、気づけば体重は約55kg(身長は149cm)とかに・・・。うぎゃ〜、これはほんとに大ピンチ☆何より自分の心身魂に悪影響だわ(>_<)。講師生命にも関わるし。

これから大きなプロジェクトを実現させていこうとする中で、いろんな意味で余分なものをそぎおとしていかねばなりません。自分の本来の力を100%出すためにも、頭も心も体も魂も贅肉つけてる場合じゃない!!

ということで、意を決して自炊生活をスタートしました。ええ、これまでは実家でご飯食べてたもので、自分で料理作ってなかったんです。>こらこら。 外食も多かったし。そんな状態だったので、このほんの5日間きちんと自分でご飯作って食べたら2.2キロ体重が減りました。ちゃんとしたもの食べるとやせることわかってるので、食事を抜くのではなく、しっかり食べて体重を落としますよ〜。

食が乱れるといろんなところにひずみが来るし、何より自分がブレてしまう。これだけめちゃくちゃな食生活してたわりに、とんでもなくハッピーな追い風がガンガン吹いてるので、さらにきちんと生活を正すことで今以上に風に乗って進んでいくぜ☆

玄米と野菜をたっぷり食べてると、心も体も喜ぶ♪こういう食事をほんの一週間続けるだけでお肌はピカピカ輝きだします。ここんとこ感情の動きが激しかったけど、これから春に向けて排毒が進む時期、きちんと意識して自分を調整していかなきゃね。

4月に四万十行く時には47kgをめざします。食事と運動ダブルですっきりした自分になるぞ〜。

奇跡のハワイアンマナナイトから一週間。今週は公私ともにいろいろ立て込んでおります。

2月8日は弟の誕生日であり、お嫁さんと入籍した日。谷口家に正式に新しい家族ができて、とってもハッピーでした!

9日はうちから2時間半ほど車で東に行ったとこにある室戸市で来週の料理教室の打ち合わせ。仕事自体はすぐに済んだので、空海さんが修行したという洞窟とか海岸を散策。その時鳥の羽を拾いました。室戸にも呼ばれて来てるはずなので、たくさん大きな岩とハグしてここでもパワー充電。

その後シットロトという紅茶とカレーが有名なお店でランチタイム。そこにあった『「大切な人」の心を離さない本(近藤 裕著)』にはまってしまい、結局ほぼ一冊読破。窓から海を眺めながらのんびり本を読むなんて、めっちゃ贅沢な時間だな〜・・・、こんな時間、もうずいぶん自分のためにとってなかったな〜・・・、と感慨にふけっていました。

心も体も魂も喜んでくれた午後を過ごしたにも関わらず、イベント終了まで極度の緊張状態にあったわたしは一気にゆるんでしまいこの日はなんと、一日5食も食事してしまいました。大反省。なんせこのカレーの前に既にパスタを別の店で食べてたもの・・・。普段は食べない朝ごはんも食べてたし、おやつにポテチとチョコ、ほとんど間をおかずに夕食はえびフライ&ハンバーグ定食。あやうく夜食にカップうどんまで食べそうになってた。壊れすぎ。肉食は極力避けてるにも関わらず、どうしてもハンバーグが食べたかった。こういう状態はほんと危険なのです。

で、10日の朝ひいたマナカード、一番最初に出たのは”羽”のカード。昨日拾った羽はここにつながってたのね、と納得。カードを片付けたつもりで最後に1枚だけ残ってたのがあって、それを見てみたら”ペレ”。ハワイ島で会った女神のメッセージに心をひきしめねば、と意を決して食事の本格的な改善に乗り出しました。

次の日のイベント準備をしながら、たまってた仕事もこなしつつ、夕方は大切なミーティング。わたしんちで夕食とりながらだったので小豆玄米、水菜と京揚げのサラダ、白菜・アサリ・まいたけの蒸し煮、大和いもの竜田揚げ、味噌汁を用意。作りはじめるのが遅かったので出来上がる前にみんなが到着し、いろいろ手伝ってもらいました。そして約一名がめっちゃほろ酔い状態でミーティングなんだかご飯会なんだかわからんままに楽しい時間は終了。その後マイミクこよかちゃんにチャネリングカードひかせてもらい、いろいろ思うところがありました。やっぱり一度手放さないといけないんだ・・・。

11日は”オーガニックな一日”というイベントで魔法のおむすび&重ね煮スープのワークショップ、昨日は高岡地区の養護教諭のみなさんの研修会で食育講演、どちらもすごく喜んでいただけてめっちゃハッピー!好きなこと仕事にして、それで感謝されてお金をいただけるってなんてありがたいことだろう♪

今日は朝から鍼灸院に行って腰を見てもらい、明日の料理教室の買出しをしてから家に帰ってレシピのまとめ。参加人数の連絡を待ってから買い物なので、電話をもらうまでの時間にネットカフェに立ち寄り、ブログ書いてるとこです。

明日は越知町の教育委員会主催の親子向け料理教室。りんごの葛煮と玄米甘酒のイチゴフルーチェ風を作ります。その後とっても大事なミーティング。あさってからやっと余裕ができるので、その間にすっかりちらかってる家の整理が少しでもやれたらいいな、というかやるぞ。

21日の夜から3泊4日で京都・大阪にでかけます。この時もとってもパワフルで充実の時間を過ごすことでしょう。もう毎日どんだけ濃いんだ〜〜〜?って感じ。去年・おととしは凍てつく冬の厳しさを体験したけど、やっと訪れた春はめちゃめちゃぽかぽかムード。これから来る夏や秋が楽しみです。今度冬が来た時は、凍えるんじゃなく冬の美しさを満喫するぞ。人生の中でめぐり来る四季、それぞれの良さを堪能できるって嬉しいな♪

以上、この1週間の近況報告でした。トークライブの報告は・・・、スペシャルすぎて詳しく書けない部分があるので、この前の日記で許してください。

あ〜、来年の今頃わたしはいったいどんなことになってるんだ???去年のわたしも今のわたしを想像できなかった。せっかく引き寄せ&夢の実現力がマナでアップしてるから、なりたい自分と引き寄せたい未来を明確に意図して実現させるぞ〜!

大好きな人と電話で話しながら迎えた節分の日、お友達のサロンに行き、アーユルヴェーダのストーンセラピー&シロダーラでエネルギーをフルチャージした。

翌日の立春、ハワイでわたしにマナ伝授してくださった朱実さんが来高。旅の疲れのさなかなのに、人生初めてのスキーで腰を痛めたわたしにマナヒーリングをしてくれた。そして高知にいるとある重要人物と朱実さんを引き合わせ、超パワフルミーティング。その時たまたま電話をくれた友達いわく、「江利香さん、なんか今日パワーがすごい!わたし携帯を左手で持ってるけど手がジンジンする!!」って驚かれた。なんせ尋常じゃないエネルギーをもった二人と個室で話してたからわたしにもその力がたくさん降り注いでたのね♪

5日は大阪からわたしのマクロビオティックの師匠であるお医者さん&オーラソーマの先生ご夫妻が来高。朱実さんと4人で四万十へ。今計画しているプロジェクトの実現に向けて、今度は四万十でパワフルミーティング。4月からお世話になる四万十塾のメンバーとも合流し、とっても濃密な時間を過ごした。

6日は朝から四万十川にでかけ、ハワイの神様と四万十の神様をつなぐセレモニー。朝もや漂う中、幻想的な儀式をとりおこなった後、一路土佐清水へ。龍宮神社、風の神様の宿る木、唐人駄馬、巨石群をまわり、そこでもセレモニー。いずれも超パワースポットで、みんなして自然のエネルギーを浴びまくり。その足で高知に戻り、とある特別な場所をたずねた後で朱実さんのトークライブ。これがもうわたしの予想をはるかに超えたものすごいものとなりました。参加したみなさん、ほんとにラッキー過ぎです!!まさか全員があんなことになろうとは・・・。おかげでものすごく大量のマナが月夜のもと、高知から地球いっぱいに放出されていきました♪詳しく書けなくてごめんなさい、ですがウルトラスーパーハイパースピリチュアルハワイアンマジカルマナナイトに感謝です♪

7日は県外からお越しくださった参加者のみなさんを交えて樹齢3千年の大杉を見に行くツアー。神聖な空気の中、生きた精霊がわたしたちを迎えてくれました。朱実さんとの交流タイムをかねたランチの後、それぞれに解散。名残惜しいほどに楽しい時間でした。

みなさんを見送った後、いつもクリスタルヒーリングを受けさせてもらってる友達のお宅にお邪魔して、女神とクリスタルのカードを引かせてもらいました。出てきたのは

☆RHIANNON(リアーノン)
Sorceress:魔法使い

「あなたは明確な意図を現実にすることができる、魔法使いのような人です」

☆リアーノンのメッセージ☆

私の力の大部分は、動物や自然に深い関わりを持っています。もしも、あなたが家の中に長く閉じこもりすぎているのなら、単に一歩外へ出ることで、あなた自身の力を蘇らせることができるでしょう。この簡単な行動によって、あなたは眠気から覚め、マジカルでスピリチュアルな自然の存在に気づくことができます。太陽や月、そして星の光が、あなたの中に眠っている古代の記憶を持っていた頃のことを思い出すのです。
そして、その力を今すぐに、惑星全体のために役立てて欲しいのです。
過去の指導者達によって中断されたあなたの使命を再び行動に移してください。スピリチュアルな能力を携えて夜の闇の中へ素早く滑り込むのです。昔人生そのものだった魔術的な力を今全て目覚めさせましょう。あなたはその力を持って私達を助けてくれる人物なのです

☆カードの意味☆

夢が実現するという強い信念を持つ・明確な決断をする・自分の夢を実現させるためにエネルギーを注ぎこむ・すばらしいものを手に入れる資格があることを知る・自分がうまくいけば、他の人々も同じようにうまくいく・怖れを手放し、自分の思考を望むことへしっかり向ける

*****

わたしは魔法使いのような人だったのか(笑)。ではではこれからも楽しい魔法を使っていこう♪クリスタルのカードなんて、思い切り「喜びと感謝」。今まさにたくさんの喜びと感謝の中にいるわたし。クリスタルたちも祝福のメッセージをくれました。たくさんの大好きな仲間たちと喜び・感謝を分かち合えることがほんとに嬉しいな♪

さらにその日の夕方は元気野菜作りの大師匠である長崎県の吉田俊道さんと高知市内で再会。4年前に初めて100人規模で開催した講演会、その時に協力を仰いだ高知市学校給食の担当の方が、ぜひ吉田さんの野菜作りの輪を高知で広げたいと今でもがんばってくれてて・・・。あの時はまだ100人呼ぶような講演会やったことなくて、とにかく無我夢中で動き回ったしたくさん苦しい思いもしたけど、それが着実に芽を出して少しずつ成長してくれているのがめちゃくちゃ嬉しい!

「この人は高知の学校給食を変える人です!」

と言ったわたしの言葉が頭から離れなくて、今でもがんばってる、って話してくださったNさん。もうほんと、こんな人が高知でいてくれるからこそ、わたしもがんばれます♪吉田さんにもNさんにも久しぶりに会えて、またまた楽しい時間を過ごしたことでした。

そしていろんな興奮さめやらぬ中、去年の7月にオーストラリアで見て日本での公開を心待ちにしてた映画「マンマミーア」を見に行きました。う〜ん、やっぱ最高!!めっちゃ楽しくておもしろかった〜♪名古屋まで見に行った劇団四季のミュージカルがまた見に行きたくなっちゃった。もう終わったかな?映画までの時間でこれからの季節の服も買ってハッピー気分☆あ〜、何?この充実感ったら!

まあそんなこんなで節分以来半端じゃなく充実しまくりの日々を過ごしています。2009年のエネルギーが本格的に動き出してからの5日間がこんなにパワフルだと、いったい来年の今頃はどんなことになってるんだ???

とりとめなく書きつづりましたが、本当にすごいことが起こるのはこれからのようです☆いやはや、心して進んでいかなくちゃ。

喜びと感謝を共有してくださったみなさん、心からありがとうございます!これからもともにつながりあって笑顔で歩んでいきましょう

ハワイからスーパーハードなスケジュールをこなしてくださった朱実さんにはスペシャルサンクスです〜〜〜!!!朱実さん、愛してます♪ほんとにほんとにほんとうに、ありがとうございましたまた改めてラブレターお贈りしま〜す

79c7c428.bmp今日はえこらぼの文化祭に参加してました。

わたしが推進しているナチュラルエコクッキング、おととしの講師養成講座を修了された生徒さんたちに声をかけて、玄米や雑穀、旬の露地野菜、海藻、乾物などをいのちまるごと使った愛情料理を披露♪

今日のメニューは

・いりごま入り玄米おむすび
・もちきびハンバーグ
・ひじきのキャベツ包み
・根菜シチュー
・玄米粉のまきまきクレープ きんぴら&高野豆腐揚げ包み
・小豆かぼちゃの白玉いりぜんざい
・キャベツと昆布の浅漬け風サラダ
・残りものを使ったお好み焼き

みなさん、とってもおいしい料理を作ってくださいました。
文化祭のお客様たちに12時から無料で試食していただいたのですが、
13時を待たずしてすべて完食!どれも大好評で、みなさん喜んで
レシピをお持ち帰りくださいました。嬉しいな☆

動物性食品、化学調味料、白砂糖を一切使わずに作る
ナチュラルフード。葉っぱ、皮、根っこなど普通は捨てるような
ものさえも有効利用して料理に使います。たまねぎの皮は
お茶として煮出すんですよ。その分、素材選びが大事になります。

今日はテレビ高知の「がんばれ高知!eco応援団」さんも
収録に来てくれました。いつもお世話になっててありがとうございます。
今日の模様は3月15日(日)の朝放送されます。ぜひご覧になって
くださいね。

みんなでワイワイ言いながら作る料理はとっても楽しい♪
今日は完全にボランティア参加でしたが、
お金には代えられないほどの充実の時間を過ごしてまたも
ハッピーな一日となりました。お料理作ってくださったみなさん、
試食を楽しんでくださったみなさん、素敵なイベントに声かけ
してくださったえこらぼのみなさん、本当にありがとうございました!

次は2月11日にかるぽーとで開催される「オーガニックな一日」で
『魔法のおむすび&重ね煮スープ作り』ワークショップやりますよ〜。
その前に、参加者70人を超した朱実さんのトークライブもね♪
一月、あっという間に終わったけど2月もすさまじい勢いで通り過ぎてしまいそうです。

2月6日に開催します、朱実カウラオヒさんのトークライブですが、大好評につき参加人数が70名を突破しました。当初の予定を上回るお申し込み、本当にありがとうございます。県外からも20名以上の方がお越しくださいます。もうとっても嬉しいです〜〜〜(^▽^)。当日は確実に超スペシャルな夜になること間違いなし!!どうか期待していてくださいね♪

そんなわけで、お申し込みはしめきらせていただきます。迷ってたけどどうしても参加したい〜〜〜!という方はご相談ください。あと若干でしたら何とかお入りいただけると思います。それでも先着5名程度になりますのでお急ぎくださいね。

48193bfc.jpg先日まで、人生初の雪国にでかけておりました。それはもう、夢見るように美しい白銀の世界・・・。そして、見知らぬ土地でたくさんの出逢いと感動がありました。

思い出すだけで、心がとろけてしまいそうになるほどに最高にハッピーな時間を過ごし、超パワーアップして高知に帰ってきましたよ〜〜〜!でも初体験のスキーで全身打撲&筋肉痛に悩まされたりもしつつ(苦笑)。去年・おととしのつらかった記憶が吹っ飛ぶほどに嬉しかったかけがえのない時間。一緒に過ごしてくれた大好きな人たちに心から感謝です(^−^)。

2月6日のトークライブ、おかげさまで参加人数50人を越えました。車や食事の手配の都合上、県外の方のお申し込みは1月31日までで締め切らせていただきます。高知県内の方も2月3日までにお申し込みくださいませ。めっちゃスペシャルな夜になること間違いなしですよ☆

一年分のパワーをチャージしたところで、これからまた仕事モードで楽しんでいきます。なりたい自分になっていい。わたしはわたしを満喫するぞ♪

1月24日(土)から28日(水)までの5日間、高知を離れます。大好きな人に会いに行く旅です☆わたしに自分を愛する気持ちを取り戻させてくれた大切な人や、いつもすごく素敵な刺激を与えてくださっている十年来のおつきあいのご夫婦と久しぶりに会えるのがめっちゃ楽しみ!その間連絡がつきにくくなるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。お電話くださる方は留守電にメッセージをお願いしますね♪

今月初めから、弟のお嫁さんがうちの実家で暮らすようになりました。入籍は来月の弟の誕生日に。交際自体はもう10年とかになるのかな?結婚にいたるまでいろんなことがあったけど、晴れて夫婦となった二人。

彼女はバツイチで高校生の息子がいます。その子が小さい頃からのつきあいなので、彼にとって弟は父親であり兄貴であり親友みたいな存在みたい。イマドキな感じの男の子だけど、素直で何かかわいらしい♪

わたしより6つ年上の彼女。でもすごくわたしをたててくれて、心強い妹ができたことがめっちゃありがたいです。

今は実家の会社の事務所で仕事を少しずつ覚えてくれてます。弟と二人で並んで、お互いにボケとツッコミしてるのが見ててほほえましい。

彼女といる時、弟はこんなふうに笑うんだな〜。めっちゃ優しい顔しちゅうやん(^−^)。二人の笑顔のまわりにあふれるあったかい空気に、何だか涙が出ちゃうくらい癒されてます。この笑顔にたどりつくまでに、二人にはほんといろんなことがあったのよね・・・。それを知ってるだけに、姉は嬉しくてたまらないのです。

家族が増えるって、めっちゃハッピー♪うちの家に嫁いで来てくれて、ほんとにありがとう。姑の立場ですが、感謝こそすれいじめる氣なんてさらさらなくて。縁あって姉妹になってくれた彼女のことを、母ともども大切にしていきますね。

周りからも一目置かれるほどに仲がいいわたしと弟。最愛の弟が愛した人だから、間違いないさ。姉ちゃんもまたいつかご縁のある人と家族を作っていくから応援しててな。

新婚夫婦のラブパワーを身近で浴びながら、改めて愛っていいなと心温める今日この頃です。

今日は朝5時に起きて母上と二人で京都へ。生前父が大切にしてた九頭龍神社にお参りに行きました。

いつもここを訪れる時には雨が降る。今日も小雨の中での参拝。龍神様は水の神様だからね。雨は歓迎されてる証拠と前向きにとらえ、神社の周りを九回回るという独特なお参りの仕方をしました。

その直前にふと目に止まったほかの人が結んでいったおみくじ、

「まだまだ念が足りない」

って書かれててドキドキ。わたし今までは

「奇跡を以って願いを叶える」

「奇跡を以って守護を与える」

という素晴らしいおみくじしか引いたことがなくて、今回この「念が足りない」だったらどうしようって不安になっちゃいました。

そしたら案の定、お参りの後で引いたおみくじはずばりこのメッセージ。

…自分の意識したものが自分の現実となる。だからこそ、恐れではなく希望を、不安ではなく信頼を以って進んで行きなさい、ということなわけ。

さらに、ここのお参りは神社の周りにあるご神木と石も拝むのですが、

木=氣
石=意思、意志

ということで、「意志を以って氣を守り整えよ」というメッセージもいただきました。

おみくじはあえて持ち帰ることにし、これから叶えようとしている大願成就に向けて精進していきます。

ほかにも数理易というのを受けてなかなか有り難いアドバイスをいただきました。やっぱり今日も直感と運命に従って吉。明日も大充実の予感です。高知には夜帰りますね。

d6848fe3.jpg去年12月にこの本の著者である朱実さんのセッションを受けにワイキキを訪れました。朱実さんを知ったのは本ではなく、ネットで検索してたときにサロンのことがひっかかってきたのがきっかけでした。

サロンの前を自らお掃除されてた朱実さん。本当のヒーラーというのは目に見えない世界に没頭するのではなく、自分の三次元的な日常をきちんと大切にする、そう考えているわたしは、安心してセッションを受けられると思いました。

そして実際にいろんなお話をしてそのお人柄を知るにつけ、心ひかれました。すごく自然なたたずまいの中に、自分のミッションに対する信念をもっている人の輝きがおだやかにあふれ、優しく包んでくれるのです。

2日間のセッションを受けたあとのわたしには、ものすごくパワフルなマナのエネルギーがどこからともなくあふれてくる感覚。行動力や引き寄せ力が半端じゃなくアップしました。そして自分がやりたいことがどんどん明確になり、その実現に向けての追い風があちこちから吹いてくる状況となりました。

そんな朱実さんの本をハワイから帰ってから読んだのですが、改めてハワイアン・マナの教えは素晴らしい・・・!マナとはハワイ語で人も自分も幸せにするスピリチュアルなエネルギー。そのマナを増やせばもっとハッピーに生きられる、ということで71の日常的に実践できる教えを書いてくださっています。

第一章に書かれている「フナの7原則」、これを頭にしっかり入れて意識するだけでも絶対に素敵な変化が起こります。1人の人のマナが増え、それが周りの人に与えられていくことで、さらにたくさんのマナが増えていきます。こんな世の中だからこそ、ハワイの叡智の奥深さにふれ、まず自分自身に愛のエネルギーを注いでみませんか?めっちゃおすすめの大切な一冊です。

**********

2月6日に開催するトークライブでもこの本の販売をします。サイン&握手タイムもあるのでぜひこの機会を逃さずキャッチしてくださいね!
イベント情報はこちら

ちなみに、内容は目に見えない特別な力や世界の話ではなく、日常の中での出来事に対する対処の仕方や物事の捉え方などです。とってもわかりやすく、夢中になってる間にすぐ読めちゃう。だけどものすごく奥深いというめっちゃパワフルなメッセージですよ〜。

イベントに来られない方にもぜひご一読していただきたいおすすめの一冊です。ネットで注文しなくても普通に書店で購入できます。ビビっときたら早速読みましょう♪イベント当日まで購読を待てない方は、先に本を買って読んでいただき、その本を会場にご持参くださいな。もちろんその本にもサインをお願いできますからね☆

↑このページのトップヘ